小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

美園さくら

御園座公演『赤と黒』ポスター

地元なんです、、御園座
わが町 名古屋では
毎年2月に宝塚の定期公演があった『中日劇場』が昨年閉鎖され
その代わりはないの?と 待ち望んでいたところへの
今回の 御園座公演
どうにか、毎年 来てくれるようになってくれないかなー


その 御園座月組公演『赤と黒』のポスターがアップされました

0564CCBD-4BD8-440C-A135-528C3FEA0858
宝塚歌劇団公式ホームページ

どうにか盛り上がって
定期公演になってほしいので
りょうちゃん(珠城りょう) ファンのみなさま
どうか、何度でも名古屋にお越しくださいませ



、、他力本願 (;´-∀-`)ゞ



あ、あと
キャトルレーヴ名古屋店もどこかに復活して!
お願いします (。>ㅿ<。)






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

ちょっとイメージが変わった『たまさくウィーンふたり旅』

スカイステージさんで
月組公演『I AM FROM AUSTRIAー故郷は甘き調べー』 
特別番組「ウィーン満喫ふたり旅」を見ました

C0ED9BEF-24EB-4D08-A3A7-4D64F6245C16
TAKARAZUKA SKY STAGE

私は、たまさく(珠城りょう&美園さくら) のお披露目公演もプレお披露目公演も観ていなくて、、
けど、タカラヅカニュースなどでは、チェックさせていただいておりますよ

趣味として、フェアリー系のタカラジェンヌさんが好きですし
娘役さんの好みも、ちょっと違うので、、
あまり、たまさく に注目したことがなかったのですが
この特別番組を見て
お二人に対する印象が少し変わりました

りょうちゃんは、若い学年でトップさんに就任したこと
そして、元々持っている 真面目なイメージもあって
これまでは、控え目なトップさんに見えていました
けれど、特番の りょうちゃんからは 自信が滲み出ているように感じました
2番手さんが、学年が下の れいこちゃん(月城かなと) となり
相手役の さくらちゃんとも学年差が出来て
自分が引っ張っていかなければならないという自覚からなのでしょうか
もちろん、これまでもトップさんとして頑張ってこられたと思いますが
やっぱり、遠慮があったのかな、、

舞台上では、誠実さが勝って
嫌な役でも嫌な人になりきれないように感じていたんですけど
特番での、さくらちゃんへの塩対応が
なんか、ホントに塩対応に見えてしまって、、
これも、真面目なりょうちゃんだからなのかな
何でも、本気に見えちゃう、、というか
もっと、ウィットに富んだ人がすると クスッと笑えるのかもしれないけど
私は笑えなくて、微笑ましく見えなかった

りょうちゃんは、本当は優しい人だと思うから
無理に相手役さんに塩対応するトップさん にしなくてもいいのに
優しい りょうちゃんの方が好きなんだけどな、、なんて 私は思ってしまったのですが
もしかして、これが本当の りょうちゃんなの?
下級生時代の作品を良く拝見しているから
どうしても 弟キャラ に思えてしまうんでしょうか
そして、これ
組ファン、りょうちゃんファンの方にしたら
萌えポイントなのかもしれないですね
〝相手役にちょっと冷たくする りょうちゃん♡〟、、みたいな
しばらく月組さんを観ないうちに
もう このキャラが定着してるの?


逆に、トップ娘役になりたての頃の
キャラの迷走っぷりがなくなったなぁ と思ったのが さくらちゃんです
きっと、頭の良い人だと思うので
当初は、あれこれ考えすぎていたのかな?
特番では、りょうちゃんを立てながら
天真爛漫な性格は本来のもののように見えましたし、自然体に見えました

打たれ強い、健気さにも感心しました
りょうちゃんに冷たくされて
ちょっと、可哀想に思えちゃうところもあったりして、、

組ファンの方々には
これは いつもの たまさく なのかもしれないけど
私のように月組事情に詳しくないファンも、この番組を見るわけですから
なんかね、ちょっとモヤッとなってしまったんです


冒頭に、りょうちゃんが
「本当は、れいこ(月城かなと)も一緒に来るはずだった」と言っていました
れいこちゃんも参加して 三人旅 だったら
もう少し、柔らかい空気だったのかもしれません

いやいや
ウィーンの美しい街並みや、豪華なホテル、可愛い雑貨
番組は楽しく拝見させていだきましたよ

ウィーン、行ってみたい(❁´ ︶ `❁)*✲゚*


☽・:*・:*+.


それにしても
『I AM FROM AUSTRIA』
大変な人気ミュージカルの日本初上演ですから
月組のみなさんは、喜びと同時に大きなプレッシャーもあるでしょうね

りょうちゃん、本公演 6作目

2021年まで続投が決まりましたから
この公演を大成功に導き
勢いをつけたいところですね







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

ちな様(鳳月杏)主演!!『出島小宇宙戦争』、、題名、、

月組、2月の演目が発表されました!

おめでとうーーー!!!
ちなっちゃんが主演です(≧∇≦)

『出島小宇宙戦争』 

でじましょううちゅうせんそう、、? 

え、、ちょっとヤバめな題名(; ・`д・´)

しかし
演出は 谷貴矢先生じゃん( * ॑꒳ ॑*)⸝⋆。✧♡

あきら(瀬戸かずや) 主演の『アイラブ・アインシュタイン』
あーさ(朝美絢) 主演の『義経妖狐夢幻桜』
どちらも大好きな作品
かなり期待している演出家の先生なので
うん!きっと大丈夫!!
谷貴矢先生のオリジナル作品、絶対観たい!
ちなっちゃんの主演も、絶対観たい!

行くしかない (ง •̀ω•́)ง✧


☽・:*


けど、、けどさ (;A;)
期待に胸をふくらませていた
久々の名古屋公演(御園座) には、ちなっちゃん来ないってことじゃん

ガーΣ(`・ω・Ⅲ)ーン

かなり、ショック、、、

ちなっちゃんが来てくれないことも悲しいし
ちなっちゃんが御園座に来てくれたら
きっと、みりおくん(明日海りお) も名古屋に来てくれたのに、、
GRAPHで固く約束してくれてたもんね、、


こちらは、たまさく(珠城りょう&美園さくら)で
柴田先生作品『赤と黒』

みその座 で、みそのさくらちゃん か







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

月組『I AM FROM AUSTRIA』制作発表会

本日、次回月組公演
『I AM FROM AUSTRIA』の制作発表会が行われたのですね
ポスターは賑やかに大勢が集合!でしたが
制作発表会は りょうちゃん(珠城りょう) と さくらちゃん(美園さくら) の2人だけだったんですね
せっかく宣伝するなら
みんな出してくれたら 華やかになって 更に盛り上がったような気がします

ちなっちゃん(鳳月杏) の脅威の足の長さ
れいこちゃん(月城かなと) の美貌
ありちゃん(暁千星) のキュートさ
うみちゃん(海乃美月) の娘役らしさ

こんなに魅力があるのに、もったいない


作品としては、申し分ないのでしょう
りょうちゃんも円熟期といっていいトップ在任期間になりました
ここで、大きな代表作がほしいところですよね
この作品が、たまさくコンビの当たり役となるといいですね


制作発表会の様子を映像で見るのが楽しみです







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




月組『I AM FROM AUSTRIA』主な配役を見て

日本オーストリア友好150周年
ミュージカル
『I AM FROM AUSTRIAー故郷(ふるさと)は 甘き調(しら)べー』

最初に この字面を見たとき
なんとも 重々しい感じと
やたら字数が多いのに
ちょっと拒否反応が生じて ( ̄▽ ̄;)

その下には
作曲や脚本について たくさん英語かなんかが並び
その下に その日本語版
その下に やっと

潤色・演出/齋藤吉正

ようやく『解説』に移るのだけど
なんだか、読む気になれませんでした

この、いかにも大仰な感じは
宝塚歌劇の今年最もチカラが入った演目ということなのでしょうか

今年の目玉の海外ミュージカルを
りょうちゃん(珠城りょう)の月組に当ててきました
『芝居の月組』と昔から言われ、これまでも 海外大作ミュージカルを多く上演してきた歴史がありますが
なんとなく
なんとしても りょうちゃんに大ヒット作を!という
劇団の強い気合いを感じてしまうのは 私だけでしょうか、、
「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」 的な、、

個人的には『カンパニー』の りょうちゃんが一番しっくりきて好きなんですけどね
あ、、『All for One』も とっても良かった!


新しいミュージカルのようで
あまり手がかりがないのですが
現代的でポップな雰囲気で〝歌とダンス!!〟って感じなのかな?
りょうちゃん 頑張って!!
サイトー先生、どうか りょうちゃんに合うような作品に仕上げてくださいませ


本日、主な配役が発表され
人数の多さにビックリ!

ジョージ・エードラー ✩ 珠城りょう
エマ・カーター ✩ 美園さくら
ヴォルフガング・エードラー ✩ 鳳月杏
リチャード・ラッティンガー ✩ 月城かなと
ロミー・エードラー ✩ 海乃美月
パブロ・ガルシア ✩ 暁千星

物語の中心人物、、ですね
役が多いと見るか、これ以外に目立った役がないって見るか、、
海外ミュージカルって、登場人物が少ないことが結構あるからなぁ


ちなつ(鳳月杏) の名前が並んでいることに
とっても不思議な感覚になります
新しくないけど、新しい、、
例えて言うなら
「海外で腕を磨いてきたパティシエが、弟が店主となった実家の洋菓子屋に帰ってきた」 
そして
「兄弟で作り上げた新しいスイーツが大ヒットする」
って、展開になるといいですね







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚