宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

蘭乃はな

『DANCE OLYMPIA』の先行画像を見て、コンビのデュエットダンスの相性について思ったこと

『DANCE OLYMPIA』の先行画像
れいちゃん(柚香光) 素敵ですねー(●´ω`●)
ちょっと、想像してたのと違ったけど、、

71FC4071-1CC2-4C83-9E79-BDF86EFEDFAA
宝塚歌劇団公式ホームページ 

一幕は、ギリシャ神話の英雄がタイムスリップするという ストーリー仕立てのショーらしいから
てっきり、そっちのビジュアルで来るかと思ってました
二幕は、多彩なパフォーマンス 
こっちの カッコいい方で来たんですね

それにしても、スタイリッシュだわ~

ポスターも、こんな雰囲気なのかな?
マイティ(水美舞斗) と ひとこちゃん(永久輝せあ) が
同じテイストで脇に配置されたりしてたら
めちゃくちゃ素敵だろうな ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
相手役の華優希ちゃんは、こんな感じのイメージではないから、、
ちょっと、この〝スタイリッシュれいちゃん〟の横に居るのが想像できません

ほぼ同時にトッププレお披露目公演をする
同期(95期) の まこっちゃん(礼真琴) のポスターを拝見した時は
お衣装にお金かけてるなぁ~って
世界観にぐっと引き込まれるように感じましたが
それとは真逆な感じで
モノクロがまた、シンプルなカッコ良さを強調しています
まるでファッションブランドのポスターのようです
れいちゃんは、存在そのものが画になるスターさんですよね


❁・*:..。


みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演のショー『シャルム!』での
トップコンビのデュエットダンス(と言っていいのかな?) に がっかりしたのは
たぶん、私だけではないと思います

『CASANOVA』まで コンビを組んでいた ゆきちゃん(仙名彩世) とのデュエットダンスは
毎回、本当に素晴らしいものを観せてもらっていたので
ギャップに心がついていけなくて、より 残念な気持ちになるのでしょうね

みりゆき のデュエットダンスが大好きでした
そして、それと同じくらい好きなのが
最初の相手役・らんちゃん(蘭乃はな) とのデュエットダンスです
実際の舞台で拝見していないので、映像だけの感想なのですけどね
組んだのは、プレお披露目の『ベルサイユのばら』、『エリザベート』そして らんちゃんのサヨナラショーと少ないのですが
特に『エリザベート』のデュエットダンスが大好きです

私は、みりおくんの大ファンです
けど、ちょっと客観的な意見を、、、

みりおくんは ダンスの人 ではないですが
男役としての見せ方が素晴らしい方
ダンスで娘役さんと組んだ場合
娘役さんのスキルの高さが、みりおくんを よりカッコよく見せる鍵になっていると思います
娘役さんの正解の寄り添い方があってこそ、その輝きは倍増するのです
上手い娘役さんと組むことで、みりおくんのダンスも上手く見え
娘役さんが、ピッタリと動きを合わせてくれることで
更に美しく、そして包容力までもがアップします

ダンススキルが低い娘役さんを相手にすると
一気に、その輝きが曇ってしまう
ちょっとカッコよく見えなくなってしまうのです

ファンとしては、当然
みりおくんをカッコよく見せてくれる娘役さんが好きなわけで
重力を感じさせる娘役さんは ダメなんです

そして、これって
宝塚では 良くあるケースとも言えるのかな と思います
もちろん、コンビのどちらもがダンスが上手いのが理想ですが
歌、芝居、美貌、背の高さ、オーラ などなど
持ち味は、それぞれ違います
5組全てのトップコンビが共にダンスが最高!とはならなくて当然です
けれど、宝塚には必ず デュエットダンスがある
これは、たとえダンスがピカイチではないトップさん(トップ娘役) であっても
避けて通ることはできません
ダンスがウリのトップさんに、ダンスがイマイチのトップ娘役がつくことだって過去にもあったはず


ダンスが持ち味の れいちゃんが
ダンスが不得意の 華優希ちゃんを相手役にしなければいけないことに
残念で不憫な気持ちでいましたが
いや待てよ、、
ダンスが得意な れいちゃんと踊るなら
華優希ちゃんもダンスが上手く見えるかもしれない
要は、最高の〝見せ方〟が出来るようになればいいんです
みりおくんに、らんちゃん や ゆきちゃんが
最高の寄り添い方をしてくれたように
れいちゃんなら、華優希ちゃんに最高の寄り添われ方が出来そうな気がしてきました


れいちゃんの圧倒的オーラを曇らせてしまうようなことだけはありませんように

コンビとは
互いの良さを何倍も引き出すことのできる存在であることが
何よりも大切なことだと思います









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

 

最近の行動がリアル光源氏な みりおくん

『新源氏物語』の劇中での 惟光(芹香斗亜) の台詞

「殿は実にご誠実なお方で、一度親しくなさった お方とは、、、」

あ。これじゃん!
殿(明日海りお様) ったら、、(//∇//)

IMG_1099
画像❀.*・゚http://instagram.com/kotomirio_


新人公演初主演『ME AND MY GIRL』で相手役だった
同期生の 藤壺の女御 こと 羽桜しずくちゃん こと 中島亜梨沙さん には
この前、頭中将 こと かいちゃん(七海ひろき) に トーク番組で
恋文(←じゃないし(^▽^;))を渡してもらってたし

スカイステージのトーク番組には
月組2番手(準トップ)時代に組んだ
夕顔 こと ちゃぴ(愛希れいか) を指名

東京宝塚千秋楽のすぐ後には
『エリザベート』で 大劇場では1作のみですが 
コンビを組んだ 葵の上 こと らんちゃん(蘭乃はなさん) を誘って
現相手役の 紫の上 こと ゆきちゃん(仙名彩世) も一緒に
桐壺帝 こと 蘭とむ先輩(蘭寿とむさん)のサプライズご結婚お祝い会に、、
らんちゃん とは月組時代に新人公演でも組んでいますよね

そして、これは 小耳に挟んだ情報ですが
冷泉帝 こと きりやん(霧矢大夢さん) の舞台を
前花組トップ娘役の 明石の上 こと かのさん(花乃まりあさん) と一緒に観劇なさったとか、、

ゆきちゃん とは
ご存知の通り ラブラブですし (〃艸〃)

あとは、、、
ゆうみちゃん(咲妃みゆさん) か、、、
案外、空蝉の如く
スルリと、みりおくんのお誘いをかわしていたりしてね~ (*´艸`)


最近、とっても充実して
表情にも余裕が感じられる みりおくん♡

ご多忙にも関わらず
過去に組んだ娘役さんとの逢瀬を楽しんでいるかのよう、、、
その お姿が『源氏の君様』と重なってしまうのは 私だけかしら、、、(´>∀<`)ゝ))


「あれだけの殿方ですもの、、」 ね(●´ω`●)


 





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚
 

素敵なサプライズ~蘭寿とむ様 と みりおくん~

蘭寿とむオフィシャルブログ「Le soleil」に
素敵な投稿が、、( ❁• •❁ )♡

『サプライズ!』と題名が付けられていた、その記事は

花組東京千秋楽の翌日に〝お疲れ会〟と称して
蘭とむ先輩 と みりおくん がお食事の約束をしていて
しかし、突然
ゆきちゃん、、蘭ちゃん も現れて
蘭とむ先輩は びっくり(๑º ロ º๑)!! 
実は、みりおくん が用意した
蘭とむ先輩の〝結婚お祝い〟の サプライズお食事会だった♩¨̮⑅*♡って内容で

その お話を
とても 嬉しそうに綴る 蘭とむ先輩♡

記事の最後には
『ハンナのお花屋さん』のことも書いていてくださって

本当に素敵なお人柄だなぁ (*´꒳`*)


、、、にしても 豪華メンバーな お食事会

花組トップコンビ×2 ですよ Σ(・ω・ノ)ノ!


蘭とむ先輩のブログの過去記事には
蘭ちゃんと2人で『Santé!!』観劇をされた時の記事も
サンテグラスを手にする お2人の写真とともに載せられていました

黒燕尾について触れていて
『Cocktail』に出演されていた 蘭とむ先輩にとっても
あの『乾杯』の黒燕尾は特別なものだったのだったのだ と、、、思わず 涙(;ω;)

蘭とむ先輩 の アメブロ
是非、ご覧になってください♡
みりおくん が贈った 可愛いお花のお写真も載せられています❁*.


大切な人との お食事会に
ゆきちゃん にも声をかけて一緒に出掛けるなんて
みりゆき は、ホントに仲良しコンビ♡ですよね

色んな事が充実していて
舞台にも益々 集中して楽しく取り組めるのだろうな


そして、この記事を拝見し
久しぶりに『TAKARAZUKA 夢眩』が どうしても観たくなりました
何度観ても 泣けます(;ω;)
もう〝泣くために観る〟と言っても過言ではありません

齋藤吉正先生 が
男役・蘭寿とむ のために創った 素晴らしいレビューです

プロローグが凄い!
キャッチーな主題歌と振付け
シルバーの衣装が めちゃめちゃカッコいい
いきなりハートを掴まれます(…♥-♥…)


改めて、観てみますと
ものすごい〝お宝作品〟ですね

『夢眩少女』では、みりゆき が ガッツリ組んで銀橋渡りもしています
お2人の演技力には目を見張るものがありますし
このシーンの みりおくん の美しさは神がかっております

絡みはありません(、、と思います) が
雪組トップコンビ だいきほ が『Vacation』の場面に一緒に出てますよ


トップ・蘭寿とむ
2番手・明日海りお
3番手・望海風斗
キキちゃん の若々しさがまぶしくて
れいちゃん も見せ場がありますし
何年か後には
トップスター何人いるの??ってなりますね

あきら は安定で〝男〟ですし
マイティのソロもあります(←頑張れ!だけど)

夢のようですね ˙˚ʚ( •ω• )ɞ˚˙

この体制で
せめて、あと一作品、、、
この〝あとひき感〟が、たまらないのでしょう

『TAKARAZUKA 夢眩』については
語り出すと止まりません ( ̄▽ ̄;)
以前にも熱く語らせてもらっていますので
もし、お時間ありましたら
下↓の タグの『TAKARAZUKA 夢眩』をクリックしてみてください
過去記事が出てきます ( ̄∇ ̄*)ゞ


この後の『さよならショー』ですよ
これが 最高なんです!!!
蘭とむ先輩 と 花組のカッコよさ満載

『TAKARAZUKA 夢眩』の後半の軍服の場面から泣きっぱなしなのですが
更に 泣きましょう .*・゚(´∩~∩`).゚・*.

ショー『夢眩』の 紫の軍服のみりおくんが歌いながら
堪えられなくなってしまうとこも 涙 ですけれど
どの場面より 泣けるのは これでしょう
4コマ漫画 みたいになっちゃって
しかも、写真が下手くそ ですけど
思い出して、一緒に泣いてください

IMG_1059

IMG_1062

IMG_1071

IMG_1065


あ~この美しきお2人の絆が今も変わらず結ばれていることに感激しますね












ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


花組トップ娘役

本日は大劇場宙組公演の初日
みりおん(実咲凜音) の卒業公演の幕が開いたのですね
そして、明後日は
花組トップ娘役 花乃さんの宝塚卒業の日となります

花乃さんの退団が決まってから
公式の出版物も含めて、色々なメディアでの
みりおくん と 花乃さんの発言には
赤裸々すぎない、、?と思うものが多い気がします

でも、それは
このトップコンビが、何か大きなモノを乗り越えたからこそ語れるのかもしれませんね

「お互い頑張ったよね、お疲れさま♡」と
表面的な言葉で終わることもできたのに
あえて、少しギクシャクしていた時の話に触れるのは
どうしてなのか、、、
そんなことを、ずっと頭の中で考えていました


みりおくんは
『晴れでも。雨でも!!』の中のエッセイで
相手役さんは〝身内〟と表現しています
それ程までに相手役さんに近い存在であることを望んでいるのですね

これまで、新人公演や準トップ時代に
みりおくん風に言うならば〝同棲〟的に
一時的な相手役さんが何人かいましたよね
(たぶん) 人見知りなタイプな みりおくん にとっては
同期生や、ずっと同じ月組で過ごしてきた 気心の知れた人ばかりでしたよね

同期の 羽桜しずくちゃん 
後に本当に〝身内〟になる 蘭乃はなちゃん
ちゃぴ  に、ゆうみちゃん、、
おそらく〝同棲〟は、とてもスムーズだったのではないでしょうか
相手役を務めた娘役さんたちも
みりおくん のことを良く知っていたでしょうし
しずくちゃん以外は みなさん
後にトップ娘役に就任し
そのポジションを全うしている顔ぶれです
芸にも厳しい方ばかりなのではないでしょうか

新人公演にしろ
主演娘役を演じる人は それが当たり前って
思ってしまっても仕方ありませんよね

トップスターになる以前の彼女に
恵まれていたとも言えそうです


しかし、蘭はなちゃんの後任の相手役 花乃さん とは
全く関わりがありませんでした
今までスムーズだっただけに
みりおくん も混乱したのかもしれません

打てば響くような 相手役 と組んできただけに
自分の要求することに 的はずれ なことをして
「できません」と泣き出してしまう相手役さんを
どう扱えばいいのか、、、と

そんな時には
キキちゃんが「みりおさんの言ってるのは こうなんじゃない?」とか
助けてくれた と 花乃さんも仰っていましたが
まわりの人達の助けを借りながら
少しづつ、コンビの絆を築いていったのですね

思えば 花乃さんは
新公では『銀河英雄伝説』のヒロインとか『風…』のスカーレット
『W.M.W』のエマ など
宝塚らしいヒロイン経験が少なかったですよね
1本物の作品が多く、ショーの経験も少なかったようです
もっと経験を積んでからの就任であったなら
苦労も少なかったのかもしれません
もしくは、慣れ親しんだ宙組での就任ならば、、


コンビとしての苦労は
ご本人方にしか分からないですが
こんなふうに 大変だった頃の話ができるというのは
〝今〟を 納得しているからなのかな


それでも
この体験から学んだのか、、、
次の相手役には 同じ花組から ゆきちゃん(仙名彩世) が選ばれました
実際はどうなのか知ることはできませんが
みりおくん が選んだのかな、、って思ってしまいます

良い舞台を創るために!!
全てのタカラジェンヌさんは そう思っているでしょう
その目的は同じでも
アプローチの仕方は人それぞれ ですよね

〝身内〟として、同じ目標に向かうならば
そのアプローチ方法も同じ人を選びたいでしょう

トップスターになったからには 必ず
そのポジションを卒業する時がやってきます
残された時間は あまり長くないのかもしれません

相性ピッタリの相手役でスタートを切り
相手役を引っ張り上げることに力を注いだ2年間
残りの時間は同じ気持ちで突き進んでくれる相手役さんと充実した時を過ごし
宝塚人生を締めくくってほしいと
みりおくんのファンの1人として 
強く強く思っています







ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



続々『ロマンス!!』観劇に備え『TAKARAZUKA夢眩』

明日、観劇する『ロマンス!!』が
こんな感じであって欲しいと願いを込め
『TAKARAZUKA夢眩』おさらい 最終回です


ここから、一気にサヨナラ公演らしくなっていきます

ナイト(王子様) 姿で現れた 蘭とむ先輩のソロ
銀橋を渡りながら唄うのは、プロローグで
「いい歌詞だな、、♡」 って思った曲!
プロローグでは楽しげなリズムだったのですが
ここでは しっとりとした曲調(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

蘭とむ先輩の宝塚人生を振り返るような
温かな歌詞が胸に染みてきます
やがて、組子が勢ぞろいし 舞踏会の始まりです
だいもん と くみさん(芽吹幸奈さん) の美しい唄声の中のワルツ
そして、歌はみつるに、、、ん、少し  違和感
次は みりおくんのパート、、、ん、ん、ん、
みりおくん らしからぬ 歌唱、、、

ここで みりおくんの唄う歌詞は
「僕の人生は変わったのさ、君の笑顔に励まされ、、」 
そうなんです!
みりおくんは泣いていたんです
涙をこらえ、声が震えていたんです
きっと、みつる も、、、!

ここの一連の歌詞は
組子の 蘭とむ先輩への感謝と愛に溢れたもの
千秋楽に、みんなが 蘭とむ先輩との別れを惜しみ
歌詞にありったけの感謝の気持ちを込めて 唄っていたのです

みりおくんが花組に組替えになり
不安で寂しくて たまらなかった時
支えて、寄り添ってくれたのは 蘭とむ先輩だったのでしょうね
そんな感情が一気に込み上げてきたのかもしれませんね

その後、1人銀橋へと出る 蘭とむ先輩
舞台には弧を描き 1列に並ぶ組子
銀橋の真ん中で立ち止まった 蘭とむ先輩は
とびきりの笑顔を、下手から上手へと 組子一人ひとりに送っていきます
それに応える 組子達、、 (இдஇ; )
組子の愛が 銀橋中央の 蘭とむ先輩へと集中していくのです 
あ~愛が!愛が溢れている‼️

その後、1人残った 蘭とむ先輩が
卒業ソングを歌い上げます、、また 涙 (T_T) 
蘭とむ先輩が本舞台へ戻ると 大階段が出ています
1人 大階段の中央を登っていく 蘭とむ先輩のピンと伸びた背中、、、に 幕 (´இ□இ`。)°


入れ替わりに登場したらんちゃんのソロに合わせ娘役さんが踊ります
白い清楚なドレスが 宝塚を去りゆくメンバーへの花向けの気持ちのよう、、
踊りの終盤
大階段には黒燕尾の男役がゆっくりと降りてきます

舞台上には真っ白なドレスの娘役たち
大階段には黒燕尾の男役
このコントラストの美しさ‼️

この黒燕尾、蘭とむ先輩を含む全員が
全くスパンコールが付いていない究極にシンプルなもの
男役の原点、男役への強い敬意、蘭とむ先輩の真っ直ぐな気持ちが現れているように感じられます

そして、踊り始めの
「フォ!」 は男役全員で!
カッコいいです!カッコよすぎます!

舞台上に蘭とむ先輩と数名が降り、踊り始めると
大階段では、残りの男役が ハート型に隊列を整えています
同時退団の よっちさん(月央和沙さん)との踊りも感動的
そして、映り込む キキちゃんは 蘭とむ先輩を熱く見つめています!
みんな 真ん中の蘭とむ先輩へ〝気〟を送っているよう!

ラストは銀橋に出た 蘭とむ先輩1人での「フォ!」からのポーズ!

そして
らんちゃんとのお手本のようなデュエットダンスが終わると
パレードです


エトワールはゆきちゃん(仙名彩世ちゃん)
周りには、インフィニティマークに並ぶみんな

あきら、キキちゃん、れいちゃんは 片肩ファー
みつる と だいもん は3番手羽根
そして、みりおくんは赤いお衣装とシルクハット
他のみんなは主題歌で降りてきますが
みりおくんは『夢眩スパイダー』です
蘭とむ先輩は黒いシルクハットを被り
あの 感動的な曲を唄います...♪*゚

銀橋から本舞台に戻る時
トップさんと2番手がお辞儀しますよね
みりおくんは待ちきれないかのように
すごく早くから 蘭とむ先輩の方を向いています
可愛いです (*´`)♡

愛に溢れたレビュー ♡°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝ に
とうとう 幕がおろされます、、、、、


この後は『サヨナラショー』へと展開するのですが
この感動の『サヨナラショー』については
また 別の機会に、、、


私の大好きな サヨナラ公演のレビュー
綴りながらも 涙が出てきそうです

明日は みっちゃんに会いにムラへ、、、
きっと、みっちゃんらしい優しい舞台が見られることでしょう «٩(*´ ꒳ `*)۶»




ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚