小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

華優希

主な配役には、あきら(瀬戸かずや)と マイティ(水美舞斗)/フィナーレ 2パターン『はいからさんが通る』

花組新トップコンビの大劇場 お披露目公演『はいからさんが通る』の主な配役
ひとこちゃん(永久輝せあ) が 組子に加わり 新体制となるため
配役発表を複雑な心境で待っておりました
なんとなく、ホッとした 配役発表でした

伊集院忍 ✩ 柚香光
花村紅緒 ✩ 華優希

青江冬星 ✩ 瀬戸かずや
鬼島森吾 ✩ 水美舞斗

、、、となると ひとこちゃんは『蘭丸』なの?
って思うのですが
主な…に入ってこないのが不自然な気もしますよね
新キャラなんでしょうか


登場人物も あまり多くないので
役替わり公演になるんじゃないかと予想してましたが
なんと、、

フィナーレの日替わり公演 

『大正バージョン』と『浪漫バージョン』
既に日程も発表されています、、親切ですね

『はいからさんが通る』フィナーレ日替わり公演日程

なるほど、あの手この手を使ってくるのですね~






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






 

『DANCE OLYMPIA』ポスター、カッコいい

次期花組トップスター・れいちゃん(柚香光) のプレお披露目公演
『DANCE OLYMPIA』 
カッコいい先行画像に続き
カッコいいポスターがアップされました 

27FA417E-9C8A-4751-BE44-D8C63E29CD9F
宝塚歌劇団公式ホームページ
 
これは、れいちゃん 素敵です° ✧ (*´ `*) ✧ °


コンビのプレお披露目でもありますので
相手役の華優希ちゃんもポスター入り

ちょっと、らんちゃん(蘭乃はな) に見えました






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚





『DANCE OLYMPIA』の先行画像を見て、コンビのデュエットダンスの相性について思ったこと

『DANCE OLYMPIA』の先行画像
れいちゃん(柚香光) 素敵ですねー(●´ω`●)
ちょっと、想像してたのと違ったけど、、

71FC4071-1CC2-4C83-9E79-BDF86EFEDFAA
宝塚歌劇団公式ホームページ 

一幕は、ギリシャ神話の英雄がタイムスリップするという ストーリー仕立てのショーらしいから
てっきり、そっちのビジュアルで来るかと思ってました
二幕は、多彩なパフォーマンス 
こっちの カッコいい方で来たんですね

それにしても、スタイリッシュだわ~

ポスターも、こんな雰囲気なのかな?
マイティ(水美舞斗) と ひとこちゃん(永久輝せあ) が
同じテイストで脇に配置されたりしてたら
めちゃくちゃ素敵だろうな ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
相手役の華優希ちゃんは、こんな感じのイメージではないから、、
ちょっと、この〝スタイリッシュれいちゃん〟の横に居るのが想像できません

ほぼ同時にトッププレお披露目公演をする
同期(95期) の まこっちゃん(礼真琴) のポスターを拝見した時は
お衣装にお金かけてるなぁ~って
世界観にぐっと引き込まれるように感じましたが
それとは真逆な感じで
モノクロがまた、シンプルなカッコ良さを強調しています
まるでファッションブランドのポスターのようです
れいちゃんは、存在そのものが画になるスターさんですよね


❁・*:..。


みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演のショー『シャルム!』での
トップコンビのデュエットダンス(と言っていいのかな?) に がっかりしたのは
たぶん、私だけではないと思います

『CASANOVA』まで コンビを組んでいた ゆきちゃん(仙名彩世) とのデュエットダンスは
毎回、本当に素晴らしいものを観せてもらっていたので
ギャップに心がついていけなくて、より 残念な気持ちになるのでしょうね

みりゆき のデュエットダンスが大好きでした
そして、それと同じくらい好きなのが
最初の相手役・らんちゃん(蘭乃はな) とのデュエットダンスです
実際の舞台で拝見していないので、映像だけの感想なのですけどね
組んだのは、プレお披露目の『ベルサイユのばら』、『エリザベート』そして らんちゃんのサヨナラショーと少ないのですが
特に『エリザベート』のデュエットダンスが大好きです

私は、みりおくんの大ファンです
けど、ちょっと客観的な意見を、、、

みりおくんは ダンスの人 ではないですが
男役としての見せ方が素晴らしい方
ダンスで娘役さんと組んだ場合
娘役さんのスキルの高さが、みりおくんを よりカッコよく見せる鍵になっていると思います
娘役さんの正解の寄り添い方があってこそ、その輝きは倍増するのです
上手い娘役さんと組むことで、みりおくんのダンスも上手く見え
娘役さんが、ピッタリと動きを合わせてくれることで
更に美しく、そして包容力までもがアップします

ダンススキルが低い娘役さんを相手にすると
一気に、その輝きが曇ってしまう
ちょっとカッコよく見えなくなってしまうのです

ファンとしては、当然
みりおくんをカッコよく見せてくれる娘役さんが好きなわけで
重力を感じさせる娘役さんは ダメなんです

そして、これって
宝塚では 良くあるケースとも言えるのかな と思います
もちろん、コンビのどちらもがダンスが上手いのが理想ですが
歌、芝居、美貌、背の高さ、オーラ などなど
持ち味は、それぞれ違います
5組全てのトップコンビが共にダンスが最高!とはならなくて当然です
けれど、宝塚には必ず デュエットダンスがある
これは、たとえダンスがピカイチではないトップさん(トップ娘役) であっても
避けて通ることはできません
ダンスがウリのトップさんに、ダンスがイマイチのトップ娘役がつくことだって過去にもあったはず


ダンスが持ち味の れいちゃんが
ダンスが不得意の 華優希ちゃんを相手役にしなければいけないことに
残念で不憫な気持ちでいましたが
いや待てよ、、
ダンスが得意な れいちゃんと踊るなら
華優希ちゃんもダンスが上手く見えるかもしれない
要は、最高の〝見せ方〟が出来るようになればいいんです
みりおくんに、らんちゃん や ゆきちゃんが
最高の寄り添い方をしてくれたように
れいちゃんなら、華優希ちゃんに最高の寄り添われ方が出来そうな気がしてきました


れいちゃんの圧倒的オーラを曇らせてしまうようなことだけはありませんように

コンビとは
互いの良さを何倍も引き出すことのできる存在であることが
何よりも大切なことだと思います









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

 

【ハピリポ】レジスタンスの場面の次期トップコンビ『シャルム!』

現在、宝塚大劇場で上演中の花組公演のショー『シャルム!』
みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演なのですが
どうしても〝これからの花組〟のことも考えて観てしまいますよね

次期花組トップスターは、れいちゃん(柚香光)
華やかな舞台姿は、どうやっても視線を奪われ
初ヅカの人の多くが、れいちゃんのことを「カッコよかった」と口を揃えます
お顔が、これでもかと小さくて、等身バランスも最適
技術面での持ち味は、やはり ダンス でしょう

『シャルム!』では
『S6 Résistsnce 地底の恋人』が れいちゃんの一番の見せ場です
レジスタンスの若者、ライフルを手に 弾丸を斜め掛けして銀橋を渡ります
歌は(・▽・)・・・ ですが
ビジュアルで帳消しってことでOKです

本舞台に戻ると、レジスタンスの仲間たちが待っていて
娘役さん (白姫あかり、乙羽映見、更紗那知、春妃うらら、若草萌香、凛乃しづか) も混じっていて
とっても カッコいい場面です

今後、ダンスの得意な れいちゃんがトップとなってから
特に力を入れていくであろうダンスシーンで
このメンバー達が活躍していくのだろうな、と思いますので男役も書いておきたいと思います
あかちゃん(綺城ひか理)は、星組に組替えしちゃうけど

『レジスタンスの男』
(歌手) 冴月瑠那、舞月なぎさ、和海しょう、泉まいら

優波慧、紅羽真希、綺城ひか理、飛龍つかさ、澄月菜音、高峰潤、芹尚英、翼杏寿、侑輝大弥、涼葉まれ

もちろん、前後の場面の絡みもあるでしょうが
どちらにしろ 踊れない人は選ばれないでしょうからね
れいちゃんの場面のメンバーに入ることは
特にダンスを武器にしたいと思っている組子にとっては嬉しいことなんじゃないかな と思います

レジスタンスを制圧しようとする兵士には
航琉ひびき と 羽立光来
大っきいから、凄い〝圧〟を感じさせます

そして、この場面
れいちゃんの地上に残してきた恋人(華優希) が、会いたさに我慢できず地下に降りてきちゃう
(たぶん、そうやって歌ってる、、と思う)
という設定なのです
そうです、次期トップコンビが恋人役で
本来ならば〝これから〟を感じさせ、ファンにとっては期待が膨らむべき場面になるのでしょうが
この お二人
全く 一緒に踊りません

れいちゃん達・レジスタンスが カッコよく踊っている間
華優希ちゃんは、後ろのセリの上で何かを祈っていて
その後、地下に降りてきて
恋人の れいちゃんを探しあて 目が合った瞬間
、、、撃たれる (・・)
スリムな れいちゃんが吹き飛んでしまわないか心配になるくらい、凄い勢いで れいちゃんの胸に倒れ込む 華優希ちゃん
彼女が絶命し、呆然とする れいちゃんは
あっという間に兵士に捕まって、泣き叫びながら捌ける
確か、彼女を抱き上げることもなかったような、、

えー-(;゚ロ゚)-!

設定が恋人ってだけ、、
れいちゃん と 華優希ちゃんの相性は
『はいからさんが通る』で既に観ているでしょうから
新トップコンビの相性はどうかな?なんて 誰も思ってないって思っているのかな

ダンスが得意な れいちゃんと、そうでない 華優希ちゃん
そもそも ダンスで組ませる気はないのだろうか?
プレお披露目公演は
ダンスコンサート『DANCE OLYMPIA』
演出は『シャルム!』と同じく、稲葉太地先生です
新トップコンビを どのように見せるつもりでいらっしゃるのでしょうね
ある意味、興味が湧きます


『シャルム!』は
明日海×華コンビのお披露目公演という側面も持っていますので
れいちゃんとの絡みが少ないのは仕方ないのですが
なんだかなぁ、、
これでいいのかな? という気持ちも拭えません








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】2回目観劇 キャスト別感想『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』

2回目の『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』
初見より、少し気持ちは余裕で、少し良いお席での観劇でした
ほぼオペラを覗いていた初見だったので
今回はできるだけ オペラなしで舞台全体を観ようと決めて臨みました

初日は ほとんど みりおくんしか観ていなかったので
2回目にして、他の出演者について ちょっと語れそう
シーンごとに振り返ってみようと思います

65E3D2A0-31DB-4BFF-8692-53B68B7F2320


❁.*・゚S序 物語のはじまり

レディ・ミステリアス(乙羽映見) が
子供たちに おとぎ話を語る
乳母(鞠花ゆめ)、老婦人(若草萌香)、母親(咲乃深音) を見守っています
歌うま花娘による 幕開き
とても 心地よい始まりです

この公演で卒業する えみちゃん(乙羽) は登場から 凄い存在感
とても重要な人物だし、歌のボリュームも凄い、加えて お衣装も豪華でした
じゅりあさん(花野じゅりあ) や べーちゃん(桜咲彩花) が抜けたことが大きな要因でしょうね
それにしても タイミングが残念
これから 本公演でもこうしたポジションで、もっともっと活躍してほしかったのに
これが最後なんて辛すぎる


❁.*・゚S1 霧の中の青い薔薇

すると いつしか舞台はロンドンの駅の慌ただしさに
この時代のイギリスのお衣装は素敵ですよね
男役さんの丈の長いジャケットは、スタイル良く見え効果も抜群で
花男が よりカッコよく見えます
中でも、ハーヴィーの れいちゃん(柚香光) は やはり素敵です
真面目で ごく普通の青年役が新鮮に思えました


ハーヴィーの仲間に オリヴァーの しいちゃん(和海しょう) が居ます
以前から そうなのでしょうが、今回は特別 しいちゃんの声が良く通るなぁ と思う瞬間が多いです
逆に言えば、一緒に出ている他の出演者の台詞は少し聞き取りづらいということかも

馬丁役の 澄月菜音くんの声もいい


❁.*・゚S2 荒れ果てた庭(翌朝)

こりのちゃん(美花梨乃) が 謎の老婆で登場
とても可愛らしい容姿なので、この役は ちょっと勿体ない
妖精チームが良かったな
凄いキーマンかと思いきや、、そうでもないし


❁.*・゚S3A 薔薇の咲き乱れる庭で(幸福な時)

エドモンドの まいこつ(紅羽真希) と フローレンスの しろきみちゃん(城妃美伶) はとても素敵な夫婦
しろきみちゃん、上流階級の品の良さが漂っていました
シャーロットは まずは子役が演るのかと思ったら
登場は まだ乳歯が残っているくらいに幼いのに 華優希ちゃん でした
子役は回想シーンのみでの登場です

その華優希ちゃんは、子役が得意なイメージでしたが
どちらかと言うと、成長してからの演技の方が良かったです
特に(不幸せな時)の お衣装が似合っていて髪型も素敵でした
お婆さんの演技も良かったと思います
全ツ『メランコリック・ジゴロ』の ティーナのような役どころより
こんな シックで大人っぽい役の方がいいのではないでしょうか


お屋敷の庭師のニックには、マイティ(水美舞斗)
最近 露出が多かったので、なんとなく出番に物足りなさを感じましたが
2回目に一緒に観劇した娘は
「マイティがとても良い役だった!」 「結婚するならニック!」 と言っておりました
とても誠実で、秘めた恋心を押し殺す演技が良かったです
後半は 回想のような形でしか登場しませんが
マイティの演技に注目すると ジーーンとくると思います
『CASANOVA』での 大忙しさみたいなのは全くなく、ひたすら 抑えめの演技です
マイティのキャパの広さを感じます


メイド役に 愛蘭みこちゃんと、研1の 星空美咲ちゃんが抜擢されていました
とても 可愛くて
思わず『ポーの一族』でメイド役をしていた ひっとん(舞空瞳) のことを思い出しました
下級生のメイド役って、案外〝出世役〟だったりして
みこちゃんは、ゆうなみくんの娘のケイティ役もしています


❁.*・゚S6A ヴィッカーズ商会植物研究室

全体的に暗めで落ち着いたシーンが多い中で
パッと明るく元気が出るのが
ヴィッカーズ商会の場面です
ジャケット姿の男役さんがズラッと揃うので
テンションが上がります
曲調も、イケイケな感じで楽しい♬︎♡

率いるのは、オズワルド社長の あきら(瀬戸かずや)
衣装が似合う!!
ストライプのスーツに、もみあげも ちょっと♡
悪役と聞いておりましたが、そうでもなく
まあ 金の亡者で植物に対する愛情はゼロですけど、、
「時は金なり」 が座右の銘
いつもポケットの懐中時計をせかせかとチェックしています
その仕草もダンディ♡

後の場面で えみちゃんと絡むのが嬉しかった

少し前から気になっていますが
あきら、痩せすぎじゃないかな(´・_・`)
元々の小顔が更に、、、
豪快でエネルギーの要りそうな役ですので
たくさん食べてパワーを付けて欲しいです

ヴィッカーズ商会で好みの従業員は
社長の秘書・ベン(綺城ひか理)
プラントハンター・ブライアン(希波らいと)
研究員の 侑希大弥くん


❁.*・゚S7 時は流れて(孤独の時)

登場は極めて少ないけど 印象的なキャストが出てきます

シャーロットの意地悪そうな同級生
でぃでぃちゃん(若草萌香)、みおんちゃん(咲乃深音)、鈴美梛なつ紀ちゃん
やたら台詞が明瞭✧*。

シャーロットの継母・イヴリンは しょみちゃん(真鳳つぐみ)
いかにも金遣いの荒そうな 嫌な女、良い味出してる
「どうしてお父様はあんな人と結婚したのかしら」 と言うシャーロットの台詞に
おそらく、客席全員が頷いている

シャーロットの夫となる ギルバートは、びっく(羽立光来)
この男こそ、後にシャーロットを不幸せにするDV夫


❁.*・゚S8B ヴィッカーズ商会植物研究室

研究室で働く ケヴィン(優波慧) に会いに、妻のネリー(春妃うらら) 息子のロビン(糸月雪羽) 娘のケイティ(愛蘭みこ) がやってきます
裕福でなくても幸せな家族 の象徴です
可愛い下級生だった うららちゃん(春妃)が、こんな優しいお母さん役をするよになったのだな~母性に溢れています
大好きな、いとちゃん(糸月)、絶妙に上手いのだけど
そろそろ少年役を卒業させてあげてほしい


❁.*・゚S10 時は流れて(不幸の時)

この場面で ギルバート(びっく) が暴れます
殴るのも嫌だけど、物を投げたりするのも 本気で怖いからやめてほしいよぉ :(´◦ω◦`):
ギルバートが家に連れ込む 浮気相手は かがりりちゃん(華雅りりか)
趣味が悪すぎる女を熱演、高笑いが 絵に描いたように悪い女


探偵のMr.ディケンズは、るなさん(冴月瑠那)
『クリスマス・キャロル』の作者 チャーリー・ディケンズの親戚(関係は忘れちゃった)という設定で
ほってぃ(帆純まひろ) が、それに食い気味で喋る演出が個人的に好き
シャーロック・ホームズ風なので
彼の出番(下手花道)には、『ベーカーストリート』と書かれた看板が控え目に掲げられるのも 個人的に好き


2回目観劇を終え
心に残った キャストの印象を書きました
妖精チームは また別の機会に*˙︶˙*)ノ"








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚