小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

綾凰華

【ハピリポ】懐かしさに震えたわ~雪全ツ『はばたけ黄金の翼よ』

ここ数年、西方向にしか出かけていないので
昨日は、行きも帰りも現地でも迷子状態で
「めっちゃ疲れた(o´Д`)=з」 
のに
なぜか脳内は覚醒状態で
夜中に れいちゃん(柚香光) 主演の全国ツアー『メラコリ/EXCITER!!』の
スカステ初放送をラストまで見てしまいまいた
おかげで、本日は ぼんやりさんで日中を過ごしました
 

。・:+°


待ちに待った、雪全ツウィークが始まった 私
昨日、雪組全国ツアー静岡公演に行ってまいりました!

『はばたけ黄金の翼よ』は、初演を観ています
あまり、はっきりとした記憶はないのですが
今回の雪組を観て
あ~宝塚を観たなぁ と 感じました

一幕物のお芝居では、なかなか物語を深く掘り下げることは難しい
90分の中で結末をつけるのですからね
途中、踊ったり 歌ったりもしなきゃいけないし
特に宝塚では、主演以外の生徒の場面も作らなきゃいけない
、、これって 現在でも同じなんですが
その手法って言うのかな、そういうものが 
私の子供の頃に観ていた宝塚だったんですよね

歌詞もストレートですし
舞台転換も、いちいち幕を下ろし『カーテン前』の場が挟まれる
子供ながらに、好きなスターさんが『カーテン前』ばかりだと 
ちょっと不満な気持ちになったことを
ジワって 思い出したりしました
物語は あまり難しくなく
ここ そんな長引かせる?という場面があるかと思えば
急に端折られて、ちょっとついていけなかったり
きっと演じている生徒さんも 「そこ、そうなる?」 とか思うこともあるのではないか、と思うけど
タカラジェンヌさんは先生の演出を全身全霊で演じ切る
その ひたむきさ と、スターさんのオーラで
どんな作品もキラキラさせる、、、これが宝塚だ

こんなふうに、私をタイムスリップさせてくれたのは
だいもん(望海風斗)、きいちゃん(真彩希帆) トップコンビの
確かな歌唱力、明瞭な台詞が作品を安定させてくれたこと
この宝塚のお手本のような技術に加えて
これまでの宝塚に対する深い尊敬の思いがあったからではないかと感じました


主演の『ヴィットリオ』の だいもん(望海風斗) の危なげない歌唱と演技は本当に気持ちがよいですね
トップさんの安定は
物語に没頭し、他のキャストを心置き無く観ることができるという
宝塚ファンには重要なポイントをクリアしている
変な褒め言葉ですけど
これって、本当に重要なことで
そうであることは、本当に幸せなんです

きいちゃん(真彩希帆) はこれまで、高嶺の花的な役も色々演じてこられましたが
『クラリーチェ』のような、少女っぽさや真っ直ぐさのある役の方が似合うと思いました
この時代のお姫様のお衣装が素敵で、とても良く似合っていました
髪を切って、少年に変装するところも とっても良かった
トップ娘役に就任してからどんどん痩せて美しくなられていますが
最近は、あまりにも痩せてしまって心配になってしまいます

2番手ポジションは あーさ(朝美絢)
だいもん同様、宝塚への深い愛情を感じさせられる演技でした
例の『カーテン前』が多いのは、2番手ポジションの宿命です
その場面を、しっかりと盛り上げる任務を
成長著しい歌唱で果たしていました
個人的に、あーさの声が大好きです
現代的なビジュアルで、古きよき宝塚っぽいソロを歌い上げてくれて、大大大満足♡
and 銀髪ーー⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄♡
お土産は、ファルコ様の舞台写真にしました(〃∀〃)
全ツ会場では、要領が良くないと買い物できませんよね
「あの、、」 「あっ、、」 「すいま、、」 と言ってるうちに
次々に周りの人が会計していき、どんどんと時間が過ぎます
最前列でどん臭くしていたら、お姉さんが見かねて お会計をしてくれました

この公演が雪組生として最後になる ひとこちゃん(永久輝せあ)
『ジュリオ』は、敵役のようで そうでもない役
だいもんと決闘したり、握手したり、、美味しい役ですよね
次の舞台では花組生なのか~

娘役2番手の役には
ひとこちゃんと一緒に花組への組替えが決まっている ひらめちゃん(朝月希和)
激しい気性の女性で物語のキーマン
最後に自分なりの愛をカタチにする場面では、泣いてしまった

ヴィットリオの親衛隊の
『ロレンツォ』あやなちゃん(綾凰華) と 『ジーノ』あみちゃん(彩海せら) は可愛い2人組
一緒に観劇した ヅカ友・Yりん は
カンポ宮殿の舞踏会で踊る あやなちゃんを発見して(私は見てなかったー)
てっきり、ロレンツォがスパイとして舞踏会に潜り込んだと思っていたらしくて、、
プログラムで確認すると
その場面では ただのダンサーだったと判明しました( ・∇・)
Yりん「スパイにしては ずいぶんニコニコ顔で踊ってると思った」
この2人のラストは、ある意味 明暗を分けてます

お芝居のラストには
今回 新しく追加された曲があり
初演とは違っていたんですよね?
このラストシーンが、ちょっと (;-ω-)ウーン でした
ヴィットリオとクラリーチェが2人で歌うのは良いのだけど
そこに至る 「行くわ」 「行けよ」 「行かないわ」 みたいな 面倒くさいシーンが 取ってつけ感満載でした
もしかして、原作がそうなのかな~
初演は どうやって終わったんだろう?
確かクラリーチェは男の子の姿だったような、、

宝塚らしく、他にもツッコミどころもありましたが
それは、また別の機会に、、
あと何回か観に行く予定ですから♪♪


D1009185-EA6A-4871-9C2B-F5238F5AB5C6








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

大規模組替え後の 雪組❅*°

一人っ子政策が得意なイメージの雪組さんですが
今回、その大切な御曹司の ひとこちゃん(永久輝せあ) を花組へと送り出すことになりました
しかしながら、だいきほコンビが好調で
トップさんの安定感もあり、現在最も落ち着いている組のように見え
さみしさ は、もちろんあるのですが
ひとこちゃん抜けてなお充実しているメンバーで乗り越えていけそうな心強さがあります


『タカラヅカ・スペシャル』のメンバーは

望海風斗《花⇒雪》
彩凪翔
彩風咲奈
朝美絢《月⇒雪》
綾凰華《星⇒雪》
真彩希帆《花⇒星⇒雪》
星南のぞみ
野々花ひまり
彩みちる
潤花 


ひとこちゃんが抜けても、この充実感!
勢いのある あーさ(朝美絢) が3番手確定となりそうですね
今年のタカスペには 男役さんでは初めて 
花組・聖乃あすか、星組・極美慎 の二人の100期生がメンバー入りしました
雪組には、この期の下に
縣千(101期)、彩海せら(102期) が控えていますからね
男役の層が厚い!


組替え経験者が多いのが、今の雪組の魅力にも繋がっているように感じます
ある程度 経験を積んでからの組替えは 
組配属になったばかりの全てが新しい経験だった謙虚な気持ちを思い出しながら
その時とは明らかに見える景色は違うでしょうし
人を知ろうとする気持ちは、他人に優しさを持つことにも繋がるでしょう
舞台を創るのは共同作業です
歩み寄り、思い合う気持ちは 良い舞台への大切な要素になると思います
阿吽の呼吸ばかりでは、置いてきぼりになる人もいるでしょう
宝塚ならではの 集団美 には、その場の感覚だけでなく、緻密なお稽古が必要です
新しいメンバーを受け入れる 器の大きさを持ち合わせたメンバーが
だいもんを筆頭に多いのが 現在の優しい組の雰囲気を出しているように感じます


だいきほの時代が まだ少し続きそうですが
必ず世代交代がやってきます
さきちゃん から あーさ と順当にバトンが渡されるのかは
まだ なんとも言えないですよね
男役さんの充実とは逆に
トップ娘役の第一候補が じゅんはなちゃんというのも引っかかりますよね

まあ、もうしばらくは
安定した良い舞台が続きそうで
新規ファンにも、安心して観せられるのは
この雪組と 新生星組 ということになりそうです







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】③男役×男役(あーさ×ひとこちゃん) が いいよね『壬生義士伝』

現在の雪組の男役さんは、とても充実していますね
トップ就任当初から だいもん(望海風斗) には 既に何年かトップをやっているような安定感があり
だいもん のスキルの高さに組子が引っ張られるように
組子の芸も、どんどん向上しているように見えます
やはり、組の中心となる存在は
少なくともある程度のスキルが必要なんだ!と考えさせられますね、、


新選組のイケメンと言えば 沖田総司
宝塚ファンにとって『沖田総司』は 特別な役のような気がします
たとえ主人公でなかったとしても
新選組の物語ならば
「沖田総司は誰が演じるのだろう、、」 と
必ず 気になってしまいます
今回の『沖田総司』は 雪の御曹司・ひとこちゃん(永久輝せあ)
納得の配役ですね

青天姿も美しく、スタイルの良さも 総司にハマっています
映画『壬生義士伝』では、堺雅人さんが総司を演じています
堺さんらしく、飄々としていて いつもニコニコと穏やか
何故だか、常に何かを食べている 沖田総司 でした

斎藤一の方が沖田総司より かなり歳上だと 勝手にイメージしていたんですが
今回は、ちょっとだけ先輩って感じでしょうか
お互いに信頼し 尊敬しあっている間柄

調べてみたら、2人は 1844年生まれの同い歳なんですねー
※ 沖田総司は 1842生まれ説もあり

斎藤あーさ は 沖田ひとこ のことを 「総司」
沖田ひとこ は 斎藤あーさ のことを 「はじめくん」 と呼びます
はける時には、あーさ が ひとこちゃん の肩に肘を乗せたりしたりなんかして
この2人、ズルいんです♡
宝塚ファンの大好物『男役×男役』
違うタイプのイケメンの仲の良い様子が
心をくすぐるんですよー(。>ω<。)

ひとこちゃんの持ち味なのかもしれませんが
やはり、あの 声の高さ が気になりますね
可愛げのある沖田総司役なので、今回は良いかもしれませんが
もう少し、深みのある声になってくると
落ち着いた役柄が回ってきた時にもハマるのではないかと思います

先の雪組全国ツアー『誠の群像』で『沖田総司』を演じたのは、あやなちゃん(綾凰華)
今回は新選組から離れ、次郎右衛門(彩風咲奈) の長男で医師の 大野千秋役を演じています
鹿鳴館の語り部チームです
そこまで出番は多くないですが
印象に残りやすい役柄です
幕末の場面には、武士姿で登場もしますしね
絶賛売り出し中!のスターさんですね

吉村貫一郎の長男で、盛岡に残された 吉村嘉一郎 の 彩海せらちゃんが
まっすぐな少年を、健気に演じていました
新人公演主演を射止め、これから どんどん男役っぽくなっていくことでしょう


娘役には、あまり 役がなく
しかも雪組に疎い私、、お芝居では
吉村の長女の みつ役くらいしか印象に残っていなくて

少女時代を 彩みちるちゃん
彼女は こういう役、上手いですね
泣いてばかりの役を、鬱陶しくなく演じるのって
意外と難しいと思うんですよね
『ポーの一族』の メリーベルも、あんなに終始フラフラしていると
ちょっと クドく感じちゃいましたもん

語り部チームの大人の みつ は、ひらめちゃん(朝月希和)
どうしても 元花娘ということで贔屓目になってしまうんですが
舞台上の彼女が、とても好きです
宝塚の娘役らしく、今回は下級生である あやなちゃんの妻として
寄り添う雰囲気は可愛いなぁ と思いました


これは、後から 一緒に観劇した ヅカ友・Yりんに聞いたのですが
最初の盛岡の雪の場面の『雪ん子 4人組』は
星南のぞみちゃん、野々花ひまりちゃん、彩みちるちゃん、潤花ちゃん だったのですね
潤花ちゃんはギリOKとしても
娘役さんに役が少ないとはいえ、、『雪ん子』かぁ、、
雪組には、上級生の娘役さんが多くいらっしゃるので
どうしても、この中堅クラス娘役さんが『雪ん子』になってしまうのですね
私は、てっきり もっとずっと下級生さんが演ってるもんだと思い
お顔も確認しなかったんですが
今度はチェックしてみようと思います







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

雪組公演『壬生義士伝/Music Revolution!』稽古場映像~あーさがカッコいい

明日、初日を迎える
雪組大劇場公演『壬生義士伝/Music Revolution!』 

72AAB297-537E-48C5-9D29-B520CF861B84
引用:宝塚歌劇公式ホームページ『壬生義士伝/Music Revolution!』


タカラヅカニュースで稽古場映像チラ見せられ、、

あーさ(朝美絢) が ヤバい

『壬生義士伝』原作では
斎藤一(あーさ) は、主人公・吉村(だいもん) のことを こころよく思っていない設定とか、、
〝憎まれ役〟ってことですよね
稽古場の あーさ
常に〝憎まれ顔〟と〝冷めた視線〟
これが まぁ、、美しい(_๑òωó)_!!

髪も、かなり短く男前
舞台上じゃないよね?って時も
「何がそんなに気に入らないのですか?」と尋ねたくなるような 面白くなさそうな表情
身も心も『斎藤一』なんですね、、あーさ♡

ワンターン目は
あーさ しか目に入らず
全く他の情報が入ってこなかったよ(^-^;
もちろん、3回リピートしました

制作発表会で演出の石田昌也先生が仰っていたように
とにかく、だいもん(望海風斗) が
誰よりも〝地味〟なのです
宝塚の舞台では珍しい トップさんの役どころですが
だいもん は、地味なのに光る演技をしていらっしゃるように お見受けいたしました

おそらく、ハンカチ必携な演目でしょうから
たくさん涙を流して、心の洗濯をいたしましょう!


さあ『Music Revolution!』
これ、、かなり いいんじゃないでしょうか
期待が膨らみます

あーさ、あーさ、、なんですが
あーさ が、カッコよすぎる(>ω<≡>ω<)

稽古場情報で話題になっていた
ガウチョ と スペイン兵の争いの場面ですよね
ガウチョとは、アメリカのカーボーイのような人達
ガウチョのリーダーは だいもん!
対する スペイン兵のリーダーは、あーさ!

余談ですが、、
雪組のスカイレポーターズは なまはる(真那春人) が前期から連続で務めてくれていますね
とっても 嬉しい+。:.゚(✿˘艸˘✿):.。+゚
まなはる のレポが大好きです
あったかいんですよね~♡

お話を戻して、、
スペイン兵には、ひとこちゃん(永久輝せあ) をはじめ
雪組のイケメン揃い 、、なんじゃないかな (雪組に詳しくないので どなた とは言えなくて ごめんなさい)
この場面、超絶カッコよさそうですよ!

あやなちゃん(綾凰華) の話では
サックス vs トランペット の音楽対決の場面もあるようです
あやなちゃん vs あがちん(縣千) だそうな(*´∀`)♪

専科から特別出演の かちゃ(凪七瑠海) と 同期の だいもん の
「これからも ずっと ずっと...♪*゚」という 泣きそうな歌詞のやり取りの場面もありました
今年ぐんと減ってしまう 89期生を想い、( ˘-˘ )ジーン

中村一徳先生の 花組『Melodia』は
小粋でオシャレで大好きなショーでした
『Music Revolution!』も 大好きになりそう♡
(たぶん 1回しか観れないけど、、)


お芝居では
雪組のスピード感のある殺陣
ショーでは
キレキレのダンス と
雪組の高いクオリティを楽しめそうな 2本立て

これは、楽しみ (((o( ˙꒳​˙ )o)))







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




雪組『壬生義士伝』新人公演主演は 102期の 彩海せらくん

雪組『壬生義士伝』
新人公演の主な配役発表

吉村貫一郎 ✩ 彩海せら (望海風斗)
しづ/みよ ✩ 彩みちる (真彩希帆)
大野次郎右衛門 ✩ 諏訪さき (彩風咲奈)

102期の 彩海せらくん が 新公初主演
99期の 彩みちるちゃんがヒロイン、2番手役に 諏訪さきくん

最近、102期生さんの嬉しいニュースが多いですね

花組 舞空瞳~星組トップ娘役就任発表
雪組 潤花~バウ初ヒロイン
宙組 花宮沙羅~初エトワール

娘役さんの活躍が光りますが
102期の 男役さんにも、新公主演が回ってくる時代がきたのですね


雪組では
組替えしてきて以来、だいもん(望海風斗) の本役は
あやなちゃん(綾凰華) が独占していたり
101期の あがちん(縣千) が 早くから激推しされたり
もっと前は ひとこちゃん(永久輝せあ)、、もっともっと前は さきちゃん(彩風咲奈) と
一人に集中して育てる傾向がありますように感じますが
次は 彩海せらくん、、?

あがちん は 新公では どの役になるのでしょう
色々なポジションの経験を積むこと
そして
多くの下級生さんにチャンスが巡ってくるのは良いこと ですよね








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚