明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

植田景子

【ハピリポ】初見はこうなる『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』初日

朝から頭が痛いですil||li(つ∀-;)il||li 

ムラへの観劇は、ほぼ車で出かけます
観劇する演目に合わせて、気分が上がる曲を聞きながら行くのですが
セレクトに失敗したかも、、
「これしかない!」 と『ハンナのお花屋さん』を聞いてしまい
『青薔薇』を拝見する前に既に涙ボロボロになり
観劇でボロボロ
帰宅して、どうしても『ハンナ…』が観たくなり、また ボロボロ
泣き続けた一日になりました
おかげで、頭痛が、、、


゚・*:.。❁


『青い薔薇の精』始まったばかりですから
ストーリーについては、あまり詳しくお伝えしない方がいいですね
おとぎ話のようで、少しミステリアな物語です

植田景子先生の作品は繊細で
小説を読んでいるような気持ちになります
核となる人物が多くなく
どちらかと言うと、小さめの劇場の空間で
その世界に浸りながら観たいような気がします
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』も、そんな作品かな、、と初見の感想です

宝塚大劇場という大きな空間で、この作品に込められた思いを汲み取るには

気を抜いてはいけません

物語の世界に集中しましょう
かと言って、気を張って!というのではなく
リラックスして、ピュアな心で、、
絵本のページをゆっくりとめくるように もしくは 絵本を優しく読んでもらっているような
そんな感じで世界観を感じるといいかな と思う作品でした

植田先生が、みりおくんの最後の公演にと
考えて考えて考えぬいた作品なのでしょうね
想いを込めた ということが、痛いほど伝わってきました
意地悪い意味でなく、、(ホントに)
人気のトップさんのサヨナラ公演って こういうものなのなんだろうな と思いました


゚・*:.。❁


なんとも、漠然とした感想で申し訳ないのですが
実のところ、花組公演の初見に関しては

ほぼ、みりおくんを観る

という作業に追われてしまい
作品の 善し悪しのようなことは、公正な判断をつけられるほど全体を観られないのが本音です

作品として 面白かったのか?と問われたら
今のところ、答えに窮しますが
『美しい明日海りお』と『その仲間たちが心を込めて創り上げた世界』を観るために、また行きたい
今は、そういう気持ちです

観劇回数を重ねると
見えてくることも ありそうです
、、、チケ難すぎて、そもそも 何回も観ること自体が最も難しいんですけど


゚・*:.。❁


ストーリーに触れないように
初日に感じたことを箇条書きにしてみよう

❁ あの青いお衣装は 制作発表の時よりは舞台が良いけど、やはり重い
白から青への過渡期のお衣装 (急に軽くなって♡) と
ラストの『白』が好き♡
特にラストの『白』は
ありがとうございます *・'(*゚▽゚*)'・*:となります!
そして、トート閣下を感じさせられました

❁ 妖精さん多め、常に団体行動
ブルケ(音くり寿) がキュート♡ 髪飾りが音符で可愛い
2回 エリュ(明日海りお) の腰に甘えるように抱きついて台詞を言う場面があります
そして エリュが優しく手をブルケに、、♡
2回とも、オペラロックに失敗
次は必ず 観るぞ!

❁ 白い薔薇の精(聖乃あすか)は、王子様

❁ オズワルド社長(瀬戸かずや) の場面がテンション上がる
声が大きい (好き♡)

❁ その秘書・ベン(綺城ひか理) カッコいい
あかちゃん、こういう役 めっちゃハマる

❁ 謎の貴婦人(乙羽映見) の女神感 強い

❁ 11歳のシャーロット(美羽愛) が可愛すぎる

❁ 泉まいらくんの髪型が『ポエッタ』すぎる

❁ DVに驚く

❁ ハーヴィー(柚香光) と妖精たちのやり取りで笑いが起こっていたが
みりおくんをロックオンしており、見逃す
(何があったの?)

❁ で、オズワルド社長(瀬戸) が儲かったのか気になる



なんと、明日 2回目の観劇です
また初日とは違った感動がありそうです


9A0B1440-8A3B-46DF-BF32-AD5435507214
薔薇、、、でかっΣ(゚ω゚ノ)ノ









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

青薔薇制作発表後の花組トークを見て、ボヤキ、、、本音、、

花組『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』制作発表後のトーク
みりおくん (明日海りお)、れいちゃん (柚香光)、はなちゃん (華優希)
この 3人の並び、、慣れる前に終わってしまうんですね
違和感、、と言うか
両サイドの年下感が強すぎて
トップ3 ではなく、完全に トップさんと2人 ですね

そりゃ、仕方ない
実際に、89期の みりおくん に
6期下の95期 れいちゃん、更に5期下の100期 はなちゃん
れいちゃんは、2番手さんとなって 既に本公演 3作品
全国ツアー主演、別箱主演と経験豊富なんだけど
みりおくん の横に来ると、とたんに 下級生のお顔になる
この 隔たりは最後まで縮まらないでしょう

偉大なトップさんの後任は、荷が重いけど
れいちゃんの ポジティブオーラで それなりにこなしていくのだろうな、、と
これまでも、ファンがどんなに心配しても
それなりにどうにかなってきた宝塚の歴史があるので傍観者に徹するしかない

みりおくんは『CASANOVA』で全ての輝きを使い果たしたような
なんか、仙人のようなオーラを醸し出しているように感じてしまうのは 私だけでしょうか
その仙人っぽさが、今回の『青い薔薇の精』という役に
図らずもマッチするのかもしれない

制作発表での あのお衣装は
作品内では 多用されないことを、個人的には願っている
全身ウロコに覆われたような お衣装でなく
できるなら、フワリと空に浮かんでしまいそうな
軽やかで、儚げなお衣装がいい、、
あのウロコっぽい衣装は、エリュが罪を犯した お仕置きなのだろうか

私の癖もあり
植田景子先生作品の制作発表会にテンションが上がらず
トークでも
自分へのリスペクトが強すぎる 2番手さん と
ほぼ話すことのできない相手役さんに挟まれ
正に退団記者会見で みりおくんが話していたように、、下級生のやりにくさを絵に描いたような
自然ではなく、自分に対して気遣い溢れる空気に
みりおくんの居心地も良さそうには見えない

※そして相変わらず、れいちゃんの話はまとまりがなく長い、、
何が言いたいのか、さっぱり伝わってこない

かと言って、ここで 2人がトップさんと対等な話しっぷりをしても
もっと違和感を感じてしまうに違いない
長期トップの運命、、

みりおくんは 男気を出して
最良と思われる相手役の ゆきちゃん(仙名彩世) のサヨナラショーをアシストし
お姫様を宝塚から送り出した
それは、本当に みりおくんのしたかったことだろうし
ゆきちゃんも幸せだったと思う
それを見た、私たちファンも 素晴らしさに感動した
けど、、やはり コンビで卒業できていたら、、と
現在 サヨナラ公演中の星組トップコンビの幸せそうな姿を見せられて 思わずにはいられない

まさか、はなちゃんが相手役になるとは夢にも思わなかったし
こんなに、負担の重そうな サヨナラ公演になるとは思っていなかった

これも コンビで卒業できない(と言われている)花組トップスターの宿命なのかもしれない

ネガティブすぎる思いで トークを見ていましたが
後半の、ショー『シャルム!』のお話で救われる

信頼を寄せている 稲葉太地先生の演出
スーツ、悪みりお、中詰めは軍服 そして 黒燕尾
宝塚の男役を心底愛している みりおくん が
男役をこれでもか と打ち出せる要素が詰まっている

ゆきちゃんを主役として送り出したように
『シャルム!』は みりおくんが主役になってほしい (当たり前なんだけど)
1人で真ん中に立ってほしいのです
みりおくんの望む男役として

もし、デュエットダンスで
その理想を描くことができないのなら
無理にデュエットダンスを入れないでほしい
まさおさん(龍真咲) のサヨナラ公演がそうであったように
デュエットダンスがなくたって いいじゃないか!
男役・明日海りお が、命をかけた舞台に たった一人 スポットを浴びる姿を見せてほしい

稲葉先生、、
どうか、みりおくんが これまでの男役人生の集大成として
悔いの残らない舞台をつくってください
妥協しなければいけない場面をつくらないでください

トップコンビのお披露目公演でなく
トップスターのサヨナラ公演を観たいのです

そして、花組を受け継ぐ れいちゃん×はなちゃんコンビには
次に繋がる場面を用意してあげてほしい









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




あれ?花組新トップさんの発表はなし?

本日、花組さんの集合日
退団者の発表から、ずいぶん時間をあけて
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』の配役発表がありました

『ハンナのお花屋さん』の時のように
なんか綺麗な紙に書かれたような 登場人物紹介 もアップされましたね
植田景子先生が こういうの好きなんでしょうね

けど、なかなか 入ってこない
よくある『人物相関図』の方が 分かりやすいな~



あるかな~(((o( ˙꒳​˙ )o))) と思っていた
『花組新トップスター』の 発表は
結局ありませんでしたね

そして
もしかしたら 組替えの発表もあったりするのかな、、なんて ソワソワしてましたが
それも ナシ でした

今日は 雪組の大劇場千秋楽でもありました
明日以降に 嵐 はあるのでしょうか?







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

花組集合日の朝『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』の制作発表会ニュースを見る

本日は 花組集合日ということで
とっても不安な気持ちでいっぱいです

朝『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』の制作発表会の様子をタカラヅカニュースで拝見したのですが
みりおくん(明日海りお) の言葉
理事長の言葉
VISAの偉い方の言葉
植田景子先生の言葉
稲葉太地先生の言葉
どれも、みりおくんのラストステージが確実にやってくることを感じさせるものばかりで、、
当たり前なんですけどね
それを、ぼーーーっと
なぜか〝無〟の感情で見つめていました


❁.*・゚


制作発表会は、ポスターの青いお衣装
舞台で観たら、さぞかし綺麗なんだろうな

れいちゃん(柚香光) が
髪型といい、雰囲気といい、非常にいい感じ(ざっくり)

お芝居から3曲が披露されていました
全てタイトルは英語で
歌詞にも英語を多用
、、植田先生だなぁ
『ハンナのお花屋さん』の時も
制作発表会でテンションが上がらなかったけど
結局、めちゃめちゃ感動しましたから
あまり心配していませんが、テンションが上がりませんでした (。・人・`。))ゴメンネ

このメイクなので仕方ないですが
『シャルム!』の主題歌も聞きたかったな

宝塚を牽引してきた 大スターさんの退団ですから
先生方も、普段通り、、とはいかなくて
変な力が入ってしまうでしょうね

『明日海りお』の魅力に特化した作品となるでしょうから
みりおくんが舞台に立ってくれるだけで
その姿を観られるだけで 幸せ♡ という公演になるでしょう、きっと

今は、あまり実感が湧かないけど
だんだんと、確実に その日は近づいてくるのですね


❁.*・゚


まずは、本日
花組に関わるニュースを待ちましょう

何時間か後には
どんな感情になっているのかな






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




本日『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』制作発表会だったのですね!

仕事の帰り道、Yahooニュースで
本日、花組公演『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』の制作発表会が開かれていたと知りました

あ~、まだ『恋スルARENA』の覚え書きも完成していないというのに
無情にも、時計の針は進むのですね、、

私が、まだまだ『恋アリ』を引きずっているうちに
みりおくん(明日海りお) は、スイッチを切り替え
どんどん 前に、、。゚ヽ(゚´ω`゚。ヽ)


地下鉄で記事を読み漁り 帰宅すると
スカイステージさんでは『アリスの恋人』が放送されていました
ラストシーン、、
みりおくんが制服姿で街に倒れているところでした
ここから、拝見しただけで、、号泣

最近は、みりおくんの過去作品を観ては泣いてしまいます

初々しい『ルイス・キャロル』が
妖精さんになって、夢の国を旅立ってゆくのだな、、、



☆*゚¨゚゚・*:..゙((ε(*´・ω・)っ†*゚¨゚゚・*:..☆



制作発表会、薔薇の精さんだけだったようですね
やっぱ、あのメイクからの ショーは難しいか、、
ってことは
制作発表会では、ショーの主題歌は聞けないのね


お芝居の、植田景子先生
ショーの、稲葉大地先生

みりおくんを、最も輝かせてくださる布陣で臨む サヨナラ公演

さみしいけど
まだまだ進化するであろう みりおくん を
見届けなければ、、、







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚