小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

客席降り

【ハピリポ】ほぼ あーさ(朝美絢)の感想~雪組全ツ『Music Revolution!』

雪組全国ツアー静岡の初回を観劇しました
高速道路で静岡を通り越して、富士山の御前を往復した私たち
晴れ渡った空に富士山の稜線がくっきり
「きっと雪組さんもこの富士山を見ているね!」と
目的地を通り過ぎていることに気づいていない時は、車内ではしゃいでおりました、、

『Music Revolution!』の客席降りで
だいもん(望海風斗) が「富士山が見えましたー」
通路席の方々とハイタッチしながら
「富士山ほど御利益はありませんよ~」と
富士山ネタできてくれて、我らは救われた思いでした
遠回りしちゃったけど
雪組のみなさんと同じ富士山を見ていたんだなぁ~と嬉しくなりました♬︎

ソワレでは『まる子ちゃん』登場
静岡2日目には
静岡出身の愛する同期『明日海りお』様のお名前を叫んでくださったそうで
もう、そのエピソードだけで泣きそう(இдஇ; )

だいもんのアドリブは
いつも楽しいですよね (*´∀`*)
我が愛知県では、どんなアドリブが飛び出すのかな
明日は神席観劇♡
ハートが もつかしらドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ


さて、感想を少し
まずは 時系列無視で、、、

パレードの あーさ(朝美絢) が、、
総スパンコールのキラキラお衣装( ;∀;)
そして、だいもんと (私には見えた)銀橋でお辞儀
なんか、めちゃくちゃ感動しました
あーさが〝のぞ様好き好きオーラ〟を振りまき幸せそう♡
この目で見られて よかった..(´>ω<`)
そして、明日からも ガン見するよ

あーさ は、プロローグ後に
ひらめちゃん(朝月希和) とラブラブで踊ります
本公演では、かちゃ(凪七瑠海) の場面 
曲は変わっていて、これがね~
朝美&朝月 だからよね
やたら歌詞に『朝』が出てくる キュンキュンソングなんです
しかも『ふたつの朝』とか、ありましたよね
一見(一聞)、爽やかそうな歌詞なんだけど
なんか、、セクシーに聞こえてしまって///// (変態?)
振りも、かちゃとの時は本当に爽やかカップルだった気がするのだけど
朝×2 は、背中合わせでグルンと手を回して絡めてからの『恋人つなぎ』とか
え、最後は濃厚なキス なの?……(o_ _)oパタッ
あーさって、お顔に似合わず
『ガツガツ男子系』なんですよね (*/▽\*)
これ、至近距離で耐えられるかしら
ひらめちゃんは、組む相手役さんをカッコよく見せてくれますよね、さすが元花娘!(もうすぐ リアル花娘)
あーさ とのサイズ感もよくって
デュエットっていいですよね~(*´-`*)

中詰めに客降りがありますが
あーさ、きいちゃん(真彩希帆)、ひとこちゃん(永久輝せあ)、あやなちゃん(綾凰華) は舞台上
だいもんは 舞台前に降りてくれます
あさひと(朝美&永久輝) のわちゃわちゃも見納めか、、
全ツでは、銀橋の肩フリフリはありませんから
ここで、しっかりと あさひと を見ておきましょう

白い場面『Music is my life』では
この公演を最後に 花組へと組替えする
ひとこちゃん と ひらめちゃんの肩を
だいもん が しっかりと抱きしめるところがあって
やっぱり、こういう場面には弱いです
ジーンときました


全国ツアーでは、出演者と客席の距離が近くて
独特の一体感がありますよね
珍しく『名古屋飛ばし』のない全国ツアーです
こんなに沢山全ツを観られることも珍しいので
岐阜の羽島公演まで、思い切り楽しみたいと思います!



.。゚+.おまけ。+.゚

本当は、お昼に食べようと思っていて『静岡おでん』
観劇後に食べてきました!
静岡名物の食べられるお店で『生しらす』も美味しいかった
『富士宮焼きそば』も いただきました

箸袋が富士山の箸置きに変身~
(もっと綺麗に折ればよかった)

323FBCA7-F0CD-45E2-AE0A-B5FDDA49B751










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



【ハピリポ】初回観劇の感想『Éclair Brilliant 』

お芝居の『GOT OF STARSー食聖ー』に泣かされましたので
こりゃ ショーでも泣くな、、と思ったんですが
意外にも、サヨナラ感の とても薄いショーでした
私が そう思っただけかな?
これも、退団されるトップの紅さんの
湿っぽくならないように、、という希望だったのでしょうか

紅さんのサヨナラ公演ですから
紅さんのファンの方々が満足される公演であることが大切だと思っています
このショーは、ファンの方には どうだったのでしょうね?

ここから、とても個人的な感想です、、よろしくお願いします


全体的に大人しめでノスタルジックな印象でした 
宝塚のショーでよく使用される楽曲が多く
耳に馴染んでいるメロディだったのですが
それぞれの曲に、この曲はこの人! とか この曲はこの演目!というイメージがつきすぎていて
なんか ちょっと違うかな、、と思ったり

プロローグは好きでした♡ 華やいだ気持ちになれます
柔らかい主題歌に、強そうなお衣装がアンバランスな気もしましたけど、、
客席降りも、 ワァーーッ!!  ではなく
ゆっくりと客席にいらっしゃって
ハイタッチしまくり!!   ではなく
手拍子でニコニコ という雰囲気でした 

序盤に、個人的に楽しみにしていた
こっとん(礼真琴&舞空瞳) の 風の場面が終わってしまい
この場面に とても感動しましたので
その後、印象に残った場面が、、思い浮かばない、、
これも、星組メンバーに疎いからなのでしょうけど

中詰めも、なんとなく終わってしまいました

『ボレロ』の場面は構成としては
長い階段、盆が回りながら踊る、、とか 嫌いじゃないんですが
やはり、トップコンビが もう少し踊れたらな、、と
まこっちゃん(礼真琴) グループが出てくると
少し息を吹き返したようになりますが、それまでが結構長いです

あーちゃん(綺咲愛里)、ぴーすけ(天華えま)、しんちゃん(極美慎)、くらっち(有沙瞳)、ひっとん(舞空瞳) が『極楽鳥』として 大階段から紅さんの周りで踊る場面
妖艶に ねっとりと、、との指示が飛んでいたようですが
黒い羽根カツラ は、どうでしょう、、あまり 時代にマッチしていないような、、
どなたも、似合っているようには見えませんでした
ぴーすけ と しんちゃん は、次の まこっちゃん中心の派手なお衣装の方にしてあげた方が良かったのに、、
『極楽鳥』が5名だったのも あまり気持ちよくなかった、、
やはり左右対称の方が落ち着きます
男役と娘役が混じっているのも背の高さとか揃ってなくて、、うーん
ここに、どうして あーちゃんを入れたのでしょうね?
もし、入れるなら、あーちゃんだけは もっと違う色にするとか特別な感じにすれば良かったのに と思いました

そして、前述の まこっちゃん中心の派手なお衣装の場面
ナウオンだったかな?紅さんが仰っていましたけど
あの学年であの衣装って なかなかないですよね
背中にビュンビュンと大きな雉羽根があって
中詰めとかで、トップさんが着替えるパターンで、こういうの付けてきますよね
そんなお衣装なので
「誰なんだろ?誰なんだろ?」と、お顔を1人ずつ 一生懸命オペラで追ってるうちに
この場面も終わってしまって、、、
後でプログラムを拝見したら、、なるほど まあまあ下級生さんたち
私には、分からないはずです
次回は一人ひとりを追わずに、全体を観ようと思います
、、ここが、よくある アイドル的な場面に匹敵するんですよね?
やっぱり、ぴーすけ や しんちゃん入れた方が盛り上がったんじゃないかな~
まあね、下級生さん達には良い経験なのでしょうね
次の体制になったら、それぞれポジションも上がるでしょうし

黒燕尾は飾りなしのシンプルなもの
退団公演に、これはやっぱり グッときます
ここまで、ノスタルジックだったのだから
この黒燕尾こそ、ノスタルジックにすれば良かったのに、、
三味線を使った曲で、花組の『宝塚幻想曲』の黒燕尾のようなイメージで作られたのかな?
振りが、あまり紅さんには合っていなかったような、、
途中、紅さんが 退団者の 如月蓮さんの足を踏む演出があり、面白かったので
ここを生かして、全体に 楽しげにするとか、、ね
The黒燕尾 にするか、紅さんらしく楽しげにするか
どちらかに寄せた方が良かったな、、

エトワールは 次期トップ娘役の ひっとん(舞空瞳)
ひっとんファンですので 嬉しくもありましたが
特別 歌うまをウリにしている娘役さんではないと思うので
次期だからといって エトワールに抜擢する習慣的なものも支持できないですね
エトワールは 歌うまさんのためのポジション!
それで良くないかな、、
どうしても、あの 小さい羽根を背負わせたかったから?

驚いたのが、退団するトップコンビの羽根の色です
退団=白 との固定観念を吹き飛ばす
紅さん=紫、あーちゃん=ピンク
ご自身の好きな色、イメージカラーということでしょうか
なかなか斬新でした


振り返ると、星組生が集まって
トップさんを中心に一体感を出すとか
トップさんが、みんなの元を順々にまわるとか
トップさんが、みんなの顔をぐるっと見渡すとか
そういう 感動的な演出がなくて、少し物足りなさを感じました
あ、、歌詞
歌詞には何か感動的なメッセージあったかな?次には確認したいです
雪組 元トップの ちぎちゃん(早霧せいな)の退団公演のショーでの
雪組ファンじゃないけど号泣してしまった感動的な場面は今でも はっきりと覚えています
あえて、そういう場面は作らなかったのでしょうか
それとも、分かる人には分かる、、ってことかな?

その分、お芝居のラストで『星組の一体感!』の感動を
分かりやすく味わえましたからね
これで、バランスが良いのかな (´・_・`) 









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】うんうん、みんな可愛い!『Dream On!』

花組バウホール公演『Dream On!』
幸運にも観ることができました

7F2A8E02-8C82-4573-8835-584BF9BE2A52

私が観劇したのは 初日の次の日
この公演は、前半の日程には
『恋スルARENA』の出演者より、マイティ(水美舞斗)・ほってい(帆純まひろ)・はなこちゃん(一之瀬航希) が特別出演しています (5月27日まで)

演目が発表された時には
『綺城ひか理、飛龍つかさ』の名前が挙げられていたので
お二人が、バウ初主演 と思いましたが
結果的には、前半日程に特別出演があり
経歴としては、バウ初主演 とはならないのかな、、いやいや これも立派に主演よね

拝見してみて、、完全なる マイティ主演作品でした

マイティの真ん中オーラが凄くて
格の違いを見せつけられるようでした
『Senhor CRUZEIRO!』の経験からか
勝手知ったるバウホール、視線を独り占め!って感じでした
今、マイティが ノッてるなぁと感じますね
客席から現れる『ルキーニ』は余裕たっぷり
この『ルキーニ』後半は つかさが務めます、、気になるー!!


プログラムには
両方のパターンの配役が載っていて
全く同じ構成なのが 面白いです
演出の三木章雄先生の言葉に

後半の出演者は、前半に出来なかったことに挑戦できる、というチャンスがあると同時に、稽古は倍しなければけないという試練もあります。しかしそれを克服できる人生の春、最高の時代の真っ只中に彼女達はいます。 

引用:『Dream On!』プログラム 

と、あり
なるほど、そういうコンセプトなら〝有り〟だと納得いたしました
特別出演のメンバーも含め
実りの大きな公演となりそうですね


贔屓にしている花組の公演ですので
出演者のお顔が良く分かるのが嬉しく
特に、組配属の頃から拝見している生徒さんの活躍には
保護者のような気持ちになって
とにかく、可愛いくて仕方なかった (∩´∀`∩)

みりおくん(明日海りお) が卒業してしまっても
〝この子達〟の活躍を見守っていたきい!と思わずにはいられない心境になりました


ショーは
一幕は、宝塚の過去の作品から
戦前から現在まで、一気に宝塚の歴史を走り抜ける感覚です
二幕は、ガーシュウィンで黒燕尾あり、懐かしの歌謡曲あり、フランク・シナトラやロックあり とバラエティに富んだ構成
もちろん、主題歌も ちゃんとあります

一緒に観た娘は二幕の方が好きだったようですが
私は一幕が良かったです
舞台を観たのか、過去映像を観たのか、はたまた 音源だけを聞いたのか
自分でも定かでない記憶を辿り
そして、演目がなんだったのか分からなくても
なんとなく 口ずさんでしまいそうな曲の数々に
心地よく浸ることができました

マイティ(水美舞斗) の『愛の宝石』
あかちゃん(綺城ひか理) の『アマール・アマール』の流れが とても良くて
ちょっと ウルっときてしまった
後半日程では『愛の宝石』は あかちゃんが歌うのですね
こちらも聞いてみたかったです


娘役は、たった6名
春妃うらら、雛リリカ、糸月雪羽、咲乃深音、詩希すみれ、愛蘭みこ
普段の舞台では、なかなか脇の娘役さんがスポットを浴びることは難しいですよね
小劇場ならではの、良いところです

この花娘達の可愛らしいことったら ありません♡
うららちゃんが、ヒロインポジションという感じで
ヒナリリちゃんは、男役さんに囲まれソロがあります
他の4名も、各場面で大活躍です
中でも、みおんちゃんの唄声は特に深みがあり美しい
みおんちゃんは、ジュリエット役としてダンスシーンがあります
とっても可愛かったのですが
『エメ』の唄声も聞きたかったな、、と少し残念でした
みこちゃんは『ブルー・ハワイ』で『フラガール』
とってもキュートでした(●´ω`●)

だったら、、、
『MARIA』の マリア役を いとちゃん と すみれちゃんにしてほしかった
前半後半の役替わりで、、
涼葉まれくんが、初の女役に挑戦していましたが
『マリア』でしょ、、
可愛い娘役さんの方が良かったなぁ、、(まれくんも可愛いよ!)
スパニッシュで、ほってぃ と はなこちゃん が女役でしたが
こんなエネルギッシュな場面では、男役さんが女役を演じるのに ひとつ理由があると思いますけどね

まれくんは、何でもこなす優等生タイプかな
顔立ちも綺麗ですし、今後が楽しみな花男ですね♡

つかさは、二幕の『六本木心中』が絶品でした
濃い風貌には、やはり こんなハードな感じが合うかと思うんだけど
フィナーレではフワフワとした 王子様系のお衣装で
なんとなく、つかさが嬉しそうにしていた気がしました


客席降りも いっぱいあって
楽しく あっという間の公演でした(*´∀`)♪


ショーケース『Dream On!』
『New Wave!』のように、全組を網羅するのかな?








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】②数々のツボを振り返る『Delight Holiday』

『Delight Holiday』の世界から帰ってこられず
毎日、千秋楽映像を見ては涙を流しております

舞浜アンフィシアター、ライブビューイングでご覧になった皆さま
共に『ツボ』を振り返りましょう!

。・:+°

劇場に入ると中は薄暗く
宇宙空間に放たれたような気分です
お椀の底にある まあるい舞台には
ディズニーチックな装置、そして『魔法の帽子』がポッカリと浮いてます

BB387804-FB0B-4AAF-8BF6-0E8F89143D78

とうとう来たのね、この場所に 。゚+.( °∀°)゚+.゚

『魔法の帽子』が動き出すと、夢の舞台のスタート
従姉妹の Iちゃん は、帽子が動き出した時に
ガチで驚いていたわ~

「あ、動いた(´⊙ω⊙ˋ)!」

ふふ、動くのよ、、スクリーンだからね
そして、このスクリーンには出演者の登場に合わせて映像が、、

✧*.ツボ① 『みりたん登場の映像がヤバい』

出演者たちが映像に合わせ カッコ良く登場し、全員集合!
ちなつ(鳳月杏) が、一番高い所から
ゆきちゃん(仙名彩世)が、舞台正面の先端から登場して
みりおくんは、一体どこから登場するの?!
と 思っていると、その映像が流れ始めます

紫をまとった イケメンさん
これよ!私の大好きな 明日海りお様♡
ヘアスタイル、お化粧、そして 表情まで
私の一番好きなツボを抑えまくっている!
スローで流れる映像 (,,꒪꒫꒪,,)
胸の鼓動が、、出る?出るよ 心臓が口から、、
さすがに心臓は出なかったけど、涙が、、、
待ちに待った この日だから
感動が込み上げる (;ω;)

、、おお
まあるい舞台の中央、まあるく大きなセリになっているのね!
映像と同じ後ろ姿でセリ上がってくる みりおくん
キザに決めている
しかし、流れ出す音楽はポップで可愛め

✧*.ツボ②『明日海りおの〝ゼ〟』

最初のナンバー『Delight HAT』
この歌詞に、めっちゃ多用される〝ゼ〟

何処へでも行けるゼ!、、etc
シメは

ココに来たんだゼーーーー♪♪

おおよそ、〝ゼ〟と言わなそうな曲調とキュートなみりおくんから発せられる〝ゼ〟の連続に
稲葉太地先生、天才か!

それにしても、バックの映像が
『ポケモン』すぎやしないか ( ̄▽ ̄;)

主題歌『Delight Delight』が始まると
練習を重ねた、ペンライトで参加の場面
すると、、上手から神が、、

✧*.ツボ③『トロッコ最高じゃん』

トロッコに乗った みりおくんがキラキラの笑顔で やってくる!
近い!近い!近い!
前ブロックに座れなくっても
こんなに近くに来てくれるなんて、、感激
客席降りとは、また違う近さなのです
トロッコに高さがあるから
真ん中ブロックは SS席に
後ろブロックも S席通路前の感覚ですよ
トロッコで運ばれてくる感も いいんですよ~

トロッコは一旦中央に止まり
そこで、ペンライトの振付講座が始まります
センターのIブロックに座った時は
もう、この時間よ永遠に続け!!と願いました
みりおくんに褒められるように全力でペンライトを振りますと
「OKでーーす( ˆ ˆ )/♡」と
目の前で、両手で大きく 丸 を作り、おみ足は ガニ股ちゃん♡
見ちゃったよ!みりたんのガニ股ちゃんを こんな近くで♡

このトロッコ
とっても上手い位置に待機していて
なんか急に現れるんですよ
( ゚д゚)ハッ! って気づくと 居る!みたいな
トロッコのライブっぽさは、本当に上がりました!


中央にピアノが現れて、ジャズの場面に

✧*.ツボ④『大きく息を吸う みりたん』

みりおくんは歌う前に、大きく息を吸いますよね
あの細いお身体から、心地よく響き渡る歌声を出すために
肺の中に いっぱい空気を吸い込んで
お腹から声を出していますよね
素晴らしい肺をお持ちなのだと思います
歌い出す前に 、大きく息を吸い込む音が聞こえることがよくあります
「いくぞ!」って感じで、好き♡

中央に現れたピアノ
「ちょっと弾いてみようかな」と椅子に座り
弾き始める時に、大きく息を吸い込みます
、、すぐには歌わないんだけど
ピアノを弾く時も「いくぞ!」なのですね

実際には音の出ないピアノ(ですよね?) ですが
演奏される お姿、手の動き
まあ、素敵 ゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

『Sing Sing Sing』で客席降り
下級生さんたちは、ダーッと階段を駆け上がり
一番後ろのブロックにも元気にファンサ
ここでも、会場は一体感に包まれます
楽しくてたまらない (//∇//)

近くに来てくれた、えいちゃん(芹尚英) にヤられたー(〃∀〃)
瑞々しくって、フレンドリーな笑顔
私、、じゃなくて 隣の Iちゃんに 指さし してた
またまた、ご贔屓が1人増えました♡


お祭りのような賑やかさが終わると
ゆきちゃん、くみさん(芽吹幸奈)、あかりちゃん(白姫あかり)、しろきみちゃん(城妃美伶) の おコタトーク

ゆきちゃん が、行き遅れの親父キャラに徹しているのが素晴らしい
まさに『デキる女』なのです

✧*.ツボ⑤『〝イケメン〟と呟く あかりちゃん』

4人の娘役ちゃんが、ホリディにどこに行こうか と相談する場面
コタツが出てきて、幻の酒『仙名』も登場し
あーでもない、こーでもない と結論が出ない
ゆきちゃんが「テレビ見よっ、、ピッ、、と」スイッチを入れると
スクリーンには みりおくんが♡
様々な、、いや、、花組限定のツアーの提案をしてくれる映像が流れてきます

みりおくんが現れると、あかりちゃん が「イケメン…」って呟くのだけど
これが、一瞬 私の心の声が漏れたのではないか、、と思うくらい絶妙なタイミングで言ってくれるんですよ
ホントにイケメンさんなのだけど

「えっ? えぇっ?」とちょっぴり変顔で(変顔でも美しい。・:+°)
何度も三枚目になるとこも
また いいんですよね~

そこから、我らは『楽園』へと いざなわれるのです


✽.。.:*・゚ つづく✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

博多座で『VIVA!FESTA!』は楽しいだろうな

今年の5月の花組公演で、初めて博多座に行きました
私の地元・名古屋の今は閉鎖されてしまった 中日劇場と客席の感じが似ています
横長な客席で、あまり奥は深くなくて
舞台と客席が近く 一体感を感じられる劇場です
S席がないのも 中日劇場と一緒

1階のA席は A列~T列まで
その間に通路はありませんので、よりギュッとひとつになれる感覚になるのかもしれません

博多座の1階席で特徴的なのが
『特B席』 
センターブロックのT列後ろの通路の その後ろに
2列 20席ほどが、特別っぽく囲まれたスペースに配置されているのです
ちょっと高くなっていたと記憶しています

ゆったりと全体を見渡すには最良の席です
ムラの1階S席も21列で通路ですので、ムラのセンターブロック通路後ろと数字的には同じくらいなのですが
銀橋もなく、若干座席の前後も狭いように思うので
ムラの通路後ろより もっと近いように感じます
しかも、お値段も A席より少しお安いんですよ✧*。
宝塚の客席降りのある演目の時だけは『特A席』にしてもいいくらいだと思うわ~


花組公演のショーは『Santé!!』でした
そうです ♪ 〝グラスでSanté!!〟の楽しい楽しい客席降りのある演目
第1回遠征の時は、衝撃の客席降り中止でしたが
第2回遠征時には、歓喜の客席降り復活!

そして、ムラではSS席のお客様のみが みりおくんとSanté!! できる特権を与えられていましたが
博多座では、みりおくんが ダーーッと後ろまで走って
センターブロックのT列後ろの通路に しばし滞在
もちろん、前にもファンサをしていたと思いますけど
通路後ろの『特B』にも Santé!! しまくってくれていて
その人数、わずか20名ほど、、なんですよ
羨ましい ( ;∀;) 羨ましすぎるぞ!
T列後ろの通路で、後ろ正面を向いた時
約20名の観客しかいないのです
その後ろは壁だし、そこからは2階席も見えない
たぶん、特Bの人 全員 みりおくんと Santé!! したんじゃないかな?(想像)

終演後『特B席』まで行って
あの瞬間を妄想してしまった、、(,,꒪꒫꒪,,)
『特B』めっちゃ いいじゃん!!


゚・*:.。❁


来年2月の博多座は
宙組『黒い瞳』と『VIVA!FESTA!in HAKATA』

『VIVA!FESTA!』は
まだ宙組のスターさんが全然分からない頃の観劇だったにも関わらず
めちゃくちゃ楽しかった演目です
客席降りが何回もあって
すごく 盛り上がったショーでしたよね

(´-`).。oO あれを博多座で、、、

絶対に楽しいではないか!

私は、参戦予定はないのですが (せっかく博多座会に入会したのに)
キキちゃん(芹香斗亜) が博多組なら参戦したのに、、

『in HAKATA』っいうのが付いているのも
なんとも、地方公演感で

「貴方のそばまで行っちゃうよ (* ˘ ³')σ-♡」

と、言われているような気分にさせられるわ~
客席降りに命をかけている ふれあい重視な方なら『特B』に座れたら最高ですね♡


ひとつ、注意点が、、
実は『特B席』1階席だけでなく 2階席にもあるのです
2階の『特B席』は
左右の壁際に張り出した位置に配されています
舞台には近いけど、、好みの別れるお席です








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚