明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

AFairyTale-青い薔薇の精-

2019年9月29日の記録~サヨナラショーが観たい

みりおくん(明日海りお) の 本拠地ラストディが夢のように過ぎました
あの日、多くの人たちが訪れた あの場所は
今も 当たり前のように そこにあり
光のまたたきと愛が降り注いだ場所は
今日はまた、次の公演の初日の賑やかさに包まれているのでしょうね

花組公演『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』
私の最後の観劇は、千秋楽の前の日
9月29日でした

44A2DE33-984F-411C-A17C-8A26D9E0C236

サヨナラショーを劇場で観るという夢は、早々に捨て去り
千秋楽のライブビューイング作戦に転じていました

千秋楽の前日の29日
午前の貸切公演は幸運にも SS席に当選していました 
みりおくんを この目で観られる最後がSS席なんて
なんて、素晴らしいのだろう
私は幸せ者だ!!

貸切公演を娘とSS席で観て、その足で一緒に名古屋に帰り
次の日に名古屋で千秋楽のライブ中継を観る
、、、って予定だったんです

ところが、その3日程前
娘から、前楽(29日午後公演・サヨナラショーあり) を (自分だけ)観られそうだと連絡が入って

ちょ、ちょ、ちょ、ちょーーっと待って ( ̄  ̄*)!

マジか、、、

だったら、私はどうなるの?
一緒に車で帰ることになっているから、一人で先に「じゃあね」ってね、、それも 大人気ないし
けど、そこに居るのに観れないなんて、辛すぎる!
慌てて、なんとか手持ちのチケットとの交換が叶わないかと
時折お世話になっている某交換サイトさんを必死で探し、チャレンジするも あえなく、、(TдT)
お宝チケットは、簡単に手に入るもんじゃない

行ったことのない『手塚治虫記念館』にでも行こうかな、、)Oo。.(´-`)

すると、27日に公式HPに
『前楽の当日券は抽選だよー』と 嬉しいお知らせが
当日の朝8時半までに劇場に行けば、抽選に参加できる
娘も協力してくれると言うので、確率は倍だ!
よーし、立ち見でもなんでも こーい!!


.+*:゚+。☀︎*.。


前楽当日、苦手な早起きを敢行し 宝塚大劇場へ、、
到着したのは 7時40分くらいでした
駐車場から花のみちの向こうにある光景が
なんだか いつもと違うぞ

慌てて、われらも向こう側へ行くと
既に正面ゲートは開放さてれいて、劇場正面入口から続く人の列が
ゲートを出て、左の方へと延びていました
列の最後尾は どこなんだ!?
列は楽屋口近く、キャトルの入口辺りまでいって、そこから折り返していました
「何人くらい居るなのかぁ」「もう300人くらいいるのかな?」と悠長なことを言いながら列に並ぶ
この日の当日券は 200枚程度と聞いていました
この時はまだ、2人のうち1人は当てられるんじゃないか、と淡い期待がありました

列は、まずまずの速度で進んでいきます
ゲートをくぐり、テーマパークのようにロープで仕切られた道を
ひらすらS字に歩み、ようやく劇場の建物の中に
そこから、ぐんぐんと進んで
劇場改札にて 緑色のカードを受け取り、ロビーへ

C665BC2E-0B1B-4A9B-90B7-F9400D028940

300人なんて、とんでもない!
整理番号的な数字に驚く
パネルのある側のロビーは人で埋め尽くされていて
われらは、ラウンジに着いたところでストップ
その後も、どんどん どんどん 人が入ってきて
1階はいっぱいになってしまい、列は右手の階段から上へと登っていきました
最終的に何階まで登ったのでしょうね

どうやら、整理番号は 2000番を超えて
その後は番号のない青いカードを渡されたみたいです

さあ、抽選が始まる!
来た道を戻るように、劇場改札にて抽選をして外に出るようです

あーこの形式か (ノд-。)

貸切公演でよくある 席の当日抽選の時のように
赤いチケットホルダーがズラっと立ててあり
その中から1枚を選び取る

そう、誰のせいでもない
全ては、自分の運次第
私、この方式には苦い思い出があるんです
『ポーの一族』MY初日 
抽選なのに、気合いを入れて、相当前の方に並び
引き当てたのが、、まさかの B席

チケットホルダーの凄まじい数を見た瞬間
負けを悟りました

6A4DEBD8-AE52-4EBF-B9EE-6CCF5ABF224D

はい、気持ちで既に負けておりましたので
この結果、、、(T-T)
当てる気満々だった娘もダメでした

まあね、世の中 そんなに甘くないですね
劇場のゴミ箱には、鬼のようにチケットホルダーが捨てられていました


開演まで時間があったので
『Greenberry's Coffee』さんで、心の傷を癒すことにしました

噂の ブルーローズスムージー
罪の色の飲み物、、

DBFDDE85-DFFF-43BF-BB77-889162A81291

さあ、気を取り直して 11時公演
これが 最後の〝生みりお様〟と、心して席に着く

頭痛がするほど泣きました
最後のパレード、銀橋から本舞台に戻る みりおくんを
きっとこの世のものとは思えない不細工な泣き顔で観ていた 私たち母娘
2列目だけど、実質1列目なお席でした
あまりに泣いていたからか
本舞台に戻った みりおくんがセンターに行くときに
私たちの方に視線をくださり「うん」と優しく頷いてくださった (と私たちは信じている)
あの お顔、一生忘れません

もう、思い残すことはない 。゚( ゚இωஇ゚)゚。
心置き無く『手塚治虫記念館』に行こう

と、その瞬間は思ったのですが
実はその日、劇場内で お知り合い何人かにお会いして(みなさん、サヨナラショー観れる人)
みなさん口を揃えて
「最後まで諦めてダメ!」と励ましてくれたんです

私も「はい!頑張ります!」とカラ元気でこたえました

しかし、、諦めてはいけない とは
本当の事でした
なんと、開演10分前にチケットを交換してくださる方とのご縁があり、、、

信じられないことが実際に起こるんですね


.+*:゚+。☀︎*.。


後日
数少ない私の友達の ヅカ師匠・Sちゃん のご観劇仲間の
千秋楽を劇場でご覧になった先輩が、サヨナラショーのペンライトをプレゼントしてくださったのです
私が、大のみりおくんファンとご存知で、、
ペンライトも もちろん嬉しかったけど、そのお気持ちが何より嬉しかった♡

みりおくんも 千秋楽ご挨拶で仰っていましたよね

みりおくんと私たちファンの間に目には見えない絆がある と

私も、同じように、様々な人との繋がりを感じずにはいられませんでした
あの日「諦めないで!」と、声をかけてくださった方々
このブログを読んでくださって、私の想いに寄り添ってくださる方々
同じものを愛するヅカ友さん
宝塚ファンではないけど、私のファン活動を見守ってくれる家族や友人
見えない想いが、私にパワーを与えてくれているのだと

ヅカ生活の中で最高にラッキー✧︎と思ったのですが
思い返すと、これまで宝塚にまつわるラッキーって
結構、たくさんあった気がするんですよね
その度に、その幸せに感謝したり、優しさに包まれたりしました

みりおくんを好きにならなければ
こうした幸福にも出会うことはなかったかもしれません
本当に、感謝♡です


そして、私だけでなく
人は誰でも、誰かに支えられ、応援されているのですよね


53D3EEDB-E5CC-4BFA-833B-7D94F68BE3F9



『手塚治虫記念館』にも
また、チャンスがあったら行ってみようと思っています








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

本日、明日海りお様 宝塚大劇場を卒業

ずっと、9月30日のお天気が気になっていました
絶望的な予報だった時もあったけど
なんとなく、雨は降らないんじゃないかって
ファンのみなさんは思っていたんじゃないでしょうか

私も、みりおくん(明日海りお) の
晴れ男(役) パワーを信じていました


❁.*・゚


昨日は、劇場ならではの感動を味わい
本日は、映画のスクリーンで みりおくんの美しさを堪能させていただきました
オペラグラスを覗かず
ちょっと、拍手をおサボりして
ただただ、スクリーンの みりおくんに集中できる
ある意味、とても贅沢をさせてもらいました

サヨナラショー と ご挨拶

清々しい表情の みりおくん

これまで、毎公演 
千秋楽には退団者のご挨拶があって
それを映像で何度も見て涙してきたけど
必ず来ると分かっていながら
来ないんじゃないか、、なんて思っていた 
その日の みりおくんがスクリーンに映し出さていることが
嘘のようで、、本当のことで、、

みりおくんを好きになってからの
楽しくて、ワクワクして、ドキドキして、満ち足りた気持ち
夢のような時間を振り返って
今は、、
自分が どんな感情なのかが よく分からなくて
呆然としています
まだ、東京公演がありますが
私にとっても本拠地である宝塚の舞台では
もう、みりおくんの姿を観られないという真実

何度かのカーテンコールの後
最後に緞帳の前に 一人出てきてくれた みりおくん が

こっち側に来てしまったので
(緞帳の) 向こう側の私はお見せできません

と、ちょっとお茶目に言った言葉が
あまりにも真実過ぎて、、
今、その意味を 噛み締め 噛み締め 噛み締めています

でも、幸せな時間を過ごしたのも真実

夢の名残は、うん、、胸に残るから、、

A072D1F0-11B4-4AC3-9087-69E63D0F8F82










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







 

ありがとう♡明日海りお様『サヨナラショー』~まさか観られるなんて

花組大劇場公演『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』
前楽を、色々な幸運が重なり、観ることが出来ました
世界中の方々、目には見えない全てのものに お礼を言いたい気持ちです

目がパンパンなうちに『サヨナラショー』の記憶を書き留めておきたいと思います
明日のライブ中継で『サヨナラショー』を楽しみにしていらっしゃる方は
どうぞ、明後日以降に記事をお読みくださいませ


さおた組長の『みりおちゃんとの思い出』のお話は
主に 100周年大運動会
大いに笑いに包まれていましたが
私は、序盤から涙が止まりませんでした

そして『明日海りお サヨナラショー』

幕が上がると、スモークのたかれた本舞台に
青い王子様みたいなお衣装の みりおくん
『エリザベート』から『愛と死の輪舞』
この青いお衣装は、燕尾の裾が『宝塚幻想曲』のプロローグを思い出す
と、、思っていたら
『宝塚幻想曲』のプロローグ
みんなは白いお衣装に白い手羽根
みりおくんの客席降りも、みんなの銀橋渡りも あの時のまま
大きな白い羽根が出来上がると、それがスクリーンになって波が映し出され
『カリスタの海に抱かれて』から『オリーブの薫る島』
『新源氏物語』から『薄紫の君(みたいな歌)』
『金色の砂漠』の主題歌
『MESSIAH』の みんなで歌う 壮大な曲
そこからの
『EXCITER!!』
キャ──((o(。>ω<。)o))──♡
みりおくん客席降り!!
なんと、中央通路まで来てくれました
私は1階A席センターだったので
発狂しそうでした "(ノ*>∀<)ノ
残念だったのが、客席が明るくならず
みりおくんのお顔が、暗くよく見えなかったこと
明日は、客席が明るくなるといいですね

れいちゃん銀橋『Melodia』~男役さんが本舞台

下手花道から
カサノヴァさんとバルビ神父が登場!
カサノヴァさんは、『ポーの一族』の男役群舞のお衣装に、カサノヴァのマント
バルビ神父は 完全復刻版!
カサノヴァさんが銀橋をベアトリーチェの元へと走り抜け、本舞台に戻ると
そこには、ベアトリーチェが、、、(誰かはお楽しみ♪)
そこから、大階段で
赤いドレスの花娘と『CASANOVA』主題歌

『ポーの一族』
れいちゃんと、エドガー&アラン
手を繋いで大階段を降りきて、胸きゅん♡

華優希ちゃんと『クルクル』
あの 水車の曲をアレンジした曲で デュエットダンス

退団者花娘
くみさん(芽吹幸奈)、あかりそ(白姫あかり)、えみちゃん(乙羽映見)、しろきみちゃん(城妃美伶) 
『Santé!!』主題歌で 大階段を降りて銀橋へ

そして
大階段に みりおくん

『エターナルガーデン』
私が、みりおくん歴代で最も好きなお衣装のひとつの
『アーネスト イン ラブ』のフィナーレ
白にピンクのスパンコールのついたお衣装
とっても感激 (∩´∀`∩)

最後は
『ハンナのお花屋さん』から『ハピネス』

最後の曲は『ハンナ…』からじゃないかな、、と思っていました
最近のサヨナラショーでは
ラストは、賑やかで楽しい曲が多かった気がしますが
とっても、みりおくんらしく
しっとりと、胸にじーーーんとくる
素敵なサヨナラショーでした♡


明日は、ライブビューイングで
また、泣いてきます







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

VISA 9月の明日海りおメッセージ~あと2回かな?

毎月更新される 
VISAホームページの『明日海りおコーナー』のメッセージ
みりおくん(明日海りお) の卒業は
東京千秋楽の 11月24日
このメッセージも、11月が最後になるのでしょうか
最後には、特別なメッセージとかあるのかな (´・_・`)


さて、今月のメッセージは
現在宝塚大劇場で上演中のサヨナラ公演
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』 について

お芝居は
ご自身の役づくり、共演の 華優希ちゃん、れいちゃん(柚香光) とのことに触れていました
文章からは、落ち着いた雰囲気が伝わってきます

みりおくんのメッセージで、ひとつ 謎が解けました
私は、エリュや妖精たちは『ミスティワールド』という、あの庭の空間に閉じ込められたと思っていたのてすが
そうではなく『霧の中』に閉じ込められたのですね
霧の中にしか存在できないけど
霧と共にロンドンへも行けるってことなのかな

ショーのお話では、少し明るい雰囲気になって
トップになって初のショー『宝塚幻想曲』 との対比をしたりしながら
色んな場面のことを語ってくださっています


『卒業』とか『退団』という言葉は一切出てきませが
どこか寂しげ、、
いえ、、
いつも、こんな感じかな、、 


最後に、雪組公演『壬生義士伝』を観劇したこと

タカラジェンヌとして、同期の だいもん(望海風斗) の舞台を観るのも これが最後ですもんね
感慨深いです

この公演に出演していた
同期の かちゃ(凪七瑠海)
元花組生の きいちゃん(真彩希帆)、ひらめちゃん(朝月希和)
元月組生の あーさ(朝美絢) の名前も出てきて
同期生は もちろん ですが
一緒に舞台を創ったことのある仲間も
やっぱり 特別な存在なんだろうな、と思いました
 

9A9E1AD3-D11F-45A4-A541-498B27536C4E
三井住友VISAカード 明日海りおコーナー







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

【ハピリポ】私の楽しみ方『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』

色々複雑で、なかなか
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』の感想を書けないでいるのですが
3回目の観劇を終え
昨日は初めての二階席から舞台全体を観ることも出来ましたから
少し、書いておこうと思います 

大好きな みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演ですので
結局、最後まで『退団』抜きで舞台を観ることは出来なさそうです
私の感想は少数派と読み流していただけると幸いです

また、ご覧になった方しか理解できない部分やネタバレを含みますので
ご容赦ください


٭•。❁。.*・゚


ほとんどオペラを覗いていた初見は
ストーリーを知りませんでしたし

トム=ニック(水美舞斗) なのかな?
おとぎ話よろしく、猫が人間に、、?
謎の老婆(美花梨乃) は一体何者、、もしかして =女神(乙羽映見)?
シャーロット(華優希)は肺と精神を病んで死んでしまうの?

と、結末に思いを巡らせていましたが
2回目 3回目は当然どうなるか分かっていますので
特にビックリな展開でもないですから、、、はい

青くなりかけと、ラストシーンの美しいエリュ(明日海りお) のビジュアルを心待ちにすることが一番の楽しみ(*´˘`*)♡
青いみりおくんは、どうしても あまり好きになれなくて
人ならぬものの美しさを追求したと言うならば、これじゃないんじゃないかな、、と悲しい
けれど、人間たちの日々の営みを
違う次元から、ただ見つめる(かなり、この時間がたっぷりある) 仕草や表情には
エリュの心情が溢れていて
みりおくんがエリュになりきっていて
その お顔を観ているだけで 涙が出そうになる

個人的には、その表情の中に これまで演じてきた役柄
トートや、エドガーや、ヴァルモンや、他にもたくさんを感じて
その中でも、私の大好きな『ハンナのお花屋さん』のクリスが過去の自分と両親を見ている時を思い出してしまうことが多発
切ない表情のみりおくんは、やっぱり素敵だ

一番好きな台詞は
おばあちゃんになってしまったシャーロットに
「君は何も変わらない」と言うところ
人間は見た目で色んなことを判断するけど
妖精は、その人の本質を見ているんだな と
凡人の私には、人の本質を見抜く能力はないけれど
それを見ようとする清い心を持っていたいと その瞬間は本気で思います
、、すぐに忘れてしまうけど( ̄▽ ̄;)
昨日もバスツアーの添乗員さんのことを『汗っかき君』とか呼んでいた
思いっきり見た目で判断してる、、猛省しよう

とにかく『青薔薇』を観ながらも
頭の中は思い出を辿ったり、ふと何かを思い出したり忙しくて
自分でも〝泣き〟のスイッチがいつ入るのか予測できなくて
ずっとハンカチを握りしめています

ストーリーに泣いているのか、違う涙なのか、、


٭•。❁。.*・゚


初見の私の『?』の答えは

ニックは既に天国ってことかな
猫が人間になるはずないよね
老婆は、、えっ!ただの老婆?!
シャーロット、めっちゃ長寿じゃん

ってな具合に、考えただけ損したわ という結果で
もうストーリーについては、そんなに引き込まれないから
3回目の昨日は
美しいエリュ、イケおじの あきら(瀬戸かずや)、どんな時も妖精な おとくりちゃん(音くり寿)、可愛いすぎる11歳のシャーロット(美羽愛)、かっこいい花男たち に心弾む時間以外は
別の楽しみにふけってしまいました

うちの娘は、私とは ちょっと違う感性を持っていて
お衣装や髪飾りを よくそんなに覚えているね~って驚かされたり
台詞や歌詞に 妙に敏感だったりするんです

『青薔薇』と同じく 植田景子先生演出の『ハンナのお花屋さん』
クリス(明日海) の親友・ジェフ(瀬戸) が奥さんのサラ(乙羽) と 学生時代のクリスマスを思い出して話をする場面があるのですが
あきらの台詞に
『クリス』『クリスマス』という2つのワードが頻発しすぎて可笑しくなってくるって言うんですよ
それを聞いてからは、その場面を観るたびに私も
クリスクリスマス…クリスマス、クリス…と
なんか気になっちゃう ( •́ •̀# )
娘は「植田先生 わざとじゃない?」と深読み
よく言えば〝韻を踏む〟言い換えると〝ダジャレ〟?
そして この公演を前回一緒に観劇した娘が幕間に
「また ダジャレみたいなの いっぱいあったね」と
私は、全く気づかなくて
娘も「そん時は笑えてきたけど、忘れちゃった」って言ってたのを思い出し
台詞にしっかり耳を傾けてみました

たぶん、、、

春妃うららちゃんがビッカーズ商会に差し入れを持ってくる場面の
『コレラ』『コレラ』『これから』『コレラ』

ニック(水美) と フローレンス(城妃美伶) の
『この庭には』『庭には』『にわには』

『うらにわにはにわにわとりがいる』という
滑舌練習を思い出しました ( ̄▽ ̄)


他には、みつけられなかった

景子先生、これ わざとなんでしょうか?


٭•。❁。.*・゚ 


あと、毎回 感じてしまうポイント

〇 ハーヴィー(柚香光) の登場シーンの台詞回しで
『カリスタの海に抱かれて』の『ナポレオン』を思い出す

〇 ニック(水美) を見ると
『美女と野獣』の『ガストン』を思い出す
肩パット、入れすぎじゃないかな?
庭師さんって体力が必要だから、あんなに胸板厚いの?
そして〝エア庭の手入れ〟は非常に芸が細かい

〇 『ミスティックワールド』ってネーミングに
なぜか『MY HERO』の『ディスティニーランド』を思い出し、ニヤっとしてしまう

〇 ハーヴィーの研究室に妖精が出てくるとこは、仕掛け絵本みたいで楽しい
そして、妖精たちは ミスティックワールドに閉じ込められたんじゃないの?って思う
案外 自由

〇 白い薔薇の精(聖乃あすか)と 9歳のシャーロット(都姫ここ) が、ちょうちょを目で追うとこ好き

〇  何回か「信じるか信じないかは」ときて「あなた次第!」と続かないことにストレスを感じるが
最後に「あなた次第!」が出て スッキリする


٭•。❁。.*・゚


二階席から観て
幕開きの 妖精が動き回るような光の演出
夏至の夜の妖精のパーティの始まりに動物やちょうちょが光で出てくる演出
ラストに女神様が時をあやつるときの照明の演出が
本当に綺麗でした

セットは、どれも素敵です✧*。


٭•。❁。.*・゚


私の記憶が確かなら、、
前に観た2回は、幕開きの えみちゃんの登場は 女神様のお衣装だっと思うんですが
昨日は、フード付きのマントを纏っていました(途中のレディミステリアスと同じ)
えみちゃんが誰なのかをネタバレしないように演出を変更したのかな?

幕開きは、さっきも書いたように 妖精の物語の始まりのように キラキラと光が動き
音楽も おとぎ話っぽいので
私は、えみちゃんが ピノキオのブルーフェアリーのように登場する初日の方が好きかも


٭•。❁。.*・゚


また、観劇が終わってしまった
こうやって、限られた時間は 刻々と過ぎてゆくのですね


DBBF3B23-0DFE-45D6-BF95-8CCC0A5A4A5A










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚