小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

天華えま

【ハピリポ】初回観劇の感想『Éclair Brilliant 』

お芝居の『GOT OF STARSー食聖ー』に泣かされましたので
こりゃ ショーでも泣くな、、と思ったんですが
意外にも、サヨナラ感の とても薄いショーでした
私が そう思っただけかな?
これも、退団されるトップの紅さんの
湿っぽくならないように、、という希望だったのでしょうか

紅さんのサヨナラ公演ですから
紅さんのファンの方々が満足される公演であることが大切だと思っています
このショーは、ファンの方には どうだったのでしょうね?

ここから、とても個人的な感想です、、よろしくお願いします


全体的に大人しめでノスタルジックな印象でした 
宝塚のショーでよく使用される楽曲が多く
耳に馴染んでいるメロディだったのですが
それぞれの曲に、この曲はこの人! とか この曲はこの演目!というイメージがつきすぎていて
なんか ちょっと違うかな、、と思ったり

プロローグは好きでした♡ 華やいだ気持ちになれます
柔らかい主題歌に、強そうなお衣装がアンバランスな気もしましたけど、、
客席降りも、 ワァーーッ!!  ではなく
ゆっくりと客席にいらっしゃって
ハイタッチしまくり!!   ではなく
手拍子でニコニコ という雰囲気でした 

序盤に、個人的に楽しみにしていた
こっとん(礼真琴&舞空瞳) の 風の場面が終わってしまい
この場面に とても感動しましたので
その後、印象に残った場面が、、思い浮かばない、、
これも、星組メンバーに疎いからなのでしょうけど

中詰めも、なんとなく終わってしまいました

『ボレロ』の場面は構成としては
長い階段、盆が回りながら踊る、、とか 嫌いじゃないんですが
やはり、トップコンビが もう少し踊れたらな、、と
まこっちゃん(礼真琴) グループが出てくると
少し息を吹き返したようになりますが、それまでが結構長いです

あーちゃん(綺咲愛里)、ぴーすけ(天華えま)、しんちゃん(極美慎)、くらっち(有沙瞳)、ひっとん(舞空瞳) が『極楽鳥』として 大階段から紅さんの周りで踊る場面
妖艶に ねっとりと、、との指示が飛んでいたようですが
黒い羽根カツラ は、どうでしょう、、あまり 時代にマッチしていないような、、
どなたも、似合っているようには見えませんでした
ぴーすけ と しんちゃん は、次の まこっちゃん中心の派手なお衣装の方にしてあげた方が良かったのに、、
『極楽鳥』が5名だったのも あまり気持ちよくなかった、、
やはり左右対称の方が落ち着きます
男役と娘役が混じっているのも背の高さとか揃ってなくて、、うーん
ここに、どうして あーちゃんを入れたのでしょうね?
もし、入れるなら、あーちゃんだけは もっと違う色にするとか特別な感じにすれば良かったのに と思いました

そして、前述の まこっちゃん中心の派手なお衣装の場面
ナウオンだったかな?紅さんが仰っていましたけど
あの学年であの衣装って なかなかないですよね
背中にビュンビュンと大きな雉羽根があって
中詰めとかで、トップさんが着替えるパターンで、こういうの付けてきますよね
そんなお衣装なので
「誰なんだろ?誰なんだろ?」と、お顔を1人ずつ 一生懸命オペラで追ってるうちに
この場面も終わってしまって、、、
後でプログラムを拝見したら、、なるほど まあまあ下級生さんたち
私には、分からないはずです
次回は一人ひとりを追わずに、全体を観ようと思います
、、ここが、よくある アイドル的な場面に匹敵するんですよね?
やっぱり、ぴーすけ や しんちゃん入れた方が盛り上がったんじゃないかな~
まあね、下級生さん達には良い経験なのでしょうね
次の体制になったら、それぞれポジションも上がるでしょうし

黒燕尾は飾りなしのシンプルなもの
退団公演に、これはやっぱり グッときます
ここまで、ノスタルジックだったのだから
この黒燕尾こそ、ノスタルジックにすれば良かったのに、、
三味線を使った曲で、花組の『宝塚幻想曲』の黒燕尾のようなイメージで作られたのかな?
振りが、あまり紅さんには合っていなかったような、、
途中、紅さんが 退団者の 如月蓮さんの足を踏む演出があり、面白かったので
ここを生かして、全体に 楽しげにするとか、、ね
The黒燕尾 にするか、紅さんらしく楽しげにするか
どちらかに寄せた方が良かったな、、

エトワールは 次期トップ娘役の ひっとん(舞空瞳)
ひっとんファンですので 嬉しくもありましたが
特別 歌うまをウリにしている娘役さんではないと思うので
次期だからといって エトワールに抜擢する習慣的なものも支持できないですね
エトワールは 歌うまさんのためのポジション!
それで良くないかな、、
どうしても、あの 小さい羽根を背負わせたかったから?

驚いたのが、退団するトップコンビの羽根の色です
退団=白 との固定観念を吹き飛ばす
紅さん=紫、あーちゃん=ピンク
ご自身の好きな色、イメージカラーということでしょうか
なかなか斬新でした


振り返ると、星組生が集まって
トップさんを中心に一体感を出すとか
トップさんが、みんなの元を順々にまわるとか
トップさんが、みんなの顔をぐるっと見渡すとか
そういう 感動的な演出がなくて、少し物足りなさを感じました
あ、、歌詞
歌詞には何か感動的なメッセージあったかな?次には確認したいです
雪組 元トップの ちぎちゃん(早霧せいな)の退団公演のショーでの
雪組ファンじゃないけど号泣してしまった感動的な場面は今でも はっきりと覚えています
あえて、そういう場面は作らなかったのでしょうか
それとも、分かる人には分かる、、ってことかな?

その分、お芝居のラストで『星組の一体感!』の感動を
分かりやすく味わえましたからね
これで、バランスが良いのかな (´・_・`) 









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

星組 新公主演・天華えま と 出演者は ほぼあの世の方

星組『ANOTHER WORLD』についてのニュースが
トントンっと発表


新人公演 一部の配役

康次郎 ✩ 天華えま (紅ゆずる) 
お澄 ✩ 星蘭ひとみ (綺咲愛里) 
徳三郎 ✩ 天飛華音 (礼真琴)

主演は ぴーすけ
コメディって難しいですもんね
大抜擢の下級生では荷が重いと思いますので
良い配役ですよね

ヒロインは、、、せーらちゃん、、、
まだまだ路線ということか ( ̄∇ ̄|||)

ヒロインに、どこまでコメディエンヌ要素があるのか分かりませんが
ここは芸達者な 小桜ほのかちゃんだったのではないか、、と、、

2番手は 102期生の抜擢ですね
良く存じ上げなくて、ごめんなさい


.。.:*☆


人物相関図 も公開されました

『冥土』と『現世』にグループ分けされていますが
主な出演者の中で『現世グループ』は
主演・康次郎の両親・金兵衛と於登勢、そして 和尚の朴念 だけ
あとは全員『冥土グループ』です
その『冥土グループ』でも、更にグループ分けがあり
『閻魔庁』『冥土の住人』『三途の川の船頭』『冥土劇場街』『冥土の旅人』

主演コンビ、まこっちゃん(礼真琴)、かいちゃん(七海ひろき) は『冥土の旅人グループ』です
『旅人』は、最後に 現世に戻るのだろうか、、


そんなこんなで
この後も
星組公演の情報が、どんどん出てきそうな雰囲気ですね








ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




配役決定『ANOTHER WORLD』落語の有名人たち

星組公演『ANOTHER WORLD』
抱腹絶倒の落語ミュージカル、、とハードル上げていますね

台本で笑わせるのか
アドリブで笑わせるのか

「クスっ」じゃなくて「ガハハ」な はず、抱腹絶倒だから!


. *:゚ 。.★゛


既に発表済だったのは、この3名
康次郎【大坂の両替商「誉田屋(こんだや)」の若旦那】✩ 紅ゆずる
お澄【大坂の菓子屋「松月堂」の嬢(いと)さん】✩ 綺咲愛里
徳三郎【江戸の米問屋「寿屋」の若主人】✩ 礼真琴

★*゚

閻魔大王 ✩ 汝鳥伶
貧乏神 ✩ 華形ひかる

於登瀬 [おとせ] ✩ 万里柚美
金兵衛 ✩ 美稀千種
喜六 ✩ 七海ひろき
阿修羅 ✩ 如月蓮
天女 ✩ 白妙なつ
杢兵衛 [もくべえ] ✩ 天寿光希
艶治 [えんや] ✩ 音波みのり
八五郎 ✩ 大輝真琴
源頼光 ✩ 輝咲玲央
朴念 [ぼくねん] ✩ 瀬稀ゆりと
お仙 ✩ 紫月音寧
阿漕 [あこぎ] ✩ 夢妃杏瑠
小五郎 ✩ 十碧れいや
青鬼青次郎 ✩ 麻央侑希
右大臣・光明 ✩ 漣レイラ
一八 [いっぱち] ✩ ひろ香祐
染次 ✩ 紫りら
赤鬼赤太郎 ✩ 瀬央ゆりあ
左大臣・善名 ✩ 紫藤りゅう
蔦吉 [つたきち] ✩白鳥ゆりや
初音 ✩ 有沙瞳
菊奴 ✩ 小桜ほのか
 
まずは、かいちゃん(七海ひろき) が 閻魔大王じゃなくて良かった
『喜六』、、、
これは読めます!って役名にも
結構な確率で [ふりがな] があるのに
どうして『喜六』には付いていないんだろう
そのまま『きろく』と読むのですね、落語に詳しくなくて、、
落語では良く登場するキャラクターで
うっかり者の喜六がボケ、しっかり者の清八がツッコミ で
『喜六と清八』とセットで出てくることが多いようです
今回はどうも『清八』は見当たりませんね

他にも
『くらわんか』で まゆさん(蘭寿とむ) が演じた、おっちょこちょいな『八五郎』
『幕末太陽傳』で 汝鳥伶さんが演じた、なんか面倒臭い『杢兵衛』と
聞いたことのある 名前 や
落語では、よくとんでもない目に遭う『一八』と
落語ではお馴染みの登場人物が揃っているようです

閻魔大王、貧乏神、赤鬼、青鬼、、と
こちらも 面白キャラになりそうな面々
『BADDY』の まゆぽん(輝月ゆうま) の宇宙人越えのスチールが出るのか 楽しみですね

娘役さんには、芸者さんや遊女のような名前が多そうな、、、


こうして見ると、もしかして なかなか面白い作品になるのではないか、、とも思えてきますよね
今のところ、観劇予定はありませんが
始まって評判が良ければ、出かけちゃおうかな


8006A29B-A149-41A0-A844-9B9BC2F390A6
しかし、何度見てもシュールだなぁ…



上詰まり気味な星組さん
これだけ役があるのに
若手さんが配役発表に入らないのが残念な気もします

ぴーすけ(天華えま) の名前もないですし
遥斗勇帆くん、極美慎ちゃん の名前もないですね

ここには ないけど
『清八』や『熊五郎』も出てきたりするのかな










ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

宝塚GRAPH(グラフ) 2018年 04 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2018-03-20



【ハピリポ】なんかベテラン感のあった星組新人公演『ベルリン、わが愛』

10日程前と、新人公演当日のマチネ
本公演を2回観劇してからの新人公演観劇

上手い下手ではなく
この脚本に本公演より合っているキャストが多いように感じた新人公演でした

IMG_1394


まず、主演の テオ(紅ゆずる) ✩ 極美慎
ジョセフィン・ベイカーに「若い監督」と言われる場面で
違和感が全くありません
年齢設定も 慎ちゃんの方が近いのではないでしょうか?

背が高くて、顔が小さくて
一番最初のツイードのジャケットはブカブカでしたが
その後のスーツ姿はとてもキマっていました
スカステの『うたごころ』を拝見し、歌は得意なんだな との印象を持っていました
歌も台詞も、クセがなく素直な演技
声が男役っぽくなっていくと、もっともっと良くなっていくのではないでしょうか

ご挨拶が、とにかく可愛くて (∩´∀`∩)
とても真面目に話しているのだけど
なんだか、まとまらなくなって、、笑いが起こる
ちょっと、花組トップスターの みりおくんの挨拶 を思わせるキュートっぷりでした


ジル(綺咲愛里) ✩ 星蘭ひとみ
ものすごく心配していたのですが
思っていたより、全然 壊滅的ではなかったです
歌も台詞も、、、

新公を観て、改めて気づいたのですが
ジルは、ほとんど歌わないのですね

気になるのは 立ち姿 です
手の位置や、姿勢そのものもなんでしょうか、、
言い知れぬ 違和感 が漂っている

舞台上で美しく自然に見えるように立つために
他のジェンヌさんは手の先まで気を遣い
台詞がなくても ボーっと立ってはいないのでしょうね
舞台人としての基礎に問題があるのでは (。・_・?)

美しさについては、好みの問題もありますが
顔の綺麗さよりも、表情の硬さが気になってしまいました
身体の動きにも、しなやかさがなく
やっぱり硬い感じです

けれど、本役さんに寄せてきていて
健闘されたんじゃないかと思います


エーリッヒ(礼真琴) ✩ 天華えま
ぴーすけ は自分のカラーを持っていますよね
今回も、まこっちゃんとは違うタイプのエーリッヒを観せてくれました
お芝居に温かさがあります


ゲッベルス(凪七瑠海) ✩ 桃堂純
本役のかちゃ のようなカリスマ性はありませんが
この役も ももちゃん の方がホントにいそうなナチスのボスって感じがしました
カウフマン(七海ひろき) ✩ 天路そら
フーゲンベルク(壱城あずさ) ✩ 遥斗勇帆
ヴィクトール・ライマン(天寿光希) ✩ 颯香凜
3人とも芝居が上手い、そして おじさん感が良く出ているんです
この本役さん達、美しすぎてリアルじゃないのかも、、
新人公演の方がおじさんっぽいって不思議ですよね


ルイーズロッテ(有沙瞳) ✩ 天彩峰里
可愛い!この役も新公の方が雰囲気が合っていると思いました


レー二(音波みのり) ✩ 小桜ほのか
星組の新人公演では〝持ってく人〟が毎回現れるのでしょうか
前回『スカピン』では はるとくん(遥斗勇帆) が持ってきましたが
今回は間違いなく ほのかちゃん が持っていった ということでしょう
本役さんも、かなり頑張ってるな、、と思いましたが
この役って、ここまでやるべきだな!と感じました
アッパレです!
歌も上手いですし、コメディエンヌっぷりが半端ではありません
しかも嫌味がない!
最後までコメディエンヌでいくのかと思いきや
ラストの登場シーンでは
怖いくらいシリアスで、演技の幅に驚かされました


、、、というわけで

オリジナルの新作の新人公演は
比べる対象は今回の本公演しかありませんので
そういう意味では
非常にレベルの高い公演だったと思います
全体的に堂々としていたし

そして、同じことを何度も言ってしまいますが
この作品には、新人公演キャストの方がハマっていたと思うんですよね


あ、ナチス親衛隊のレベルは
本公演の方が数段高かった (´∀`*)





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


さあ、星組の真のチカラが試されますね

宝塚大劇場星組公演
『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA』が
いよいよ明日、幕を開けます

お披露目公演は『スカーレットピンパーネル』 
演目に助けられた印象は拭えません
トップスター・紅さま の大劇場2作目は 
新しい作品への挑戦です

主役から、回りを固める役柄まで
それぞれの演者に当てて創られた作品ですので
現在の星組の〝組力〟が映し出された作品になるでしょうね


.+*:゚+。.☆


今の星組に思うこと、、
トップコンビ、2番手、3番手 は置いといて
その外側のメンバー
しーらん(壱城あずさ)、みっきー(天寿光希)、マオポコ(麻央侑希・十碧れいや) 、、、
この固定された感じを
もう、そろそろ崩してはどうかな、、と感じます

その、外側には
せおっち(瀬央ゆりあ)、しどーちゃん(紫藤りゅう)、ぴーすけ(天華えま) と
出来る人材が控えており
さらに、その外側には
結構、多くのスター候補生がいると思うんですよね


お芝居、ショー共に
星組のメンバーが、どのように起用されているか
楽しみでもあります

紅さま体制で引っ張ろうと言うのなら
またまた
いつものメンバーが中心の二本立てだったら
芳しくないチケットの状況は打破できないと思います

IMG_1237

ほぼ 星組っ子ですね
このバランスねぇ、、、
上が重いぞ!やっぱり







ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚