明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

EXCITER!!

あきらフェリシア が登場したらしい『Sen-se』

行きたかったなー行きたかったなー行きたかったなーと
何度でも つぶやける
仙名彩世ミュージック・サロン『Sen-se』 

今朝のタカラヅカニュースで
チラッと 見せていただきました

ガチスターしかいない ディナーショー
ほんの5分の映像でも、かなり盛りだくさんで
一瞬も気を抜けない、スリリングな時間だったのだろうと推察いたしました

贅沢な時間を
ゆきちゃんが、ゆきちゃんをずっと応援してくれたファンのために用意したのですね
大劇場千秋楽のさよならショーもそうでしたが
この ディナーショーでも
ゆきちゃんが本当に お姫さま で
先輩花男のお二人が、完璧に ゆきちゃんをエスコートし、ゆきちゃんを輝かせてくれていることに
朝から、、( ;∀;)

ゆきちゃん、、ホントに綺麗✿゚❀.(*´▽`*)❀.゚✿

オープニングは
ゆきちゃんが これまで出演したショーナンバー
花組のショーは いつの時代も 熱くエネルギッシュ!
『EXCITER!!』で、カメラは テーブルを回る ゆきちゃんを追っていたんだけど
明らかに、別の場所で何かをやらかしている花男がいたようです
歓声が起こっている方に視線を送る ゆきちゃん
何が起きていたのか、気になるー

ヒロインばかりではなかった ゆきちゃん だからこその場面も
たくさん 盛り込まれていたようですね

出るかな? って思っていた『手妻のおゆき』
膝丈ワンピなのに、足をガっと開き 三味線を奏でる ゆきちゃん、男前!
その後 なのかな?
あきら が、同じ作品『風の次郎吉』の 金さん の歌で場内を練り歩く、、、行きたかったง゚`ω´ ゚)ڡ≡)壁|

『メランコリック・ジゴロ』の
図書館のお局 も登場したんですね!
そこには『フェリシア』の姿も、、、

、、、デカいぞ フェリシア

よく見れば (いや、パッと見も) あきらさんではありませんか!
ダンディなのに、ここまでやってくださるとは 天晴れ でございます


感動的なのは
出演作品から、自身のお役ではありませんが
『エリザベート』『ファントム』のヒロインの歌を歌っていらしたお姿です
本当に、まだまだ ゆきちゃんを宝塚の舞台で見ていたいです


ゆきちゃんが、そして、あきらが、ちなつが歌いまくり
愛が溢れる『Sen-se』
来月の放送が楽しみです(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

豹 と ウイスキー のショー!!~『演出家が語る!』齋藤吉正×藤井大介

スカイステージの新番組『演出家が語る!』
記念すべき第1回は
一昨日 初日を迎えた、大劇場月組公演
『夢現無双』 『クルンテープ』の演出家の
齋藤吉正先生と藤井大介先生の対談でした 

C8065E69-944C-4F7B-8668-17F5D907805C


どちらも、好きな演出家さん
過去に、お二人でのトークショーを開催したこともあるということで
〝仲良し〟なのは 周知の事実ですね

私が印象的だったのは
花組全国ツアー『EXCITER!!2017』と
2番手のキキちゃん主演の『MY HERO』が同時に上演された時

『MY HERO』では
仕事を探し、プロダクション回りをする主人公・ノア(芹香斗亜) が
『エキサイタープロモーション(だったかな?)』の『藤井さん』を訪ねるシーンがありました
このシーン、テンポが良くって とっても楽しいシーンでしたよね
『藤井さん』は 休んでるって設定で、、
ノア 「二日酔い か、、飲みすぎるなって言っとけ!!」
笑いましたねー(爆°∀°笑)
お酒大好きな 大介先生、、ありそうな話で、、

そして『EXCITER!!2017』の ミュージカルのシーンでは
バックのパネルに しっかりと『MY HERO』の文字が!

仲良し演出家ならではの
こんな隠れたサプライズ演出は
ファンにとっては 大好物 Ψ( 'ч'♡ )
全ツと キキちゃん公演の両方の劇場を訪れたファンは、やっぱり思ったことでしょう

あの二人、デキてるんじゃないの、、 (≖ᴗ≖ ) と


そんな お二人が
この度の月組公演で 芝居とショー でタッグを組む!
月組さん、羨ましいです

これまで、何故 組まなかったのか、、を
大介先生は
「濃くなりすぎるからじゃない?」 と 仰っていました

かもね~ꉂꉂ(ˊᗜˋ*


お互いをリスペクトし合っている お二人の月組公演
とても、魅力的ですが、、、残念ながら 観劇予定なし でございます
相当待って、スカステへの登場で拝見することになりそうです


この番組で、今後挑戦したい舞台は?の問いに、大介先生は

『動物レビュー』 、、へっ( ˙-˙ )?

『ライオンキング』?って 呟きましたけど
大介先生は『豹』が大好きらしく (、、確か ヒョウ柄もお好きよね?)
『豹』が主演のショーってことで
うんうん、、聞いた時は 「へっ?」って思ったけど
アリアリ!なかなかカッコいいショーになりそう
あと、大介先生らしく
カクテル、ワインに続き 『ウイスキーのショー』も考え中らしいです
どんだけ お酒が好きなんだ!


サイトー先生は
これまで『Studio54』『TAKARAZUKA夢眩』で 温めてきた
明日海りおのイメージの総決算となる『恋スルARENA』で
どんな演出で魅せてくださるのか期待です!

あまり、番組の内容に触れていませんね、、
トークは割と淡々と進んでいました(ざっくり)


宝塚歌劇団の演出家として
確かな地位を築いた お二人
これからも、夢いっぱいの舞台を
どんどん 生み出してください!








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

ゆきちゃん(仙名彩世) サヨナラショーまで、あと6日


花組にしては、少し短めの公演期間の
大劇場『CASANOVA』 
ついこの間 幕を開けたばかりなのに
気づけば、千秋楽まで一週間を切ってしまいましたね

なんとか 千秋楽のチケットを確保でき
幸運にも劇場で
ゆきちゃんの大劇場卒業の瞬間に立ち会うことができます


ゆきちゃんの花組トップ娘役就任が決まった時は
本当に嬉しかった

これまた 幸運にも
プレお披露目公演となった 全国ツアーの初日を
梅田芸術劇場メインホールで観劇いたしました
お芝居は『仮面のロマネスク』 
ゆきちゃんの技術の高さに目を見張りました
これまで、身体の至るところに蓄えてきた娘役魂が爆発したような公演で
ショーは『EXCITER!!2017』
あんなにエネルギッシュな会場って なかった
私が体験した中では、間違いなく ナンバーワンの熱さ
あの感動は、今も はっきりと心と身体に残っています

『EXCITER!!』再演の喜び と 新トップコンビへの祝福
舞台上の出演者と客席が一体になって、正に エキサイト状態でした
プロローグの嵐のような客席降りが終わると
ゆきちゃんがセンターに立ち 主題歌を歌いました
客席の手拍子が激しすぎて、その日は 良く聞こえなかったんだけど
演出の藤井大介先生が
トップ娘役就任をお祝いするかのような歌詞を書いてくれていたんですよね
『白馬の王子様が現れ、私を連れ出した…』というような歌詞♡

本当に本当に、心から ゆきちゃんのトップ娘役就任が嬉しくて
私も、力いっぱい拍手をしました

そして、夢のようなデュエットダンス
白馬の王子様とシンデレラのような
みりおくん と ゆきちゃん ° ✧ (*´ `*) ✧ °
小粋でファンタジーな振付に
みおんちゃん(咲乃深音) の透き通ったカゲソロが あまりに美しくハマりすぎて、、

みりゆき のデュエットダンスには
毎回、感動し 涙が溢れるけど
全ては
この プレお披露目初日から始まったのだな、、
どの デュエダンも素敵ですが
この公演のデュエットダンスが
私の中では、一番 心に残っているかもしれない
みりおくんの ゆきちゃんを見つめる瞳の優しさが忘れられません

この日から今日まで
みりゆきコンビに
沢山の ときめき と 幸せ をいただいてきました、、感謝です
あと もう少し、、夢を見させていただきます

IMG_0156


ゆきちゃんの サヨナラショー
どんな構成になっているんでしょうね

新人公演では、ヒロインじゃなくて
芸達者らしく、アクの強い役が多い ゆきちゃん

『ファントム』の『カルロッタ』
『オーシャンズ11』の『ダイアナ』
『エリザベート』の『ゾフィー』

トップ娘役としては、異例な経歴ですよね
サヨナラショーには、、ちょっと向かないような、、
どれかで、出てきてほしい気もしますが、、

だったら、トップ娘役就任前の別箱ヒロインはどうかな?

『フォーエバー・ガーシュイン』の『ケイ・スウィフト』
『風の次郎吉』の『手妻のお幸』
『For the people』の『メアリー・トッド』

『フォーエバー…』を観ていないけど
この中から、選ぶ可能性はあり?

振り返ると、トップ娘役になってからも
お芝居では、ちょっと暗めの役が多めですよね
なんたって、本公演の初ヒロインが
あの、迷作と名高い『邪馬台国の風』の『卑弥呼』だもんなー
どちらかと言うと、ショーでのソロの方が明るい曲がありそう

サヨナラショーの幕開きの1曲は、一体 どの曲だろう
お芝居からなら
『ポーの一族』の シーラの自己紹介ソング
『あかねさす紫の花』の 主題歌
くらいしか、候補が思い浮かばない
ショーの明るい曲で始まるのも
ゆきちゃんらしくて良いかもしれないですね
あ、最後も明るい曲がいいな...♪*゚

『Santé!!』の エイトシャルマン とか
『BEAUTIFUL GARDEN』の ガーシュインメドレーの最初の曲とか
カッコよく歌い踊る場面も入れてほしいなー
『Delight Holiday』で歌った『HERO』は?
やっぱ、宝塚の曲じゃないからダメかな~
『EXCITER!!』からも入れてほしいし
ゆきちゃんが初めてエトワールを務めた『TAKARAZUKA夢眩』から
みりゆき が組んだ『夢眩少女』とか あったら 嬉しい驚きだな~
これじゃ、何時間もかかってしまうわ

こうして見ると
なんだか、ゆきちゃんって
みりおくんと一緒に舞台に立って、常にコンビとして輝いていたような気がしますね
出来る娘役なのに、、不思議
根っからの『花娘』ですね


みりおくん との 最後のデュエットダンス
ゆきちゃんは、どれを選ぶのかな~(∩˘ω˘∩ )♡

ゆきちゃん以外の退団者の場面も気になりますね









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

花組の未来に不安を感じる

現在『花組ファン』を公言している者として
やっぱり、吐き出しておかないと
正塚先生の得意な台詞を用いて言わせてもらうなら
非常に「寝覚めが悪い」 ので
今年思ったことは、今年に書いてしまおうと思います

ひとつの見方、ひとつの考えとご容赦いただき
お読みいただければ幸いです




花組全国ツアー『メランコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018』 
花組2番手の れいちゃん(柚香光) 主演で各地を巡りました
私は千秋楽を迎えた梅田公演の直前にあたる 刈谷公演を観劇
2公演持っていたチケットの片方を
地元公演だったので、ヅカファンではない友達が観てみたいと言っているという知人に譲ることに決めました
2回観たいとは、正直 思えなかったからです
以前に書いた感想は煙に巻いていましたが
『タカラヅカスペャル』のLVを拝見し
やはり、書かずにはいられない心境に至りました


今年の『タカスペ』は、歌が中心
各組コーナーは、今年もパロディでなく
1年の演目を振り返り、歌で繋ぐもの
本公演だけではなく、別箱の作品も入っています
その公演に出演したスターたちで彩られるシーンの数々
特に劇場で観劇したものは、その時の感動が呼び起こされました
年初の作品となると、もう遥か昔のことのようで、、
しかし、みなさん その頃の気持ちにタイムスリップしたように
それぞれの大切な曲を心を込めて歌っていらっしゃいましたよね

花組コーナーは
みりおくんの瞳に『エドガー』を感じて ドキッ♡とした『ポーの一族』に始まり
順番は曖昧ですが
ちなつ(鳳月杏)の『中大兄皇子』、マイティ(水美舞斗)の『クルゼイロ』、、楽しかった記憶がよみがえりました (๑´ㅂ`๑)♡
我らが花組の2番手・れいちゃん は
出演者の中で一番最近まで歌っていた曲を歌いました
『メランコリック・ジゴロ』から、、

愕然としました

作品の中で歌う場合
物語の流れや空気感がありますので
おそらく、役や作品に入り込みやすいのかな
しかし、メドレーとなると
それまでの空気を断ち切って
自分の世界観を出さなけれいけないので、より難しそうですよね
とは言え、どのスターさんも その難しいことを事も無げにこなしているんですけどね、、、
この点を差し引いたとしても
れいちゃんの歌は酷かった
誰より、持ち歌に脂がのっている時期にもかかわらず 

れいちゃんは
他のコーナーで『EXCITER!!』も披露しました
確か、これも ついこの間までガンガン歌っていたんだよね
、、、酷かった
大大大好きな曲が、、辛い (((╥д╥;)))

『花男』としての色気を出すには
まず 根底の芸事を磨くことが大切なんじゃないのかな
素敵な表情でのウインクさえも、なにか虚しさを感じてしまう、、
専門的なことは、何も言えませんが
なんとか、、もうちょっとだけでも なんとかする方法はないのでしょうか?

私も観たのですけどね、、
「これで全国を回ってきたのか、、(´・ω・`;)」
そう思うと、背中に冷たいものが走りました

私が応援している組の2番手さん、、これが 現実、、


私は花組にハマった時は
既にれいちゃんは 3番手さんでした
お顔が小さくて、キレのよいダンスは少し他の組子とは違って 目を引き
歌は、、それは酷かったけど
甘いマスクでニッコリ微笑まれたり、茶目っ気たっぷりに組を盛り上げている姿を見ると
タカラジェンヌは歌だけじゃないよね
歌えなくったって、れいちゃんには〝華〟がある!と
舞台上や、過去作品で あまり大きな役をしていなかった頃のれいちゃんに
拍手と心からのエールを送っていました

3番手さん もしくは もっと下級生という、与えられた限られた見せ場で観る れいちゃんには
「もっと 踊ってほしい」「もっと 場面をあげてほしい」と思ったけど
彼女は、今や2番手さん
もう、そんな悠長なことを言っている時期は とうに過ぎてしまった


私の応援している花組は
近い将来、一体 どうなってしまうのだろう

花組のトップさんは、昔から『宝塚の顔』とも言われます
確かな実力に裏打ちされた〝華〟があるスターさんに就任してほしいと切望します









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




れいちゃんとマイティについてだけど、主にマイティのこと

花組全国ツアー『メランコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018』
私は地元の刈谷公演を観ました
この公演を観なかった娘に
「どうだった?」とLINEで尋ねられ
「マイティと ひっとん(舞空瞳) が良かった♡」と返信しました
すると娘が
「〝マイひと〟なの?」 「〝マイひと〟なんだ!」と食いついてきた

私は、マイティとひっとんを個々として良い と言ったつもりだったのだけど、、
〝マイひと〟組んでたっけ?と記憶を辿り
お芝居ではマイティの相手役は はなちゃん(華優希)
マイティはトークなどでも、常に はなちゃんにデレデレなので
私の中で、あまり〝マイひと〟ってイメージがなかったんですね
ショーでは〝マイひと〟は ちょいちょい組んでいたよね、、、

(*゚ロ゚)ハッ!!

『ハバナ』じゃん!!
なんで、すぐにピンとこなかったんだろう
思い起こせば『ハバナ』の〝マイひと〟めちゃくちゃ良かった
マイティと ひっとんは、ダンスの相性がとても良いのだ

『ハバナ』では
ひっとんは つかさ(飛龍つかさ) の恋人で
マイティが ひっとんにちょっかい出して、つかさがキレる、、って設定でした

そして先日、あの時 娘が〝マイひと〟に、何故あんなに食いついてきたのか
その理由、というか 原点を思い出しました
『Senhor CRUZEIRO』だ!
今月、スカステさんで放送されていますね

娘と一緒にバウホールで『Senhor CRUZEIRO』を観ました
この時、博多座では『あかねさす紫の花/Santé!!』が上演中で
ほらね、急に客席降りなくなる問題 とか色々あって
私の意識は博多座にあったんでしょうね
ブログを見返したんだけど『Senhor CRUZEIRO』のハッピーリポートを書いていなくて驚きました
決して感動しなかったわけではないのですよ
しかし、私以上に感動していたのは娘で
隣で号泣していました
ちなみに、娘の向こう側に座っていたお嬢さんも泣いていて、私の後ろのお嬢さんも泣いていた
『Senhor CRUZEIRO』は、特に若者の心に訴えかける作品だったのかな、と思いました
おばさんの私は、良かった♡と思ったけど、泣いては なかった

娘は特に〝マイひと〟の タンゴに大興奮していました
彼女の中には、この時の〝マイひと〟の素晴らしさが刻み込まれているんじゃないかな、、と推測したわけです
、、本人に聞けよ、、って話なんですけどね

ちょっと前置きが長くなりましたが
全ツの〝マイひと〟と『Senhor CRUZEIRO』の〝マイひと〟
というか
全ツの〝マイティ〟と『Senhor CRUZEIRO』の〝マイティ〟
断然『Senhor CRUZEIRO』の方が良かった
ここの大きな違いは、言うまでもなくマイティが主演であるかどうかなんですが
そして過去を振り返り
マイティの良さが出てるなーって強く思ったのは
実際に劇場で観た『アイラブ アインシュタイン』
映像で観た『スターダム』と
れいちゃんとはバラバラになった作品が思い浮かびました

マイティは、とっても優しくて、空気を読めるタイプだと感じます
仲良しの同期、れいちゃん(柚香光) と ずっと花組で育ってきて
ある時期から、れいちゃんは完全なる路線スターとなりました
マイティだって、路線スターですよ
けど、れいちゃんはマイティの先を行くようになった
マイティとれいちゃん、お互い心の支えとなって これまで歩んできたけど
れいちゃんが正2番手となった今
マイティは、もう れいちゃんの支えでなくてもいいんじゃないかな、、とふと感じてしまったのです
れいちゃんと同じ組にいることで
もしかしたら、マイティは ものすごく『わきまえてしまっている』のではないか、、

前回の大劇場公演『BEAUTIFUL GARDEN』で
強力な存在感を発揮した マイティ
歌唱に関しては、まだ伸びてほしいし、充分に伸びしろを感じさせます

劇団は、近い未来の花組で
〝れいマイ〟の男役同士のコンビで推したいと思っているのかもしれないけど
現時点では、私は それには反対したい
同期同士の仲良しコンビはファンにとっては、尊く 喜び溢れるものでしょうけど
これまで、当たり前のように一緒に居た2人が少し距離を置くことは
マイティにとっては もちろん、れいちゃんにとっても
何かを得るチャンスになるのではないかと思うのです


なにかと注目される 95期生
スターが多すぎるだけに
路線同期が2人存在する
花組のマイティ、星組の せおっち(瀬央ゆりあ) は
身も蓋もないない言い方になってしまいますが、運が悪かったと思えてしまうこともあります

ただ、この2組の同期コンビはタイプが少し違う
まこっちゃん(礼真琴) を支える せおっち には、明るい未来を感じる
それは
まこっちゃんが、その実力から早咲きのスタータイプなのに比べ
せおっちが、ゆっくりと実力を磨き 経験を積んで年齢を重ね輝いていく遅咲きのスタータイプだからなのかもしれない
マイティとれいちゃんは、成長の具合が似かよっているのに
これは どうしようもないのだけど
ポジションに格差が生まれてしまうことへの納得の出来なさが
一種のモヤモヤをもたらすからなのだろう

かと言って
95期生のいない組などなく、、、
マイティか れいちゃんが組替えする事態となれば
また別の思いが生まれてきそうですよね


マイティ中心の目線だけで言わせてもらうなら
1度、現在置かれている立場から解放してみてほしいのです

何かが生まれる、、きっと




A1F844A3-F7B9-43AC-8D66-3090ACDB3B0E











ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚