小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

夏葉ことり

花組『DANCE OLYMPIA』『マスカレード・ホテル』退団者

花組、退団者の発表がありました


❁⃘*.゚千幸あきさん (96期生) 
2020年1月22日 東京国際フォーラム公演『DANCE OLYMPIA』千秋楽にて退団

ダンスが素敵な印象が残っています
卒業となる公演は、ダンスコンサート 
沢山の場面で輝いていただきたいです

 
❁⃘*.゚夏葉ことりさん(101期生) 
2020年1月27日 日本青年館ホール公演『マスカレード・ホテル』千秋楽にて退団

ことりちゃんは、綺麗な歌声の娘役さんですよね
『マスカレード…』では『野宮巡査』役と発表されていました
どんな役づくりをされるのでしょうね
『MY HERO』では、コメディエンヌぶりを発揮していてとても可愛らしかったです
あの時のような、生き生きした舞台姿を拝見したいです
こちらは 観劇予定ですので
しっかりとタカラジェンヌとしてのラストステージを観させていただきたいです







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

夏葉ことりちゃん『CASANOVA』を休演

花組の 夏葉ことりちゃんが
『CASANOVA』ムラ・東京 どちらも休演すると発表がありました
新人公演も出演しないと明記してありましたね

このところ、別箱には ほとんど名前がなく心配していました

ことりちゃんの、憎めない笑顔と綺麗な歌声が好きでしたので
復帰を願っています

101期生、、お年頃の女の子
心と身体、思い通りにいかなかったり大変だと思いますが
大好きな舞台に再び戻ってこれるよう
頑張ってください!!

 





ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


 
 

【ハピリポ】娘役さんの感想と 締めの言葉『MESSIAH』新人公演⑤

花組『MESSIAH』新人公演
娘役さんの感想です

福 ✩ 華優希 (桜咲彩花) 
とき ✩ 糸月雪羽 (華雅りりか) 
咲 ✩ 音くり寿 (城妃美伶) 

はなちゃん、いとちゃん、おとちゃん の100期トリオ
お芝居が上手ですね
本公演での 子供たち が それぞれ
母の顔、妻の顔、姉の顔 になっていました
四郎の ほのちゃん(聖乃あすか) が ステージトークで
同期が家族の役で本当に安心できた、、という お話をしていました
姉と妹、そして 義兄(泉まいら) と、普段の信頼関係が舞台でも良い効果が出ていたと感じました

はなちゃんは、変幻自在
不思議な魅力を持った娘役さんですよね
あんなに子役も魅力的なのに、、新人公演では母性が溢れていて 同じ人物と思えないくらいです
そして、やはり 和物が似合うと思う
何度も言ってるけど、雪組のトップ娘役さんにピッタリと思います!

おとくりちゃんは、辛いほど 上手い
台詞の明瞭さは抜きん出ているし、間のとり方 や 居方も抜群です
それが、容姿の幼さとアンバランスに感じてしまう瞬間があるんですよね
個人的に、おとくりちゃんがとても好きなので
現在の、はなちゃん・ひっとん の爆上げに負けないで!
もう少し年齢を重ねると、芸と外見が合ってくると思うから頑張ってほしいです


小平 ✩ 都姫ここ (華優希)

可愛らしい容姿が目を引く 研一さん
演技も本役の はなちゃん を良く見ているのだな、と思えて好感が持てました


ゆき ✩ 若草萌香 (芽吹幸奈)

歌パートのある くみさんの役を もえかちゃんが演じてくれたことで
この新人公演が より本公演に近い出来になったと思います
本公演でも くみさんの歌は まるでBGMのような心地良さなのですが
その雰囲気を全く壊していません

もえかちゃんは、歌で戦力になるのは もちろんですが
花組の芸達者 たそ(天真みちる) が抜けてしまう穴を埋める存在だと思います
峰果とわちゃんと共に、〝娘役版たそ〟を 引き受けてほしいと思います
『Senhor CRUZEIRO!』の一場面を ふと思い出して
そんなふうに感じました


みね ✩ 夏葉ことり (鞠花ゆめ)

冬の4分割には、前回の別箱同様 名前がなく辛いですね
嫌味がない愛らしいお顔をしているので
なんとか、踏みとどまってほしいと願っています
ことりちゃんにしか出来ない役があると思います
花組にとって大切な人材になれるのではないでしょうか

今回の新人公演では、老け役として
ヒロイン・ひっとん(舞空瞳) に常に寄り添う役を好演していたと思います


⋆*❁*


長々と新人公演についての感想を綴ってきました
本当にとても素晴らしい 新人公演でした

中盤の ビックナンバーも本公演に劣ることはなく
考えてみると、本公演でも 歌で活躍している下級生さんは花組には大勢いるのに気づかされます
元々 歌えるメンバーが、更にギアを上げて人数の少なさをカバーしようと
大きな口を開けて、全力で歌っている姿に
ホントにホントに感動しました (ㅅ´∀`*) 


たった 2回のお披露目しか出来ない 新人公演
それにかける、大いなるエネルギーに
いつもながら感心いたします


6BE3A8BB-F484-4328-9629-564E6D9488CC








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

【ハピリポ】コメディで磨かれる 花組子たち『MY HERO』

『スカピン』の翌日に 初『MY HERO』
最近は
花×3→星・星→花 そして 星→花…
あ~ なんだか 気持ちが忙しすぎて (•∇•;)
興奮と感動の連続に
心が、、、ついていけないよー

昨日は『MY HERO』 
めちゃくちゃ 楽しかったヾ(〃^∇^)ノ

小ネタの仕込みが多すぎて。:+((*´艸`))+:。 
もう、笑いまくりです
 
『スカピン』直後のせいか、、、
主要メンバーの歌にノンストレスなのが、なんとも心地よい、、((*´∀`*)) 


☆。.:*・゜


アクション・ステージ、、いや
アクション・コメディステージ

花組大好きな私としては
この〝コメディ〟を
花組の誇る 正統派 キキちな を頂点に
若いメンバーで演ってくれたことがとっても嬉しい

喜劇は悲劇より
数倍 難しいんでは、、と思っています

実に くだらなく見える場面は
実は とても計算されていて
出演者の吹っ切れた演技が必要です

計算された絶妙なテンポを外すことは許されず
まくし立てるような台詞が多いです
台詞が聞き取りにくくては
笑える台詞も笑えませんので
発声と滑舌の良さも要求され
その上
心から楽しんでいなければ観客は楽しいと思えないと思います

若い花組生は
とても舞台人として学ぶことの多い演目だったんではないでしょうか

お年寄り役なんて
それは、美味しい役だったと思います
舞台ではスパイスとなる
常にチームで出てくる ゴールド(シルバー)・ファイブ
特に最下級生の キミー役 夏葉ことりちゃんの頑張りが目を引きました


上級生では
しいちゃん(和海しょう) が、ものすごい役替わりで大活躍
くみさん(芽吹幸奈) が、涙を誘う演技
たそ(天真みちる)・るなさん(冴月瑠那) は
それぞれの三人組と五人組のリーダーとしてコメディ部分を締めて、一歩間違えば残念になってしまう場面でしっかりと笑いを誘っていました

下級生も何役もこなし
一人ひとりが全力で舞台に立つ姿が清々しく
更に花組が大好きになりました♡


☆。.:*・゜


コメディ作品について
ちょいと真面目に語ってしまいましたが

実のところ
ただ単純に思いっきり楽しめる舞台だったのです

前楽にもう一度 観劇します
私の観劇祭りの締めくくりとして
また 大笑い してきますよー(((笑´∀`笑)))))

IMG_0262



 

ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



【ハピリポ】全国ツアー花組『仮面のロマネスク』その③

テレビでドラマを見ていて

「ねぇねぇ、今の人って誰だっけ??」 
「え、今のどういうこと??」

とか、一緒に見てる人に良く聞く人は
舞台を観る前に、原作を予習するのがいいのかもしれませんね
初見の感想や感動を大事にしたい人は、あえて原作を知らない方がいいかもしれません

ストーリーを知らない物語を観劇する場合
予め、予備知識を入れておくかどうかは
それぞれに 見解が分かれるところです

私はどちらかと言えば 後者 
予備知識なしで観たい方です

観劇前に 娘から『仮面のロマネスク』の原作『危険な関係』の映画版DVDをもらっていたのですが
観劇後に ゆっくりと鑑賞しました
映画版を見ると、色々と合点のいく部分があります
崩れゆく貴族社会における、奔放で節操のない男女関係がテーマになっている映画版
(なのかな?原作は読んでません(^^;))
メルトゥイユは かなり年配です
ヴァルモンは、みりおくんの3倍くらい顔が大きいです

この物語を 宝塚版に、、、
トップコンビ中心のラブストーリー仕立て にすると
こうなるんですね
と、納得できました

台詞や動きなど、映画版を忠実に再現している場面も多く ちょっと楽しいですし
観劇してから映画鑑賞もアリかなって思いました
〝手紙〟がキーポイントなのも、そーなのかって思います

人間関係を把握するのが不得意な方は
映画版をご覧になってから劇場に、、と お薦めしたいですが
全国ツアーも今日から関東シリーズ(今回、短いですよねー)
もう、間に合わないかもしれませんね (・∀・;)


映画版では若き日の キアヌ・リーブス が演じる ダンス二ー
なるほど映画版ではダンス二ーがイケメン担当なのね
キキちゃんが純情青年を可愛く演じていました

キキちゃん と心を通わせているセシルは 音くりちゃん
今回 お芝居では、得意の歌を発揮する場面がなくて少し残念です
私は『アーネスト、、』で、この2人のコンビを観れていなかったので楽しみにしていたんです♡
とっても並びが良いと思いました
背の高さに差がありすぎそうなのに、並ぶとシックリくる!正統派同士だからでしょうか
気の早い話ですが、、学年的にも トップコンビになってもいいんじゃないの (σ゚∀゚)σ


ほってい と あすかちゃんの3人組がテーマ音楽に乗って出てくる度に
ウキウキしてました♡
この2人は これからどんどん役付きが良くなっていくのでしょうね
あすかちゃんは しばらくは〝少年役〟でしょうか、、
まるで、下級生時代のみりおくんのようですね
ホントに成長が楽しみです (* ˘ ³˘)♡*

メルトゥイユのお散歩シーンで
「ミモザの花の~...♪*゚」とソロを唄う
夏葉ことりちゃん の歌が良かったです


もう一度、観劇の予定です ❀.(*´▽`*)❀.
どんな風に作品が育っているのか、、、
また、体感できると思うと 嬉しいです
またハッピーレポートで感想を綴りますね




ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  


✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚