小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

珠城りょう

御園座公演『赤と黒』ポスター

地元なんです、、御園座
わが町 名古屋では
毎年2月に宝塚の定期公演があった『中日劇場』が昨年閉鎖され
その代わりはないの?と 待ち望んでいたところへの
今回の 御園座公演
どうにか、毎年 来てくれるようになってくれないかなー


その 御園座月組公演『赤と黒』のポスターがアップされました

0564CCBD-4BD8-440C-A135-528C3FEA0858
宝塚歌劇団公式ホームページ

どうにか盛り上がって
定期公演になってほしいので
りょうちゃん(珠城りょう) ファンのみなさま
どうか、何度でも名古屋にお越しくださいませ



、、他力本願 (;´-∀-`)ゞ



あ、あと
キャトルレーヴ名古屋店もどこかに復活して!
お願いします (。>ㅿ<。)






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

月組演目発表、和レビュー と シェイクスピア

月組 2020年4月~7月の演目が決定

『WELCOME TO TAKARAZUKA ー雪と月と花とー』 
オリンピック開催に絡めて
宝塚の『和』をアピールして
外国人ファンの獲得に乗り出したのか?と
一瞬、思いましたが
東京オリンピックの開会式が 7月24日
月組東京千秋楽が 7月26日なので
別に、そういうことではないか ( ¯-¯ )

作・演出/植田紳爾
監修/坂東玉三郎

(ΦωΦ+)ホホゥ....
またまた、話題性十分な月組さん
106期生の初舞台公演でもありますし
華々しい舞台になりそうですね

たまさくコンビは『和』が似合うのか?
いささか、不安ではありますけど


併演は
『ピガール狂想曲 ~シェイクスピア原作「十二夜」より~』
作・演出/原田諒

外部で オペラ『椿姫』の演出を手がけることになったと話題の 原田先生が演出です

宝塚の座付き演出家の先生方
最近は、多忙ですね







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

新人公演で 明日海りお を演じた方たち

今朝のタカラヅカニュースで
星組新人公演の映像を拝見しました

幕開きに、主演の天飛華音くんのマイクにトラブルがあり
仕切り直しとなったということですが
天飛くん、相手役の ひっとん(舞空瞳)、オケのみなさま の
トラブルへの対応が素晴らしかったとレポしてくださっている方の情報に
胸を熱くしておりました

コメディ作品は新人公演ではハードルが高かったんじゃないでしょうか
天性のコメディセンスをもった 紅あーコンビから吸収することが沢山あったでしょうね

私は この新人公演を宝塚大劇場で観劇することができました
主演のお二人の一生懸命さと堂々とした舞台姿に感動しました
これからの活躍に、とても期待しています!
 
新人公演で役を与えられたら
本役さんを穴が開くほど見つめていそうですから
本役として関わったスターさんは、とっても大きな影響を与え
教わったこと、学んだことは
きっと、その人のどこかに刻まれていくと思います


✩.*˚


みりおくん(明日海りお) の卒業の日が刻々と近づいています

みりおくんの舞台にかける思いを じっと見つめたであろう
新人公演で みりおくんの役を演じてきた方々にも
きっと、それは刻まれているでしょうね
みりおくんの卒業後も
その刻まれたものが、ふとした瞬間に観られると嬉しいですね

どなたが、みりおくんの役を新人公演で演じてくれたのか
少し 振り返って、書き留めておきましょう

『エリザベート』 トート・柚香光
『カリスタの海に抱かれて』 カルロ・水美舞斗
『新源氏物語』 光源氏・柚香光
『ME AND MY GIRL』 ビル・優波慧、綺城ひか理
『金色の砂漠』 ギィ・綺城ひか理
『邪馬台国の風』 タケヒコ・飛龍つかさ
『ポーの一族』エドガー・聖乃あすか
『MESSIAH』 天草四郎・聖乃あすか
『CASANOVA』 カサノバ・帆純まひろ
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』 エリュ・聖乃あすか

再演や海外ミュージカルでない限り
主演は、トップスターさんに当て書きされます
タカラジェンヌさんも役者さんなので
どんな役にも挑戦されるのは当たり前なのですが
組のトップさんと同じ持ち味を持っていればいるほど
『はまり役』となる可能性が高く
これも〝運〟なのかな、、と 思ったり

本役さんとは違った役づくりをするケースもありますし
本役さんに倣って役づくりをするケースもあります
学年であったり、持ち味であったり
その時に やりたい事 によっても違ってくるのでしょう
『青い薔薇…』新人公演では
みりおくんの役を演じるのは三度目の ほのちゃん(聖乃あすか) は
お化粧は、みりおくんと同じにした とインタビューで話していましたね
映像や写真で見る限り
本当に 驚くほど みりおくんにそっくりでした
みりおくんのお化粧の美しさを
ほのちゃんが学び、引き継いでくれるのは嬉しいです


もうちょっと、遡ってみたくなりました
花組2番手時代は、、、

『ラストタイクーン』ブレーディ・水美舞斗
『愛と革命の詩』カルロ・柚香光

なるほど、、ですね

更に遡って、、

『ベルサイユのばら』オスカル・煌月爽矢、アンドレ・鳳月杏
『ロミオとジュリエット』ロミオ・珠城りょう、ティボルト・煌月爽矢

『エドワード8世』トーマス・鳳月杏
『バラの国の王子』虎・珠城りょう
『アルジェの男』アンリ・珠城りょう
『ジプシー男爵』オトカー・紫門ゆりや
『スカーレットピンパーネル』ショーヴラン・紫門ゆりや、アルマン・煌月爽矢

『ラストプレイ』マクシミリアン・千海華蘭
『エリザベート』ルドルフ・煌月爽矢、シュテファン・星輝つばさ
『夢の浮橋』五の宮・煌月爽矢
『ME AND MY GIRL』ジャッキー・蘭乃はな、ソフィア・琴音和葉
『マジシャンの憂鬱』ネクチュイ・紫門ゆりや
『パリの空よりも高く』ジャン・紫門ゆりや
『暁のローマ』プブリウス・宇月颯
『JAZZYな妖精たち』ケビン・彩星りおん
『飛鳥夕映え』鞍作(子供時代)・彩央寿音

ずいぶん、遡ってしまいました
こうして見ると
話が逸れますが、、役替わり 多いな( ̄▽ ̄;)

そして、月組では
ディナーショーにも出演してくれた
ちなっちゃん(鳳月杏)、ゆりちゃん(紫門ゆりや) を可愛がっていた印象がありますが
なるほど、ゆりちゃんは 何度も新公しているんですね
りょうちゃん(珠城りょう)も、みりおくんを慕ってくれていますよね
月組時代のみりおくんの別箱公演では、常に大切な役を担ってくれていますが
新人公演でも、関わりが多いんですね


男役としての みりおくんを熱く見つめてくださった みなさま
もう、卒業されしまった方もいらっしゃいますが
今も一線で活躍されているスターさんから
これからの舞台で、そっと『みりおみ』を探してみるのも
密かな楽しみになりそうです






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

ちょっとイメージが変わった『たまさくウィーンふたり旅』

スカイステージさんで
月組公演『I AM FROM AUSTRIAー故郷は甘き調べー』 
特別番組「ウィーン満喫ふたり旅」を見ました

C0ED9BEF-24EB-4D08-A3A7-4D64F6245C16
TAKARAZUKA SKY STAGE

私は、たまさく(珠城りょう&美園さくら) のお披露目公演もプレお披露目公演も観ていなくて、、
けど、タカラヅカニュースなどでは、チェックさせていただいておりますよ

趣味として、フェアリー系のタカラジェンヌさんが好きですし
娘役さんの好みも、ちょっと違うので、、
あまり、たまさく に注目したことがなかったのですが
この特別番組を見て
お二人に対する印象が少し変わりました

りょうちゃんは、若い学年でトップさんに就任したこと
そして、元々持っている 真面目なイメージもあって
これまでは、控え目なトップさんに見えていました
けれど、特番の りょうちゃんからは 自信が滲み出ているように感じました
2番手さんが、学年が下の れいこちゃん(月城かなと) となり
相手役の さくらちゃんとも学年差が出来て
自分が引っ張っていかなければならないという自覚からなのでしょうか
もちろん、これまでもトップさんとして頑張ってこられたと思いますが
やっぱり、遠慮があったのかな、、

舞台上では、誠実さが勝って
嫌な役でも嫌な人になりきれないように感じていたんですけど
特番での、さくらちゃんへの塩対応が
なんか、ホントに塩対応に見えてしまって、、
これも、真面目なりょうちゃんだからなのかな
何でも、本気に見えちゃう、、というか
もっと、ウィットに富んだ人がすると クスッと笑えるのかもしれないけど
私は笑えなくて、微笑ましく見えなかった

りょうちゃんは、本当は優しい人だと思うから
無理に相手役さんに塩対応するトップさん にしなくてもいいのに
優しい りょうちゃんの方が好きなんだけどな、、なんて 私は思ってしまったのですが
もしかして、これが本当の りょうちゃんなの?
下級生時代の作品を良く拝見しているから
どうしても 弟キャラ に思えてしまうんでしょうか
そして、これ
組ファン、りょうちゃんファンの方にしたら
萌えポイントなのかもしれないですね
〝相手役にちょっと冷たくする りょうちゃん♡〟、、みたいな
しばらく月組さんを観ないうちに
もう このキャラが定着してるの?


逆に、トップ娘役になりたての頃の
キャラの迷走っぷりがなくなったなぁ と思ったのが さくらちゃんです
きっと、頭の良い人だと思うので
当初は、あれこれ考えすぎていたのかな?
特番では、りょうちゃんを立てながら
天真爛漫な性格は本来のもののように見えましたし、自然体に見えました

打たれ強い、健気さにも感心しました
りょうちゃんに冷たくされて
ちょっと、可哀想に思えちゃうところもあったりして、、

組ファンの方々には
これは いつもの たまさく なのかもしれないけど
私のように月組事情に詳しくないファンも、この番組を見るわけですから
なんかね、ちょっとモヤッとなってしまったんです


冒頭に、りょうちゃんが
「本当は、れいこ(月城かなと)も一緒に来るはずだった」と言っていました
れいこちゃんも参加して 三人旅 だったら
もう少し、柔らかい空気だったのかもしれません

いやいや
ウィーンの美しい街並みや、豪華なホテル、可愛い雑貨
番組は楽しく拝見させていだきましたよ

ウィーン、行ってみたい(❁´ ︶ `❁)*✲゚*


☽・:*・:*+.


それにしても
『I AM FROM AUSTRIA』
大変な人気ミュージカルの日本初上演ですから
月組のみなさんは、喜びと同時に大きなプレッシャーもあるでしょうね

りょうちゃん、本公演 6作目

2021年まで続投が決まりましたから
この公演を大成功に導き
勢いをつけたいところですね







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

2020年カレンダー掲載月が判明~りょうちゃん(珠城りょう)に軽く驚く

2020年版カレンダー
スターさんの掲載月が決まりました!
早速、見てみましょう ٩( ‘ω’ )و

☾宝塚スターカレンダー☽

表紙 ・ 華優希、舞空瞳
1月 ・ 真風涼帆
2月 ・ 礼真琴
3月 ・ 真彩希帆
4月 ・ 柚香光
5月 ・ 愛月ひかる、美園さくら
6月 ・ 轟悠
7月 ・ 瀬戸かずや、星風まどか
8月 ・ 望海風斗
9月 ・ 月城かなと
10月 ・ 芹香斗亜
11月 ・ 彩風咲奈
12月 ・ 珠城りょう

任期の長さから、りょうちゃん(珠城りょう) は
来年の1作目 (7月26日東京千秋楽) で卒業されるのかな、、と思っていましたが
掲載月は 12月、続投が決定され
これほど長期になるとは、、
と 少し驚きました ( ˙◊˙ )


☾宝塚ステージカレンダー☽

表紙 ・ 永久輝せあ・華優希 ★ ◎瑠風輝・舞空瞳
1月 ・ 望海風斗 ★ ◎芹香斗亜
2月 ・ ◎珠城りょう ★ 愛月ひかる
3月 ・ ◎凪七瑠海 ★ 彩風咲奈
4月 ・ ◎礼真琴 ★ 轟悠
5月 ・ 真彩希帆 ★ ◎柚香光
6月 ・ ◎鳳月杏 ★ 星風まどか
7月 ・ 美園さくら ★ ◎彩凪翔
8月 ・ 瀬央ゆりあ ★ ◎桜木みなと
9月 ・ 華形ひかる ★ ◎朝美絢
10月 ・ 真風涼帆 ★ ◎瀬戸かずや
11月 ・ ◎月城かなと ★ 和希そら
12月 ・ 暁千星 ★ ◎水美舞斗

毎年、付けていますので、、
裏表仕様のカレンダー
私が飾るなら こっち! に ◎ 
今回は、あんまり迷わず決められたかな

そんなことより、こちらでも
ある事実が判明していますね
宙組の東京千秋楽は、8月30日です
その後、宙組さんは本公演はありませんので
まかじぇ(真風涼帆) の来年の卒業はないということですね

反面、だいもん(望海風斗) は
スタカレ 8月、ステカレ 1月
4月~5月の 文京シビックホールと神戸国際会館こくさいホールで
だいきほコンビのコンサートを開催し
『ワンス・アポン…』の次の本公演 東京千秋楽の10月11日に
コンビでの卒業の可能性が濃くなったのか、、
雪組は、御曹司の さきちゃん(彩風咲奈) にバトンが渡って
2番手は あーさ(朝美絢) となると考えていいかな

キキちゃん(芹香斗亜) は、いつまで待たされるのでしょうね、、
2番手ポジションは美味しい、とは言っても
ここまで長くなってしまうと、物申したくなります
あぁ、、マジか、、席が空かない、、と
キキちゃん推しの私は、若干 落胆しております

初のカレンダー入りの ひっとん(舞空瞳) は
どちらも表紙ですね(*^^*)
相手役の まこっちゃん(礼真琴) の掲載月が
2月と4月と、どちらも早い時期であることが気になりますが
、、いやぁ まさかね、2作なんて、そんなことはないから
たまたまでしょうね ( ;´・_・`)ぅ・・ぅん
同じく、新トップとなる れいちゃん(柚香光) も、4月と5月だし


☾宝塚卓上カレンダー☽

1月 ・ 桜木みなと
2月 ・ 優波慧、夢奈瑠音、紫藤りゅう
3月 ・ 朝美絢
4月 ・ 瀬央ゆりあ
5月 ・ 綾凰華、天華えま、帆純まひろ、風間柚乃
6月 ・ 瑠風輝
7月 ・ 暁千星
8月 ・ 綺城ひか理、蓮つかさ、留依蒔世、飛龍つかさ
9月 ・ 永久輝せあ
10月 ・ 和希そら
11月 ・ 聖乃あすか、極美慎、縣千、鷹翔千空、彩海せら
12月 ・ 水美舞斗

大勢写り、今回は組シャッフル
11月、ギチギチじゃん、、しかし一番キラキラした月かも
いやいや、一番は3月でした(///∇///)ゞ

1人写りは、安定の95期メンバーと
昨年から引き続き、ありちゃん(暁千星) と そらくん(和希そら)
そこに、バウ主演のお二人がプラス
ひとこちゃん(永久輝せあ)と、もえこちゃん(瑠風輝)
花組の3番手問題は、ここでも横並びで解決せず ですね


ご贔屓のスターさんの掲載月が遅いほど ホッとするカレンダー
毎年この時期は、来年の自分のヅカ活動も占うようで
なんとなくソワソワしてしまいますね







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚