小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

小柳奈穂子

あーさ(朝美絢)の どすこいポーズが好きすぎる件~雪組全国ツアー

日進、豊田、三重と雪組全国ツアーを連日追いかけ
日進で 嬉しい拷問 を受け、若干呼吸困難に陥りましたので
次の日の豊田公演は、普通くらいのお席にホッする という不思議な体験をしました

『はばたけ黄金の翼よ』は
思っていた以上に だいもん(望海風斗) にピッタリで
きいちゃん(真彩希帆) との歌うまコンビが
本当に作品をしっかりと観せてくださって、耳も喜びまくっておりました
そして、煌びやかなお衣装と美しい出演者のみなさまに 目も喜びまくる
良い意味で “宝塚らしい”  
初演の細かな部分は覚えていませんが
演出の小柳奈穂子先生が、見事に だいもん率いる雪組にあてて
令和にこの作品を蘇らしてくださったのだと 感心いたします
とっても、とっても良い公演ですよね♡


個人的に大注目の あーさ(朝美絢) のファルコさま
やたらカッコいいのは言わずもがな なのですが
出てきたのに、喋らず帰る 
やっと出てきたのに、ちょっと喋って帰る
こんな、チラリズムのような見せ方するかと思えば
『ヴィットリオソング』では、激しく歌い上げて ガンガンくるし
(※ 特に三重では、あーさのエコーが効きすぎじゃない?って思ったくらいの声量で会場に響き渡っていました)
ロザリオをジャンヌに渡して 「忘れてくれ」って
そりゃないよーそのロザリオのせいで ジャンヌは一生 忘れられないじゃん!
罪な男 ファルコさま ( ˶˙ - ˙˵ )

こんなお芝居の あーさ に惚れるのですが
その後のショーでは
お芝居での しかめっ面から解放され
表情が一気に豊かになる あーさ に惚れます

宝塚って、やっぱり 芝居とショーの2本立てがいいな

その中でも、私が
いちいち ( *´꒳`*)キュン♥ となっているのが
あーさ の どすこいポーズ

今回のショー、どすこいポーズ多いですよね?
スペイン兵のとこや、黒燕尾とか
このポーズになる あーさ が、カッコいいのなんの、、
そん時の、ちょっと上目遣いの目力や だいもんを見る瞳のキラキラ加減が
、、、もう、スキ♡(´。•ㅅ•。`)

どすこいポーズって言っていいのかしら
足を大きく開いて ガッて屈む振りです
いわゆる 股割り ですね
タカラジェンヌさんに どすこいポーズって言い方どうなの?と思って
良い表現を模索していましたら
タカラヅカニュースの『全国ツアーだより』の はみだしショットの中に
素晴らしい一枚が!

4140215F-394A-4C4A-8936-2B25E207AEB7
TAKARAZUKA SKY STAGE

見事だわ .。゚+.(・∀・)゚+.゚
股関節 柔らかいんだなぁ
こんな完璧な どすこいポーズを見せられてしまったら
もう、舞台上も どすこいポーズと呼んでいいかな、と思ってしまいました


全国ツアーも終盤になりました
梅田の千秋楽まで、元気いっぱい駆け抜けてほしいです!

私の観劇は、残すとこ 一公演
さみしいよー(((((*ノДノ)







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



もうすぐ 雪組全ツグループが私の近くにやって来る

台風の到来で初日が中止となった雪組全国ツアー 
ついこの間、始まったばかりだと思っていたのに
もう日程の半分くらいまで来てしまっているのですね

いよいよ今週末から、私も参戦態勢バッチリでございます!

静岡、愛知の二箇所と三重、彦根はお休みして、、岐阜 と
怒涛の地元観劇を
今か今かと楽しみにしています(ง•ω•)ว♪

ニュースでの初日映像と、みなさまの感想をチラ見させていただき
だいもん(望海風斗) が ノリノリであることが伝わってきて
盛り上がっているな~と ワクワク(((o( ˙꒳​˙ )o)))
、、、なんですが
どうやら、全ツメンバーには愛知県出身者はいらっしゃらないようで
少し さみしい
ご当地ジェンヌさんが いらっしゃらなくても
どうか、我が愛知県でも ノリノリでお願いします♡


お芝居の『はばたけ黄金の翼よ』は
かなり以前の作品の再演
100年の歴史から見れば、そんなに、、なんですが
時代は令和に突入し
やっぱり、クラシック宝塚 というイメージですね
今年は特に『温故知新』が劇団のテーマにもなっているようですので
こんな 古い作品を上演するのも、良いのかな~と思っています

演出の小柳奈穂子先生が仰っていたように
動きが少なく、台詞まわしや間もゆったりしている分
〝存在で魅せる〟とか〝背中で魅せる〟とかが重要になりますもんね
ジェンヌさんの技術面が向上し
お芝居でもショーさながらに激しいダンスシーンが入っていたり
ショーでは 詰め込みすぎなのでは、、と思ったりすることもある 昨今
地に足をつけて、どっしりと演じることにも 楽しさがあることを
出演者も観客も感じることのできる公演になっているといいな と思います

ビジュアルについても
当時のままではありませんが、現代的ではなさそうにお見受けしました
古臭い と感じてしまう方もいるのかもしれませんが
若い出演者のみなさんが、重そうなコテコテしたお衣装を纏い
ヘアスタイルも、それに合わせて工夫してきたことが、愛おしいとさえ思えます

タカラジェンヌも役者さんなのですから
自分が一番カッコよく見える得意なビジュアル(髪型とか)ばかりをしていたのでは面白くありませんもんね
そういう意味では
普段はあまり取り入れない、大大大先輩方のビジュアルから刺激をもらうのも良いのかもしれません
その中で、自分なりの見せ方やカッコ良さを入れながら
その役になりきってほしいですよね

『故きを温ねて新しきを知る』

今年に限らず
そうやって 紡いできた歴史です
古いままでもダメだけど、何もかも新しくなくていい
なかなか大変な要求なのかもしれませんね


。°.。❅°.。゜.❆。・。❅。


と、まあ
もう ご覧になった方からすると
観てもいないのに、よく言うわ、、と思われてしまいそうですが
いよいよ今週末、私も劇場で体感します!
また、その時には 新しい感情に出会えることでしょう









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



雪組全国ツアー『はばたけ黄金の翼よ』配役発表

私も心待ちにしております、雪組全国ツアー
お芝居『はばたけ黄金の翼よ』 の配役が発表されました!

麻実れいさん主演の初演を観ているのですが
なんせ、かなり昔のことで、、
細かいところまでは覚えていないんですけど


さて、今回の配役を見てみましょう

ヴィットリオ・アラドーロ ✩ 望海風斗
イル・ラーゴの領主
敵国の隣国ヴォルツァーノの領主カンポ公を倒す (スポンサー的にいいのか心配になる)

クラリーチェ・デル・カンポ ✩ 真彩希帆
和平のために、イル・ラーゴからヴィットリオの元に嫁がされる

ファルコ・ルッカ ✩ 朝美絢
ヴィットリオの影とも言われる腹心
ヴィットリオがクラリーチェへの愛情で変わっていくことを心よく思っていない

ジュリオ・デル・カンポ ✩ 永久輝せあ
父の死により、ヴォルツァーノの領主となる
クラリーチェの腹違いの兄

グリエルモ伯爵 ✩ 久城あす
ヴォルツァーノの宰相、悪役

ロレンツォ ✩ 綾凰華
ファルコの部下

ロドミア・ルッカ ✩ 朝月希和
ファルコの妹、ヴィットリオに想いを寄せている

ビアンカ ✩ 彩みちる
ジュリオの許嫁

ジャンヌ ✩ 星南のぞみ
ロレンツォの妹、ファルコに想いを寄せている


ふんふん、初演では
2番手の 平みちさんが ファルコ
3番手の 杜けあきさんが ジュリオ
杜けあきが好みのスターさんということもあり
なんとなく、ジュリオがカッコよかった印象なんですよね、、
そして、ロドミアが なかなか美味しい役だったような、、


その他の配役は

教皇 ✩ 奏乃はると
シントラ ✩ 舞咲りん
霧 ✩ 沙月愛奈
パオロ ✩ 透真かずき
霧 ✩ 笙乃茅桜
サンドラ(クラリーチェの乳母) ✩ 杏野このみ
ミゲル ✩ 桜路薫
修道院長 ✩ 白峰ゆり
チェザール ✩ 橘幸
霧 ✩ 華蓮エミリ
霧 ✩ 沙羅アンナ
酒場の主人 ✩ 叶ゆうり
ジーノ ✩ 彩海せら


。❅°.・。❅。


昭和の作品を 小柳奈穂子先生が どうリメイクしてくださるか
とっても楽しみですね

だいもん(望海風斗)、ヘアスタイル どうするのでしょうね
原作漫画のような感じでいくのかな、、それも 楽しみ
 
そして、あーさ(朝美絢) が2番手ポジション
それが最大の楽しみ♡








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




紅さんの退団公演に寄せた演出家の言葉に思うこと

星組トップスター・紅ゆずるさんの 宝塚大劇場卒業まで 約一週間
花組トップスター・明日海りおさんの 宝塚大劇場卒業公演初日まで 約二週間
刻々と時は進んでゆきますね

花組公演『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』は
現在公演中の星組公演とは、全く違った雰囲気の作品になりそうですね
これも、それぞれのトップさんの持ち味なのでしょう

紅さんファンではないのですが
『GOT OF STARSー食聖ー』は、本当に良い サヨナラ公演で 感動し涙しました
宝塚の演出家と生徒の関係が いかに深いのか
人事には反発したくなる時もありますが、、
やはり宝塚は愛が溢れる場所ですね
スポーツ報知さんの この↓記事を読んで
宝塚ならではの温かさを感じました

314C637B-A570-43FA-B696-FED182D4AD65
スポーツ報知 宝塚星組・紅ゆずる&綺咲愛里、カラッと明るいクライマックス目指す!

この公演の演出を務める
小柳奈穂子先生、酒井澄夫先生とも
紅さんの良さを認め、紅さんに合った作品を生み出してくださったことが伝わってきます

お芝居では
なかなか核心を突いたような ドキッする台詞も多かったのですが
小柳先生と紅さんの信頼関係があるからこそ成り立つのですね
小柳先生の考える、紅さんに最適なラストステージに
私も心から共感しました

ショーは
サヨナラ感が薄く、あまり好みではなかったのですが
この記事を読んで
あのショーが紅さんには良かったのかもしれないと思えました
見終わった時は、普段のショーとあまり変わらない、、と言うか
紅さんの良さが際立った作品なのだろうか?、、と疑問符が浮かびましたが
思い返すと
紅さんが これまであまり演ってこなかったような場面も多く取り入れられていたのではないかな、、と思ったのです
宝塚が大好きな紅さんだからこそ
サヨナラ感を出すよりも
トップになったらやってみたかったこと、まだやれてなかったことを重視したような
「あ~あれも やっときたかったな~」と やり残したことを作りたくなかったのかな、、と
その気持ちを酒井先生は汲んで
あのショーが出来上がったのかもしれない
そんなふうに 想像を巡らせました

誰でもない、トップさん自身が納得できる作品を
紅さんのファンの方々も望んでいるはずです
最後のステージで
それが許されるのも、宝塚の温かさですね


さて、花組公演は
お芝居は 植田景子先生、ショーは稲葉太地先生が
明日海りお という スーパートップスターに
どんなラストステージが相応しいかと考えたのか、、
間違いないのは、そこにも愛が溢れているということですね


•*¨*•.¸¸☆*・゚


さて、先程のスポーツ報知さんの記事には
次期星組トップコンビとなる こっとん についても触れられていました

まこっちゃん(礼真琴) には 酒井先生の言葉
「今まで何百年と生徒を見てきたが(笑い)…完璧すぎる」
ひっとん(舞空瞳) には 小柳先生の言葉
「若い頃の花總まりさんみたい」
続けて 小柳先生は
「完璧な2人が組んで、どんなことが起きるのか」
と、語っています

やっぱし、演出家の先生から見ても
こっとん って 『完璧』なんだ ( *˙-˙* )

我々は、一体どんな舞台を体感することになるのでしょうね
期待に震えます ((o(。>ω<。)o))ワクワク

しかし『完璧』だからこそのプレッシャーも相当でしょう
とことん真面目に思い詰めてしまいそうな こっとんコンビだけど
ガチガチに凝り固まりそうになったら 思い出してほしい気がする
前向きに 明るく 元気オーラを振りまき続けた 紅さんというトップスターさんを!
誰からも『完璧』と言われてしまう まこっちゃんが
紅さんの下で感じ学んだことは、必ず役立つ時がきますよね









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚





 

礼真琴 と 柚香光 と 宝塚の未来

ずっと前から録画してあったのに、観ていなかった『かもめ』
次期星組トップの まこっちゃん(礼真琴) のバウ初主演作です
哀しく重いテーマであることは間違いなく
なかなか、観る気になれなくて、、、

現在、俄然 礼真琴さまに興味が湧いていますので
この なかなか観れなかった『かもめ』を 先日 観たのです

なんとも救いどころのない展開は
日本の純文学に雰囲気が似通っています
現実の虚しさ、主人公のただ一つの救いが『死』であったり、『死』が異常に美化されたり

自分では、ずっとハッピーエンドが好きなのだと思っていたのですが
観終わった後、知らず知らずに引きずって
あれこれと 思いを巡らせるのは
こんな、絶望的なラストの作品で
ハッピーでない結末の物語の方が、なんだかんだ言って好みなのかもしれない、、と
最近は思ったりしています

主人公を演じた まこっちゃん(礼真琴) は
当時 研6ながら、若き主人公を繊細に演じていて
絶望する ラストのダンスは流石でした

物悲しさのあるロシアが舞台、、
若き主人公、、
報われない初恋、、

デジャブのような感覚は
れいちゃん(柚香光) のバウ初主演作『ノクターン』ですね
『かもめ』と 同時期に上演され
どちらもロシア文学の傑作
年上のイケオジが恋のライバルだったり
共通点が やたらと多い

お二人のトップ就任決定を受けてか
スカイステージさんでは
この『かもめ』と『ノクターン』が同時期に放送されていました
若いからこそできる、青い香りの漂う作品
未来のトップスターの若かりし頃のひたむきさを堪能できる二作品です
オタ歴が浅いので
5年前に お二人が こんな比較しやすそうな作品を当てられていたことを、この度 知ったわけで
今更ながら、色々大変だったのだなと思った次第です

ちなみに、それぞれの演出は
『かもめ』小柳奈穂子先生
『ノクターン』原田諒先生

そして
これこそ、バウホール公演のあるべき姿なんじゃないかなとも思いました
バウホールは若きタカラジェンヌと演出家の研鑽の場であることが一番しっくりきます


95期生の 礼真琴さんと柚香光さん
タイプは全く違うけれど
常に競わされるように抜擢を受けてきたですね
今更なんですが、お二人の軌跡を見比べてみました


☆*。礼真琴

2009年  95期生として首席入団
2013年(研5) 『ロミオとジュリエット』新公初主演
2014年(研6)  『ナポレオン』新公主演
     〃            『かもめ』バウ初主演
     〃            『風と共に去りぬ』全ツヒロイン
2015年(研7) 『黒豹の如く』新公主演
2016年(研8) 『鈴蘭』バウ主演
2017年(研9) 『阿弖流為』東上初主演
2019年(研11) 『アルジェの男』全ツ初主演
     〃             『モーツァルト』星組トップスターに就任


❁*。柚香光

2009年  95期生として入団
2014年(研5)  『ラスト・タイクーン』新公主演
     〃   (研6)  『ノクターン』バウ初主演
     〃            『エリザベート』新公主演
2015年(研7) 『新源氏物語』新公主演
2017年(研9) 『はいからさんが通る』東上初主演
2018年(研10)『メランコリック・ジゴロ』全ツ初主演
2019年(研11) 『花より男子』東上主演
     〃             『タカラヅカ・スペシャル』花組トップスターに就任

見比べれは、見比べるほど
そっくりな道のりですね

まこっちゃんは首席入団で
早いうちから、既にレールが敷かれていたのかもしれませんが
れいちゃんは、花組配属当時は
どちらかと言えば マイティ(水美舞斗)の方が抜擢を受けて 注目されていた、、又は ニコイチであった感じですが
いつ頃からなのでしょうね、、
れいちゃんが完全な路線スターになったのは

こうして お二人の年表を拝見すると
令和 (おっと、これは 物凄い偶然の一致) の幕開けに
二人の REI が同時にトップスターとなることは
もう ずっと前から決められていたことのように感じますね

一度 劇団が決めた未来予想図は
ちょっとやそっとでは変更されないのだろう
一体、何年くらい先まで
宝塚の未来は決められているのでしょうね
その未来予想図の中に名前のない人は
どれだけ頑張ったら 名前を書き入れてもらえるのだろう

『初めが大事』という ことわざ が
そっくり当てはまる 宝塚の人事
『大器晩成型』にとっては、圧倒的に不利な世界のような気がします
けど
『予定は未定であって決定ではない』という言葉もありますからね


。・:+°


娘役については、これは完全には当てはまらない気がします
『初詣ポスター』という第一関門をくぐり抜けると
かなり可能性が高くなるのことはありそうですが
トップスターさんあっての宝塚
相性とタイミングが何より重要なポイントな気がします

『運も実力のうち』、、、?

できれば、本当の実力に目を向けてもらいたい











ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚