明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

天は赤い河のほとり

やっぱり、きよちゃん(優希しおん)に みりおくん(明日海りお) を感じるんです

宙組の きよちゃん(優希しおん) を 認識したのは
『天は赤い河のほとり』
それまで、宙組は あまり観劇機会がなく
宙組さんについて、ホントに無知でした
キキちゃん(芹香斗亜) が、花組から宙組へと組替えになって
初の大劇場公演でしたので
結構、気合いを入れて観に行きました (ง •̀ω•́)ว

主人公・カイル(真風涼帆) の部下の一人を演じていたのが、きよちゃん でした
最初の方の場面で、カイルの元に仲間が集まって
弟の ずんちゃん(桜木みなと) と、家臣の りくくん(蒼羽りく)、そらくん(和希そら)、るいくん(留依蒔世)、もえこちゃん(瑠風輝)
宙組に疎かったとは言え、このメンバーは存じ上げておりました
あと一人、この中では一番下級生さん? 
なかなか、可愛いお顔をしている
何故だか、唯一名前の分からない 下級生さんに目が吸い付いて、、

その 気になる下級生さんを観ていて
ふとした瞬間に
「あれ、みりおくん に似てない?」 って思ってからは
その、下級生さんを追ってしまいました

すると、やっぱり
〝ふとした瞬間〟が 何度も訪れ
「横顔とか、、似てる、似てる」 と 心の中でワクワクと観劇し
幕間にプログラムをチェックすると
彼は『優希しおんくん』というお名前だと分かりました

『シトラスの風』でも
「あの、みりおくんに似てる子はどこだろう?」 と探しつつ
激カッコいい キキちゃんに視線を奪われる時間が多くて
ショーでは、帽子の場面くらいしか 見つけられませんでした

思えば、お芝居では
あまり キキちゃんと一緒の場面はなかった、、ってことかな


私は、みりおくん似のジェンヌさんの発見に
ちょっと興奮したのだけど
周りには、あまり共感してもらえませんでした

しばらくして、タカニュー内のコーナー『男役道』の キキ先生のターンに
生徒さんとして やってきたのが きよちゃんで
素顔を拝見し
「あれ? やっぱ あんまり 似てない (´・_・`)?」 ってなったんですが
その後も、宙組公演では キキちゃんの次に きよちゃん推しのスタイルでおりました

舞台上では、度々〝ふとした瞬間〟があって
似てる 似てない、、は 個人差があると思いつつ
私の心の中では
「やっぱり、みりおくんに似てるよなー」 と きよちゃんを見つめていたのです

すると だんだん
きよちゃんは、めちゃくちゃ ダンサーさんなんだ!と
恐るべき遅さで気づいてきました

私は ダンスの上手い下手が良く分からなくて
タカラジェンヌさんに求めるモノのうち『ダンス』は 下位にランクしているのですが
『ポーズの美しさ』は 重視したいタイプです
きよちゃんの ダンス力は、それは凄いのだと思いますが
それにも増して、ひとつひとつのポーズの美しさ に惹かれ
どんどん、きよちゃんのことがお気に入りになっていきました
博多座公演では
ほぼ きよちゃんをロックオン(*Φ∀Φ)ジィ-✧︎

きよちゃんが好きなのと同じ理由で
花組の えいちゃん(芹尚英) が好きです♡


そんな きよちゃんが、今月スカイステージの『ダンサーハント』に出演しています
番組を拝見し
きよちゃんのダンスのスタートはクラシックバレエだったことを知り
今どきのダンサーさんと思っていたので意外!と思ったり
ポーズの美しさを思うと納得!だったり、、
どちらにしても、バレリーナだった きよちゃんが
今、宝塚の舞台で男役として あんなにカッコよく踊っているのは
天性のダンサーとしての勘の良さと、何より 努力の賜物なんだなーと 感心いたしました


思い出深いシーンの中で
『神々の土地』新人公演の『ゾバール』の 酒場のダンスシーンが出てきました
うん!この場面
本役の ずんちゃん(桜木みなと) も、凄くカッコよかった♡

あ~ きよちゃん、この役をやったんだ~

と、テレビを見ていたら、、、
私の〝ふとした瞬間〟の 最たる瞬間を目撃したのです!

F5D85852-FE12-4E43-A2B9-ECAD5B2686C4

あーん、動きが早すぎて 上手く撮れないけど、、

ね、ね、ね (っ´ω`c)
この色っぽい伏し目、、みりおくんそっくり!

、、、じゃないですか|*・ω・)?

ほら、こんな場面の みりたん、、、

83D24536-1DFC-4190-8B70-3D083DBEDC25


私は間違っていなかった ✧ \\ ٩( '神' )و // ✧

そう確信したことを
どうしても 書き留めておきたくって (*´ω`*)














ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】古典的でありながらスタイリッシュ『群盗』

昨日は、願望と妄想の記事を書いてしまいましたが
本日は『群盗』の ちゃんとした感想を綴りたいと思います
ネタバレ含みます (人-ω•`)

宙組シアタードラマシティ公演『群盗』
演出は、小柳奈穂子先生
振り返ってみると、意外にも
主演の キキちゃん(芹香斗亜) は、小柳先生の作品には あまり出演していないんですね
星組下級生時代の『めぐり会いは再び』くらいなのです

花組から宙組へと組替えになり
最初の作品が 小柳先生演出の『天は赤い河のほとり』
芹香×小柳 初のタッグは大成功 ヾ(〃^∇^)ノ
チャラくて 根は真面目、力もユーモアもあって、その上 イケメン
アニメから抜け出してきたような ラムセス♡
アニメの舞台化も得意とする 小柳先生が
頭の中で描いた 胸きゅんキャラを完璧に実現させたのではないだろうか

お顔、声のトーン、甘い唄声、スタイルの良さ、確実にキマる動きとポーズ
世の女性たちが理想とする男性像を
今の キキちゃんなら、完璧に創り上げることができると思う

この『群盗』では
カールを、そこまで落ちぶれさせず
キキちゃんの持っている ロイヤル感を前面に出してきてくれて
小柳先生、ありがとうございます! 良いと思います!
さすがの『芹香使い』でございました


宙組は トップ・まかじぇ氏(真風涼帆) 率いる 博多座公演組に
組の主力メンバーが、ほぼ 総出している状態で
『群盗』は、若手メンバーが主流のよう
そもそも、宙組に疎い私は 
出演者のほとんどが お顔と名前が一致しないジェンヌさんばかり、、
「とにかく キキちゃん主演作を見届けたい!」 という思いでの観劇だったのですが
これが まぁ、良い方向に予想外に良い舞台でした

キキちゃんが首領となる『群盗』の仲間の
シュバイツァー(穂稀せり) は、声がよく響き
ラツマン(愛海ひかる) は、整った愛らしいビジュアル
シュフテレ(雪輝れんや) は、ハツラツとしていて男っぽく
ロルラー(なつ颯都) は、長身で目立ちます

語り部の役割を担った ヴァールハイト(鷹翔千空) は、落ち着いた演技が好印象でしたし
途中から仲間に加わる コジンスキー(風色日向) も、舞台姿が素敵
悪役であるフランツの少年時代(真白悠希) が、とても良いものを持っているように感じました

恋人がいながら、カール(芹香) に惹かれていく リーベ(華妃まいあ) は
以前から歌がいいな、と思っていました
宝塚の娘役らしいスタイルで演技も安定

当然のことなんですが
どの組にも、これからに期待したい下級生さんがいて
だから、ヅカファンはやめられない、、ってことですね


☆。.:*・゜


クラシックも取り入れた音楽
古い時代を思わせるセットが物語の世界へとタイムスリップさせてくれる幕開き
ノーブルな魅力に溢れる キキちゃん に良く合っています
貴族の衣装の似合うことったら ありません!
前半は、自由気ままな貴族のボンボン
人を疑うことを知らない 真っ直ぐな好青年の雰囲気です
後半は、弟にハメられ 市民からも手の平を返され 八方塞がりな状況に陥ります
ポスターのイメージで、かなり『悪』になるのかと思っていましたが
そこまでの変化はなくて
『悪』というよりは『困惑』かな、、
原作では、カールは 救いようもなく『悪』に手を染めるみたいですが
キキちゃんカールは、どこまでも誠実さが失われません

下級生が多いということもあり
キキちゃんが登場すると、そのスター性に圧倒されますが
かと言って、仲間から浮いているということはありません

相手役の アマーリア(天彩峰里) だけでなく
仲間たちにも 等しく優しい視線を送る キキちゃん
ずるいわー ε٩(๑>ω<)۶з
素敵すぎる!

特にラストの 白いシャツで歌う場面は
なんでしょうね、、オーラで泣ける (´;ω;`)

思わず 宙組に組替えしそうになってしまいます、、私
カッコよすぎて ‪_:(´///`」∠):_‬


ヒロインの じゅりちゃん(天彩)は、お芝居の人 ですね
出番は決して多くはないのですが
舞台に出てくる時には、すっかり物語に入り込んでいます
舞台上にいない時にも、気持ちを保ち続けていなければ 出来ない演技だと思います
演技の上手さは、こんな シリアスの芝居にハマります

最後に、死を選ばなければいけなかった理由が
イマイチ 私には不明瞭に感じましたが、、
キキちゃん と じゅりちゃんの演技に泣かされました


兄カールを陥れる 邪悪な弟・フランツ
もえこちゃん(瑠風輝)、実は ビジュアルが少し苦手だったのですが
この舞台で いっぺんに好きになりました
スラッとした長身に、確かな歌唱力、、かなりの音域OKなのが頼もしいです
何度も新公主演をした経歴も頷けます


☆。.:*・゜


『群盗』は 一度だけの観劇なのですが
なんせ、、最前列センターのお席でしたので
悪い訳がなく、、(*´∇`)

キキちゃんの魅力を、オペラ越しでなく
この 2つの目で〝生〟で目撃できましたので
満足以上の満足でありました


DDB9724A-5C08-4318-A348-DD72FEFADE2B










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】キキ様に見下されてきました『異人たちのルネサンス』①

宙組『異人たちのルネサンス』
歌劇座談会で田渕大輔先生が仰られた

『キキファンはキキちゃんから見下されたい願望がある』

との見事な洞察力に驚き、、というか感謝ヾ(*゚∀゚*)ゞ
演出家の先生の意図するとおり
キキ様に見下されまくる観劇日でございました

、、、というわけで
本日は、『異人たちのルネサンス』の キキちゃんについてのみの感想を綴ります
偏愛が甚だしいかもしれませんので、同じ感覚の方、こういう人もいるのねと広いお心で受け入れていただける方に読んでいただきたいと存じます m(_ _)m



まずは、大劇場のゲートをくぐり
壁面の でっかいポスターの真下に立ち、、見下されてみる♡

そして、公演プログラム
キキちゃん、、とても確実に 田渕先生の要求を実践していらっしゃる
オール見下しショット (´>ω<`)♡
田渕先生の求めていたものは、正にコレなのだろう

この時点で、今日の私の置かれる立場は ほぼ決まった
キキちゃんに支配される1日になるな、、と

私は15時開演
キキ様に見下され済のみなさんと入れ替わりに入場
そして、今日一 の見下されタイム

劇場ロビーの、あの丸い出演者のお写真

BC9B680B-BC44-415F-B306-769ECC00A00A

角度が、、角度が ヤバい
そ、そ、そんな 上からですか (/∀\*)

もうすぐ、生ロレンツォ様に会えるよ♪ .*
、、いや 殿 が先だ


★・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


ラムセス様に引き続き、マント捌きに気品が漂う ロレンツォ様
キキちゃんの好きなところのひとつに
ひとつひとつの動きに妥協がないところ があります
止まっている時も、動いている流れの中でも
頭から、指先、そして足先までも
常に美しく見えることに 神経を張り巡らせてる
暗転の明かりが消える瞬間まで、袖に捌ける瞬間まで気を抜かない
なので、写真で見る キキちゃんは どれも大変美しい

ロレンツォは、生まれながらに何もかもを手に入れている人物だ
そして、更にそれ以上になろうと考えている
実際は、とても仲の良かったと言われる 弟・ジュリアーノ(桜木みなと) ですが
この物語では、兄の存在を疎ましく思っている設定になっています
そういう点でも、ジュリアーノの持つことのできなかった
跡継ぎ というポジションまで無条件に与えられているのですよね
しかも、切れ者で有能な人物
野心・才能・運、、全てを兼ね備えている

こんな人物を演ずるには、やはり根っから〝上から〟になることが必要だと思う
ポスター撮影から 「世の中全てを見下して」 とリクエストした田渕先生は凄いですし
そのリクエストを、自分の中に落とし込んでいったキキちゃんも凄い
完全に〝上からな人〟になりきり、何事にも動じないメンタルを作り
そこに、キキちゃん 生まれ持っての気品も手伝って
あのロレンツォの メディチ家アピール全開!私は偉いのだ!と主張する真っ赤な衣装に負けない人物になっていたと思う

私が観劇したのは、初日の翌日だったけど
キキちゃんは、すっかり ロレンツォ・デ・メディチ だった


歴史上に、華々しく現れ、儚く散ったメディチ家にはドラマがあり
ロレンツォの生きた時代に本当に起こった『パッツィ家の陰謀』は
教会や外国までも巻き込んだ大事件
このドラマチックすぎる題材からインスピレーションを受けて作られた『異人たちのルネサンス』
もう少し、この部分にスポットが当たっていたら
途中、ちょいと眠くなることもなかったのかな、、と思う
レオナルド・ダ・ヴィンチが主役なので、仕方ないか、、

教会での、ロレンツォ暗殺計画が実行されるシーンでは
まさか、ロレンツォが死んでしまう結末か、、と 少しドキドキしました
そして、ちょっぴり『クコチヒコ』を彷彿させられました(笑)
残念だったのは、斬られて横たわるロレンツォ様のお顔が見えなかったこと
かなり前の席なら見えるのかな?

2番手さんだから美味しいのか
キキ様がカッコよすぎるのか
いずれにしろ、ロレンツォ様は本当に素敵でした

お衣装はひとつだけだったような、、
そこも、ちょっぴり残念


★・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、既に話題になっている フィナーレの男役群舞
お稽古場映像で、かなり期待値が上がっていました

真風さんが娘役と踊っている途中に
大階段の上にスタンバイする男役さん達
キキちゃん先頭で降りてくるかな、、と思い オペラでガン見しましたが、キキちゃんは いない(と思った)
キキちゃんは階段からではなく、舞台から出てくるのかなーって思っていたら
あーそういうことなのね!
文章で表しにくいのですが
キキちゃんは ど真ん中で男役を従えているのです
だから、先頭では降りてこないんです
(※ その後、キキちゃんは大階段上センターにスタンバっていたと聞かされ、一体何を見ていたんだ私 バカァッ!!(。´>д<)シ彡☆って なる)

まだ、本舞台では真風さんと娘役さんのダンスが同時進行中に
大階段にピシッと整列した男役の中央のキキちゃんにはスポットが当たっていました✧*。
その 神々しいこと ゚:*。(*゚д゚)ステキ*:゚
真風さん演ずるマエストロ(芸術家)を裁く聖職者という設定の男役さん達
真風さんのダンスも額縁をイメージしていますが
大階段の男役も手で額縁を作るような振り付けもあったりして
もう、既にめちゃくちゃカッコいい
男役が本舞台に降りて、真風さんを成敗(?)
真風さんは捌けてしまうので
群舞のセンターは早々にキキちゃんです(〃艸〃)

この後、もうね、、記憶が、、
そうなんです、カッコよすぎて記憶が曖昧
ただ、キキちゃんのクネった前髪が あざとくお顔にパラパラっと かかっていた光景が強烈な印象として残りました (///▽///)


もう一度、劇場に行こうか悩む
とにかく観たいのは、フィナーレの男役群舞なんですよね

ここは、我慢して
キキちゃん主演『群盗』に賭けようかな、、


、、、こんな感じで ロレンツォ様に翻弄された観劇でしたが
全体の感想も、また少し語れたらな、、と思います









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

宙組博多座『天赤』じゃなかった、、『黒い瞳/VIVA!FESTA!in HAKATA』

昨日、ラムセス関係の記事を書きながら
来年2月の宙組博多座公演は『天は赤い河のほとり』なのかな~と ふと思い
(。=`ω´=)ぇ? だったら ラムセスは誰なの? 
、、勝手に キキちゃんは博多座でないと予想、、
そんな、いらない心配をしていたら
博多座の演目が発表になりました

『黒い瞳』 と『VIVA!FESTA!in HAKATA』
 
『黒い瞳』は、再演2011年雪組
音月桂さん主演を、途中まで観たことがある (^-^;
今度、ちゃんと最後まで観てみよう
『VIVA!FESTA!』は 大劇場で観ました!
宙組生を全然知らない時だったのですが
すっごく楽しいショーでした (*^▽^)/★*☆♪


もう一方の
ドラマシティと日本青年館公演も
もうすぐ発表されますね!











ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

『黒い瞳』『ロック・オン! 』 [DVD]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2011-07-08


 

ラムセスフィーバーは続く

『天は赤い河のほとり』の作者・篠原千絵先生がTwitterで発表!

Sho-Comi にまた「天は赤い河のほとり」 スピンオフを描かせていただきます。
今度はコイツのお話し(*´ω`*)


「コイツ」 とは、、、

4528AF9E-BCA6-47E2-8550-A027D48CEA2C

キャッ(〃∀〃)、キキちゃん、、、じゃなかった ラムセス様~o(>∀<*)o

『天は赤い河のほとり』コミックを読破できなかった私が申し上げるのもどうか、、と思いますが
篠原先生、『天赤』ファンに加えて『芹香斗亜』ファンも喜ばす作戦に出られたのですね♡

宙組公演『天は赤い河のほとり』の上演が決まってから
このコミックを読んで、かなりハマった人が周囲におりますし
ヅカ友でない友人が、ずーっと以前から『天赤』の大ファンであったことも判明

大人気の『天赤』は
既に何本かのスピンオフが出ているのですね


この『ラムセス編』
もしかして、キキちゃん主演で舞台化 (*゚ロ゚)ハッ!!
宙組公演をご覧になった篠原先生の脳裏にも
キキラムちゃんが焼き付いたはず!
動くラムセスからインスピレーションを受けて物語を作ってくださるのだとしたら
キキちゃんが演じないわけにはいかないでしょう!

スピンオフなら、そんなに長編ではないよね?
出版されたら、読んでみたいかも
その際には、ラムセス様のお顔は キキちゃんに置き換えて読んじゃうことを、お許しください(人*´∀`)♪









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚