宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

羽立光来

【ハピリポ】喜歌劇のドタバタ感が楽しいー『CASANOVA』⑥

このペースだと、ムラの千秋楽には絶対に間に合わないレポートを
マイペースで続けております|ω・)
え、、まだ カサノヴァが脱獄もしていない!?


『祝祭喜歌劇』に ふさわしく、賑やかで楽しい
カサノヴァ(明日海りお) とバルビ(水美舞斗) の脱獄シーン
初対面で 「シーツを結んでロープを作るんだ!」 と指示されていた ロープ
それを 垂らして塔から脱出するのかと思いきや
官憲の はなこちゃん(一之瀬航希) と まいらくん(泉まいら) を縛り上げるためのものだったのねー(๑˙꒳​˙๑)

カサノヴァLOVEの 親父さま(航琉ひびき) からの差し入れ・巨大カルボナーラの中に隠された短剣を手にしたところから 脱獄ショーのスタートです
ここで、巨大カルボナーラに 「美味そう!」 と寄ってくるバルビに対し
「汚い手で触るな!」 って言う カサノヴァ様が可愛い♡
カルボナーラの中なんて、ベトベトじゃん!って思いますよね
安心してください
みりおくんは、ちゃんと 「ベトベトじゃねーか」 っていう演技も入れてくれています

テンポの良い音楽と、ドタバタの逃走劇
追っかけ部隊は、結構な豪華メンバーです
取り囲まれた カサノヴァたちは塔の屋根へと追い詰められます
中央のセリを使って、屋根の上のカサノヴァたち と下から追い詰める コンデュルメル(柚香光) チームを表現
バックの映像も、高ーい塔のてっぺんにいる感じを出してくれています

C8E59B11-3948-46F6-8498-B4F6377A9C27

逃げ道は ただ一つ
そうだ、飛び降りる!
ヒューーーーー バッシャーン
そう、ここは 水の都ヴェネツィア
塔から大運河に落ちていく様は、映像でも
ヒューーーーー バッシャン と
盛大に水しぶきも上がりますよ

ずぶ濡れになっているはずの カサノヴァとバルビは
一粒の水滴もなく、余裕で モモロ(羽立光来) のゴンドラに乗っています
こういう、漫画チックなとこが またいいですね♪


まず向かうは、愛のカルボナーラを差し入れてくれた 
お父様(育ての親) のもと
この 親父様が、なんとも いじらしいのです
本当に カサノヴァを愛しているんです
彼は最後の最後まで カサノヴァの味方です

さあ、ここでカサノヴァは 謎の降霊術でパラリス神と交信
いつも このインチキ降霊で窮地を乗り越えてきたらしい
前半は、誰が見てもインチキ降霊術で
パパに逃走資金を おねだり
ところが、後半になって、本当にパラリス神からのお告げが!
『逃走中に運命の恋人に出会うだろう』と

ここ、パラリス神の声を しーちゃん(和海しょう) が担当しているんですけどね
みりおくんのインチキ神の声 と 本物のパラリス神の声が似すぎていて、、
どちらも 良い声でエコーがかかっているから
全部、みりおくんが言っているように見えちゃうんですよね
新人公演では、パラリス神の声を はなこちゃん が担当していて
明らかに ほってぃ(帆純まひろ) の声とは違ったので
あ、最後の部分だけは、本当の神が乗り移ったんだ!って、良く分かりました

あそこの声、本公演でも
絶対に工夫した方が良いと思います
その後の展開にも関わってくるからね!

31A5B73C-2AB8-42B7-A5F2-D27C96CCA7B7

この降霊術の衣装は
ついたて の後ろで、まのくん(愛乃一真) がお手伝いして着替えるんですよね


さあ、、運命の出会いは
もう すぐそこ (*´ー`*人*´ー`*)。:°ஐ..♡*


私は、第6回観劇が もうすぐそこ♡



✽.。.:*・゚ つづく✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




霊能チームトークが面白い『ポーの一族』

『ポーの一族』の劇中に登場する『世界降霊術大会 in ブラックプール』 
その、なんとも胡散臭い面々が繰り広げる
タカラヅカニュース内のコーナー『霊能チームトーク』
役のまんまで出ていらっしゃる 5名
トークのリズムがね、、
面白いの (〃゚艸゚)

このメンバーは原作漫画には出てこなくて
、、バイク(水美舞斗) は出てくるけど、かなりキャラが変わっている
すごく、魅力的なオリジナルキャラ✧*。
と 思っていましたが

マダム・ブラヴァツキー(芽吹幸奈) と オルコット大佐(羽立光来) は実在の人物なのですね
 
ブラヴァツキー夫人は謎に包まれた生涯を送り
スピリチュアル業界に大きな影響を与えた人物のようです
スピリチュアルな世界を科学として捉えていて
くみさん(芽吹) は彼女の著書を手に取ったようですが
全然、理解できなかった( ̄▽ ̄;) とのことです

オルコット大佐は公私共に夫人を支えていたんですね
そんな関係だったと気付かずに観てたので
びっく(羽立) が、色々と夫人に優しくしたりしてたの
全く見逃していましたヾ(・ω・`;)ノ
マダムを守りたい気持ちや、マダムの助けになりたい気持ちなど
オルコット大佐の愛、、めっちゃ深いんだ

2ED9511F-348C-44B5-8BF4-477F463E8B4A

お二人の写真、出てきた
ほうほう (・А・` )、、ここからビジュアル研究したのね

他にもブラヴァツキー夫人の写真が出てきましたが
くみさんのスチールのポーズの写真が著書の表紙にもなったりしてて一番有名みたいですね
くみさんの方が数倍、美しいです❀.(*´▽`*)❀


実在の2人に対して
水晶玉の ポール・メイヤー(冴月瑠那) と
タロットの イゾルデ(菜那くらら) は

「全く、見えていない (;゚∇゚)」

舞台でも、見るからにインチキですけど
まぁ、霊能力者と言うより 占い師 ですもんね

ななくらちゃんは、楽屋などでタロット占いをしているらしいのですが
るなさん 曰く 「全く当たらない、と評判」
舞台上でも舞台を降りても、、また、それが可愛いですよね

この4人と、ちょっと毛色の違う バイクのマイティ
マイティは個人的に
「あんまりスピリチュアルなものに興味がない...」
あらあら、、ぶっちゃけてますよ
わざわざ購入した スピリチュアル雑誌もペラペラ~っと見た程度っぽい


降霊術大会では
まるでアイドルのような マダム・ブラヴァツキー
その人気にあやかろうとする
降霊術メンバー

降霊術大会後の小芝居の話も面白かった
るなさんは、下級生の情報を下調べして
日々、いろんな下級生にインチキ水晶玉占いをしているらしいですよ


5人のその後、、、
なんと、クリフォード(鳳月杏)の死にショックを受けたジェーン(桜咲彩花)を介抱し続けたバイク(水美舞斗)は 後に結婚し
バイク4世の誕生への繋がる、、、という( ºωº )
大佐もポール・メイヤーも、私情を挟み
「ジェーン 可愛い♡」と舞台でも言っているらしいけど

バイク「ジェーンには手を出さないでください」

べーちゃん(桜咲) 可愛いもん♡
組内でも人気者なのね
最近は専ら ちなっちゃん専属 みたいになっていますよね

9121669D-836B-4F6D-B281-2C9241D7DC7B



こうやって、いろんな設定とか遊び心が明らかになってくる 東京公演
いいなぁ、、観たいなぁ

いち早く体感できる ムラ組 と
作品が深まる 東宝組

どちらにも、それぞれの良さがありますね








ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

H・P・ブラヴァツキー夫人―近代オカルティズムの母 (神智学叢書)
ハワード マーフェット
神智学協会ニッポンロッジ
1981-04-01



びっく(羽立光来)の『えと文』楽しかったなぁ

歌劇の今月号(12月) で
花組の びっく(羽立光来) の『えと文』が最終回になりました

この3ヶ月、びっくの『えと文』
『♪今月も びっくにゅーす があるぞ~♪』で楽しませてもらいました
イラストは澄月菜音くんが担当
他の方の担当の時にも、ちょいちょい登場する 菜音くん
めちゃくちゃ絵が上手いのです ✧ \( °∀° )/ ✧
 
 
びっく が担当した3ヶ月は
ちょうど『ハンナのお花屋さん』の時期でしたので
ハンナ絡みのネタが多くて
大変、嬉しゅうございました ((´^ω^))

12月号でも『ハンナのお花屋さん』
何故にライビューにしてくれなかった、、と全国のファンが思った 千秋楽の様子も伝えてくださっていました♡

パレードでリトルクリス(茉玲さや那) が クリス(明日海りお) にブーケを渡す演出の際に
組替えにする キキちゃん(芹香斗亜) にも
ハンナ(舞空瞳) からブーケをプレゼント ヾ(*>∀<)ノ゙

その時、エディントンチームで〝We are the Top!!〟ポーズをキメている びっく は
その光景が見えない位置だったそうで

あぁ!その瞬間を見たかったなぁ!!

その びっく のお言葉、、そっくり私の言葉です!
その瞬間をタカラヅカニュースでは取り上げてもらえなかったんですよねー
ホントに残念でした (;ω;)


キキさんには、色々と教えていただいたり、一緒に宴会幹事をやったり、舞台袖で遊んでいただいたり…

やーん、めっちゃ楽しそう (*>∀<)ノ))★

ここで語ると「歌劇」一冊分は執筆してしまうので、やめておきますね。

やーん、やめないでー(>ω<≡>ω<)

キキさん!また遊んでくださーい♡

と、結ぶ びっく でした


そして お話は『ポーの一族』のお稽古場に、、、

プロローグの振付は KAORIalive先生
なんと、あきら(瀬戸かずや)主演『アイラブ・アインシュタイン』の振付をなさった先生なのですね!
ひゃ~(。>ω<。)
カッコよかったことを記憶しておりますよ!

KAORIalive先生、花組大劇場公演の振付は初めてってことで
花組生は胸にゼッケン
そこには
例えば〈マルグリット 華雅〉や〈ルイス 綺城〉のように
役名と芸名が書かれていたそうで、、

ん?しーちゃん(和海しょう) それ…
「芸名、コニシしとけば良かったね!!」

ふふふ、、しーちゃんの役名は『ドン・マーシャル』
胸に書かれてた字面からは
どうしても 某有名デザイナーさんを連想してします
その時の状況を
菜音くん が絵に描いてくれているんです
その絵の しーちゃんの真面目な表情が、、、
またまた笑えてしまうんです(*´艸`*)

びっく はこのエピソードを載せることを しーちゃん に確認
すると
「面白くなかったら許さないよ」
と、いつものしー様S発言をいただきました♡


大丈夫です、しー様!
めちゃくちゃ面白かったです (*´∀`*)ノ


びっく の『えと文』には
旬の話題を抑えていたり
同期ネタが多く登場するのも
ファンが喜ぶツボを良くご存知なのだ!と感心します


びっく、3ヶ月の執筆 お疲れさまでした♡
とっても楽しませていただきました

びっく の書く文章が凄く〝好み〟でした
連続で書いてほしいくらい♡

『えと文』は卒業ですが
『組レポ』雪組の名物レポーター・早花まこさん のように
花組の名物レポーターに就任していただきたいです

「勘弁してよ」、、って言われちゃうかな







 
ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






【ハピリポ】脇を固めるのも好きな演者さんばかり『ハンナのお花屋さん』⑥

ハンナのハッピーリポートも
なんとか千秋楽前に完結しそうです
今日はクリスを取り巻く人々の感想です

68AC31DD-933E-47A2-ABFE-3260EBE4F752
画像❁*.http://instagram.com/kotomirio_



エマ ✩ 花野じゅりあ

スタイル抜群で、出ていらっしゃると
その美しさに いちいち ため息が出てしまいます

移民である ミアを雇ってくれるのですが
ミアだけでなく、多くの事情のある人を自分の店で働かせているのでしょうね
人を人種などの生まれで差別しない正義の味方みたいな女性
素敵です


パーカー夫人 ✩ 菜那くらら

Hanna's Florist の常連のおばあちゃん
いつも優しく存在しています

見せ場が一箇所あるのです
アナベル(音くり寿) の背中をそっと押してくれる場面です
泣けました ( ; _ ; )


エディントン ✩ 羽立光来

びっく にこの役をあててくださって
とっても嬉しいです ヾ(●´∇`●)ノ
歌でも容姿でも 圧倒的なインパクトを持つ びっく

コミカルな場面を演じる時こそ
確かな実力が必要なのだなぁ、、と改めて実感します

エディントンが びっく じゃなかったら
あの場面のあれだけの盛り上がりはなかったかもしれません


エディントンの忠実な部下は

レスリー ✩ 更紗那知
アレックス ✩ 千幸あき

エディントンポーズ キメキメで
頭は良さそうだけど、大丈夫?、、、な人を熱演!

こういうチームでいつも出てくるのって大好き


ローズ ✩ 真鳳つぐみ

ここにも面白い人がいた (´艸`)
図書館勤めで、クリスのファン
お稽古場映像でもありましたよね
クリスが色仕掛けでローズに迫る(*ノωノ)
あの、なんとも役得な場面、、あれを毎日、、
ハートが もちませんね~

弾けた演技がコミカルで可愛い


⋆*❁*


ここからは、デンマークの人々


エーリク ✩ 高翔みず希

クリスのおじさん、アベルの弟です
この人も いい人 なんだろうなー
血の繋がらない兄を心から尊敬していて
正妻の子ではないクリスのことも気にかけています

高翔組長の、こういう
みりおくん を見守る役 好きです


エーリク(10代) ✩ 泉まいら

年の離れたアベルの弟
少年っぽさを出そうと頑張っているのが分かりました
エーリクも、きっと自然を愛する男の子で
ハンナのことが大好きだったんだと思います

エーリクじゃない時は
ちょくちょく Hanna's Florist にもやって来ます


ソフィア ✩ 白姫あかり

実家がお金持ちであることで、アベルの正妻となります
でも実は、心からアベルを愛していたのだと思います

舞台では、この辺りのことは場面にはなっていませんが
アベルが愛した人はハンナ ただ1人だと分かっていながらも
アベルが亡くなるまで妻として寄り添います
自分は愛されないと知りながら、愛する人のそばに居続けるのは
想像するだけで、胸が苦しくなりますよね

忍ぶ愛 を表現していました


ベルゲ・インゲマン ✩ 航琉ひびき

この作品で唯一と言える、悪事をはたらく人物です
けれど、彼も根っからの悪人ではなく
アベルの工場で働く人たちの中心となり
矢面に立ったことからの結末なので
悲しい結果を生みますが、芯から彼を憎むことはできない、、っていう役どころです


イーダ ✩ 糸月雪羽
クララ ✩ 咲乃深音

ハンナの友達として、この2人に役名が付いたのは嬉しかったです
2人とも 歌うまなので発声が良く
気持ちの良い演技です

これからの活躍に期待したいです
 






ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚
 

【ハピリポ】明日海りお・仙名彩世の実力『ハンナのお花屋さん』②

初の東京遠征から無事に帰って参りました
昨日、一昨日のことが
既に遠い昔のようです、、夢のような時間でした


『ハンナのお花屋さん』 
当初は あまりウキウキしないとか、、ブツブツ言っていた私
ごめんなさいって感じです
ハートウォーミング物が、こんなに好きだなんて、、
我ながら、ちょっと意外 (っ´ω`c)…

花組の 大好きな歌い手さんが揃っていたので
とにかく 唄声にうっとり(人゚∀゚*)♡
これでなくてはね、、、癒されて、、ホントに満足♡


クリス ✩ 明日海りお

ポスターより、かなり男っぽいイケメン店長
シリアスな演技も、コミカルな演技も
どうして、こんなに魅力的なのでしょうね

なんとなく、私生活でスマホやパソコンを使いこなしているイメージがないので
文明の利器をバンバン使うクリス役
みりおくん の新しい一面を見たように感じてしまいました


最近は キメキメ( -`ω-)✧ が板についてきて
多くの女性が、図書館のローズ(真鳳つぐみ) の心境ですよね

昨日は2階席でしたので
舞台の中央 上の方のスクリーンに映し出される映像が良く観られました!
エディントン(羽立光来) が
〝これで君も大金持ちだ!〟と歌い踊る
めちゃめちゃ楽しい エディントンソング で
豪邸と高級車をバックに、ちょっと石田純一さんを思わせる キメキメ のみりおくんの映像が面白くって(*ˊ艸ˋ)♬*
みりおくん、いつから こんなに面白い人になったんだろう
あの映像だけ、スカステで流してほしい♡
それか、あのショットの舞台写真(、、と言えるのだろうか?) 発売してくれないだろか (ㅅ˙³˙)♡

最近、こんな抜け感が
男役としての幅をグーーンと広げていますよね


シリアスな場面での
胸を締め付けられるような演技は
申し上げるまでもなく素晴らしくて
抱きしめたくなります゚。*♡


雨の中、本を返しにきたミア(仙名彩世) が立ち去ろうとするのを引きとめるシーンが最高にキュンってします (//∇//)
あれ、どうなってるんだろ?

片方の手で傘を持ちミアが濡れないように差し出していて
片方の脇に本を挟み
もう片方の手でミアの腕を力強く掴むんです

ご覧になってない方は
私が何を言ってるのか???でしょうか?
上手く説明できなくて、、でも、とにかく
このシーン、凄くキュンってするんです
本日、ライビューご覧になる方、、お楽しみに♡


花屋のセットは二階建てで
二階にはクリスの書斎があります
ここでパソコンに向かうクリス
メガネ男子姿をみせていただけるのも この書斎

1回目の観劇は上手の前の方
二階の書斎はかなり見上げる格好になります
パソコンデスクの手間側に
オシャレな水差しが置いてあるのですが
クリスがパソコン画面を覗き込むと、、
み、水差し でクリスのお顔が隠れるー(>_<`)
微妙に画面に近づいたり、遠ざかったりするクリス
あ~ん、見えない! あ、見えた!
チラリズムに翻弄される ひととき でございました


初めてミアにチャットを送る時に
文面に迷うクリス
パソコンを前に あれこれ考える中で
お店のアピールになっちゃいそうになると

「宣伝して どうする!」

って言うんですが
これがね
大大大好きな『Ernest in Love』の
アーネストの登場シーン
プロポーズの練習をするナンバーの

「元気なのは 分かってる!」

って言う時にとってもリンクして
アーネストの時も高い位置だから見上げているし
この感じの みりおくん が大好きです


あと、ミアが仕事を辞めて姿を消すところだったかな、、

「ミア…」

と つぶやき 暗転、、のシーンで
『邪馬台国の風』の

「マナ…」

を思い出しました


まあ、そんな話はどうでも良いのですが
何より嬉しかったのは
みりおくん の癒しボイスが満喫できた作品であったことです


٭•。❁。.*・゚ 


ミア ✩ 仙名彩世

演技力が素晴らしい!
ミアの登場シーンは、いつも重い空気が漂っています
ミアは移民なので生活は貧しく
着ているものも地味で
何もそこまで、、と思ってしまいましたが
ボーダーの長袖Tシャツには肘あてが縫い付けてあるくらい粗末なのです

もう、移民の貧しい少女にしか見えません

出演シーンは多くなく
楽しいナンバーには、ひとつも参加しません
それでも、ゆきちゃんの演技は光を放っているんです
歌唱力も素晴らしく、聞き惚れます...♪*゚

最後は少し綺麗めの お衣装で
何より幸せを掴みますので、本当に良かったな~と♡

次回作『ポーの一族』でも
ヒロインなのか、、という役どころ ですが
宝塚では時折そんな作品がありますよね
どんな役であっても、きっちりの役目を果たす
それがトップ娘役の使命でもありますよね
その点では、ゆきちゃん は何の心配もいりません!


繊細で緻密で、、本当に実力の高いトップコンビです

IMG_1383
画像❁*.http://instagram.com/kotomirio_





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚