小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

芹尚英

無理矢理 配役予想『マスカレード・ホテル』

来年1月の花組公演『マスカレード・ホテル』
あきら(瀬戸かずや) 主演!
出演者も既に発表されております
楽しみですね~(*´ω`人)~♬

映画版のポスター
とってもいいですね
宝塚版も、こんな大勢入ったのがいいな~

E94531AD-CE48-4B02-B756-1E988C7016CE
映画『マスカレード・ホテル』公式サイト CAST

こちらの公式サイトに
CAST紹介がありました
宝塚版は、人物の設定が変わるかも知れませんが
ワクワクが抑えられませんので
映画版に基づき
配役予想をしてしまいましょう!


発表済なのは

新田浩介 ✩ 瀬戸かずや
山岸尚美 ✩ 朝月希和

ここからが、予想です
私、ストーリーを知りません
なので、もちろん 犯人も知りません
どなたがボリュームのある役なのかも知りません
ただ、写真の雰囲気だけを受けての配役予想でございます

BA311CEF-3B52-47F1-B18C-076146C7B436
映画『マスカレード・ホテル』公式サイト CAST

《刑事グループ》

稲垣 ✩ 紅羽真希
能勢 ✩ 鞠花ゆめ (女性設定に)
尾崎 ✩ 帆純まひろ
本宮 ✩ 芹尚英
関根 ✩ 侑輝大弥

《ホテルマングループ》

川本 ✩ 朝葉ことの
久我 ✩ 天城れいん
田倉 ✩ 若草萌香 (女性設定に)
藤木 ✩ 高翔みず希



続きまして、容疑者となるのは このグループですよね?たぶん
役名の記載がないので
俳優さんのお名前で予想します

C5B000F2-737E-4558-AFFA-EDA0BDF81FFD
映画『マスカレード・ホテル』公式サイト CAST

《宿泊客グループ》

生瀬勝久 ✩ 和海しょう
菜々緒 ✩ 真鳳つぐみ
濱田岳 ✩ 珀斗星来
高嶋政宏 ✩ 和礼彩
橋本マナミ ✩ 咲乃深音
笹野高史 ✩ 汝鳥伶
前田敦子 ✩ 糸月雪羽
田口浩正 ✩ 羽立光来
宇梶剛士 ✩ 冴月瑠那
松たか子 ✩ 音くり寿
勝地涼 ✩ 飛龍つかさ

そして

雛リリカ、夏葉ことり、南音あきら、青騎司 は
宿泊客や、ホテルに出入りする人達

桜月のあ、詩希すみれ、愛蘭みこ は
ホテルのスタッフで、可愛い制服を着てください


やっつけ感満載の配役予想 ( ̄▽ ̄;)
ポイントとしては
私の 萌え対象の方々には刑事役を♡
名前が後ろの方にある 松たか子さん、勝地涼さんは、なんか重要な役どころな気がする、、ってとこでしょうか







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚





やっぱり、きよちゃん(優希しおん)に みりおくん(明日海りお) を感じるんです

宙組の きよちゃん(優希しおん) を 認識したのは
『天は赤い河のほとり』
それまで、宙組は あまり観劇機会がなく
宙組さんについて、ホントに無知でした
キキちゃん(芹香斗亜) が、花組から宙組へと組替えになって
初の大劇場公演でしたので
結構、気合いを入れて観に行きました (ง •̀ω•́)ว

主人公・カイル(真風涼帆) の部下の一人を演じていたのが、きよちゃん でした
最初の方の場面で、カイルの元に仲間が集まって
弟の ずんちゃん(桜木みなと) と、家臣の りくくん(蒼羽りく)、そらくん(和希そら)、るいくん(留依蒔世)、もえこちゃん(瑠風輝)
宙組に疎かったとは言え、このメンバーは存じ上げておりました
あと一人、この中では一番下級生さん? 
なかなか、可愛いお顔をしている
何故だか、唯一名前の分からない 下級生さんに目が吸い付いて、、

その 気になる下級生さんを観ていて
ふとした瞬間に
「あれ、みりおくん に似てない?」 って思ってからは
その、下級生さんを追ってしまいました

すると、やっぱり
〝ふとした瞬間〟が 何度も訪れ
「横顔とか、、似てる、似てる」 と 心の中でワクワクと観劇し
幕間にプログラムをチェックすると
彼は『優希しおんくん』というお名前だと分かりました

『シトラスの風』でも
「あの、みりおくんに似てる子はどこだろう?」 と探しつつ
激カッコいい キキちゃんに視線を奪われる時間が多くて
ショーでは、帽子の場面くらいしか 見つけられませんでした

思えば、お芝居では
あまり キキちゃんと一緒の場面はなかった、、ってことかな


私は、みりおくん似のジェンヌさんの発見に
ちょっと興奮したのだけど
周りには、あまり共感してもらえませんでした

しばらくして、タカニュー内のコーナー『男役道』の キキ先生のターンに
生徒さんとして やってきたのが きよちゃんで
素顔を拝見し
「あれ? やっぱ あんまり 似てない (´・_・`)?」 ってなったんですが
その後も、宙組公演では キキちゃんの次に きよちゃん推しのスタイルでおりました

舞台上では、度々〝ふとした瞬間〟があって
似てる 似てない、、は 個人差があると思いつつ
私の心の中では
「やっぱり、みりおくんに似てるよなー」 と きよちゃんを見つめていたのです

すると だんだん
きよちゃんは、めちゃくちゃ ダンサーさんなんだ!と
恐るべき遅さで気づいてきました

私は ダンスの上手い下手が良く分からなくて
タカラジェンヌさんに求めるモノのうち『ダンス』は 下位にランクしているのですが
『ポーズの美しさ』は 重視したいタイプです
きよちゃんの ダンス力は、それは凄いのだと思いますが
それにも増して、ひとつひとつのポーズの美しさ に惹かれ
どんどん、きよちゃんのことがお気に入りになっていきました
博多座公演では
ほぼ きよちゃんをロックオン(*Φ∀Φ)ジィ-✧︎

きよちゃんが好きなのと同じ理由で
花組の えいちゃん(芹尚英) が好きです♡


そんな きよちゃんが、今月スカイステージの『ダンサーハント』に出演しています
番組を拝見し
きよちゃんのダンスのスタートはクラシックバレエだったことを知り
今どきのダンサーさんと思っていたので意外!と思ったり
ポーズの美しさを思うと納得!だったり、、
どちらにしても、バレリーナだった きよちゃんが
今、宝塚の舞台で男役として あんなにカッコよく踊っているのは
天性のダンサーとしての勘の良さと、何より 努力の賜物なんだなーと 感心いたしました


思い出深いシーンの中で
『神々の土地』新人公演の『ゾバール』の 酒場のダンスシーンが出てきました
うん!この場面
本役の ずんちゃん(桜木みなと) も、凄くカッコよかった♡

あ~ きよちゃん、この役をやったんだ~

と、テレビを見ていたら、、、
私の〝ふとした瞬間〟の 最たる瞬間を目撃したのです!

F5D85852-FE12-4E43-A2B9-ECAD5B2686C4

あーん、動きが早すぎて 上手く撮れないけど、、

ね、ね、ね (っ´ω`c)
この色っぽい伏し目、、みりおくんそっくり!

、、、じゃないですか|*・ω・)?

ほら、こんな場面の みりたん、、、

83D24536-1DFC-4190-8B70-3D083DBEDC25


私は間違っていなかった ✧ \\ ٩( '神' )و // ✧

そう確信したことを
どうしても 書き留めておきたくって (*´ω`*)














ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】あと、、ここを見てほしいポイント『CASANOVA』⑧

全編を細かくレポしたかったのですが
あえなく断念しましたので
カサノヴァ(明日海りお) と ベアトリーチェ(仙名彩世) が運命の出会いを果たしてからの
『ここ見てポイント』を
順不同にて、箇条書きにしたいと思います
(やっつけ感 半端ないです)

❁⃘*.゚

酒場の場面からの カサノヴァ様の黒い衣装
左胸に馬の頭部、左袖は馬のたてがみ で、馬を一頭飼っているような
すんごく オシャレなデザインになっております

こんな、手の込んだ洋服を仕立てるなら
モーツァルト(綺城ひか理) に、お金を出してあげなさいよ、、と思う

❁⃘*.゚

酒場に コンデュルメル(柚香光) 現れ
酒場のみんなが カサノヴァを隠し
カサノヴァ と アンリエット(城妃美伶) が ずっとイチャイチャしてる場面
初日近くは、案外見えていたのに
ほのちゃん(聖乃あすか)たちの ガードが どんどん厳しくなり
ほとんど 見ることができなくなってしまった、、、
ほぼ、客席から見えていないのに
みりおくん と しろきみちゃん は、イチャイチャする必要があるのだろうか、、と疑問に思い始める

❁⃘*.゚

ベアトリーチェに会うため宮殿に忍び込む カサノヴァ
ここでも、女たちを手なづけて
あっという間に ベアトリーチェの部屋の場所を突き止める
ここでも 主題歌 のメロディで
「愛の翼広げて 君のもとへ...♪*゚」 と歌うのだけど
場面と歌詞とイケメンさ がバッチリと合いすぎて、鳥肌が立つ

そして、部屋へ到着する直前
ベアトリーチェの女官に部屋の場所を教えてもらい 上手にはける時
カサノヴァ様が客席にウインクします (〃∀〃)
完全に、ダニエラ以外の劇場にいる全ての女を墜としてる

❁⃘*.゚

コンデュルメル(柚香光) が カサノヴァへの憎しみを歌う場面
私、この場面が 異様に好きです
曲もいいし、ライティングも良いのです

コンデュルメルの影が、後ろの幕に逆さまに映る様子
その後、足元からの赤いライトが
コンデュルメルの影を、大きく長く 後ろの幕に映すのが
すっごく いい!

ディズニーの『ノートルダムの鐘』の
フロローが教会で エスメラルダへの想いを歌う
おどろおどろしいシーンっぽい

ここで、れいちゃんの歌を 影で支えている 歌うま は誰か?
娘は 「あの声は、まいこつ(紅羽真希) では、、」 と推察

ここ、とにかく カサノヴァが憎いコンデュルメルが
「お前の顔も服も吐息も影さえも憎い」 と歌いますが
おそらく
みりおくんの お顔も お洋服も 吐息も♡ 影さえも大好きな れいちゃんが歌っているのだと思うと
なんだか、ふふふ、、ってなる

❁⃘*.゚

バルビ(水美舞斗) は、いつの間にか
ヘアスタイルが サッパリしている

❁⃘*.゚

コンデュルメル夫人(鳳月杏) が銀橋に来る時の 
ヘアアクセサリーは 蜘蛛 で、Z-BOY を思い出す

最後の宮殿の場面で
コンデュルメル・れいちゃんが、妻・ちなつ を抱きかかえるんだけど
ちなつの腕がクロスしてて、後ろからハグし その両手を持つ、、っいう抱きかかえ方が
めっちゃ好き♡
新人公演での ほのちゃん(聖乃あすか) は、ひっとん(舞空瞳) の肩を後ろから普通ーに持ってるだけで、、
ダメじゃん!って思った

❁⃘*.゚

仮面舞踏会で、ベアトリーチェに
「未来の夫なら、私を探してごらん」 と 酔狂なことを言われる コンスタンティーノ(瀬戸かずや)
別の女の子や猫に ちょっかい出しながらも 一生懸命 ベアトリーチェを探す
最後に、人の波にさらわれるコンスタンティーノにピンスポが当たる

❁⃘*.゚

ベネラ(音くり寿) の
「ま、、いっかな(≧∇≦)?」 って演技が可愛すぎる

❁⃘*.゚

とにかく、ほのちゃん(聖乃) が イケメンでビックリする

❁⃘*.゚

びっく(羽立光来) は、歌ってくれそうで 歌ってくれない

❁⃘*.゚

『邪馬台国の風』を思い出さずにいられない場面が多発する
『ロミオとジュリエット』と『ポーの一族』と『アーネスト・イン・ラブ』も、ちょっと思い出す

❁⃘*.゚

フィナーレの男役群舞
常に 最上手で踊る えいちゃん(芹尚英) が キレキレすぎる

みりおくんが はけると、オペラで えいちゃんを見ちゃって、オペラに あきらが入り込んでくると そのまま あきらにオペラが移る、、、毎回 こうなる

❁⃘*.゚

デュエダンが、今回も泣けるんだけど
ヅカ友さんが 「ウェッジウッドみたい」 と言ってるのを聞いてから
みりゆき が、高級陶器に見えてしまう


E6A5E0D5-C5C1-4D9E-BE58-66D50060C562



他にも、もっともっと『見て見てポイント』が あるはずなんだけどなー
思い出したら、また 書いてしまうかもしれません


とにかく、本日は 観劇デーなので
ムラに向かっております(˙꒳​˙ )͟͟͞͞ =








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







【ハピリポ】全然 女装じゃない ちなつ(鳳月杏)の女役『CASANOVA』⑤

さてさて、ベアトリーチェ(仙名彩世) を どんより とさせてしまった原因は この人にありました
審問官のコンデュルメル(柚香光) は、ゆくゆくは総督の座を手に入れようと画策していたんですねー
常に『涙薬(ようは目薬)』を持ち歩き
流す(インチキ)涙さえも、自分の地位と名誉のために使う男なのです

異国の金持ち商人の コンスタンティーノ(瀬戸かずや) の
金にものを言わせて家柄を求める 「金持ちって、やーね」 な部分を利用しようとしていました
 
目薬をさす れいちゃんの演技 なかなか楽しい
その コンデュルメルの側近役には
しーちゃん(和海しょう) と ゆーなみくん(優波慧)
3人揃って、キレ物のようでキレ物でない

コンスタンティーノをベアトリーチェと結婚させ 総督にして
その後は、自分が取って代わろうという魂胆
コンスタンティーノを悪の道に導くナンバーが
『秩序のもとに』
フレンチロックって、これなのねーd(≧▽≦*) 

れいちゃん と あきら の掛け合いソングなんですが
あきら が 足でリズムを取りながら歌う姿は
れいちゃん効果で 歌うま に聞こえるのも功を奏し
すんごい、カッコいいです ( *˘ ³˘)♡♡♡

このナンバー、官憲として 8人の中堅~若手花男がダンサーとして真っ黒な お衣装で カッコよく踊ります
その中に、、ほらね、私の最近の激推し花男の えいちゃん(芹尚英) が居るんです♡
えいちゃんのポジションは、下手から2番目
黙って立っている時の、えいちゃん を見てくださいまし♡
足の開き、一番大きくスタンスを取っているのが えいちゃん ですよ
その お姿の凛々しさ と 母性本能をくすぐることったらないんです (♡´艸`)
踊りが始まると、キレッキレで
ひとつひとつのポーズが めちゃくちゃキマッていて
えいちゃん に釘付けになります
最後の方で、客席を見て バッと後ろを向く振りがあるんですけど
ここ!えいちゃん が一番最後まで顔を前に残してから後ろを向くんです
、、、えっ?
私が何を言っているのか わからない?
もう、実際に舞台をご覧になっていただくしかないですね!
えいちゃん の『スターアングル』出してくれないかなー
私は、ついつい えいちゃんロックオンになってしまうけど
たぶん、れいちゃん もキレッキレで踊っているんだろうと思う

まんまと、コンスタンティーノの仲間に引き入れ意気揚々としているところに
コンデュルメル夫人(鳳月杏) が
「どちらに?」 と、セットに片手をかけた セクシースタイルで登場です

ひゃーΣ(°∀° ) ちな様、、妖しく麗しい∗︎*゚

BEE48D58-F03B-426F-9344-C663C7AA0A00

一瞬で、この夫婦が上手くいってないのが手に取るように分かります
コンデュルメル夫人の回りには 6匹の黒猫
どうやら、夫人が好みの女官を連れてきては、黒魔術で猫に変えてしまうらしい
やたら、足の美しい猫たち

「私に ジャコモ をちょうだい」 と夫にお願い、、にしちゃ 上から目線で ねだる コンデュルメル夫人
コンデュルメル夫人も カサノヴァの 1017分の1 なのね、、
そして
カサノヴァの恋人は だいたい「ジャコモ」 呼び します

尻に敷かれてるのーー?
コンデュルメルは夫人にカサノヴァをあげるため
カサノヴァが捕えられている 監獄に向かうのですが、、その頃、、



✽.。.:*・゚ つづく✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】主演のお二人には少し辛口で、、『CASANOVA』新人公演

昨日、花組『CASANOVA』新人公演を観劇いたしました
今回の花組公演は、前半 観劇の機会にあまり恵まれず
この新人公演の直前の
日曜日マチソワ、月曜日、火曜日マチネ と
連続で本公演を観劇してからの 新公観劇となり
自分の中で、かなりハードルが上がった状態でしたので
主演コンビについては、辛口評価気味になってしまったかもしれません

742320C4-FE45-4EEF-94A0-5A37AF948D2B


一本物の作品を一幕に納める演出
本公演との違いも、記憶が新しい分 良く分かりました

今回の新人公演は
ほってい(帆純まひろ)が、99期生で初の新公主演となったことと
はなちゃん(華優希) が、トップ娘役就任直前の新公ヒロイン なのが注目点
、、うーん、少し弱い と思っていたら
ひっとん(舞空瞳) が、ちなつ(鳳月杏) の演ずる女役に挑戦することになり
「おっ(º ロ º*)」 ってなったところに
ひっとん、星組に組替えのニュースが飛び込んできて
話題は ひっとんに持っていかれた感が、、

でも、蓋を開けたら…ひっとんの場面、バッサリ カット!?とか?と心配してました
ところがどっこい!の結果に
個人的には、大満足の新人公演となりました


では、主要メンバーの感想を、、、

〇 カサノヴァ ✩ 帆純まひろ (明日海りお)

ビジュアルとしては、新公メンバーの中で
最も カサノヴァに近い ほってい、、綺麗でした
初主演ですものね、緊張が伝わってきました

カサノヴァという人物は、余裕綽々であることが必須だと思うので
やはり、その部分では 余裕のなさが役にも現れてしまったかな、、と思います
台詞や動きに、もう少し〝間〟があったら良かったかな

主演ですので、ナンバーも ほぼカットなく
大勢口のドタバタは、ほぼカットされていたので
歌いっぱなしで 大変だったでしょうね
とっても難しい役に挑戦したことが、最大の収穫ではないでしょうか

終演後の ご挨拶で
プレッシャーで悪夢にうなされた、、と
客席からは笑いも起こっていましたが
本音だろうな、、と、私は胸と目頭が熱くなりました


〇 ベアトリーチェ ✩ 華優希 (仙名彩世)

難しい曲を、どう こなすか、、と注目していましたが
ソロ曲は、はなちゃんのイメージに一番近く、容易に想像のついた
登場シーン、ヴェネチアの街で明るく歌う『獅子の背に乗れば』のみ

一幕ですから、一曲なのは仕方ないかもしれませんが
次期トップ娘役さんなのだから
二幕の赤いドレスの、ベアトリーチェが自分の道を歩もう!と決心するナンバーとか
もっと挑戦してほしかったなーと思います
ゴンドラでカサノヴァと歌う、難しそうな曲もカットされていました

馬車のシーンは、、持ち味を活かして可愛いらしかったですが
とにかく、今までの はなちゃん と何ら変わりなく、、
いつも同じ印象の演技、歌唱力、ドレス捌き、、などなど
トップ娘役への課題は山積みだと感じました

はなちゃんは、新公ヒロインも経験済み
初主演のほっていを、上手く支える役目もあったと思いますが
はなちゃんのキャラに、それを望むのも難しいのか、、


そんな、主演コンビの弱さと逆をいったのが
2番手コンビ、、強い

〇 コンデュルメル ✩ 聖乃あすか (柚香光)

さすがに経験がものをいっています
ビジュアルでは、本役の れいちゃんの濃さには及ばないものの
台詞や歌は力強く、オーラを感じました

コンスタンティーノとの『秩序のもとに』は、聴きごたえがありました
ここで、コンデュルメルがコンスタンティーノを こんなに馬鹿にしていたことを
新人公演で知りました、、( ̄▽ ̄;)
ちゃんと歌詞が 聞こえてきたからですね

カサノヴァへの憎しみを歌う『蝶の翅』が大好きなのですが
この曲が短縮ver. になっていて残念でした


〇 コンデュルメル夫人 ✩ 舞空瞳 (鳳月杏)

たぶん、全くシーンのカットがなかったと思います
この作品においての、夫人のシーンの重要さと
ひっとん への期待の高さと、両方なのでしょうね
男役の演じる女役、男役さんに この役を回してもよかったわけですから

新公前に組替えを発表し
新公で この役をひっとんに演じさせる、、って
劇団に、何かしらの策略があるとしたら凄いな、、

色気や大人っぽさは、ちなつと比べては可哀想ですよね
この学年で、これだけ雰囲気が出せれば、問題なし!どころか やっぱり只者ではない
歌唱も、低音は少し辛そうでしたが
かなりの高音も最後まで、声を枯らしたり 詰まらせたりすることなく歌い上げ
〝できる〟ことを証明できたと思います
堂々とした演技が 素晴らしかったです

髪型や化粧にも工夫があり
何より、これまでのイメージとは真逆の役ですから
挑戦ですよね .。゚+.(・∀・)゚+.゚

ドレスは、少し大きそうだった、、
ひっとんのサイズに合わせた お衣装なら
なお、美しかったことでしょう


本公演だと、一幕ラストにある 
コンデュルメル夫婦の銀橋の場面もカットされていなくて 嬉しかったです
だって、この お衣装、ここでしか着ないから♡

ほのちゃん と ひっとん お互いのオーラがぶつかり合い
この場面、良かったです
美しかったーー(,,꒪꒫꒪,,)
『華』って、こういうことかな


〇 バルビ ✩ 愛乃一真 (水美舞斗)

大きな お役は初めてでしょうか
まのくんの武器は、なんと言っても『声』
馬車の場面でも、とっても生き生きとしていました

カツラも、思いっきり『モジャモジャ』にしてました
なんだか、憎めないキャラなんですよね
バルビも まのくんも


〇 ダニエラ ✩ 音くり寿 (桜咲彩花)

変幻自在ですね
本公演では、キュートでいたずらっ子で食いしん坊な 黒猫ちゃん
本当に演技に幅がありますね

奥ゆかしさ と 可愛らしさ
声のトーンも、気持ち良くて 本当に おとくりちゃんの演技が大好きです

個人的、、個人的な意見、心の声です、、
おとくりちゃんで『ベアトリーチェ』が観たかったです
『ベアトリーチェ』の どの歌も おとくりちゃんで聞いてみたかった


〇 コンスタンティーノ ✩ 泉まいら (瀬戸かずや)

まいらくんも『声』が魅力的
『秩序のもとに』を 気持ちよさそうに歌う まいらくん
歌が上手いって いいですよねー

『カサノヴァ薬』が なかったり、武勇伝も半分カットされてましたね (´-д-`)

ゾルチ夫人(糸月雪羽) との バカップルぶり は
同期とあって、息もピッタリでした♡


〇 モーツァルト ✩ 希波らいと (綺城ひか理)

絶賛 売り出し中の らいとくん
本役の あかちゃん にならっての役作り、良かったと思います

背が高く、どこにいても目立ってしまうんですよね
元々、笑い顔 ですよね
シリアスな場面でも、笑顔に見えちゃうので クールな表情を研究してほしい
あと、技術面も、まだまだ これから!
、、この モーツァルト役には 可愛い笑顔が合っていましたが


〇 メディ二 ✩ 侑輝大弥 (聖乃あすか)

ヘアスタイルとお衣装が とっても似合っていて カッコよかった!



〇 ミケーレ伯爵 ✩ 一之瀬航希 (夏美よう)

はなこちゃん、こんな 落ち着いた役がホントにハマりますね
整った お顔と、なんとも言えない安心感
やはり、こういった役柄の人なのだろうか、、
いや、まだまだ 分からないですよね!


〇 マヌッチ ✩ 芹尚英

あの、、ですね
この新人公演の話、、というわけではないのですが
えいちゃん! めっちゃカッコいいんです♡

『MESSIAH』新公の『不動丸』で気になり始め
『Delight Holiday』の客席降りで 墜ちてしまい
えいちゃんのキレキレダンスに、目を奪われまくっています

どんどん、いい役をつけてください (ㅅ˙ ˘ ˙ )♡


〇 カーニバルの歌手 ✩ 若草萌香・涼葉まれ・詩希すみれ・珀斗星来

もえかちゃんが、本公演では 男役の舞月なぎさちゃんの歌っているパートを歌っていました
とっても力強い歌声は もえかちゃんならでは ですね
ハートフルに歌える娘役さんは貴重だと思います
涼葉まれくんも、とても良い声
この4人、良かったです



今回の新人公演の演出は 指田珠子先生
若手の演出家の先生でしょうか?
時間の都合で、場面のカットが必要で
『祝祭喜歌劇』にふさわしい、ワクワクする場面を削らなきゃならず
おそらく、本意ではない演出でしょうね
削った場面を補足する台詞などを盛り込む場面も多かったです

なので、演出がどうだった、、とかいうのは
今回は なんとも言えません

新人公演しか ご覧になっていない方は
是非とも、本公演をご覧になっていただきたいです







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚