小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

植田景子

【ハピリポ】私の楽しみ方『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』

色々複雑で、なかなか
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』の感想を書けないでいるのですが
3回目の観劇を終え
昨日は初めての二階席から舞台全体を観ることも出来ましたから
少し、書いておこうと思います 

大好きな みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演ですので
結局、最後まで『退団』抜きで舞台を観ることは出来なさそうです
私の感想は少数派と読み流していただけると幸いです

また、ご覧になった方しか理解できない部分やネタバレを含みますので
ご容赦ください


٭•。❁。.*・゚


ほとんどオペラを覗いていた初見は
ストーリーを知りませんでしたし

トム=ニック(水美舞斗) なのかな?
おとぎ話よろしく、猫が人間に、、?
謎の老婆(美花梨乃) は一体何者、、もしかして =女神(乙羽映見)?
シャーロット(華優希)は肺と精神を病んで死んでしまうの?

と、結末に思いを巡らせていましたが
2回目 3回目は当然どうなるか分かっていますので
特にビックリな展開でもないですから、、、はい

青くなりかけと、ラストシーンの美しいエリュ(明日海りお) のビジュアルを心待ちにすることが一番の楽しみ(*´˘`*)♡
青いみりおくんは、どうしても あまり好きになれなくて
人ならぬものの美しさを追求したと言うならば、これじゃないんじゃないかな、、と悲しい
けれど、人間たちの日々の営みを
違う次元から、ただ見つめる(かなり、この時間がたっぷりある) 仕草や表情には
エリュの心情が溢れていて
みりおくんがエリュになりきっていて
その お顔を観ているだけで 涙が出そうになる

個人的には、その表情の中に これまで演じてきた役柄
トートや、エドガーや、ヴァルモンや、他にもたくさんを感じて
その中でも、私の大好きな『ハンナのお花屋さん』のクリスが過去の自分と両親を見ている時を思い出してしまうことが多発
切ない表情のみりおくんは、やっぱり素敵だ

一番好きな台詞は
おばあちゃんになってしまったシャーロットに
「君は何も変わらない」と言うところ
人間は見た目で色んなことを判断するけど
妖精は、その人の本質を見ているんだな と
凡人の私には、人の本質を見抜く能力はないけれど
それを見ようとする清い心を持っていたいと その瞬間は本気で思います
、、すぐに忘れてしまうけど( ̄▽ ̄;)
昨日もバスツアーの添乗員さんのことを『汗っかき君』とか呼んでいた
思いっきり見た目で判断してる、、猛省しよう

とにかく『青薔薇』を観ながらも
頭の中は思い出を辿ったり、ふと何かを思い出したり忙しくて
自分でも〝泣き〟のスイッチがいつ入るのか予測できなくて
ずっとハンカチを握りしめています

ストーリーに泣いているのか、違う涙なのか、、


٭•。❁。.*・゚


初見の私の『?』の答えは

ニックは既に天国ってことかな
猫が人間になるはずないよね
老婆は、、えっ!ただの老婆?!
シャーロット、めっちゃ長寿じゃん

ってな具合に、考えただけ損したわ という結果で
もうストーリーについては、そんなに引き込まれないから
3回目の昨日は
美しいエリュ、イケおじの あきら(瀬戸かずや)、どんな時も妖精な おとくりちゃん(音くり寿)、可愛いすぎる11歳のシャーロット(美羽愛)、かっこいい花男たち に心弾む時間以外は
別の楽しみにふけってしまいました

うちの娘は、私とは ちょっと違う感性を持っていて
お衣装や髪飾りを よくそんなに覚えているね~って驚かされたり
台詞や歌詞に 妙に敏感だったりするんです

『青薔薇』と同じく 植田景子先生演出の『ハンナのお花屋さん』
クリス(明日海) の親友・ジェフ(瀬戸) が奥さんのサラ(乙羽) と 学生時代のクリスマスを思い出して話をする場面があるのですが
あきらの台詞に
『クリス』『クリスマス』という2つのワードが頻発しすぎて可笑しくなってくるって言うんですよ
それを聞いてからは、その場面を観るたびに私も
クリスクリスマス…クリスマス、クリス…と
なんか気になっちゃう ( •́ •̀# )
娘は「植田先生 わざとじゃない?」と深読み
よく言えば〝韻を踏む〟言い換えると〝ダジャレ〟?
そして この公演を前回一緒に観劇した娘が幕間に
「また ダジャレみたいなの いっぱいあったね」と
私は、全く気づかなくて
娘も「そん時は笑えてきたけど、忘れちゃった」って言ってたのを思い出し
台詞にしっかり耳を傾けてみました

たぶん、、、

春妃うららちゃんがビッカーズ商会に差し入れを持ってくる場面の
『コレラ』『コレラ』『これから』『コレラ』

ニック(水美) と フローレンス(城妃美伶) の
『この庭には』『庭には』『にわには』

『うらにわにはにわにわとりがいる』という
滑舌練習を思い出しました ( ̄▽ ̄)


他には、みつけられなかった

景子先生、これ わざとなんでしょうか?


٭•。❁。.*・゚ 


あと、毎回 感じてしまうポイント

〇 ハーヴィー(柚香光) の登場シーンの台詞回しで
『カリスタの海に抱かれて』の『ナポレオン』を思い出す

〇 ニック(水美) を見ると
『美女と野獣』の『ガストン』を思い出す
肩パット、入れすぎじゃないかな?
庭師さんって体力が必要だから、あんなに胸板厚いの?
そして〝エア庭の手入れ〟は非常に芸が細かい

〇 『ミスティックワールド』ってネーミングに
なぜか『MY HERO』の『ディスティニーランド』を思い出し、ニヤっとしてしまう

〇 ハーヴィーの研究室に妖精が出てくるとこは、仕掛け絵本みたいで楽しい
そして、妖精たちは ミスティックワールドに閉じ込められたんじゃないの?って思う
案外 自由

〇 白い薔薇の精(聖乃あすか)と 9歳のシャーロット(都姫ここ) が、ちょうちょを目で追うとこ好き

〇  何回か「信じるか信じないかは」ときて「あなた次第!」と続かないことにストレスを感じるが
最後に「あなた次第!」が出て スッキリする


٭•。❁。.*・゚


二階席から観て
幕開きの 妖精が動き回るような光の演出
夏至の夜の妖精のパーティの始まりに動物やちょうちょが光で出てくる演出
ラストに女神様が時をあやつるときの照明の演出が
本当に綺麗でした

セットは、どれも素敵です✧*。


٭•。❁。.*・゚


私の記憶が確かなら、、
前に観た2回は、幕開きの えみちゃんの登場は 女神様のお衣装だっと思うんですが
昨日は、フード付きのマントを纏っていました(途中のレディミステリアスと同じ)
えみちゃんが誰なのかをネタバレしないように演出を変更したのかな?

幕開きは、さっきも書いたように 妖精の物語の始まりのように キラキラと光が動き
音楽も おとぎ話っぽいので
私は、えみちゃんが ピノキオのブルーフェアリーのように登場する初日の方が好きかも


٭•。❁。.*・゚


また、観劇が終わってしまった
こうやって、限られた時間は 刻々と過ぎてゆくのですね


DBBF3B23-0DFE-45D6-BF95-8CCC0A5A4A5A










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

【ハピリポ】2回目観劇 キャスト別感想『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』

2回目の『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』
初見より、少し気持ちは余裕で、少し良いお席での観劇でした
ほぼオペラを覗いていた初見だったので
今回はできるだけ オペラなしで舞台全体を観ようと決めて臨みました

初日は ほとんど みりおくんしか観ていなかったので
2回目にして、他の出演者について ちょっと語れそう
シーンごとに振り返ってみようと思います

65E3D2A0-31DB-4BFF-8692-53B68B7F2320


❁.*・゚S序 物語のはじまり

レディ・ミステリアス(乙羽映見) が
子供たちに おとぎ話を語る
乳母(鞠花ゆめ)、老婦人(若草萌香)、母親(咲乃深音) を見守っています
歌うま花娘による 幕開き
とても 心地よい始まりです

この公演で卒業する えみちゃん(乙羽) は登場から 凄い存在感
とても重要な人物だし、歌のボリュームも凄い、加えて お衣装も豪華でした
じゅりあさん(花野じゅりあ) や べーちゃん(桜咲彩花) が抜けたことが大きな要因でしょうね
それにしても タイミングが残念
これから 本公演でもこうしたポジションで、もっともっと活躍してほしかったのに
これが最後なんて辛すぎる


❁.*・゚S1 霧の中の青い薔薇

すると いつしか舞台はロンドンの駅の慌ただしさに
この時代のイギリスのお衣装は素敵ですよね
男役さんの丈の長いジャケットは、スタイル良く見え効果も抜群で
花男が よりカッコよく見えます
中でも、ハーヴィーの れいちゃん(柚香光) は やはり素敵です
真面目で ごく普通の青年役が新鮮に思えました


ハーヴィーの仲間に オリヴァーの しいちゃん(和海しょう) が居ます
以前から そうなのでしょうが、今回は特別 しいちゃんの声が良く通るなぁ と思う瞬間が多いです
逆に言えば、一緒に出ている他の出演者の台詞は少し聞き取りづらいということかも

馬丁役の 澄月菜音くんの声もいい


❁.*・゚S2 荒れ果てた庭(翌朝)

こりのちゃん(美花梨乃) が 謎の老婆で登場
とても可愛らしい容姿なので、この役は ちょっと勿体ない
妖精チームが良かったな
凄いキーマンかと思いきや、、そうでもないし


❁.*・゚S3A 薔薇の咲き乱れる庭で(幸福な時)

エドモンドの まいこつ(紅羽真希) と フローレンスの しろきみちゃん(城妃美伶) はとても素敵な夫婦
しろきみちゃん、上流階級の品の良さが漂っていました
シャーロットは まずは子役が演るのかと思ったら
登場は まだ乳歯が残っているくらいに幼いのに 華優希ちゃん でした
子役は回想シーンのみでの登場です

その華優希ちゃんは、子役が得意なイメージでしたが
どちらかと言うと、成長してからの演技の方が良かったです
特に(不幸せな時)の お衣装が似合っていて髪型も素敵でした
お婆さんの演技も良かったと思います
全ツ『メランコリック・ジゴロ』の ティーナのような役どころより
こんな シックで大人っぽい役の方がいいのではないでしょうか


お屋敷の庭師のニックには、マイティ(水美舞斗)
最近 露出が多かったので、なんとなく出番に物足りなさを感じましたが
2回目に一緒に観劇した娘は
「マイティがとても良い役だった!」 「結婚するならニック!」 と言っておりました
とても誠実で、秘めた恋心を押し殺す演技が良かったです
後半は 回想のような形でしか登場しませんが
マイティの演技に注目すると ジーーンとくると思います
『CASANOVA』での 大忙しさみたいなのは全くなく、ひたすら 抑えめの演技です
マイティのキャパの広さを感じます


メイド役に 愛蘭みこちゃんと、研1の 星空美咲ちゃんが抜擢されていました
とても 可愛くて
思わず『ポーの一族』でメイド役をしていた ひっとん(舞空瞳) のことを思い出しました
下級生のメイド役って、案外〝出世役〟だったりして
みこちゃんは、ゆうなみくんの娘のケイティ役もしています


❁.*・゚S6A ヴィッカーズ商会植物研究室

全体的に暗めで落ち着いたシーンが多い中で
パッと明るく元気が出るのが
ヴィッカーズ商会の場面です
ジャケット姿の男役さんがズラッと揃うので
テンションが上がります
曲調も、イケイケな感じで楽しい♬︎♡

率いるのは、オズワルド社長の あきら(瀬戸かずや)
衣装が似合う!!
ストライプのスーツに、もみあげも ちょっと♡
悪役と聞いておりましたが、そうでもなく
まあ 金の亡者で植物に対する愛情はゼロですけど、、
「時は金なり」 が座右の銘
いつもポケットの懐中時計をせかせかとチェックしています
その仕草もダンディ♡

後の場面で えみちゃんと絡むのが嬉しかった

少し前から気になっていますが
あきら、痩せすぎじゃないかな(´・_・`)
元々の小顔が更に、、、
豪快でエネルギーの要りそうな役ですので
たくさん食べてパワーを付けて欲しいです

ヴィッカーズ商会で好みの従業員は
社長の秘書・ベン(綺城ひか理)
プラントハンター・ブライアン(希波らいと)
研究員の 侑希大弥くん


❁.*・゚S7 時は流れて(孤独の時)

登場は極めて少ないけど 印象的なキャストが出てきます

シャーロットの意地悪そうな同級生
でぃでぃちゃん(若草萌香)、みおんちゃん(咲乃深音)、鈴美梛なつ紀ちゃん
やたら台詞が明瞭✧*。

シャーロットの継母・イヴリンは しょみちゃん(真鳳つぐみ)
いかにも金遣いの荒そうな 嫌な女、良い味出してる
「どうしてお父様はあんな人と結婚したのかしら」 と言うシャーロットの台詞に
おそらく、客席全員が頷いている

シャーロットの夫となる ギルバートは、びっく(羽立光来)
この男こそ、後にシャーロットを不幸せにするDV夫


❁.*・゚S8B ヴィッカーズ商会植物研究室

研究室で働く ケヴィン(優波慧) に会いに、妻のネリー(春妃うらら) 息子のロビン(糸月雪羽) 娘のケイティ(愛蘭みこ) がやってきます
裕福でなくても幸せな家族 の象徴です
可愛い下級生だった うららちゃん(春妃)が、こんな優しいお母さん役をするよになったのだな~母性に溢れています
大好きな、いとちゃん(糸月)、絶妙に上手いのだけど
そろそろ少年役を卒業させてあげてほしい


❁.*・゚S10 時は流れて(不幸の時)

この場面で ギルバート(びっく) が暴れます
殴るのも嫌だけど、物を投げたりするのも 本気で怖いからやめてほしいよぉ :(´◦ω◦`):
ギルバートが家に連れ込む 浮気相手は かがりりちゃん(華雅りりか)
趣味が悪すぎる女を熱演、高笑いが 絵に描いたように悪い女


探偵のMr.ディケンズは、るなさん(冴月瑠那)
『クリスマス・キャロル』の作者 チャーリー・ディケンズの親戚(関係は忘れちゃった)という設定で
ほってぃ(帆純まひろ) が、それに食い気味で喋る演出が個人的に好き
シャーロック・ホームズ風なので
彼の出番(下手花道)には、『ベーカーストリート』と書かれた看板が控え目に掲げられるのも 個人的に好き


2回目観劇を終え
心に残った キャストの印象を書きました
妖精チームは また別の機会に*˙︶˙*)ノ"








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






【ハピリポ】初見はこうなる『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』初日

朝から頭が痛いですil||li(つ∀-;)il||li 

ムラへの観劇は、ほぼ車で出かけます
観劇する演目に合わせて、気分が上がる曲を聞きながら行くのですが
セレクトに失敗したかも、、
「これしかない!」 と『ハンナのお花屋さん』を聞いてしまい
『青薔薇』を拝見する前に既に涙ボロボロになり
観劇でボロボロ
帰宅して、どうしても『ハンナ…』が観たくなり、また ボロボロ
泣き続けた一日になりました
おかげで、頭痛が、、、


゚・*:.。❁


『青い薔薇の精』始まったばかりですから
ストーリーについては、あまり詳しくお伝えしない方がいいですね
おとぎ話のようで、少しミステリアな物語です

植田景子先生の作品は繊細で
小説を読んでいるような気持ちになります
核となる人物が多くなく
どちらかと言うと、小さめの劇場の空間で
その世界に浸りながら観たいような気がします
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』も、そんな作品かな、、と初見の感想です

宝塚大劇場という大きな空間で、この作品に込められた思いを汲み取るには

気を抜いてはいけません

物語の世界に集中しましょう
かと言って、気を張って!というのではなく
リラックスして、ピュアな心で、、
絵本のページをゆっくりとめくるように もしくは 絵本を優しく読んでもらっているような
そんな感じで世界観を感じるといいかな と思う作品でした

植田先生が、みりおくんの最後の公演にと
考えて考えて考えぬいた作品なのでしょうね
想いを込めた ということが、痛いほど伝わってきました
意地悪い意味でなく、、(ホントに)
人気のトップさんのサヨナラ公演って こういうものなのなんだろうな と思いました


゚・*:.。❁


なんとも、漠然とした感想で申し訳ないのですが
実のところ、花組公演の初見に関しては

ほぼ、みりおくんを観る

という作業に追われてしまい
作品の 善し悪しのようなことは、公正な判断をつけられるほど全体を観られないのが本音です

作品として 面白かったのか?と問われたら
今のところ、答えに窮しますが
『美しい明日海りお』と『その仲間たちが心を込めて創り上げた世界』を観るために、また行きたい
今は、そういう気持ちです

観劇回数を重ねると
見えてくることも ありそうです
、、、チケ難すぎて、そもそも 何回も観ること自体が最も難しいんですけど


゚・*:.。❁


ストーリーに触れないように
初日に感じたことを箇条書きにしてみよう

❁ あの青いお衣装は 制作発表の時よりは舞台が良いけど、やはり重い
白から青への過渡期のお衣装 (急に軽くなって♡) と
ラストの『白』が好き♡
特にラストの『白』は
ありがとうございます *・'(*゚▽゚*)'・*:となります!
そして、トート閣下を感じさせられました

❁ 妖精さん多め、常に団体行動
プルケ(音くり寿) がキュート♡ 髪飾りが音符で可愛い
2回 エリュ(明日海りお) の腰に甘えるように抱きついて台詞を言う場面があります
そして エリュが優しく手をブルケに、、♡
2回とも、オペラロックに失敗
次は必ず 観るぞ!

❁ 白い薔薇の精(聖乃あすか)は、王子様

❁ オズワルド社長(瀬戸かずや) の場面がテンション上がる
声が大きい (好き♡)

❁ その秘書・ベン(綺城ひか理) カッコいい
あかちゃん、こういう役 めっちゃハマる

❁ 謎の貴婦人(乙羽映見) の女神感 強い

❁ 11歳のシャーロット(美羽愛) が可愛すぎる

❁ 泉まいらくんの髪型が『ポエッタ』すぎる

❁ DVに驚く

❁ ハーヴィー(柚香光) と妖精たちのやり取りで笑いが起こっていたが
みりおくんをロックオンしており、見逃す
(何があったの?)

❁ で、オズワルド社長(瀬戸) が儲かったのか気になる



なんと、明日 2回目の観劇です
また初日とは違った感動がありそうです


9A0B1440-8A3B-46DF-BF32-AD5435507214
薔薇、、、でかっΣ(゚ω゚ノ)ノ









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

青薔薇制作発表後の花組トークを見て、ボヤキ、、、本音、、

花組『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』制作発表後のトーク
みりおくん (明日海りお)、れいちゃん (柚香光)、はなちゃん (華優希)
この 3人の並び、、慣れる前に終わってしまうんですね
違和感、、と言うか
両サイドの年下感が強すぎて
トップ3 ではなく、完全に トップさんと2人 ですね

そりゃ、仕方ない
実際に、89期の みりおくん に
6期下の95期 れいちゃん、更に5期下の100期 はなちゃん
れいちゃんは、2番手さんとなって 既に本公演 3作品
全国ツアー主演、別箱主演と経験豊富なんだけど
みりおくん の横に来ると、とたんに 下級生のお顔になる
この 隔たりは最後まで縮まらないでしょう

偉大なトップさんの後任は、荷が重いけど
れいちゃんの ポジティブオーラで それなりにこなしていくのだろうな、、と
これまでも、ファンがどんなに心配しても
それなりにどうにかなってきた宝塚の歴史があるので傍観者に徹するしかない

みりおくんは『CASANOVA』で全ての輝きを使い果たしたような
なんか、仙人のようなオーラを醸し出しているように感じてしまうのは 私だけでしょうか
その仙人っぽさが、今回の『青い薔薇の精』という役に
図らずもマッチするのかもしれない

制作発表での あのお衣装は
作品内では 多用されないことを、個人的には願っている
全身ウロコに覆われたような お衣装でなく
できるなら、フワリと空に浮かんでしまいそうな
軽やかで、儚げなお衣装がいい、、
あのウロコっぽい衣装は、エリュが罪を犯した お仕置きなのだろうか

私の癖もあり
植田景子先生作品の制作発表会にテンションが上がらず
トークでも
自分へのリスペクトが強すぎる 2番手さん と
ほぼ話すことのできない相手役さんに挟まれ
正に退団記者会見で みりおくんが話していたように、、下級生のやりにくさを絵に描いたような
自然ではなく、自分に対して気遣い溢れる空気に
みりおくんの居心地も良さそうには見えない

※そして相変わらず、れいちゃんの話はまとまりがなく長い、、
何が言いたいのか、さっぱり伝わってこない

かと言って、ここで 2人がトップさんと対等な話しっぷりをしても
もっと違和感を感じてしまうに違いない
長期トップの運命、、

みりおくんは 男気を出して
最良と思われる相手役の ゆきちゃん(仙名彩世) のサヨナラショーをアシストし
お姫様を宝塚から送り出した
それは、本当に みりおくんのしたかったことだろうし
ゆきちゃんも幸せだったと思う
それを見た、私たちファンも 素晴らしさに感動した
けど、、やはり コンビで卒業できていたら、、と
現在 サヨナラ公演中の星組トップコンビの幸せそうな姿を見せられて 思わずにはいられない

まさか、はなちゃんが相手役になるとは夢にも思わなかったし
こんなに、負担の重そうな サヨナラ公演になるとは思っていなかった

これも コンビで卒業できない(と言われている)花組トップスターの宿命なのかもしれない

ネガティブすぎる思いで トークを見ていましたが
後半の、ショー『シャルム!』のお話で救われる

信頼を寄せている 稲葉太地先生の演出
スーツ、悪みりお、中詰めは軍服 そして 黒燕尾
宝塚の男役を心底愛している みりおくん が
男役をこれでもか と打ち出せる要素が詰まっている

ゆきちゃんを主役として送り出したように
『シャルム!』は みりおくんが主役になってほしい (当たり前なんだけど)
1人で真ん中に立ってほしいのです
みりおくんの望む男役として

もし、デュエットダンスで
その理想を描くことができないのなら
無理にデュエットダンスを入れないでほしい
まさおさん(龍真咲) のサヨナラ公演がそうであったように
デュエットダンスがなくたって いいじゃないか!
男役・明日海りお が、命をかけた舞台に たった一人 スポットを浴びる姿を見せてほしい

稲葉先生、、
どうか、みりおくんが これまでの男役人生の集大成として
悔いの残らない舞台をつくってください
妥協しなければいけない場面をつくらないでください

トップコンビのお披露目公演でなく
トップスターのサヨナラ公演を観たいのです

そして、花組を受け継ぐ れいちゃん×はなちゃんコンビには
次に繋がる場面を用意してあげてほしい









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




あれ?花組新トップさんの発表はなし?

本日、花組さんの集合日
退団者の発表から、ずいぶん時間をあけて
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』の配役発表がありました

『ハンナのお花屋さん』の時のように
なんか綺麗な紙に書かれたような 登場人物紹介 もアップされましたね
植田景子先生が こういうの好きなんでしょうね

けど、なかなか 入ってこない
よくある『人物相関図』の方が 分かりやすいな~



あるかな~(((o( ˙꒳​˙ )o))) と思っていた
『花組新トップスター』の 発表は
結局ありませんでしたね

そして
もしかしたら 組替えの発表もあったりするのかな、、なんて ソワソワしてましたが
それも ナシ でした

今日は 雪組の大劇場千秋楽でもありました
明日以降に 嵐 はあるのでしょうか?







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚