明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

歌劇

Princessちゃぴに送る言葉に涙が溢れる『歌劇11月号』

2018年 歌劇11月号は
本当に惜しまれながら宝塚を卒業される、ちゃぴ(愛希れいか) のサヨナラ特集号でもありました

『歌劇』の表紙を飾る娘役さんは、そんなに多くはないような気がします
大人版のちゃぴ が美しい、表紙と巻頭ポート
そしてページをめくっていくと
妖精のような透明感と、あぁ、、これが ちゃぴ だな と思うキュートな笑顔に心奪われます

«広告»
歌劇 2018年 11 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2018-11-05



『愛希れいかを送る言葉』には
演出家の植田紳爾先生、岡田敬二先生、小池修一郎先生、藤井大介先生
読み進めていくと
ちゃぴ が、どれほど愛される娘役さんだったのかが良く分かります
そして、涙が溢れてきます

藤井先生の言葉
「誰より努力しているし、誰より出来ているし
どうしてそこまで自分を追い込むんだろう」

ちゃぴ の向上心は
演出家の先生方にとっても、やりがいを感じさせるものだったに違いありません


生徒からも、愛に溢れるメッセージ
轟悠、光月るう、明日海りお、美弥るりか、夏月都、珠城りょう

既に緩んでいた私の涙腺が
みりおくんからの言葉で崩壊した 。゚( ゚இωஇ゚)゚。

私が、みりおくんが大好きになっていった時は既に花組のトップさんでした
過去作品として、映像でしか観られなかった〝みりちゃぴ〟
なんて素敵なコンビなんだろう(,,꒪꒫꒪,,)
ビックリ人事で、ちゃぴが花組に組替えになりコンビを組む、、と 真面目に考えたこともありました

ちゃぴ の舞台人としての姿勢を
みりおくんは心から尊敬していたと思うし
ちゃぴ と創る舞台が、とても心地良さそうに見えました
けど
〝見えた〟だけでなく、本当にそうだったことが
この『送る言葉』を読んで確信できました

組が離れても、ずっと〝愛おしさ〟を持って
ちゃぴ のことを見守ってきた みりおくん
ちゃぴ のピュアなハートのことを誰よりも分かっていた みりおくん

「沢山ありがとうね。」

という言葉には
「ありがとう」では言い尽くせない感情が見て取れます

〝みりちゃぴ〟のコンビ作品は
『アリスの恋人』と『ロミオとジュリエット』の 1.5作品のみだけど
お二人にとっては、とても意味のある深い共演だったのでしょうね

『アリスの恋人』の時
既に、素晴らしい ヒーロー&ヒロインだったけど
更に何倍も何倍も大きな花を咲かせた
みりおくん と ちゃぴ
宝塚への深すぎる愛情は、スターになった今も
初めて宝塚に恋した時と変わらず持ち続けている

お二人の創る お芝居を
この目で観たかったなぁ、、本当に


゚ .*♡*. ゚


ご一緒に卒業される すーさん(憧花ゆりの) との対談も載せられています
すーさん
泣き虫 ちゃぴ を たった一人で卒業させないでくれて、ありがとうございます♡
お二人の絆にも 涙 です ( ;∀;)


卒業までのカウントダウンは止められない、、

これから歩まれる道のりに 幸多かれ゚。*♡ と 心から祈ります








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







 

休憩なしのノンストップ100分『Delight Holiday』~帰りの新幹線の時間を早める

花組舞浜『Delight Holiday』へ遠征が決定しております
ヅカ師匠 Sちゃんの教えに従い
ネットでサクサク切符が買える
『スマートEXCITER』もとい『スマートEX』に会員登録
ホテルの予約にかなり出遅れて焦った 私は
新幹線は早めに取っておこう!と
1ヶ月前より、もうちょっと早く予約ができるシステムを利用し
早々と新幹線のチケットの準備を始めておりました


歌劇誌創刊100年のお祝いムードをよそに
最近は『歌劇』の購入から遠ざかっておりました
“、、名古屋のキャトル再出店を望む!”
しかし、11月号は ちゃぴ(愛希れいか)のサヨナラ特集 & 花組情報満載ってことで
久々に『歌劇』を入手

やっぱり、買わなきゃダメですよね~
情報は何でも掴んでおかないと!

真っ先に読んだのは
『Delight Holiday』の てい談

出席者の 演出・稲葉太地先生が第一声で教えてくれた

「休憩なし、ノンストップ100分のコンサートです。」

え、、そーなん(๑˙―˙๑)?
稲葉先生、私がスマートEXで 帰りの切符予約したの知ってるの?

「あなた、本当にその時間の新幹線でいいですか? いいですか? いいですか?……」

稲葉先生の声が頭の中でこだまする

はっ( ゚д゚)ハッ! 
そうよ、私は 上演時間約3時間と決め込んで
新幹線の切符を予約していたわ
ちょっと待って!
100分で、カーテンコールを見積もって 約2時間ってことじゃん
千秋楽だから、、、って思って
約4時間 舞浜に滞在する計算してたよー

終演後の人の波に乗って東京駅に向かい
2時間もコンクリートジャングルを彷徨うなんて、私には無理だ

稲葉先生、ありがとうございます
時間はいくらでも潰せるような気もしますが
やはり、次の日に備えて、少しでも早く我が家に帰りたいです
『スマートEX』を開き、予約をキャセル
予定していたよりも1時間早い新幹線に予約を取り直しました
『スマートEX』便利だ!


*☆・゚*.+・゚*.+・゚*.+・゚*.+


そうなんです
『Delight Holiday』は 100分のコンサート
それだけ聞くと、、え、100分なの~もっと長く観たいよう!と思ってしまいますよね
だって 100分って大劇場のお芝居をちょっと長くしたくらいじゃん
瞬きしてる間に終わってしまう感覚になりそう
じんわりと、残念な気持ちが込み上げてしまうけど
ま、ま、ま、まぁねヾ(´o`ヾ)


てい談では
『Delight Holiday』の 見どころを色々と教えてくださっています

みりおくんが『ものすごい登場』をして
主題歌は『Delight Delight』、、この曲名 なんだか好き♡
ペンライトを持って 踊れるらしい
みりおくん、トロッコに乗って客席にやって来る!?
ジャニーズのカウントダウンコンサートで見たことあるみたいな感じなの?

こんな感じで始まって
あれや、これや、、大きい女性やら、ディズニーコーナーやら、、詳しくは『歌劇10月号』をご覧になってください

あ、、未確定のようですが
マフラータオルを使って踊る振りもあればいいな、、と稲葉先生は考えているらしいですよ
やはり買わなきゃいけないようだ

CABE7BDB-4D5E-482E-B873-3C48DB8585A4








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

みりおくんパネルの前の あーさ にテンション上がる

今朝のタカラヅカニュースで
『KAGEKI de KITTE』の様子が放送されていました

現在、東京公演中の雪組さんから
司会は 真那春人
そして 彩凪翔、彩風咲奈、朝美絢 が出演したトークイベント

歌劇100周年の記念イベントですよね
トーク会場には、各トップさんのパネルがドーーンと置かれ
その前に出演者が座ります

理事+5組のトップさん、、なので6名
出演者は4名
おのずと、中央寄りの4名のパネルの前に1人ずつ座るカタチになります

左から、まなはる・しょうちゃん・さきちゃん・あーさ
あ~ あーさは 紅さまゾーンかぁ、、、
お話を聞きながらも
頭の中では、そんなことばかり思っておりましたら

おーーそうじゃん!

宝塚の この手のイベントでは
必ずと言っていいほど〝席替えタイム〟が用意されている♪


みりおたんパネルの前ではしゃぐ あーさ♡♡

BA394B32-7DD7-4D5A-9513-7ECEE9784AFD


ヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪
それだけで、幸せに浸る、、単細胞な私
席替えバンザイ \( *´ω`* )/


。°.。❅°.。゜.❆。


トークでは
みなさんファン時代の 歌劇との思い出が語られ

大好きな彩輝直さんのページからチェックした (by さきちゃん)
ポートを写メって待受画面にした (by しょうちゃん)
ポートを拡大コピーして朝起きたら正面にくるとこに貼った (by あーさ)

個人が楽しむためなら色々OKだよね!と
我らの背中を押してくれるような発言をいただき
大変、嬉しく思いました (❁´ω`❁)

切り抜きとかしたよね!(by まなはる)

には、一同、、、、賛同できず、、、
微妙な空気が (ノ∀`笑)
まなはるーーそんなにお姉さんなのね
私は賛同いたしましたよ(∩´∀`∩)*゜

そんな まなはる が好きです♡


会場は こんな感じ
東京は、なんだか なんでもスタイリッシュな気がするのは
私が田舎者だからでしょうか

5C631357-C395-406B-AADB-EDC55A68DFD8









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

トップ娘役が語る『えと文』歌劇1月号

歌劇1月号を入手
悩んだ結果『ポーの一族 座談会』は
本日の初観劇と2回目の観劇の間に読むことにして、、
とにかく、真っ白な花嫁のような気持ちで
待ちに待った初観劇を楽しもうと思います♡

本日の観劇は〝恐怖の抽選〟
私の黄金の右腕よ!今、この時です!!


『ポー記事』を見ないふりしてページをめくりますと
今月号から『えと文』の筆者が新しくなってますね
あらぁ、トップ娘役さんが3人も ( ̄▽ ̄)

花組・仙名彩世『仙名彩世の〝ゆ〟うるりと・・・〝き〟いてください』
雪組・真彩希帆『まあやきほの まぁきいて♡ 』 
星組・綺咲愛里『ステアラーのキラキラダイアリー』

それぞれ、可愛らしいタイトルで
お忙しいでしょうに、原稿まで、、、大変ですね

タイトルは ゆきちゃん と きいちゃん がカブってますが
その内容も、ちょっとカブっておりまして
きいちゃん(真彩希帆) と あーちゃん(綺咲愛里) は
貸切公演のアドリブにも全力投球する男役たちのレポートでした

きいちゃんは、トップスター・だいもん の頑張りにスポットを当てていましたよ
微笑ましい (♡˘︶˘♡)

雪組と星組の2人が舞台のアドリブまでも手を抜かない
仕事熱心さをレポートしている中、、、
愛する花組は、、、

みりおくん が、ゆきちゃん と れいちゃん(柚香光) に
〝脳はそのまま、体の細胞だけ10年戻る〟のと〝どこでもドア〟どっちがいいか と
ゆるい質問を投げかけ
2人は〝どこでもドア〟って言ってるのに
〝どこでもドア〟は1年しか使えない とか
1人でしか使えない とか
条件をつけて、なんとか〝10歳若返る〟ほうを選ばせることに 頑張るトップスターさんをレポートしていました ( ̄◇ ̄;)
〝どこでもドア〟には 負の条件をつけまくり
〝10歳若返る〟のには
エドガーにかけて〝体の細胞が14歳になれる〟とか好条件をつけていく、、

最後には
きっと根負けしたんだね
れいちゃん「どんどん14歳に惹かれてきました!! やっぱり14歳にします!!!」
王子より、れいちゃんのほうが大人だったということね

王子!負けず嫌いかっ!!

しかも、れいちゃんの大人の対応に飽きたりない王子は
「今度さおりさん(高翔みず希) とも論議しよう✧*。」
王子の無邪気さは誰にも止められない


おそらく、、、
ようやく 王子の訳の分からない質問から逃れ
アランの役づくりに没頭することができるようになった れいちゃん が
機転を利かせて、さおたさん に
「明日海さんから こんな質問があったら、迷わず〝体の細胞だけが若返る〟ほうを選んでください」
と、耳打ちしているに違いない


しかし、この出来事を『えと文』にした ゆきちゃん
さすがは王子の嫁です( •̀∀•́ )b
この花組の ゆるさ がたまらなく愛おしい

あと、、王子が〝どこでもドア〟より欲しがる〝14歳の細胞〟、、、
トップスターは我らの想像を遥かに超えた激務なのですよね
王子は心底、若い細胞を欲しているのかもしれない









 
ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

びっく(羽立光来)の『えと文』楽しかったなぁ

歌劇の今月号(12月) で
花組の びっく(羽立光来) の『えと文』が最終回になりました

この3ヶ月、びっくの『えと文』
『♪今月も びっくにゅーす があるぞ~♪』で楽しませてもらいました
イラストは澄月菜音くんが担当
他の方の担当の時にも、ちょいちょい登場する 菜音くん
めちゃくちゃ絵が上手いのです ✧ \( °∀° )/ ✧
 
 
びっく が担当した3ヶ月は
ちょうど『ハンナのお花屋さん』の時期でしたので
ハンナ絡みのネタが多くて
大変、嬉しゅうございました ((´^ω^))

12月号でも『ハンナのお花屋さん』
何故にライビューにしてくれなかった、、と全国のファンが思った 千秋楽の様子も伝えてくださっていました♡

パレードでリトルクリス(茉玲さや那) が クリス(明日海りお) にブーケを渡す演出の際に
組替えにする キキちゃん(芹香斗亜) にも
ハンナ(舞空瞳) からブーケをプレゼント ヾ(*>∀<)ノ゙

その時、エディントンチームで〝We are the Top!!〟ポーズをキメている びっく は
その光景が見えない位置だったそうで

あぁ!その瞬間を見たかったなぁ!!

その びっく のお言葉、、そっくり私の言葉です!
その瞬間をタカラヅカニュースでは取り上げてもらえなかったんですよねー
ホントに残念でした (;ω;)


キキさんには、色々と教えていただいたり、一緒に宴会幹事をやったり、舞台袖で遊んでいただいたり…

やーん、めっちゃ楽しそう (*>∀<)ノ))★

ここで語ると「歌劇」一冊分は執筆してしまうので、やめておきますね。

やーん、やめないでー(>ω<≡>ω<)

キキさん!また遊んでくださーい♡

と、結ぶ びっく でした


そして お話は『ポーの一族』のお稽古場に、、、

プロローグの振付は KAORIalive先生
なんと、あきら(瀬戸かずや)主演『アイラブ・アインシュタイン』の振付をなさった先生なのですね!
ひゃ~(。>ω<。)
カッコよかったことを記憶しておりますよ!

KAORIalive先生、花組大劇場公演の振付は初めてってことで
花組生は胸にゼッケン
そこには
例えば〈マルグリット 華雅〉や〈ルイス 綺城〉のように
役名と芸名が書かれていたそうで、、

ん?しーちゃん(和海しょう) それ…
「芸名、コニシしとけば良かったね!!」

ふふふ、、しーちゃんの役名は『ドン・マーシャル』
胸に書かれてた字面からは
どうしても 某有名デザイナーさんを連想してします
その時の状況を
菜音くん が絵に描いてくれているんです
その絵の しーちゃんの真面目な表情が、、、
またまた笑えてしまうんです(*´艸`*)

びっく はこのエピソードを載せることを しーちゃん に確認
すると
「面白くなかったら許さないよ」
と、いつものしー様S発言をいただきました♡


大丈夫です、しー様!
めちゃくちゃ面白かったです (*´∀`*)ノ


びっく の『えと文』には
旬の話題を抑えていたり
同期ネタが多く登場するのも
ファンが喜ぶツボを良くご存知なのだ!と感心します


びっく、3ヶ月の執筆 お疲れさまでした♡
とっても楽しませていただきました

びっく の書く文章が凄く〝好み〟でした
連続で書いてほしいくらい♡

『えと文』は卒業ですが
『組レポ』雪組の名物レポーター・早花まこさん のように
花組の名物レポーターに就任していただきたいです

「勘弁してよ」、、って言われちゃうかな







 
ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村