宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

CASANOVA

明日海りお様のサヨナラ公演が始まり、今思うこと

ここ数日『シャルム!』2回目観劇の感想を書こうとしていたのですが まとまらず
プログラムの巻末の みりおくん(明日海りお) の 卒業の特別な写真を ただただ見つめています

黒燕尾と紫のお衣装
そう『BEAUTIFUL GARDEN』の『エターナルガーデン』の紫のお衣装です
これを見た瞬間.˚‧º·(°இωஇ`°)‧º·˚.
演出の野口幸作先生の歌詞と
メロディの荘厳さに
毎回、涙が止まらなかった『エターナルガーデン』
薄い紫色が最高に似合っていて
ひとつひとつの振りに魂が込められていて
本当に美しかった ° ✧ (*´ `*) ✧ °


私は小学生の頃 宝塚にハマり
一旦卒業してからは、ゆるーく宝塚歌劇とお付き合いしてきました
ハマっていた頃は、お気に入りのスターさんはいましたし
ブロマイドを沢山 買ったりして楽しんでいましたが
大人になってからは、誰かにハマるなんてことはありませんでした
アイドルやミュージシャンにもハマったことはなく
私は そういう人種だ と思っていました
なので、みりおくんにハマってしまった時は
周りの人にも意外だと言われましたが
誰より自分が一番驚いていました
『カリスタ…』の頃からですから
長く応援していらした方からしたら
完全な ニワカファンです

このブログを始めたのも
大好きという感情を抑えられなくて
書く作業で発散することが目的で
ただ自分の思ったことを書きなぐる とても偏った内容でしたが
その時その時に自分の思ったことを 飾らず嘘はなく正直に綴ってきました

なので、何かに取り憑かれたように熱を上げ
パンパンになった その気持ちが少しずつ小さくなっていく現実も
書き留めておかなければ 嘘になると感じて
今 考えていることも書いておこうと思います


冗談ではなく、四六時中 みりおくんのことを考えていましたので
退団してしまったら、私はどうなるのだろうと不安でした
トップスターに就任した時から、卒業へのカウントダウンが始まるということは
宝塚ファンなら誰でもが分かっていることです
その不安な気持ちが最も大きかったのが
『メサイア』の頃でした
この演目が発表された時
若くして散った天草四郎の役が退団を思わせ
この作品が最後になるのでは、、と噂されました

本当に本当に、毎日 吐きそうになるくらい不安で
そうでないと分かった時の安堵感は忘れられません

『メサイア』で感動し号泣し
併演の『BEAUTIFUL GARDEN』も とても好きなショーで
特に『エターナルガーデン』の場面では
いつか来る卒業の時を思わずにはいられず
毎回、胸を締め付けられる思いでした

ゆきちゃん(仙名彩世) とのコンビが
信じられないくらい大好きで、舞台に満足していましたから
今思うと〝これ以上望むことはない〟 という気持ちだったと思います

この公演に大満足して、次の公演は『CASANOVA』
ゆきちゃんだけの卒業が発表されて
ああ、この幸せに終止符を打つ時が来たな、と感じました

みりゆきコンビの妥協を許さない 舞台姿が好きでした
『CASANOVA』では、お二人の集大成を見せていただき
どの場面も、しっかりと創り込まれていて 気持ちの良い公演でした
そして、みりおくんが男役として
本当に最高に輝いていた ( *˙-˙* )

ゆきちゃんを送り出す みりおくんが王子様で
これこそ 宝塚 だと
その光景を心に焼き付けました

今、振り返って思うのは
『メサイア』もしくは『CASANOVA』で
みりおくんが退団していたら
おそらく、私は燃え尽き
しばらくは宝塚と距離を置いていたのではないか、ということ

全てに満足し
自分の思う、最高の夢の世界以上のものは有り得ないと

大好きなものを失いたくないという気持ちが
最も強かったのが『メサイア』の頃で
『CASANOVA』で、ゆきちゃんだけが卒業することが決まった時に
何か、心の中で変化があったように感じます
パンパンに膨れ上がった気持ちに、針で開けたような小さな穴があいた感じです

そこから、気持ちは複雑になっていきます
みりおくんのことが大好きなことは変わりないけど
私が勝手に大好きだった部分が、失われていくように感じていました
素晴らしいスターさんであることは違いないのです
でも、アンタッチャブルな存在でなくなってくるような、、上手く表現できませんが

今月の『GRAPH』に
みりおくん と ちなっちゃん(鳳月杏) の対談が載っていました
私の大好きな みりおくん だ
『Arnest in Love』の お稽古で納得がいかず、ちなっちゃんを泣かせてしまった件がありました
きっと、これまでのどの公演もそうであったのではないかと思います
もちろん、客席に最高の舞台を届けたい気持ちが根底にあるけど
何より 自分が納得したい!
そんな みりおくんが大好きだったんだ

『CASANOVA』で ゆきちゃんを送り出してからは
スカステで拝見したりする みりおくんは、どこか以前とは違っていて
もう、宝塚では全てを出し尽くしてしまったのではないかな、、と感じてしまうこともありました
『恋スルARENA』も、現在のサヨナラ公演も
手を抜いているなんてことは絶対にないです、それは絶対に!
私たちに、良い舞台を届けようとしてくださっているのは伝わってくるのです
でも、何かが違う
それは、受け取る私に変化があるのかもしれないけど
みりおくんの中でも、周りの環境の変化や
張りつめていたものが、それまで肩にズッシリとのしかかっていたものが
ゆきちゃんを送り出したと同時に、ふっと軽くなったような、、
私は そう感じているのです


私の心に小さな穴があいてから
逆に、宝塚の本来の魅力を感じることが増えたように思います
これまでは、みりおくんしか見えていなかった
『明日海りお』という 稀代のスターによって
幼い頃の〝ときめき〟を思い出させてもらい
それからというもの
みりおくんの張りつめた何かから 目を離すことが出来なくなっていた
けれど今
その頃には、気づかなかった 宝塚の魅力を再認識する時間を
卒業を控えた みりおくんにもらったような気がしています
宝塚全体を見渡す余裕ができたのかもしれません


みりおくんを中心に、みりおくんを通して
深く宝塚と関わってきた この何年かが
それまで 無趣味で〝ときめき〟のなかった私の生活に変化を与えてくれました

みりおくんが卒業する時、自分はどうなっているのか
ずっと不安に感じていました
今、その時が来て
想像していたのとは、全然違うけど
盲目ではなくなっている自分を感じます

そんなの本当のファンじゃない!
そう言われてしまうかもしれないけど
みりおくんに魅せられて、他に何も見えなくなってしまった時間があったのは本当だし
今でも、みりおくんが大好きです

卒業が寂しくて、何かにつけ涙が出るけど
私は やっぱり宝塚が好きなんだ という気持ちも大きく
幼い頃の純粋に好きだという気持ちに、戻ったようです

寂しいとは思うけど、生きていけないとは思わない
ヒートアップしすぎた気持ちを
『CASANOVA』が終わってから
少し時間をかけて、落ち着かせてもらえたのかな

ちょっと前なら、どんな手段を使っても
通える限り舞台を観ようとしただろうけど
今は
あと数回、劇場に足を運び
もう二度と観ることのできない、男役の みりおくんと同じ空間で過ごす
それだけで充分な気持ちでいます
穏やかに、ご卒業を見送ることができそうです
こういう気持ちを味わうことが出来たことにも 感謝です

めぐり逢えて良かったと、心から思っています


E10D2EAA-0A2D-44F5-95A4-EE889DE03C5D
宝塚歌劇花組『メサイア/BEAUTIFUL GARDEN』












ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




花組のトークスペシャル in 東京、本当に素晴らしかった

宝塚には公式ファンクラブとして『宝塚友の会』があります
チケットの先行販売に応募できる ことが最大のメリットで
ほとんどの方は、ほぼ このために入会していると言って過言ではないでしょう
けれど、なかなか当たりません(;A;)

そして、友の会の会員しか参加できないスペシャルイベントとして
宝塚での、新人公演主演コンビによる『ステージトーク』と
東京での、先輩男役さんと下級生男役と娘役の3名が登場する『トークスペシャル in 東京』があります

どちらも、ご近所に住んでいるのなら
積極的にチケ取りに挑みたいところですが
まあまあな距離では、これらのトークイベントだけに遠征するのは ちょっと、、、
なので、そもそもエントリーもしていないのが現状です
たった一度例外で、ひっとん(舞空瞳) の新公初ヒロイン『メサイア』の『ステージトーク』に行ったことがあります
この時は、どうしても 初ヒロインの ひっとん のお喋りが聞きたかったのです
ひっとんって、本当に私にとって特別な娘役さんなんですよね
娘役さんのことを こんなに観たい!って思うようになるなんて
自分でも不思議 

まあ、それは余談なのですが
この2つのトークイベント
忘れた頃にスカイステージさんで放送されます
先日 放送されたのが
花組『CASANOVA』の東京公演中に開催された『トークスペシャル in 東京』
こちらを拝見しました

B6E5F641-E23E-4298-A452-891B34E119FB
宝塚友の会

出演は、しーちゃん(和海しょう)、ほってぃ(帆純まひろ)
そして まだ花組生だった ひっとん(舞空瞳) 、、既に星組への異動が決まっていました

SNSなどで、細切れに情報をキャッチして
ひっとんが花組愛を語っていたのは小耳に挟んでいましたので
この放送を心待ちにしておりました


この、トークスペシャル
もちろん その時のゲストによって 全然雰囲気が違います
司会者さんそっちのけで 内輪の話をして組子で盛り上がるケースなどは、あまり好きではありません
タカラジェンヌさんは、いつなん時であろうと 品格 を持っていてほしいと常々思っております
そして、この花組のトークスペシャルこそ
タカラジェンヌさんとして〝正解〟の回だったように感じます
司会者さんの質問に真摯に答える3名
明日海さんの花組が大好きだから、、ということを差し引いても
花組生は、タカラジェンヌの自覚とプライドがとても高い組なのではないかと改めて感じました
タカラジェンヌのお手本にならなくてはいけないとの自覚がすごい!
よく花男は花娘に「可愛い」と、花娘は花男に「カッコいい」と日常的に褒め合う風習を聞きますが
これは 決して傲慢な気持ちになるためのものでははなく
そう言われるに値する自分であることこそが重要で
自分を律するために、とても有効的な決まり事なんですよね
次の世代にも、ぜひ継承してほしいです


ゲストの3名の人柄が素晴らしくて
気持ちの良いトークショーでした
司会の竹下さんの ズバッと切り込む容赦ない質問にも
懸命に頭を働かせて答える3人の姿が とても好印象でした


しいちゃんは、良い先輩なのが滲み出ていました
自分のことも、ほってぃやひっとんのことも、他の組子のことも
とても良く理解しているのですね
そして、ファンが聞きたいエピソードを交えて
『CASANOVA』のことを たくさん話してくれていました
ホスピタリティマインドが身についている方なのだなぁ
学年相応の話し方にも感心します
硬過ぎず、崩れ過ぎず、聞いていて楽しい
深みのある唄声が好きでしたが
人としても、とっても大好きになりました


ほってぃは 新人公演で主役の『カサノバ』を演じましたので
そのことについて、竹下さんから いっぱい質問されていました
難しい役だったので、私も観劇しましたが 苦労しているようにお見受けしました
それでも 前向きに振り返りをしていて
そして何より 感謝の気持ちが深い!
長の期となって、ようやく回ってきた主役の座
組子のみなさんが喜んでくれたことが嬉しかったと話す ほってぃを見て
きっと、周りの人達も応援したくなるのが ほってぃなんだろうなと感じました
性格が良いだけでは務まらない世界だとは思いますが
こんな素直な心を持った人に、どうか 明るい未来がありますようにと願わずにはいられませんでした

ほってぃの初新公は『エリザベート』だったのですね
ほってぃ以下の組子は、みりおくん(明日海りお) のトップしか経験のない世代です
これまで一心に追ってきた背中がなくなり
大きな変化に対応することになります
新公を卒業するタイミングで この変化を迎える ほってぃ
自信を持って舞台に挑んで 飛躍してほしいです

トークショーの最後の挨拶では
自身の初めての新人公演で長の期として とてもお世話になった 和海さん
『邪馬台国の風』の新公では、フルドリ と イサカとして深く関わった 舞空瞳ちゃんと
こうしてトークイベントに出られて嬉しかった、、と挨拶していました
自分のことだけでなく、こんなふうに共演者 特に下級生にまで心遣いが出来るって素晴らしいですね


ファン時代から花組が大好きだった ひっとん
花組配属になったことに本当に大喜びしていたようですね
あまりの嬉しさに 「運を使い果たした」 なんて言っていましたが
いえいえ、ひっとんの運は こんなもんじゃないですよ
これから もっともっと幸せが待ち受けているはずです

話し方と佇まいからは、芯の強さが伺えます
しいちゃんの話からも、しっかり者の ひっとんが垣間見えました
自分の才能に奢ることなく、学ぼうとする姿勢が健気で愛おしい
3年ちょっとだったけど花組に在籍できたことの喜びを
星組への異動が決まっていても、隠すことなく話す姿に
ひっとんは、常に正直で自分の言葉に責任を持っているのだと感じました
かと言って、花組に未練タラタラなんてことは微塵もありません
不安な気持ちいっぱいでしょうが、それを見せまいと 凛と前を向き
自分の置かれた立場を受け入れようとしているように見えました

『CASANOVA』で卒業した ゆきちゃん(仙名彩世) の話をする ひっとんを見て
言葉にはしていなかったけど
きっと たくさんのことを吸収したに違いないと感じました
『Éclair Brillant』では、繊細な髪飾りに ゆきちゃんを感じました
ひっとんも、必ず尊敬されるトップ娘役さんになってくれると信じています
加えて、新公で ちなっちゃん(鳳月杏) の役を演じたことも
役者としての在り方を学んだというような話をしていました
短い花組生生活だったけど
ひっとんにとっては、これから タカラジェンヌとして、トップ娘役として歩む 礎を作った かけがえのない時間だったんだと思います

竹下さんの、答えの難しそうな質問にも
言葉を選び、一生懸命 答えていました

「今の舞空瞳なら星組に行っても大丈夫!」
千秋楽に みりおくんが ひっとんに贈った言葉がよぎりました


ちょっと、時折 涙が溢れそうになりながら
噛み締めて拝見した トークスペシャル

しいちゃん、ほってぃ、ひっとん
共通しているのは
謙虚であること、他人に対する優しさ、正直で素直な心、、そう 言葉に嘘がない

本当に良いメンバーのトークスペシャルでした








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚








私の闇、、8月のVISAメッセージ~明日海りお

退団が決まり
何をするにも〝最後の〟という言葉がつきまといます
VISAメッセージも、あと何回かな?
もう、数える程しか残っていません

8月のメッセージは
横浜アリーナの『恋スルARENA』を詳しく解説
タカラジェンヌとして前代未聞のコンサート
桁違いのトップスターさんだった証ですよね
たった2日間3公演
普段は長い公演期間をこなしているから
本当に 「夢だったのかな」 と思うくらいの一瞬の煌めきだったのでしょうね
私も、一瞬の夢だったように感じています

そして今
『CASANOVA』とは様変わりしたメンバー
特に、みりおくん(明日海りお) の とっても近くに居てくれた人たちが去り
新体制で迎える 最後の公演
どこまでも 挑戦なんですね

もう、なんだか 痛々しさ を感じてしまいますが
これが みりおくんの選んだ道なのですね
もう とうに限界を超えているであろう細い身体に鞭打って
男役としての最後の舞台に臨んでいる

感謝と尊敬 

頭の中では、本当にそう思っているのです
けれど
これまでの公演のように、胸が高まらない
そんな自分に、罪悪感さえ感じている この頃

明日海さんが宝塚を去る時、、
この4年間、ずっと その時のことを想像していましたが
自分が思っていたのとは
全然違った感情になっていることに
自分でも驚きです

そんな自分が、本当に かなしい

サヨナラ公演の幕が上がり
舞台に立つ みりおくんを観たら
そんな気持ちは吹き飛んでしまい
これまでと同じように
満たされた気持ちになれるのかな

私は薄情者だ、、、


.*・゚ .゚・*.


え ((( ;゚Д゚))  やだ
めちゃくちゃ 病んでるではないか、、私

愚痴は ここまでにして

『Which?今月のCHOICE!』に目を移そう

48CC53DC-B240-439B-BA7C-1EF22469C164
明日海りおコーナー 三井住友VISAカード

『●ベルサイユ宮殿 or エッフェル塔?』
これには、即答で ベルサイユ宮殿!
理由は簡単
エッフェル塔の周りには
そう〝鳩〟がいっぱいだから(o´罒`o)
ホントに 鳥さんがダメなのですね

『●ハイビスカス or ヒマワリ?』
お花好きな みりおくん、これには悩んで ヒマワリをチョイス
花組の95期なら、マイティ推しなので
何故か、勝ち誇った気持ちになってしまいました








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



青薔薇制作発表後の花組トークを見て、ボヤキ、、、本音、、

花組『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』制作発表後のトーク
みりおくん (明日海りお)、れいちゃん (柚香光)、はなちゃん (華優希)
この 3人の並び、、慣れる前に終わってしまうんですね
違和感、、と言うか
両サイドの年下感が強すぎて
トップ3 ではなく、完全に トップさんと2人 ですね

そりゃ、仕方ない
実際に、89期の みりおくん に
6期下の95期 れいちゃん、更に5期下の100期 はなちゃん
れいちゃんは、2番手さんとなって 既に本公演 3作品
全国ツアー主演、別箱主演と経験豊富なんだけど
みりおくん の横に来ると、とたんに 下級生のお顔になる
この 隔たりは最後まで縮まらないでしょう

偉大なトップさんの後任は、荷が重いけど
れいちゃんの ポジティブオーラで それなりにこなしていくのだろうな、、と
これまでも、ファンがどんなに心配しても
それなりにどうにかなってきた宝塚の歴史があるので傍観者に徹するしかない

みりおくんは『CASANOVA』で全ての輝きを使い果たしたような
なんか、仙人のようなオーラを醸し出しているように感じてしまうのは 私だけでしょうか
その仙人っぽさが、今回の『青い薔薇の精』という役に
図らずもマッチするのかもしれない

制作発表での あのお衣装は
作品内では 多用されないことを、個人的には願っている
全身ウロコに覆われたような お衣装でなく
できるなら、フワリと空に浮かんでしまいそうな
軽やかで、儚げなお衣装がいい、、
あのウロコっぽい衣装は、エリュが罪を犯した お仕置きなのだろうか

私の癖もあり
植田景子先生作品の制作発表会にテンションが上がらず
トークでも
自分へのリスペクトが強すぎる 2番手さん と
ほぼ話すことのできない相手役さんに挟まれ
正に退団記者会見で みりおくんが話していたように、、下級生のやりにくさを絵に描いたような
自然ではなく、自分に対して気遣い溢れる空気に
みりおくんの居心地も良さそうには見えない

※そして相変わらず、れいちゃんの話はまとまりがなく長い、、
何が言いたいのか、さっぱり伝わってこない

かと言って、ここで 2人がトップさんと対等な話しっぷりをしても
もっと違和感を感じてしまうに違いない
長期トップの運命、、

みりおくんは 男気を出して
最良と思われる相手役の ゆきちゃん(仙名彩世) のサヨナラショーをアシストし
お姫様を宝塚から送り出した
それは、本当に みりおくんのしたかったことだろうし
ゆきちゃんも幸せだったと思う
それを見た、私たちファンも 素晴らしさに感動した
けど、、やはり コンビで卒業できていたら、、と
現在 サヨナラ公演中の星組トップコンビの幸せそうな姿を見せられて 思わずにはいられない

まさか、はなちゃんが相手役になるとは夢にも思わなかったし
こんなに、負担の重そうな サヨナラ公演になるとは思っていなかった

これも コンビで卒業できない(と言われている)花組トップスターの宿命なのかもしれない

ネガティブすぎる思いで トークを見ていましたが
後半の、ショー『シャルム!』のお話で救われる

信頼を寄せている 稲葉太地先生の演出
スーツ、悪みりお、中詰めは軍服 そして 黒燕尾
宝塚の男役を心底愛している みりおくん が
男役をこれでもか と打ち出せる要素が詰まっている

ゆきちゃんを主役として送り出したように
『シャルム!』は みりおくんが主役になってほしい (当たり前なんだけど)
1人で真ん中に立ってほしいのです
みりおくんの望む男役として

もし、デュエットダンスで
その理想を描くことができないのなら
無理にデュエットダンスを入れないでほしい
まさおさん(龍真咲) のサヨナラ公演がそうであったように
デュエットダンスがなくたって いいじゃないか!
男役・明日海りお が、命をかけた舞台に たった一人 スポットを浴びる姿を見せてほしい

稲葉先生、、
どうか、みりおくんが これまでの男役人生の集大成として
悔いの残らない舞台をつくってください
妥協しなければいけない場面をつくらないでください

トップコンビのお披露目公演でなく
トップスターのサヨナラ公演を観たいのです

そして、花組を受け継ぐ れいちゃん×はなちゃんコンビには
次に繋がる場面を用意してあげてほしい









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




【ハピリポ】⑧ 恋スル TAKARAZUKA『恋スルARENA』

黒燕尾姿の みりおくん
宝塚での思い出の曲を歌ってくれるコーナーです

♡ YOKOHAMA No.8 恋スル TAKARAZUKA ♡

1曲目は『ポーの一族』より『哀しみのバンパネラ』
エドガーは間違いなく、みりおくんの代表作
自分の運命を呪い歌う この曲
温度のないような表情、虚しい視線
みりおくんが 一人ぼっちにさせるのが躊躇われた孤独なエドガーの瞳を 
もう一度 観ることができました

2曲目は『CASANOVA』から『人生には恋と冒険が必要だ』
まだ記憶が温かい一曲
ドーヴ・アチアさんのどこか懐かしいメロディ
何度聞いても素敵です
「人生 哲学さ...♪*゚」 の振りは、ちょっと やってみたくなる
絶対に上手くいきませんけど

宝塚の曲が、こんなに広い空間を埋めていることが
なんだか 少し不思議な感覚でした

3曲目、『ハンナのお花屋さん』から『Happiness』
初日にお隣で仲良く観てくださった方と
この曲が流れ出した瞬間に、タオルで顔を抑えました
『ハンナ…』は ダメ
曲を聞いただけで、条件反射のように涙が溢れます

横浜アリーナに 優しさが充満する、、

素敵な唄声、、
この唄声に、毎日 癒されてきた
どうして こんなに胸の奥にしみてくるんだろう

ありがとう(❁ᴗˬᴗ)♡ って 心から思う


え、、宝塚の曲 こんだけ?
と チラッとよぎりますが
黒燕尾のみりおくんの左右に
みりおデザイン衣装の出演者が並ぶと
みりおくんがみんなと歌いたかった曲
『きみとぼくのラララ』
小学校での思い出の曲だそうです
卒業ソングなんですね、静岡ではメジャーなのかな?
ごめんね、みりおくん、、私も知りませんでした

それにしても、みりおくんって
幼い頃から、とても感受性豊かだったのですね
どうやって育てたら、こんな素敵な人間になるんだろう
ご両親やご家族は、きっと素晴らしい方々なんだろうな~

みりおくんが みんなに送られる と言うより
卒業する みりおくんが みんなと歌いたかった という流れなんだけど
やっぱり『卒業』を感じてしまいます
心の支えだった大好きな曲を
大切な組子と一緒に歌っている みりおくんが
本当に本当に幸せそうな表情でした


933E6416-1C94-4E28-ADA8-0E46569B90E1









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

宝塚歌劇 花組公演 ミュージカル・ゴシック ポーの一族
宝塚歌劇団
ソニーミュージックエンタテインメント
2018-03-20

花組宝塚大劇場公演 祝祭喜歌劇『CASANOVA』
明日海りお
宝塚クリエイティブアーツ
2019-04-26