宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

早乙女わかば

【ハピリポ】上田久美子先生の新しいメッセージの伝え方『BADDY』

演出家の上田久美子先生が手掛ける初のショー 
演目発表の瞬間から大注目され
かなり高いハードルを置かれてしまってような感じの『BADDY』 

天才・上田久美子にはプレッシャーはないのだろうか

やはり凡人ではないんだなぁ
ウエクミ先生は守りには入らず 責めてきましたよね


ウエクミ先生は〝あて書き〟が得意
どこからどう見ても善人な トップスターの りょうちゃん(珠城りょう) だからこそ
やりたい放題の悪の根源(大して悪いことしてないけど)『バッディ』が愛されるキャラクターになることを分かっていたのでしょうね
現在の相手役が、ダブル主演のような演出をしても嫌味がなく
それに見合う実力とキュートさを兼ね備えた ちゃぴ(愛希れいか) であることも
全て計算の上だったのだと思います
2番手の みやちゃん(美弥るりか) は
お芝居『カンパニー』の高野遥と若干キャラ被りだったのは惜しいところだったけど
みやちゃん だからこそ!の役どころでしたよね

骨太トップ、究極に可愛いトップ娘役、美しくフェアリーな2番手
このバランスを見事に活かしていますよね
次回の月組は『エリザベート』
この作品では役の個性に演者が合わせることになると思うので
このトップ3 の良さを活かす最後の演目として
『BADDY』は、とても良かったと思いました

生真面目な れいこちゃん(月城かなと)演じる、生真面目なポッキーが悪の道に堕ちてゆく様は面白く
「退屈なんだ」を連発する王子の ありちゃん(暁千星)は、許せないくらいの可愛さ
他のキャラクターも 芝居の月組 を感じさせる違和感のない役作りでした

この作品で退団する わかばちゃん(早乙女わかば)は
この学年で王女さま?と思わなくもなかったですが
タカラジェンヌとしての わかばちゃんのイメージは〝お姫さま〟だったと思いますし
同じく退団する、としちゃん(宇月颯)には カッコイイ男役のカッコイイ仕草を これでもか とさせてくれています
この二人に、不良に恋しちゃう姫 みたいにラブストーリーをのせているのも
ウエクミ先生の愛を感じました


この作品、ハチャメチャなようで
どこか 気持ち良く、納得させられるのは
人間の本質をついているからだと思うのです

人は誰でも平和を求めるけれど
人の一生がずっと平穏な日ばかりだとしたら、、、考えると少しゾッとします
人は刺激を求め、時にハメを外したくなり、悪いことを魅力的に感じたりする生き物なのです

決して不幸になりたいわけじゃないけど
当たり前に平和な毎日が延々とやってきたとしたら
ありちゃん王子の「僕は退屈なんだ~」が 人間の本来の感情

ちょっとしたアクシデントやアンハッピーな出来事は
人生のスパイスとなり
その小さな不幸のおかげで
ごく普通の日々がいかに幸せなのかを知ることができることもある

このショーを、そんなふうに受け止めました


正義の味方グッディがバッディに惹かれてしまうのも
ある意味とても理解できます

そして、平和な生活を取り戻したタカラヅカシティの住人は
何年かすると、またバッデイの登場を望むことでしょうね



「天国なんて婆さんの行くところ!」
初め耳にした時には、ちょっとドキッとするような歌詞でしたが
この言葉の中に隠されているものを
観劇後から ずっと考えていました

生きることに前向きでいる人は
90歳だろうが100歳だろうが 爺さんでも婆さんでもないんだと思います
逆に、10代でも20代でも
人生に希望を見出すことをやめてしまった人は 爺さん・婆さんなのかもしれない

人生は
時に良い子であったり、悪い子であったり
いいことがあったり、悲しいことがあったり
そんなこと当たり前なんだよ
もし、今は本当に辛くても
生きることは希望であることを忘れないで

そんな、メッセージが隠されているように思えてきたんです
かなり拡大解釈かもしれませんが、、、


宝塚のショーには
メッセージ性の強い演出の場面がよくあって
それは、美しい言葉や胸を打つ歌詞で表現されることが多いですよね
ウエクミ先生は、それを あえて
反抗的で、ひねくれた歌詞の中に潜ませたように思うのです
とても、ウエクミ先生らしい気がします

実に新しい!

『BADDY』は ストーリー仕立てのショーだから新しいのではなく
メッセージの伝え方が新しいのだと思ったのです


人それぞれ、抱えているストレスや悩みは違うけれど
『BADDY』を観て
そうなんだ、生きてるうちが花であり
明石家さんまさんの名言、、生きてるだけで丸儲けなのだ
修行僧のようには生きられない悟りの境地に達することのできない大多数の人間は人生を楽しめばいいんだ
生きる勇気、生きる希望が胸の奥底に湧いてくるような感覚を覚えたのは
私だけではないような気がします


受け止め方は千差万別
このショーから、何のメッセージも受け取れない方もいらっしゃるでしょうし
私とは全く別のメッセージを受け取った方もいらっしゃるでしょう

ストレートでない ちょっと 回りくどい表現が
観る人の心に、それぞれ違った〝何か〟を語りかけてくる作品だと思いました


ウエクミ先生は深い
他の誰とも違うアプローチの仕方で
宝塚らしくなく宝塚らしい新ジャンルを作ったのではないでしょうか








ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

つながれぇーたからじぇんぬぅ~ について

タカラヅカニュースを毎日録画していますが
我が家のデッキは、たぶん年代物なんですよね(機械に非常に弱い) 
他にも色んな番組を予約しちゃうので
何らかのキャパが一杯になってしまって
ちゃんと録画されていなかったことがあったんです

それ以来
どうしても見たい番組が録画されなかったら、、と怖くて
できるだけ、録画映像を整理しようと心がけています

タカラヅカニュースは繰り返しの映像も多いし
45分と けっこう長い
機械音痴な私ですが〝番組編集〟→〝部分消去〟という技を身につけました <(*¯꒳¯*)>

タカラヅカニュースは、どんどん溜まってしまうので
基本、見たら すぐ編集!を日課にしたい、、、のですが
なかなか ( ・∇・)
すぐに何日も溜まっちゃう 
すると、アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ と夜中に編集作業(そんなカッコイイもんじゃないけど)をすることになります


1月最終週の〝編集〟を まとめてした時
ダブってる映像、花組以外のコマーシャル的な映像とか
バシバシ消去していきました

この週は遠征や、仕事も忙しかったり、旦那の飲み会がなかったり、、で
ほとんどタカニュー見てれなかったんですよね

やっと金曜日まで来て
私は青ざめました〣( ºΔº )〣

『スカステしりとり』
そう、ローカルチックな このコーナー
タカラジェンヌが、良くスカステで登場するスケッチブックみたいなのに手書きする文字を
毎週毎週、タカラジェンヌが〝しりとり〟で繋げていくのです

、、これ、トップさん出るんだ(´º∀º`)

月曜日に、書いた文字が何だっかを二択クイズとして出題され
クイズに応募、正解者から抽選でポラロイド写真が当たります
あまり応募とかに参加しないタイプだし
ま、基本的に このコーナーにそこまでアンテナ張ってません|ω・)

金曜日は答え合わせ

早乙女わかば「さあ、どんな文字を書いたのでしょうか」
画面にマジックで『ルドルフ✧』と書く手元が映ります

「えっ( ゚д゚) この文字、、まさか:(´◦ω◦`):」

出できたのは みりおくん!

「えっΣ(゚Д゚ノ)ノ ウソ~」

A ルドルフ
B ルキーニ

どうやら『ロベスピエール』からの『ル』だったので
役名繋がりで『ルドルフ』にしたそうだ
『ルキーニ』とかもあったけど『ルドルフ』にした

ふと、思いましたが
しりとり でセレクトした文字についての情報を
テレビを食い入るように見てるって、、シュールだな

私がなぜ青ざめたか…
そうです、月曜日の出題シーンを〝消去〟してしまっていたからです (´∩ω∩`)
あー見れないと思うと、更に後悔の念が募ります

辛い、、(;_;) と思いながら このコーナーを見ておりました

このコーナーの合言葉は『つながれ タカラジェンヌ』
シメの一言は コレ です

文面では分かっていただけないかと思いますが
言い方として

「つながれ!タカラジェンヌ ヽ(•̀ω•́ )ゝ」

って 感じなんですよ、みなさん
なのに、王子ったら

非常に たどたどしい日本語で
お口をいっぱい動かして

「つながれぇー」

なに、なに、なんなの この可愛さ
そしたら 次の瞬間

「たからじぇんぬぅ~」

え、え、え、なまった??
今、ちょっと なまったよね??

可愛い!可愛すぎる +♡:.(っ>ω<c).:♡+

その後、この短いコーナーを
何度もリピリピしてしまいました(つω`*)

ちなみに翌週『ルドルフ』を『ファミリー』と繋げてくれたのは
月組の としちゃん(宇月颯) でした♡
なんか、嬉しかった
そして私は
急に『スカステしりとり』に熱くなってる 変な人になっていました


それにしても、、
舞台上で 青い瞳で漫画みたいに美しくて
ダンスで色気たっぷりのイケメンだった お方と
同一人物とは思えない〝ゆるふあ〟っぷりだわ

このギャップ、たまりませんね♡

どんなに花男を極めていっても
こんな〝ゆるふあ〟な部分も変わらず持ち続けてる みりおくん
とってもミステリアスな生態から
やっぱり、これからも目が離せません







ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




『カンパニー』原作を読む~月組にぴったり!

次回の大劇場月組公演『カンパニー』
そこまで 読書好きではないので、買ってまでは、、と思っておりましたが
ヅカ友 Yりんが原作本を貸してくれたので読んでみることにしました
 
なかなか 面白い (*'∀')b 

一気に読み進めてしまいました

主役の青柳誠二(珠城りょう) は
原作では妻に三行半を突きつけられているのですが
宝塚版では、妻に先立たれた、、と
設定が綺麗になっているのですね

原作では、専業主婦である奥さんの
決定的な理由がないけど離婚したい、、という苦悩
特に、自分の主張で駅から近いマンションを買ってしまったことに対する自責の念 みたいなものが
なんだか、とても良く分かる気がして
凄く不幸せではない生活の中で、小さな不満に支配されていくって
実は誰でも紙一重なんじゃないかな、、と考えさせられました

宝塚版では、こういう部分についてはカット!
ま、そうですね
その側面まで入れようとすると90分では無理でしょうし、ちょっと宝塚っぽくない
青柳と高崎美波(愛希れいか) とのラブストーリーとなるように
美しく仕上げられてくるのでしょうね

39E570AD-7BC6-4354-B268-15F94BCAF270


既に配役が発表になっていたので
月組生のみなさんのお顔をあてはめながら読んでいったのですが
これは、みなさん ハマりそうです (・∀・)

りょうちゃん(珠城) の
真面目なサラリーマン姿には違和感なし
ちゃぴ は
またまたまた、、のバレリーナ
上の写真のように、踊っていない時は普通の女の子な 可愛いちゃぴ が見られそうです♡
みやちゃん(美弥るりか) も
美貌と色気の超人気バレエダンサーには説得力がありますよね

退団が決まっている
わかばちゃん(早乙女わかば) は
社長令嬢でバレリーナ
としちゃん(宇月颯) は
EXILE的なグループ『バーバリアン』のリーダー
どちらも、重要な登場人物で
しかも イメージも良く合っていると思います

私のイメージでは
れいこちゃん(月城かなと) と ありちゃん(暁千星) の役が反対なんですけど
番手から考えると仕方ないかな、、、
どちらもダンサーですが
れいこちゃんは、ダンスが得意なバーバリアンの2軍の若手
ありちゃんは、実力のある若手バレエダンサー役です

みやちゃんのトレーナー・瀬川由衣には くらげちゃん(海乃美月) 
原作のボリュームならば、美味しい役ですね
小説は彼女の視点から書かれている部分が多いです

青柳の上司、少し気取り屋な脇坂 には 光月るう
熱血トレーナー山田 には まゆぽん(輝月ゆうま)
バレエ団の主宰 敷島瑞穂 には 京三紗(専科)
今どきなマラソンランナー まいまい には 美園さくら
この辺りは、めちゃくちゃバッチリとハマります

すーさん(憧花ゆりの) の田中乃亜は
もう少し若いイメージでしたが
すーさん に寄せてきてくれたら全然大丈夫でしょう

EXILEっぽいグループ『バーバリアン』には
貴澄隼人、夢奈瑠音、蓮つかさ、輝生かなで、英なおと
が配役に入っていましたが
他にも下級生のイケメンが何人か〝バーバリアン入り〟しそうですよね


月組メンバーにぴったり過ぎて
まるで あてがき のような印象さえ受けました
今の月組に、こんなに合った小説を見つけてくるのは流石ですよね

原作から そのまま使ってほしい
胸を打つ台詞もたくさんありました



次回の月組公演は
上田久美子先生の手がけるショー『BADDY』にばかり注目していましたが
いやいや、お芝居も楽しみになってきましたよ








ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

カンパニー
伊吹 有喜
新潮社
2017-05-22



月組退団者発表の辛さに救いを見出すとしたら

月組『カンパニー』での退団者の発表
人数の多さと、そのメンバーに衝撃が走りましたね

宝塚は常に変化し続けるもの、、と分かっていても
退団の発表は辛くて、切ない気持ちになります

綾月せり
宇月颯
貴澄隼人
早乙女わかば
優ひかる
早桃さつき

この6名のタカラジェンヌのサヨナラ公演となるのが
『カンパニー』『BADDY』

『カンパニー』は原作小説のある演目
まだ原作を読んでいませんので
退団者の役どころが分からないのですが
原作とは設定を変えてくるにしても
そこまで大きく、しかも 主演以外の出演者に
花向けとなるような場面を設定するのは難しいかな、、と思います


併演のショー『BADDY』
こちらは、上田久美子先生が初めて演出するショーです

うえくみ先生と言えば
『金色の砂漠』で退団した
花乃まりあさんに『タルハーミネ』という
花乃さんにしか出来ない役を
そして
記憶に新しい『神々の土地』では
トップスター・まあさま(朝夏まなと)、ゆうりちゃん(伶美うらら) の退団に
これ以上ないほどの あて書き をしてくださいましたよね

特に
花組トップ娘役になったものの
期生が若かったにもかかわらず
短期の就任期間となった 花乃まりあさん
類まれなる美貌でありながら
トップ娘役就任が叶わなかった ゆうりちゃん
不遇とも思える この2人の娘役スターに
宝塚人生最後に〝この人の役!〟と思える
観た人の記憶に深く刻まれるようなキャラクターをあてて
その花道を飾ってくださいました


『BADDY』はショー作品ですが
ストーリー性の高い内容のようですし
何より、うえくみ先生がゼロから創るのです

きっと、退団者のみなさんに
素晴らしい場面や役柄を用意してくださるに違いありません

6名もの退団者を送り出す公演は
それは、大変な重責となるでしょうが
うえくみ先生なら、必ず 何か考えていらっしゃいますよね!

退団者のみなさんも、ファンのみなさんも

「退団公演が、上田久美子先生の作品で本当に良かった!」

そう思える舞台になるのではないでしょうか










 

ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

カンパニー
伊吹 有喜
新潮社
2017-05-22

 

としちゃん、わかばちゃん、、悲しいですね~月組『カンパニー』退団者発表

本日は月組『カンパニー』集合日
配役と退団者の発表がありました


『カンパニー』退団者

綾月せり
宇月颯
貴澄隼人
早乙女わかば
優ひかる
早桃さつき

本日(12月25日付) 退団

蒼瀬侑季


891D9C7E-5A2A-4461-8128-9C0BDC1FDE83

としちゃん、、
先日のミュージックパフォーマンス
そういうことだったのですね (;ω;)
月組では重要な 渋い男役さんになってきたな
って 思っていたのに、、、

わかばちゃん、、
星組時代から、トップ娘役にとても近いところにいた娘役さんでしたよね
色々なタイミングで就任は叶わず
同期トップ りょうちゃん率いる月組での卒業になります
そして
トップ娘役 ちゃぴの同期も2名(優、早桃) 卒業

綾月せりさんの退団に伴い
次期副組長(5月7日付)は るうさん(光月るう) 


月組は 94期生の りょうちゃんがトップですからね
上級生は、より考えさせられるのかもしれませんね

本日付の 蒼瀬くん以外は
6人全員が95期生以上と、若い期生の退団者がいないのも
ちょっと珍しいように感じますね







 
ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚