小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

華妃まいあ

え、待って!華妃まいあちゃん 退団!?

宙組全国ツアー千秋楽にて、華妃まいあちゃんが退団!

99期生の歌うま娘役さん
早すぎる退団にショックです、、
99期生さんは ここ数年 退団が続いていますね
しかも、将来有望と思われていた方が本公演で大階段を降りることなく、というケースもチラホラ

まいあちゃんは 新人公演で
『神々の土地』『天は赤い河のほとり』『異人たちのルネサンス』と3作連続で
本役が せーこちゃん(純矢ちとせ) の役を務めていました
それだけを取っても、実力派の娘役さんということが分かります
必ずや、これからの宙組を歌で支える娘役さんになると思っておりました

キキちゃん(芹香斗亜) 主演の『群盗』でも
とても良い演技をさせていたのに、、、

とても、残念です (;_;)







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】古典的でありながらスタイリッシュ『群盗』

昨日は、願望と妄想の記事を書いてしまいましたが
本日は『群盗』の ちゃんとした感想を綴りたいと思います
ネタバレ含みます (人-ω•`)

宙組シアタードラマシティ公演『群盗』
演出は、小柳奈穂子先生
振り返ってみると、意外にも
主演の キキちゃん(芹香斗亜) は、小柳先生の作品には あまり出演していないんですね
星組下級生時代の『めぐり会いは再び』くらいなのです

花組から宙組へと組替えになり
最初の作品が 小柳先生演出の『天は赤い河のほとり』
芹香×小柳 初のタッグは大成功 ヾ(〃^∇^)ノ
チャラくて 根は真面目、力もユーモアもあって、その上 イケメン
アニメから抜け出してきたような ラムセス♡
アニメの舞台化も得意とする 小柳先生が
頭の中で描いた 胸きゅんキャラを完璧に実現させたのではないだろうか

お顔、声のトーン、甘い唄声、スタイルの良さ、確実にキマる動きとポーズ
世の女性たちが理想とする男性像を
今の キキちゃんなら、完璧に創り上げることができると思う

この『群盗』では
カールを、そこまで落ちぶれさせず
キキちゃんの持っている ロイヤル感を前面に出してきてくれて
小柳先生、ありがとうございます! 良いと思います!
さすがの『芹香使い』でございました


宙組は トップ・まかじぇ氏(真風涼帆) 率いる 博多座公演組に
組の主力メンバーが、ほぼ 総出している状態で
『群盗』は、若手メンバーが主流のよう
そもそも、宙組に疎い私は 
出演者のほとんどが お顔と名前が一致しないジェンヌさんばかり、、
「とにかく キキちゃん主演作を見届けたい!」 という思いでの観劇だったのですが
これが まぁ、良い方向に予想外に良い舞台でした

キキちゃんが首領となる『群盗』の仲間の
シュバイツァー(穂稀せり) は、声がよく響き
ラツマン(愛海ひかる) は、整った愛らしいビジュアル
シュフテレ(雪輝れんや) は、ハツラツとしていて男っぽく
ロルラー(なつ颯都) は、長身で目立ちます

語り部の役割を担った ヴァールハイト(鷹翔千空) は、落ち着いた演技が好印象でしたし
途中から仲間に加わる コジンスキー(風色日向) も、舞台姿が素敵
悪役であるフランツの少年時代(真白悠希) が、とても良いものを持っているように感じました

恋人がいながら、カール(芹香) に惹かれていく リーベ(華妃まいあ) は
以前から歌がいいな、と思っていました
宝塚の娘役らしいスタイルで演技も安定

当然のことなんですが
どの組にも、これからに期待したい下級生さんがいて
だから、ヅカファンはやめられない、、ってことですね


☆。.:*・゜


クラシックも取り入れた音楽
古い時代を思わせるセットが物語の世界へとタイムスリップさせてくれる幕開き
ノーブルな魅力に溢れる キキちゃん に良く合っています
貴族の衣装の似合うことったら ありません!
前半は、自由気ままな貴族のボンボン
人を疑うことを知らない 真っ直ぐな好青年の雰囲気です
後半は、弟にハメられ 市民からも手の平を返され 八方塞がりな状況に陥ります
ポスターのイメージで、かなり『悪』になるのかと思っていましたが
そこまでの変化はなくて
『悪』というよりは『困惑』かな、、
原作では、カールは 救いようもなく『悪』に手を染めるみたいですが
キキちゃんカールは、どこまでも誠実さが失われません

下級生が多いということもあり
キキちゃんが登場すると、そのスター性に圧倒されますが
かと言って、仲間から浮いているということはありません

相手役の アマーリア(天彩峰里) だけでなく
仲間たちにも 等しく優しい視線を送る キキちゃん
ずるいわー ε٩(๑>ω<)۶з
素敵すぎる!

特にラストの 白いシャツで歌う場面は
なんでしょうね、、オーラで泣ける (´;ω;`)

思わず 宙組に組替えしそうになってしまいます、、私
カッコよすぎて ‪_:(´///`」∠):_‬


ヒロインの じゅりちゃん(天彩)は、お芝居の人 ですね
出番は決して多くはないのですが
舞台に出てくる時には、すっかり物語に入り込んでいます
舞台上にいない時にも、気持ちを保ち続けていなければ 出来ない演技だと思います
演技の上手さは、こんな シリアスの芝居にハマります

最後に、死を選ばなければいけなかった理由が
イマイチ 私には不明瞭に感じましたが、、
キキちゃん と じゅりちゃんの演技に泣かされました


兄カールを陥れる 邪悪な弟・フランツ
もえこちゃん(瑠風輝)、実は ビジュアルが少し苦手だったのですが
この舞台で いっぺんに好きになりました
スラッとした長身に、確かな歌唱力、、かなりの音域OKなのが頼もしいです
何度も新公主演をした経歴も頷けます


☆。.:*・゜


『群盗』は 一度だけの観劇なのですが
なんせ、、最前列センターのお席でしたので
悪い訳がなく、、(*´∇`)

キキちゃんの魅力を、オペラ越しでなく
この 2つの目で〝生〟で目撃できましたので
満足以上の満足でありました


DDB9724A-5C08-4318-A348-DD72FEFADE2B










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

宙組『オーシャンズ11』の女たち

来年の宙組大劇場公演『オーシャンズ11』
昨日、男役さんの配役について書きましたが
本日は娘役さんを見ていこうと思います

宝塚の舞台は、完全なる男役至上ですので
娘役さんの役が本当に少ない演目もありますよね
『オーシャンズ11』 は
まずまず、娘役さんの活躍の場も用意されている演目のように思います

〇 テス・オーシャン
トップ娘役の まどかちゃん(星風まどか) が演じます

過去の
星組では、夢咲ねねちゃん が絶世の美女
花組では、蘭乃はなちゃん が天使の歌声を持つ歌姫 という役どころで演じています

まどかちゃんは、どちらかと言うと可愛いタイプなので
歌姫スタンスなのかな、、と思います (実際に上手いし) 


ここからは、配役予想になります
昨日も申し上げましたが、なにせ 宙組初心者
最近 宙組を観始めた女の考え、、とお受け止めください


〇 クイーン・ダイアナ
星組では 白華れみちゃん、花組では 桜一花ちゃん
タイプは少し違いますが、どちらも相当の存在感でした
そう、圧倒的な存在感が必要な役なのです

純矢ちとせ

しか いないんじゃないかな
『異人たちのルネサンス』でも、まどかちゃんに冷たい視線を送っていますが
次は本格的にいじめてください


〇 テレサ
星組では 万里柚美さん、花組では 梅咲衣舞さん
おかみさんキャラのこの役は、やはり

花音舞


〇 ベス
星組では 優香りこさん、花組では 華耀きらりさん
ちょっとセクシーなベネディクトの秘書

綾瀬あきな


〇 アン・ウッズ
エコ団体代表の奥さん

愛白もあ

ハリー・ウッズが、もんちくん(星吹彩翔) なら
同期で夫婦♡


〇 ポーラ
ライナスの彼女
キキちゃん(芹香斗亜) の相手役さんなので、どなたが演じるかトップレベルに気になる役です

遥羽らら

これまで、星組では 音波みのりちゃん、花組では 花野じゅりあさん(東京は 華雅りりかちゃん) 
とっても似合うと思うので、ららちゃん で キキララかな♡


〇 ルビー・サファイア・エメラルド(3ジュエルズ)

美風舞良、瀬戸花まり、華妃まいあ

美風舞良さんに歌うまを率いてもらって
セクシーに歌ってほしい三人組


〇 回想シーンのテス
星組では 早乙女わかばちゃん、花組では 華雅りりかちゃん(東京は春妃うららちゃん)

天彩峰里


男役さんは、決められず複数人予想をしましたが
娘役さんは、単独指名でハマりました!
、、、と思ったら
劇団・宙組 激推しの 夢白あやちゃんが入っていないことに気づく∑(・ω・ノ)ノ
あやちゃん、、役がつかないことはないような

ベス、ポーラ、回想のテス、、、どっかに配役されそう

となると、すんなりハマったと思った 私の予想は脆く崩れさる、、、( ̄▽ ̄;)









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚





 

『不滅の棘』についても勉強してみた、そして配役予想

『WEST SIDE STORY』に興味がありますので
たぶん『不滅の棘』の観劇は見送ることになりそうです
だって『ポーの一族』に丸かぶりの日程ですもん
『ウエストサイド…』も東京まで観に行けるか怪しい


『不滅の棘』
春野寿美礼さんのプレお披露目だったのですね

原作の主人公は女性ですが
宝塚では男性に変更しています

子供の時に父親に〝不死の薬〟を飲まされ
何年も生き続ける ドラキュラのような運命を背負った主人公・エリィ
歌の才能に長けていて、時代を超えてミュージシャンとして名声を得ます
現在は歌手・エロールとなっています
ただ1人、過去に愛した女性はヒロイン・フリーダ
ヒロインは現代と 二役を演じます

2番手は
現代のヒロインが起こしている訴訟を担当する弁護士の息子・アルベルト
3番手が
訴訟相手である男爵の息子で
酒に溺れているダメ男・ハンス
そして、2番手ヒロインと言える大切な娘役が
主人公に純粋に恋心を抱くハンスの妹・クリスティーナ

あと、重要な役としては
弁護士・コレナティ
男爵の未亡人・タチアナ のようです


配役予想 (* ̄O ̄)ノ

エリィ(エロール) ✩ 愛月ひかる
アルベルト ✩ 澄輝さやと
ハンス ✩ 留依蒔世
コレナティ ✩ 凛城きら
タチアナ ✩ 純矢ちとせ

と、ここまでは 予想しました
なかなか芝居上手なメンバーが揃っていますね

ただ、もう一人
カメリア という、かつて主人公を愛した老女が出てくるようで
彼女のナンバーもあるようです
難役なような気もするので
この役が せーこちゃん(純矢) で、タチアナは 副組長の美風舞良さんかもしれませんね
カメリアが、どれ程ボリュームのある役なのか分からないのですが
副組長さんには、それなりの役があてられるのかな


ヒロインは誰でしょう?
役柄のイメージとしては、クリスティーナ が 遥羽らら ちゃんのように思うのですが
メンバーを見ますと、、ヒロインが、、いない
ということは

ヒロイン・フリーダ ✩ 遥羽らら

では、クリスティーナは?
新人公演では、『エリザベート』の マダム・ヴォルフ や
星風まどかちゃん の役を演っていて
この役を 遠野あすかさんがしていることから
きっと歌うまさんであろう

クリスティーナ ✩ 華妃まいあ

こう 予想してみました (▭-▭)✧

最近のジェンヌさん
な、名前が、、読めなかったりすることがしばしばでございます
『はなひまいあ』ちゃん、、なんとか読めるぞ
しかし、もっと下級生から抜擢があるかもしれませんね
娘役はどんどん、新しい子が出てくるから



、、、にしても
主人公が歌が上手い人気シンガーな役って
大丈夫なのかしら、、、( ̄ω ̄;)



上記以外の出演者は

美風舞良、愛白もあ、花咲あいり、桜音れい、星月梨旺、朝央れん、七生眞希、里咲しぐれ、花菱りず、水香依千、朝日奈蒼、若翔りつ、澄風なぎ、天瀬はつひ、惟吹優羽、雪輝れんや、湖々さくら、湖風珀、春乃さくら

 





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚