明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

柚香光

【ハピリポ】なんだか ボーッとしていて『シャルム!』初日

幸せなことに 初日の舞台を観劇できた 
みりおくん(明日海りお)のサヨナラ公演
ショー『シャルム!』の初日の感想を少しだけ書き留めておきたいと思います

9325245B-0CFE-4313-AC89-AD583568DC19


お芝居と同じく
初見は、みりおくんばかりを観ていましたので
ボーッとしていたのか、あまり思い出せない、、



❁ プロローグで、みりおくんが羽根を背負う!
ショーのプロローグのお召し替えや中詰めで
よくトップさんが、まあるいのじゃなくて シュッシュッとした羽根を背負いますよね
これまで 頑なに パレードの大羽根以外は背負ってこなかった みりおくんが とうとう、、
どんな心境の変化なんでしょうね
途中でトップさんが こんな羽根を付けてくると
とっても イケイケな感じがしますよね
1回くらい こんな『イケイケみりお』を見せてあげてもいっかな~って思ったのでしょうか
個人的には、声が出そうなくらい驚きました
ちょっと珍しい クジャクの羽根です


❁ 通し役の『カタフィル』に はなこちゃん(一之瀬航季) が入る
カタフィル=地下愛好家 たちがパリの地下に入っていくところからショーが始まります
今どきの若者に
優波慧、綺城ひか理、飛龍つかさ、帆純まひろ、聖乃あすか、一之瀬航季
個人的に、はなこちゃんがこのメンバーに入ったことが嬉しかった♡


❁ レジスタンスの場面の花娘がカッコいい (花男は当然カッコいい)
白姫あかり、乙羽映見、更紗那知、春妃うらら、若草萌香、凛乃しづか
卒業する あかりそ(白姫)と えみちゃん(乙羽)
ホント カッコいい ゚+.゚(´˘`人)゚+.゚
カッコいい花娘が減っていきますね
悲しいけど、必ず受け継がれるはず!


❁ La Mer 光
ここが、花組生全員の場面
『宝塚幻想曲(ファンタジア)』の『風に舞う花』のオマージュシーンですね
ファンタジアでは 黄色でしたが、今回は 真っ白
この場面くらいから、かなり涙腺がヤバいことになります


❁ フィナーレの大階段では出ている花娘全員と絡む みりおくん
フィナーレのみりおくんの登場は大階段で娘役さんに囲まれて♡
大階段上で、登場している花娘が順に みりおくんのそばに来ます
そして、一人ひとりに優しい眼差しを向けてくれます
まるで カサノバ♡


❁ 黒燕尾は飾りなし
黒燕尾群舞の後は、デュエットダンスでなく みりおくんが一人で踊るのですが
振りに今まで演じた役が織り込まれていると前情報がありましたね
もう、その前情報だけで泣けてしまいますよね
実際に拝見し、「あっ これ」 と最初に思った瞬間
もうそこで 目の前が涙で霞んで、、なんか記憶が曖昧なんですけど
分かります!この役だ!って
そして
黒燕尾姿の、マイティ(水美舞斗)、あきら(瀬戸かずや)、れいちゃん(柚香光) が
一人ずつ登場して、みりおくんと踊ります
マイティは『BEAUTIFUL GARDEN』の『マノレテ』
あきらは『ハンナのお花屋さん』の『Good Friends』
れいちゃんは『ポーの一族』のプロローグ
それぞれ、みりおくんと演じた印象的だったワンシーンを再現
最後の、れいちゃん はみりおくんが背中を優しく押して、、これからの花組を託します
。・゚・(*ノД`*)・゚・。


❁ エトワールはくみさん(芽吹幸奈)
『宝塚幻想曲』でもエトワールは くみさんでしたよね
くみさんがエトワールで本当に嬉しかった


❁ しろきみちゃん(城妃美伶) パレード一人降り
娘役さんではあまり見られませんよね
それほどの人材だったことの証ですね


❁ マイティも 一人降り
初の一人降りですね!おめでとうございます


観ているときには、もっと 色んなことを感じていたのですが
記憶って、、どこに行っちゃうんでしょうね


゚・*:.。❁


こうして 始まってしまった 花組公演 (;A;)
どうか、東京公演の千秋楽まで
みなさん、元気に舞台を務められますように、、








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚





 

【ハピリポ】初見はこうなる『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』初日

朝から頭が痛いですil||li(つ∀-;)il||li 

ムラへの観劇は、ほぼ車で出かけます
観劇する演目に合わせて、気分が上がる曲を聞きながら行くのですが
セレクトに失敗したかも、、
「これしかない!」 と『ハンナのお花屋さん』を聞いてしまい
『青薔薇』を拝見する前に既に涙ボロボロになり
観劇でボロボロ
帰宅して、どうしても『ハンナ…』が観たくなり、また ボロボロ
泣き続けた一日になりました
おかげで、頭痛が、、、


゚・*:.。❁


『青い薔薇の精』始まったばかりですから
ストーリーについては、あまり詳しくお伝えしない方がいいですね
おとぎ話のようで、少しミステリアな物語です

植田景子先生の作品は繊細で
小説を読んでいるような気持ちになります
核となる人物が多くなく
どちらかと言うと、小さめの劇場の空間で
その世界に浸りながら観たいような気がします
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』も、そんな作品かな、、と初見の感想です

宝塚大劇場という大きな空間で、この作品に込められた思いを汲み取るには

気を抜いてはいけません

物語の世界に集中しましょう
かと言って、気を張って!というのではなく
リラックスして、ピュアな心で、、
絵本のページをゆっくりとめくるように もしくは 絵本を優しく読んでもらっているような
そんな感じで世界観を感じるといいかな と思う作品でした

植田先生が、みりおくんの最後の公演にと
考えて考えて考えぬいた作品なのでしょうね
想いを込めた ということが、痛いほど伝わってきました
意地悪い意味でなく、、(ホントに)
人気のトップさんのサヨナラ公演って こういうものなのなんだろうな と思いました


゚・*:.。❁


なんとも、漠然とした感想で申し訳ないのですが
実のところ、花組公演の初見に関しては

ほぼ、みりおくんを観る

という作業に追われてしまい
作品の 善し悪しのようなことは、公正な判断をつけられるほど全体を観られないのが本音です

作品として 面白かったのか?と問われたら
今のところ、答えに窮しますが
『美しい明日海りお』と『その仲間たちが心を込めて創り上げた世界』を観るために、また行きたい
今は、そういう気持ちです

観劇回数を重ねると
見えてくることも ありそうです
、、、チケ難すぎて、そもそも 何回も観ること自体が最も難しいんですけど


゚・*:.。❁


ストーリーに触れないように
初日に感じたことを箇条書きにしてみよう

❁ あの青いお衣装は 制作発表の時よりは舞台が良いけど、やはり重い
白から青への過渡期のお衣装 (急に軽くなって♡) と
ラストの『白』が好き♡
特にラストの『白』は
ありがとうございます *・'(*゚▽゚*)'・*:となります!
そして、トート閣下を感じさせられました

❁ 妖精さん多め、常に団体行動
ブルケ(音くり寿) がキュート♡ 髪飾りが音符で可愛い
2回 エリュ(明日海りお) の腰に甘えるように抱きついて台詞を言う場面があります
そして エリュが優しく手をブルケに、、♡
2回とも、オペラロックに失敗
次は必ず 観るぞ!

❁ 白い薔薇の精(聖乃あすか)は、王子様

❁ オズワルド社長(瀬戸かずや) の場面がテンション上がる
声が大きい (好き♡)

❁ その秘書・ベン(綺城ひか理) カッコいい
あかちゃん、こういう役 めっちゃハマる

❁ 謎の貴婦人(乙羽映見) の女神感 強い

❁ 11歳のシャーロット(美羽愛) が可愛すぎる

❁ 泉まいらくんの髪型が『ポエッタ』すぎる

❁ DVに驚く

❁ ハーヴィー(柚香光) と妖精たちのやり取りで笑いが起こっていたが
みりおくんをロックオンしており、見逃す
(何があったの?)

❁ で、オズワルド社長(瀬戸) が儲かったのか気になる



なんと、明日 2回目の観劇です
また初日とは違った感動がありそうです


9A0B1440-8A3B-46DF-BF32-AD5435507214
薔薇、、、でかっΣ(゚ω゚ノ)ノ









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

BSプレミアムの花組『BEAUTIFUL GARDEN』ここ見てほしい

毎回、NHKさんBSプレミアムの放送が楽しみです
映像が美しく、アングルも良い♡
先日、花組『メサイア』と『BEAUTIFUL GARDEN』が放送されましたね

ちょうど1年前の夏
そうか、たった1年前なのですね
ずーっと昔のことのように感じます
満たされていた感覚が身体によみがえり
泣かなくてもよい場面でも、泣きながら観てしまいました

もうね、、ゆきちゃん(仙名彩世) の唄声で、、(T-T)
ゆきちゃん ありがとう♡って、またお礼を言いたくなる

みりおくん(明日海りお) を囲む
四天王のような布陣
あきら(瀬戸かずや)、ちなつ(鳳月杏)、マイティ(水美舞斗)、れいちゃん(柚香光)
安定の満足感
幸せだった夏を思い出しました

何度か劇場に通いましたが
自分の目線って、ほぼ 同じになっちゃうんですよね
次は違うとこを観よう!って思っても
やっぱり 観たいとこを観ちゃう

なので、映像で拝見すると
気づいてなかったことを発見したり
また違った楽しみがあります


BSプレミアム『BEAUTIFUL GARDEN』を観まして
新たに 気づいたポイント
プラス 劇場でも観ていたポイントを
ちょっとだけ 語らせてください♡


❁¨̮ りん(rin_n) のBGここ見てポイントー❁¨̮

①つかさ(飛龍つかさ)のドセン

しょっぱな、妖しい紫の蝶の花男
れいちゃんセンターで始まり
銀橋に出る前のポジション作りのため
つかさが 本舞台で一瞬センターポジションになるんです
「夜はこ~れからさ~...♪*゚」 の歌詞のとこです
この瞬間に、初日から毎回
「つかさドセン」って、心の中で呟きました
なぜか、私のツボ


②みりおくん一段飛ばし

プロローグ、各花たちが歌い継いだラストは みりゆきの『薔薇』
舞台中央の丸いセリの上で色っぽいデュエダン後
セリを降りる時です
みりおくんの〝階段の最後の1段飛ばし降り〟 が見られます
『Arnest in Love』のフィナーレなどでも見られます
めっちゃ好き♡


③あきら手羽根 

プロローグラストの総踊りに入る時
ゆきちゃんに手羽根を手渡す係は あきら なのです
上手から現れ、ゆきちゃんに渡し =͟͟͞͞( ˙-˙ )サッ と自分のポジションに付く あきら の
手羽根を キュッてこねってポーズを取るのが イケメンすぎる♡


④マノレテ登場の4人が、、

ここは見てほしいポイントとは ちょっと違うのだけど
ちなっちゃんが歌い、みりおくんが銀橋、本舞台にスパニッシュの じゅりあさん(花野じゅりあ) と あかりそ(白姫あかり) 
次の公演には、全員花組にはいないんだ、、と愕然とする


⑤ゆきちゃん扇子

マノレテとイチャイチャする前に
持っていた扇子を 胸にギュッて押し込む ゆきちゃんが男前かつセクシー

ここの カゲソロは、しろきみちゃん(城妃美伶) です
素敵な唄声♪ .*


⑥中詰め あきらの右後ろの おとくりちゃん(音くり寿)

あきらが夏を運んできて、銀橋中央で歌いアップになるところで
本舞台の おとくりちゃんが映り込みます
ハイビスカス柄のサマードレスが最高に似合ってるから、絶対 見て!


⑦みりたんのサングラス

これは、たまたま撮影日の出来事でしょうね
サンリオキャラクターの みりゆき登場し
みりおくん サングラスをカッコよく外す
それを カッコよく胸元に差すんだけど、、
この日、浮いちゃったんだね (・Д・Ⅲ)
みりたんの胸元で、ピョンと立ち上がっているサングラス
、、非常に気になる
やがて、後ろを向く振りのとこで、みりたんがチャと落ち着かせます
なんか とってもスッキリ感
落ちなくてよかったー
みりおくんも気になってたのね(*´ω`*)


⑧あきひとリフト

中詰め、マイティ(水美舞斗) の歌で総踊り
ここで、ペアになるのが あきらと ひっとん(舞空瞳)
白状すると、初日に このペア見つけてから
この場面は毎回欠かさず、ずーーーーっと あきひと を観ていました
だって、観ちゃうんだもん
なんか 年の差カップルのイケナイ恋を覗き見るイケナイ私♡って感じで
もう、最高なんですよね
BSさんは 引きのアングルが多く
あきひと 観れますよ!
リフトがね!リフトが高くて速いの
もう軽々♪ って感じで
ひっとん、空気みたいになってた.°ʚ(*´꒳`*)ɞ°.
下手(向かって左側) ですよ 乁( ˙ ω˙乁)

ちょっと、話が逸れますが
この場面、ガッツリ観るチャンスがあったのをご存知ですか?
『カフェブレイク』の あきら回で
この場面ほぼ全て あきらのスターアングルでフルに流してくれたんです♡
この お宝映像、みんなに見てほしい~


⑨ちなつにハートを送るべーちゃん

中詰め銀橋ポーズで終了すると
ちなっちゃんの『ジラ熱』タイムに突入します
銀橋から捌ける時に、べーちゃんが両手でハートを作って
お隣の ちなっちゃんに猛烈にハートを送っています♡
べーちゃん、可愛いすぎ(,,> <,,)♡


⑩あきべーのキス

グラディエーターの場面
みりおくん含め グラディエーター達の闘いを高みの見物している貴族たち
貫禄たっぷりの あきら が美女を侍らしております
(れい姫には とことん嫌われる あきら)

みりおくんが マイティにバキバキに殴られるのを
「きゃ野蛮だわ 怖い」と、べーちゃんが あきらの胸にしがみつくと
ここぞとばかりに べーちゃんに大人なキスをする あきら

あきらって、、一体 何者なの (〃ノωノ)


⑪ちなひと のスタイルの良さ

ガーシュウィンの場面
花男は黒燕尾、花娘は白のベストにロングスカート
このお衣装の花娘たちの可愛いこと!
ゆきちゃんの下手側で ひっとんは降りてきますよ
遠目でも、立ち姿の優美さが際立っています♡
降りてきて、ペアを組むのは ちなっちゃん
なんでしょ、この スタイル抜群ペアは!!

リフトあります、軽々持ち上げる ちなっちゃん
ひっとん空気になる.°ʚ(*´꒳`*)ɞ°.第二弾


⑫みりゆきの信頼関係

ペアで踊った後、男役だけのダンスになる時
シルクハットを ゆきちゃんに預ける みりおくん
うーん、預ける って言うか 投げる!
これが、時により
至近距離なのに 案外なスピードで、手裏剣のように飛んでくるんですね
みりおくん、ノッてるとスピードも増すようで
ゆきちゃんが ドッチボールを受ける小学生のような取り方でシルクハットをガツッと胸に納める光景が
うん、、好きでした♡
BSさんでも、結構な速さで投げてます


以上
「そうそう!」って思ってくださった方もいらっしゃるかしら?
見方が気持ち悪い (‐д`‐ll)~ って思った方がいらしたら、ホント ごめんなさい

もし『BEAUTIFUL GARDEN』BSプレミアム版を録画されていて
気が向いたらチェックしてみてくださいませ♡


あと、編集で嬉しかったのは
観劇では、どっちかしか観れない場面を一つの画面にしてくださった
マノレテの死 の場面の
マノレテ&牛さん(マイティ)
そして、デュエダンの始まりの銀橋の みりゆき♡

『花美男子』では
バックの映像を2画面で見せてくださいました

あと、パレードの幕が降りる時
普段の映像では、たいてい
2番手さん→トップ娘役→トップさん と順番にアップになるのだけど
BSさんでは
れいちゃん&ちなつ→ゆきちゃん&あきら→みりおくん と
2人をとらえてくださっていたのも嬉しかったです♡

NHKさんは、やっぱり
いい仕事をしてくださいます(∩´∀`∩)♡








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

礼真琴 と 柚香光 と 宝塚の未来

ずっと前から録画してあったのに、観ていなかった『かもめ』
次期星組トップの まこっちゃん(礼真琴) のバウ初主演作です
哀しく重いテーマであることは間違いなく
なかなか、観る気になれなくて、、、

現在、俄然 礼真琴さまに興味が湧いていますので
この なかなか観れなかった『かもめ』を 先日 観たのです

なんとも救いどころのない展開は
日本の純文学に雰囲気が似通っています
現実の虚しさ、主人公のただ一つの救いが『死』であったり、『死』が異常に美化されたり

自分では、ずっとハッピーエンドが好きなのだと思っていたのですが
観終わった後、知らず知らずに引きずって
あれこれと 思いを巡らせるのは
こんな、絶望的なラストの作品で
ハッピーでない結末の物語の方が、なんだかんだ言って好みなのかもしれない、、と
最近は思ったりしています

主人公を演じた まこっちゃん(礼真琴) は
当時 研6ながら、若き主人公を繊細に演じていて
絶望する ラストのダンスは流石でした

物悲しさのあるロシアが舞台、、
若き主人公、、
報われない初恋、、

デジャブのような感覚は
れいちゃん(柚香光) のバウ初主演作『ノクターン』ですね
『かもめ』と 同時期に上演され
どちらもロシア文学の傑作
年上のイケオジが恋のライバルだったり
共通点が やたらと多い

お二人のトップ就任決定を受けてか
スカイステージさんでは
この『かもめ』と『ノクターン』が同時期に放送されていました
若いからこそできる、青い香りの漂う作品
未来のトップスターの若かりし頃のひたむきさを堪能できる二作品です
オタ歴が浅いので
5年前に お二人が こんな比較しやすそうな作品を当てられていたことを、この度 知ったわけで
今更ながら、色々大変だったのだなと思った次第です

ちなみに、それぞれの演出は
『かもめ』小柳奈穂子先生
『ノクターン』原田諒先生

そして
これこそ、バウホール公演のあるべき姿なんじゃないかなとも思いました
バウホールは若きタカラジェンヌと演出家の研鑽の場であることが一番しっくりきます


95期生の 礼真琴さんと柚香光さん
タイプは全く違うけれど
常に競わされるように抜擢を受けてきたですね
今更なんですが、お二人の軌跡を見比べてみました


☆*。礼真琴

2009年  95期生として首席入団
2013年(研5) 『ロミオとジュリエット』新公初主演
2014年(研6)  『ナポレオン』新公主演
     〃            『かもめ』バウ初主演
     〃            『風と共に去りぬ』全ツヒロイン
2015年(研7) 『黒豹の如く』新公主演
2016年(研8) 『鈴蘭』バウ主演
2017年(研9) 『阿弖流為』東上初主演
2019年(研11) 『アルジェの男』全ツ初主演
     〃             『モーツァルト』星組トップスターに就任


❁*。柚香光

2009年  95期生として入団
2014年(研5)  『ラスト・タイクーン』新公主演
     〃   (研6)  『ノクターン』バウ初主演
     〃            『エリザベート』新公主演
2015年(研7) 『新源氏物語』新公主演
2017年(研9) 『はいからさんが通る』東上初主演
2018年(研10)『メランコリック・ジゴロ』全ツ初主演
2019年(研11) 『花より男子』東上主演
     〃             『タカラヅカ・スペシャル』花組トップスターに就任

見比べれは、見比べるほど
そっくりな道のりですね

まこっちゃんは首席入団で
早いうちから、既にレールが敷かれていたのかもしれませんが
れいちゃんは、花組配属当時は
どちらかと言えば マイティ(水美舞斗)の方が抜擢を受けて 注目されていた、、又は ニコイチであった感じですが
いつ頃からなのでしょうね、、
れいちゃんが完全な路線スターになったのは

こうして お二人の年表を拝見すると
令和 (おっと、これは 物凄い偶然の一致) の幕開けに
二人の REI が同時にトップスターとなることは
もう ずっと前から決められていたことのように感じますね

一度 劇団が決めた未来予想図は
ちょっとやそっとでは変更されないのだろう
一体、何年くらい先まで
宝塚の未来は決められているのでしょうね
その未来予想図の中に名前のない人は
どれだけ頑張ったら 名前を書き入れてもらえるのだろう

『初めが大事』という ことわざ が
そっくり当てはまる 宝塚の人事
『大器晩成型』にとっては、圧倒的に不利な世界のような気がします
けど
『予定は未定であって決定ではない』という言葉もありますからね


。・:+°


娘役については、これは完全には当てはまらない気がします
『初詣ポスター』という第一関門をくぐり抜けると
かなり可能性が高くなるのことはありそうですが
トップスターさんあっての宝塚
相性とタイミングが何より重要なポイントな気がします

『運も実力のうち』、、、?

できれば、本当の実力に目を向けてもらいたい











ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




大規模組替え後の 花組❁.*・゚

長く組を引っ張ってくれた みりおくん(明日海りお) の退団
新トップに れいちゃん(柚香光)、トップ娘役は 華優希ちゃん
実力のある花娘の相次ぐ退団、、

5組の中でも、一番 組内変化の大きな花組

クオリティが下がることへの懸念
マイティ(水美舞斗) が 2番手となるとすると
トップ3 が組替え経験のない生え抜きとなってしまい
マンネリに陥る可能性もはらんでおり
花組ファンは不安にかられていたところでしょう

そんな花組に救世主のように
雪組から、ひとこちゃん(永久輝せあ) と ひらめちゃん(朝月希和) が組替えでやってくることになりました


発表された『タカラヅカ・スペシャル』メンバー

瀬戸かずや
華雅りりか
水美舞斗
柚香光
優波慧
朝月希和《花⇒雪⇒花》
永久輝せあ《雪⇒花》
飛龍つかさ
帆純まひろ
音くり寿
聖乃あすか
華優希


花娘充実期に 雪組へと組替えになった ひらめちゃんを
この窮地に 呼び戻したカタチ
あっちこっちと気の毒ですが
ここに、ひらめちゃんがいなかったら、、花娘 ホントに、、((( ;゚Д゚)))

ひらめちゃん、おかえりなさい
雪組の舞台で、ひときわキュートでドレスの裾さばきが美しくダンスも上手くて
やはり 元花娘だわ❁¨̮ と いつも誇らしい気持ちで拝見していました
これからは
れいちゃんや マイティのダンスパートナーとして活躍してくれること間違いなし
これで『DANCE OLYMPIA』も救われる、、と 是非とも ダンスで活躍してほしいのですが
『マスカレード・ホテル』のヒロインとも考えられますね
『はいからさんが通る』では『吉次』でしょうか

私は、踊れる ひらめちゃんが 踊れるトップの れいちゃんの相手役になってくれたら、、と期待します
ひらめちゃんは 96期、現在 研10かな?
学年的に厳しいかもしれませんが
花組には ゆきちゃん(仙名彩世) の例もあり
可愛らしい ひらめちゃんなら、充分通用すると思うのですが、、ダメかな?
れいちゃんとは、新人公演で組んでいますし♡

漫画の舞台化だけでなく
ダンスの花組を取り戻しましょう(๑و•̀Δ•́)و
男役だけが踊れてもダメです、娘役にもカッコよく踊ってほしい!


ひとこちゃんの花組入りは
マイティを応援している方々にとって脅威ですよね
でも 私は
華優希ちゃんがトップ娘役である限り
れいマイコンビで推してくると思っていますし、そうであってほしいです
ヤンみき のような男役で観せられるコンビは花組らしいですよね
同期で共に花組配属、あまりに近くにいすぎて 少しマンネリ感も否めない2人に
ひとこちゃんの存在は刺激になるでしょうし
ひとこちゃんには、この2人から花男っぽさを盗んでほしいです
そんな期待いっぱいの ひとこちゃんが
『はいからさんが通る』で『蘭丸』だったら
ちょっと ガ━l||l(0Δ0)l||l━ン っ感じですよね、、

華優希ちゃんのトップ娘役は長くないと信じていますので
トップ娘役交代までは マイティ2番手、ひとこちゃん3番手
この体制の中で、マイティとひとこちゃんの状態がどうなっていくか、、

ひとこちゃんを、いずれは花組トップにと思っていることは確実だと思いますので
マイティを挟むのか、マイティ組替えかどうかは
れいちゃんのトップ在任期間と
マイティの今後の頑張りにかかっています

タカスペメンバーを見ても
ゆーなみくん以下の花男に、イマイチ パワーを感じません
ひとこちゃん が加わることによって
下級生花男も覚醒するかもしれません


急に層が薄くなった 花娘
おとくりちゃんは、れいちゃん マイティには似合わない気がするので
他組で活躍してほしいと思っていましたが
この状態では、花組から抜けることは許されそうにないですね
ひとこちゃんとの並びに注目したいです


花組からタカスペにコーラスが選ばれています

朝葉ことの (娘)
詩希すみれ (娘)
天城れいん
珀斗星来
星空美咲 (娘)
湖華詩 (娘)

そうこうしているうちに、若き花娘が花を咲かせてしまうかもしれませんね


個人的に、あきら(瀬戸かずや) の専科異動を希望していますが
このメンバーを見ると、それも難しいかな








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚