小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

歌うま

あーさ(朝美絢)の どすこいポーズが好きすぎる件~雪組全国ツアー

日進、豊田、三重と雪組全国ツアーを連日追いかけ
日進で 嬉しい拷問 を受け、若干呼吸困難に陥りましたので
次の日の豊田公演は、普通くらいのお席にホッする という不思議な体験をしました

『はばたけ黄金の翼よ』は
思っていた以上に だいもん(望海風斗) にピッタリで
きいちゃん(真彩希帆) との歌うまコンビが
本当に作品をしっかりと観せてくださって、耳も喜びまくっておりました
そして、煌びやかなお衣装と美しい出演者のみなさまに 目も喜びまくる
良い意味で “宝塚らしい”  
初演の細かな部分は覚えていませんが
演出の小柳奈穂子先生が、見事に だいもん率いる雪組にあてて
令和にこの作品を蘇らしてくださったのだと 感心いたします
とっても、とっても良い公演ですよね♡


個人的に大注目の あーさ(朝美絢) のファルコさま
やたらカッコいいのは言わずもがな なのですが
出てきたのに、喋らず帰る 
やっと出てきたのに、ちょっと喋って帰る
こんな、チラリズムのような見せ方するかと思えば
『ヴィットリオソング』では、激しく歌い上げて ガンガンくるし
(※ 特に三重では、あーさのエコーが効きすぎじゃない?って思ったくらいの声量で会場に響き渡っていました)
ロザリオをジャンヌに渡して 「忘れてくれ」って
そりゃないよーそのロザリオのせいで ジャンヌは一生 忘れられないじゃん!
罪な男 ファルコさま ( ˶˙ - ˙˵ )

こんなお芝居の あーさ に惚れるのですが
その後のショーでは
お芝居での しかめっ面から解放され
表情が一気に豊かになる あーさ に惚れます

宝塚って、やっぱり 芝居とショーの2本立てがいいな

その中でも、私が
いちいち ( *´꒳`*)キュン♥ となっているのが
あーさ の どすこいポーズ

今回のショー、どすこいポーズ多いですよね?
スペイン兵のとこや、黒燕尾とか
このポーズになる あーさ が、カッコいいのなんの、、
そん時の、ちょっと上目遣いの目力や だいもんを見る瞳のキラキラ加減が
、、、もう、スキ♡(´。•ㅅ•。`)

どすこいポーズって言っていいのかしら
足を大きく開いて ガッて屈む振りです
いわゆる 股割り ですね
タカラジェンヌさんに どすこいポーズって言い方どうなの?と思って
良い表現を模索していましたら
タカラヅカニュースの『全国ツアーだより』の はみだしショットの中に
素晴らしい一枚が!

4140215F-394A-4C4A-8936-2B25E207AEB7
TAKARAZUKA SKY STAGE

見事だわ .。゚+.(・∀・)゚+.゚
股関節 柔らかいんだなぁ
こんな完璧な どすこいポーズを見せられてしまったら
もう、舞台上も どすこいポーズと呼んでいいかな、と思ってしまいました


全国ツアーも終盤になりました
梅田の千秋楽まで、元気いっぱい駆け抜けてほしいです!

私の観劇は、残すとこ 一公演
さみしいよー(((((*ノДノ)







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



【ハピリポ】懐かしさに震えたわ~雪全ツ『はばたけ黄金の翼よ』

ここ数年、西方向にしか出かけていないので
昨日は、行きも帰りも現地でも迷子状態で
「めっちゃ疲れた(o´Д`)=з」 
のに
なぜか脳内は覚醒状態で
夜中に れいちゃん(柚香光) 主演の全国ツアー『メラコリ/EXCITER!!』の
スカステ初放送をラストまで見てしまいまいた
おかげで、本日は ぼんやりさんで日中を過ごしました
 

。・:+°


待ちに待った、雪全ツウィークが始まった 私
昨日、雪組全国ツアー静岡公演に行ってまいりました!

『はばたけ黄金の翼よ』は、初演を観ています
あまり、はっきりとした記憶はないのですが
今回の雪組を観て
あ~宝塚を観たなぁ と 感じました

一幕物のお芝居では、なかなか物語を深く掘り下げることは難しい
90分の中で結末をつけるのですからね
途中、踊ったり 歌ったりもしなきゃいけないし
特に宝塚では、主演以外の生徒の場面も作らなきゃいけない
、、これって 現在でも同じなんですが
その手法って言うのかな、そういうものが 
私の子供の頃に観ていた宝塚だったんですよね

歌詞もストレートですし
舞台転換も、いちいち幕を下ろし『カーテン前』の場が挟まれる
子供ながらに、好きなスターさんが『カーテン前』ばかりだと 
ちょっと不満な気持ちになったことを
ジワって 思い出したりしました
物語は あまり難しくなく
ここ そんな長引かせる?という場面があるかと思えば
急に端折られて、ちょっとついていけなかったり
きっと演じている生徒さんも 「そこ、そうなる?」 とか思うこともあるのではないか、と思うけど
タカラジェンヌさんは先生の演出を全身全霊で演じ切る
その ひたむきさ と、スターさんのオーラで
どんな作品もキラキラさせる、、、これが宝塚だ

こんなふうに、私をタイムスリップさせてくれたのは
だいもん(望海風斗)、きいちゃん(真彩希帆) トップコンビの
確かな歌唱力、明瞭な台詞が作品を安定させてくれたこと
この宝塚のお手本のような技術に加えて
これまでの宝塚に対する深い尊敬の思いがあったからではないかと感じました


主演の『ヴィットリオ』の だいもん(望海風斗) の危なげない歌唱と演技は本当に気持ちがよいですね
トップさんの安定は
物語に没頭し、他のキャストを心置き無く観ることができるという
宝塚ファンには重要なポイントをクリアしている
変な褒め言葉ですけど
これって、本当に重要なことで
そうであることは、本当に幸せなんです

きいちゃん(真彩希帆) はこれまで、高嶺の花的な役も色々演じてこられましたが
『クラリーチェ』のような、少女っぽさや真っ直ぐさのある役の方が似合うと思いました
この時代のお姫様のお衣装が素敵で、とても良く似合っていました
髪を切って、少年に変装するところも とっても良かった
トップ娘役に就任してからどんどん痩せて美しくなられていますが
最近は、あまりにも痩せてしまって心配になってしまいます

2番手ポジションは あーさ(朝美絢)
だいもん同様、宝塚への深い愛情を感じさせられる演技でした
例の『カーテン前』が多いのは、2番手ポジションの宿命です
その場面を、しっかりと盛り上げる任務を
成長著しい歌唱で果たしていました
個人的に、あーさの声が大好きです
現代的なビジュアルで、古きよき宝塚っぽいソロを歌い上げてくれて、大大大満足♡
and 銀髪ーー⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄♡
お土産は、ファルコ様の舞台写真にしました(〃∀〃)
全ツ会場では、要領が良くないと買い物できませんよね
「あの、、」 「あっ、、」 「すいま、、」 と言ってるうちに
次々に周りの人が会計していき、どんどんと時間が過ぎます
最前列でどん臭くしていたら、お姉さんが見かねて お会計をしてくれました

この公演が雪組生として最後になる ひとこちゃん(永久輝せあ)
『ジュリオ』は、敵役のようで そうでもない役
だいもんと決闘したり、握手したり、、美味しい役ですよね
次の舞台では花組生なのか~

娘役2番手の役には
ひとこちゃんと一緒に花組への組替えが決まっている ひらめちゃん(朝月希和)
激しい気性の女性で物語のキーマン
最後に自分なりの愛をカタチにする場面では、泣いてしまった

ヴィットリオの親衛隊の
『ロレンツォ』あやなちゃん(綾凰華) と 『ジーノ』あみちゃん(彩海せら) は可愛い2人組
一緒に観劇した ヅカ友・Yりん は
カンポ宮殿の舞踏会で踊る あやなちゃんを発見して(私は見てなかったー)
てっきり、ロレンツォがスパイとして舞踏会に潜り込んだと思っていたらしくて、、
プログラムで確認すると
その場面では ただのダンサーだったと判明しました( ・∇・)
Yりん「スパイにしては ずいぶんニコニコ顔で踊ってると思った」
この2人のラストは、ある意味 明暗を分けてます

お芝居のラストには
今回 新しく追加された曲があり
初演とは違っていたんですよね?
このラストシーンが、ちょっと (;-ω-)ウーン でした
ヴィットリオとクラリーチェが2人で歌うのは良いのだけど
そこに至る 「行くわ」 「行けよ」 「行かないわ」 みたいな 面倒くさいシーンが 取ってつけ感満載でした
もしかして、原作がそうなのかな~
初演は どうやって終わったんだろう?
確かクラリーチェは男の子の姿だったような、、

宝塚らしく、他にもツッコミどころもありましたが
それは、また別の機会に、、
あと何回か観に行く予定ですから♪♪


D1009185-EA6A-4871-9C2B-F5238F5AB5C6








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

『マスカレードホテル』出演者発表に湧く

みりおくん(明日海りお) 卒業後の花組
私の予定は、、というと
あきら(瀬戸かずや) 主演の『マスカレードホテル』の観劇
現在のところ、花組公演に足を運ぼうと思っているのは
この一作品のみです

なので、とてもドキドキして出演者の発表を待っていたんです
そして、ムラ遠征中に、このニュースを拝見しました
場所は『マスカレードホテル』ではなく『宝塚ホテル』
娘がラウンジの『アフタヌーンティー』に招待してくたんです♡
建て替えにより、2020年3月で こちらの宝塚ホテルは営業を終了されますので
良い思い出ができました

子供の頃は、夏休みに宿泊して宝塚を観るのが何よりの楽しみだったなぁ

62023C1D-53B1-463A-B8ED-79D7042244BB
 
ちょっと贅沢に過ごす午後に
このニュースを発見して、、
思わず、場違いな大声が出そうになりました

おとくりちゃん(音くり寿) が こっちだー!!

元々、この演目のヒロインが おとくりちゃんだといいな~と思っていました
ヒロインは、雪組から戻ってきてくれる ひらめちゃん(朝月希和) と決まりましたが
おとくりちゃんを観たい という気持ちは変わりませんからね

⋆*❁*

反対側は、新トップコンビ・れいちゃん(柚香光) と 華優希ちゃんの
ダンスコンサート『DANCE OLYMPIA』 
なので当然、ダンスがウリなメンバーが あっちに行くのかな~
ただ、そんな単純に振り分けが行われるはずもないだろうし
双方のバランスなど、色々な側面から決定されるんだろうな~
ダンスで注目されてほしい中堅メンバーには
こっちに来てほしい気もするけど、あっちで頑張ってほしい気もするな~
けど やっぱ、花組で応援してるメンバーは こっちに来てほしいな~などなど
とりとめのない考えを巡らせていました

あと、考えていたのが
『マスカレードホテル』って、2番手役があるのか?
実は私は、映画も原作の小説もみていなくて
ストーリーも結末も知らないのです
どうやら、木村拓哉さんと長澤まさみさんのバディもの らしいので
そもそも、宝塚で言う 2番手役があるのかどうかが分かりません
2番手役があるとしたら、、それは『犯人』なんじゃないか、、
マイティ(水美舞斗) か ひとこちゃん(永久輝せあ) が こっちなら
その人物こそ『犯人』だろう!と、変な視点から 犯人の予想をしていました
映画版は役者揃いで、誰が犯人でもおかしくない豪華さでした
けど、宝塚では それは難しいから
それなりのスターさんが犯人だろう、、と
その2人が来ない、、 ってことは
犯人は女性でしょうかね?

結末をご存知の方からしたら
もしかして、的外れなことを言っているのかも (/-\*)
個人の覚え書きですから
ちゃんちゃらおかしくっても、放置しておいていただけると幸いです

⋆*❁*

さて、出演者を書き出しておこう!

高翔みず希、冴月瑠那

え、組長と副組長がこっち?!
るなさんはダンスの人なのに、ちょっと意外
けど、あきらの同期なのでとても嬉しい♡

鞠花ゆめ、和海しょう、羽立光来

え、歌うま 多くない?

真鳳つぐみ、紅羽真希、雛リリカ、飛龍つかさ

ん、『ハンナ…』メンバー?
みんな好きだわ♡

若草萌香、帆純まひろ、音くり寿、糸月雪羽、和礼彩、咲乃深音、夏葉ことり

え、歌うま 多くない?

芹尚英、侑輝大弥

きゃ♡ めちゃくちゃ嬉しいんですけど
特に えいちゃん(芹尚英) は ダンス得意だからなぁ、少し複雑
けど、私的には こっちで大感激(ノ*>∀<)ノ
だいやくん(侑輝大弥) も、最近のイチオシイケメン♡

桜月のあ、南音あきら、朝葉ことの、詩希すみれ、天城れいん、珀斗星来、愛蘭みこ、青騎司

好きな花娘、多め♡

そして、専科の 汝鳥伶さん!

ちょっとーー((o(。>ω<。)o))
『マスカレードホテル』すっごく楽しみになってきた!

ミステリー小説の舞台化ということで
ストレートプレイに近いものになるのかと予想していましたが
これは、ミュージカル要素もしっかりと入れてほしいキャストになりましたね


けど、こんなに 歌うまさんを集めていいの?
あっちは大丈夫なのだろうか?

こわごわ『DANCE OLYMPIA』のメンバーを確認してみました

歌うまさんは、、、
まいらくん(泉まいら) と まのっち(愛乃一真) だけ
《注・個人の感想です》
ダンスコンサートだから いいのかな
メインキャスト
柚香光、水美舞斗、永久輝せあ、聖乃あすか
キラキラメンバーが踊りまくる、若さいっぱいの作品になるんでしょうね
新しい若いファンを獲得すべく
花組は、このスタイルで行きます!ってことかな








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】2回目観劇 キャスト別感想『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』

2回目の『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』
初見より、少し気持ちは余裕で、少し良いお席での観劇でした
ほぼオペラを覗いていた初見だったので
今回はできるだけ オペラなしで舞台全体を観ようと決めて臨みました

初日は ほとんど みりおくんしか観ていなかったので
2回目にして、他の出演者について ちょっと語れそう
シーンごとに振り返ってみようと思います

65E3D2A0-31DB-4BFF-8692-53B68B7F2320


❁.*・゚S序 物語のはじまり

レディ・ミステリアス(乙羽映見) が
子供たちに おとぎ話を語る
乳母(鞠花ゆめ)、老婦人(若草萌香)、母親(咲乃深音) を見守っています
歌うま花娘による 幕開き
とても 心地よい始まりです

この公演で卒業する えみちゃん(乙羽) は登場から 凄い存在感
とても重要な人物だし、歌のボリュームも凄い、加えて お衣装も豪華でした
じゅりあさん(花野じゅりあ) や べーちゃん(桜咲彩花) が抜けたことが大きな要因でしょうね
それにしても タイミングが残念
これから 本公演でもこうしたポジションで、もっともっと活躍してほしかったのに
これが最後なんて辛すぎる


❁.*・゚S1 霧の中の青い薔薇

すると いつしか舞台はロンドンの駅の慌ただしさに
この時代のイギリスのお衣装は素敵ですよね
男役さんの丈の長いジャケットは、スタイル良く見え効果も抜群で
花男が よりカッコよく見えます
中でも、ハーヴィーの れいちゃん(柚香光) は やはり素敵です
真面目で ごく普通の青年役が新鮮に思えました


ハーヴィーの仲間に オリヴァーの しいちゃん(和海しょう) が居ます
以前から そうなのでしょうが、今回は特別 しいちゃんの声が良く通るなぁ と思う瞬間が多いです
逆に言えば、一緒に出ている他の出演者の台詞は少し聞き取りづらいということかも

馬丁役の 澄月菜音くんの声もいい


❁.*・゚S2 荒れ果てた庭(翌朝)

こりのちゃん(美花梨乃) が 謎の老婆で登場
とても可愛らしい容姿なので、この役は ちょっと勿体ない
妖精チームが良かったな
凄いキーマンかと思いきや、、そうでもないし


❁.*・゚S3A 薔薇の咲き乱れる庭で(幸福な時)

エドモンドの まいこつ(紅羽真希) と フローレンスの しろきみちゃん(城妃美伶) はとても素敵な夫婦
しろきみちゃん、上流階級の品の良さが漂っていました
シャーロットは まずは子役が演るのかと思ったら
登場は まだ乳歯が残っているくらいに幼いのに 華優希ちゃん でした
子役は回想シーンのみでの登場です

その華優希ちゃんは、子役が得意なイメージでしたが
どちらかと言うと、成長してからの演技の方が良かったです
特に(不幸せな時)の お衣装が似合っていて髪型も素敵でした
お婆さんの演技も良かったと思います
全ツ『メランコリック・ジゴロ』の ティーナのような役どころより
こんな シックで大人っぽい役の方がいいのではないでしょうか


お屋敷の庭師のニックには、マイティ(水美舞斗)
最近 露出が多かったので、なんとなく出番に物足りなさを感じましたが
2回目に一緒に観劇した娘は
「マイティがとても良い役だった!」 「結婚するならニック!」 と言っておりました
とても誠実で、秘めた恋心を押し殺す演技が良かったです
後半は 回想のような形でしか登場しませんが
マイティの演技に注目すると ジーーンとくると思います
『CASANOVA』での 大忙しさみたいなのは全くなく、ひたすら 抑えめの演技です
マイティのキャパの広さを感じます


メイド役に 愛蘭みこちゃんと、研1の 星空美咲ちゃんが抜擢されていました
とても 可愛くて
思わず『ポーの一族』でメイド役をしていた ひっとん(舞空瞳) のことを思い出しました
下級生のメイド役って、案外〝出世役〟だったりして
みこちゃんは、ゆうなみくんの娘のケイティ役もしています


❁.*・゚S6A ヴィッカーズ商会植物研究室

全体的に暗めで落ち着いたシーンが多い中で
パッと明るく元気が出るのが
ヴィッカーズ商会の場面です
ジャケット姿の男役さんがズラッと揃うので
テンションが上がります
曲調も、イケイケな感じで楽しい♬︎♡

率いるのは、オズワルド社長の あきら(瀬戸かずや)
衣装が似合う!!
ストライプのスーツに、もみあげも ちょっと♡
悪役と聞いておりましたが、そうでもなく
まあ 金の亡者で植物に対する愛情はゼロですけど、、
「時は金なり」 が座右の銘
いつもポケットの懐中時計をせかせかとチェックしています
その仕草もダンディ♡

後の場面で えみちゃんと絡むのが嬉しかった

少し前から気になっていますが
あきら、痩せすぎじゃないかな(´・_・`)
元々の小顔が更に、、、
豪快でエネルギーの要りそうな役ですので
たくさん食べてパワーを付けて欲しいです

ヴィッカーズ商会で好みの従業員は
社長の秘書・ベン(綺城ひか理)
プラントハンター・ブライアン(希波らいと)
研究員の 侑希大弥くん


❁.*・゚S7 時は流れて(孤独の時)

登場は極めて少ないけど 印象的なキャストが出てきます

シャーロットの意地悪そうな同級生
でぃでぃちゃん(若草萌香)、みおんちゃん(咲乃深音)、鈴美梛なつ紀ちゃん
やたら台詞が明瞭✧*。

シャーロットの継母・イヴリンは しょみちゃん(真鳳つぐみ)
いかにも金遣いの荒そうな 嫌な女、良い味出してる
「どうしてお父様はあんな人と結婚したのかしら」 と言うシャーロットの台詞に
おそらく、客席全員が頷いている

シャーロットの夫となる ギルバートは、びっく(羽立光来)
この男こそ、後にシャーロットを不幸せにするDV夫


❁.*・゚S8B ヴィッカーズ商会植物研究室

研究室で働く ケヴィン(優波慧) に会いに、妻のネリー(春妃うらら) 息子のロビン(糸月雪羽) 娘のケイティ(愛蘭みこ) がやってきます
裕福でなくても幸せな家族 の象徴です
可愛い下級生だった うららちゃん(春妃)が、こんな優しいお母さん役をするよになったのだな~母性に溢れています
大好きな、いとちゃん(糸月)、絶妙に上手いのだけど
そろそろ少年役を卒業させてあげてほしい


❁.*・゚S10 時は流れて(不幸の時)

この場面で ギルバート(びっく) が暴れます
殴るのも嫌だけど、物を投げたりするのも 本気で怖いからやめてほしいよぉ :(´◦ω◦`):
ギルバートが家に連れ込む 浮気相手は かがりりちゃん(華雅りりか)
趣味が悪すぎる女を熱演、高笑いが 絵に描いたように悪い女


探偵のMr.ディケンズは、るなさん(冴月瑠那)
『クリスマス・キャロル』の作者 チャーリー・ディケンズの親戚(関係は忘れちゃった)という設定で
ほってぃ(帆純まひろ) が、それに食い気味で喋る演出が個人的に好き
シャーロック・ホームズ風なので
彼の出番(下手花道)には、『ベーカーストリート』と書かれた看板が控え目に掲げられるのも 個人的に好き


2回目観劇を終え
心に残った キャストの印象を書きました
妖精チームは また別の機会に*˙︶˙*)ノ"








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






え、待って!華妃まいあちゃん 退団!?

宙組全国ツアー千秋楽にて、華妃まいあちゃんが退団!

99期生の歌うま娘役さん
早すぎる退団にショックです、、
99期生さんは ここ数年 退団が続いていますね
しかも、将来有望と思われていた方が本公演で大階段を降りることなく、というケースもチラホラ

まいあちゃんは 新人公演で
『神々の土地』『天は赤い河のほとり』『異人たちのルネサンス』と3作連続で
本役が せーこちゃん(純矢ちとせ) の役を務めていました
それだけを取っても、実力派の娘役さんということが分かります
必ずや、これからの宙組を歌で支える娘役さんになると思っておりました

キキちゃん(芹香斗亜) 主演の『群盗』でも
とても良い演技をさせていたのに、、、

とても、残念です (;_;)







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚