明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

新菜かほ

とうとう 今日、夏が終わる~花組東京千秋楽

今年の夏はとても暑かったですね
けれど、そんな猛暑も
花組『BEAUTIFUL GARDEN』の中詰め 
白を纏った王子とアロハの花男たちが爽やかな夏に変えてくれました

季節が巡り
台風がこれでもかとやって来て
そして、すっかりと秋の気配です
巡る季節のように
ずっと続いてほしいと思う花組の素晴らしい公演も終わりを告げ
ずっと宝塚にいてほしいと思う花組の宝物の
たそ(天真みちる)、新菜かほちゃん、桜舞しおんくん とも本当に の別れの時が来てしまいましたね


私にとっては約2ヶ月ぶりの
『MESSIAH』と『BEAUTIFUL GARDEN』
なんと最前列なので、前の方に迷惑をかける心配がないので
もし、涙が出てきても 思いっきり泣いてOKかな、、
お隣の方には、ごめんなさい ですけど


それでは、ライブビューイングに行ってまいります!

4F45D2DC-1DCB-4161-BC3F-63FBD6C66B79
画像゚+http://instagram.com/kotomirio_


四郎さまのお姿を心に焼き付けよう(ノ`•ω•)و

、、あ、夜叉王も、、チャラい前髪のみりおくんも、マノレテも、、

ちょっとドキドキしてきました♡








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




花組大劇場千秋楽映像、感動しました

先日の『MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN』千秋楽では

天真みちるさん、新菜かほさん、桜舞しおんさん

花組から、この3名の退団者が宝塚大劇場を卒業されました
まだ東京公演がこれから とは言え
やはり 本拠地での卒業は特別ですよね
この場所に憧れて、この世界を目指したのでしょうから

それぞれ、92期生、94期生、96期生とベテランジェンヌさん
ご挨拶には、重みがありましたね
特に、たそ と かほちゃん は 華々しいお役 とは縁遠い存在であったように思います
舞台はメインキャストだけでは成り立つものではありません
どんな役のジェンヌさんも宝塚への愛は変わらないことが 夢の舞台を作っているのだと
みりおくんも仰っていた『縁の下の力持ち』のジェンヌさんたちの卒業に改めて実感いたしました

35AEC66E-192A-4B92-98AA-78254143C6DB


千秋楽の舞台をご覧になった ヅカ友さんから
その日の夜に終演後の様子を、、、
とりわけ タカニューさんでは流れないであろう部分の様子を教えていただきました
幸せの おすそ分け 本当にありがたいです(*>ω<*)♡

さおた組長の 退団者紹介のこと
たそ(天真) の紹介は笑いに包まれていたようですね
たそ自身は そこにいないのに 笑い が、、たそってホントに凄いな(*´∀`*)

おばあちゃんに 「みちるはここに入ったら?」 と言われ
おばあちゃんの許しがあれば入れると思っていた、、とか
その おばあちゃん の期待に応えたい!と頑張り合格
けど、明確なビジョンがなかったので同期に置いていかれた、、とか
研3の時、ロケットで50回くらいウィンクを繰り出したら
「あんた オモロイな〜」と 道でお客様に言ってもらい
見ていてくれる人がいるんだ!と自分の存在を認めてもらえたような気がした、、とか
きっと、そんな気持ちが ずっと たそを支えてくれていたのだろうな

笑えるのに泣ける、、って
どういうことでしょうね ヽ(;▽;)ノ

天真みちるという新ジャンルを作ったのは
間違いなく たそ自身です
おばあちゃんの期待に応えたい と入団し
おばあちゃんのために、、が
同期のため、花組のため、ファンため、、と どんどん 頑張る対象が増えていったのでしょうね

抜群のサービス精神で
宝塚に新ジャンルまで作ってしまった
唯一無二に存在だった たそ
みりおくんからの 「花組に来てから ずっと、、そして、これからも彼女から学んでいきたい」 って言葉も
本当に素敵でしたね


たそ が おばあちゃんのため、、とは言え
意外にもガッツで合格を勝ち得たことも驚きでしたが
もっともっと ガッツ だったのが 新菜かほちゃん でした
外見からは想像もつかない アツいご挨拶 
飾らない言葉での〝宝塚への愛〟に感動しました
「もう二度と宝塚は観るまい」
宝塚受験に失敗した時の決意から 挨拶は始まりました
受験に失敗する度に、家具を投げ、楽譜を引きちぎり、壁に穴を開け、、少し誇張して仰っているとは思いますが
彼女の宝塚に対する気持ちの深さに胸をえぐられるような気がしました
4度目で見事合格
苦しんだからこそ、夢にまでみた世界で長く頑張ってこられたのだと
とっても、心に残る ご挨拶でした

それが、みりおくんからの 「縁の下の力持ちの花娘」 という言葉に繋がっているのですね

こんな素晴らしいお話を聞くと
もう一度、舞台での かほちゃんの姿をしっかりと観たいという思いにかられます

D9D51989-AA17-4EA6-A59E-635E0E6CDFD0


桜舞しおんくん
カーテンコールで
「花組のみなさんが大好きです、明日海さんがもっと大好きです!」
この言葉に、とにかく私は感動しました
卒業される方で、こうした トップさんが好き という言葉を口にされる方は多いですが
純粋に、宝塚らしい この台詞が 私は大好きなのです

一人ひとり、宝塚に入ったからには夢や希望がありますよね
たくさんの鍛錬を経て 舞台人となり
厳しい現実に向き合いながら
トップさん中心である宝塚の舞台のために生きる姿
綺麗事かもしれないけど、宝塚は こんな綺麗事が本当に起こっている世界だと信じています
桜舞しおんくん が この言葉を発した時の お顔からは
本心から、そう思っていることが伝わってきました

新菜かほちゃんの
「生まれ変わっても、明日海りおさん率いる花組に入りたい!」 と言う言葉も然りです

笑顔が、とっても素敵でした

7D4BDF82-AB8A-4C3F-91C8-AB1457BD568C


花組千秋楽では
上辺だけでない、タカラジェンヌも人間なんだ!みたいな
生きた言葉がたくさん聞けたのですね
いつもと、ちょっと違うけど
とってもとっても素敵な千秋楽だったのだな と思います


.*・゚ .゚・*.


たそ の退団ブーケがとても素敵でしたね
タンバリンジェンヌらしく、タンバリンがベースになっていて

D62BA6AD-E2D8-4C34-ACD0-8396C57CD084

それに、同期からのお花を、、こうね、、

F5E2EDB7-2A47-40A1-93D4-BD26958D9C4C

すると、1番上のの写真のブーケが出来上がるんですよ!
すっごい、素敵♡♡♡

花組の千秋楽では
同期がみんな集まってくることは、あまりないですよね
たそ へのお花渡しには
92期の ちなっちゃん(鳳月杏)、鞠花ゆめちゃん が2人とも出てきてくれて
なんだか、嬉しかったです


.*・゚ .゚・*.


大劇場を卒業された 3名のタカラジェンヌさんに
心からの拍手を送りたいです
ありがとうございました (´。•ㅅ•。`)♡












ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

たそ(天真みちる)が辞めちゃう (T_T) 花組の宴会女王が、、

え、ウソでしょ

たそ(天真みちる) が退団!

花組から たそ がいなくなるなんて
そんなの ダメだよ(´;ω;`)

きっと 組一番のムードメーカーで
唯一無二の存在だったと思います 

038202F3-4776-4B4D-9E50-0BC402060187

2015年の花組本
『何でも NO.1』という企画で
文句なしに『宴会女王 NO.1』に輝いていた たそ

この本で たそ は『デジタル通 NO.1』にも選ばれていたんですよ
W受賞したのは
みりおくん の『おしゃれ NO.1』と『涙もろい NO.1』と2人だけ
みりおくんは、、まあね、、トップさんだから、、
その トップさんに並ぶ二冠って
たそ がいかに多彩な人物であるか ってことですよね

あ、、、これ、改めて拝見しますと
当時の宴会女王トップ3 、、
2位の梅咲衣舞さん、3位の夕霧らいさん、、
そして 今回の たそ で全員が卒業となるのですね、
さみしいですね、、時代の移り変わりです

熱い芝居心、細かい心理描写で舞台を締める存在でもありました

本当に残念な気持ちでいっぱいです(T_T)


もう お二人、退団発表が、、、

94期 新菜かほちゃん
ゆきちゃん(仙名彩世)は、『ポーの一族』の紗愛せいらちゃん と二公演続けて
同期の娘役さんを送ることになるのですね

96期 桜舞しおんくん
しおんくんと言えば、このお写真

5FC75B08-B976-4EE1-A89F-643E77D27372

同じ組本に掲載された
『わたしのとっておき メールで紹介しまーす!!』コーナー

みりおくんとの密着度、、、
なんて羨ましいんだ!と思ったのと同時に
可愛い人だな♡と、この写真で しおんくんのお顔をバッチリと覚えたのでした

舞台上でも、美しい顔立ちに
つい 目がいきました
先日の博多座公演では九州出身者の場面でコミカルな表情を観せてくれていたのを思い出します


とっても さみしいですが
卒業を発表された みなさんの
宝塚での最後の舞台を、しっかりと胸に刻ませていただきたいと思います









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚