小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

千秋楽

明日海りお様、ご卒業おめでとうございます

本当に この日が来てしまったのですね

心地よい みりおくん(明日海りお) の唄声が
ここ何日か、ずっと頭の中に流れています
この唄声に
どれだけ癒され、元気をもらい、心が潤ったことでしょう

子供の頃に宝塚に出会い
キラキラとした世界に憧れました
深く関わった時間もあれば、少し遠ざかっていた時間もありました
多くのスターさんから幸せをいただきましたが
私にとっては
『明日海りお』というスターは
永遠に特別な存在です

遅れてきた青春時代を過ごしたような、、

夢のような日々に感謝の気持ちでいっぱいです


2D938E91-380C-450B-BD64-607462C9E2BD


ご卒業、本当におめでとうございます








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

星組さん、千秋楽おめでとうございます『食聖/エクレール ブリアン』

台風が過ぎ去り、各地での被害のニュースに心が痛みます

宝塚ファンにとっては
なぜ、このタイミングで、、(;A;) と
言い様のない悲しさですが
本日もたくさんのイベントなどが中止になる中
大きな台風の次の日に、公演が出来ることを
逆に、とっても幸運だ と思わないといけないのかもしれませんね

サヨナラショーが中止になるのは
阪神・淡路大震災での
元花組トップスター・安寿ミラさん以来のことのようで
星組トップスター・紅ゆずるさんも
ファンの方にとっては、嬉しくないことでしょうが
語り継がれるトップスターになるのでしょうね


順風満帆ではなかった宝塚人生を
笑顔で乗り越えてこられた 紅さん
ラストまで、天候という壁が立ちはだかりましたが
今日は、それをも乗り越えて
きっと、最高の舞台を見せてくださることでしょう

紅ゆずるさん
如月蓮さん
麻央侑希さん
綺咲愛里さん
蓮月りらんさん

ご卒業、おめでとうございます


もう、千秋楽の幕が上がっている時間ですね
劇場に、全国の映画館に
多くのファンの方々が無事に到着していらっしゃることを祈りたいです
今も 乱れた交通網の中
劇場や映画館に向かっている方もいらっしゃるかもしれませんね
一人でも多くの方が
退団者の最後のお姿を見られますように








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






 

本日、明日海りお様 宝塚大劇場を卒業

ずっと、9月30日のお天気が気になっていました
絶望的な予報だった時もあったけど
なんとなく、雨は降らないんじゃないかって
ファンのみなさんは思っていたんじゃないでしょうか

私も、みりおくん(明日海りお) の
晴れ男(役) パワーを信じていました


❁.*・゚


昨日は、劇場ならではの感動を味わい
本日は、映画のスクリーンで みりおくんの美しさを堪能させていただきました
オペラグラスを覗かず
ちょっと、拍手をおサボりして
ただただ、スクリーンの みりおくんに集中できる
ある意味、とても贅沢をさせてもらいました

サヨナラショー と ご挨拶

清々しい表情の みりおくん

これまで、毎公演 
千秋楽には退団者のご挨拶があって
それを映像で何度も見て涙してきたけど
必ず来ると分かっていながら
来ないんじゃないか、、なんて思っていた 
その日の みりおくんがスクリーンに映し出さていることが
嘘のようで、、本当のことで、、

みりおくんを好きになってからの
楽しくて、ワクワクして、ドキドキして、満ち足りた気持ち
夢のような時間を振り返って
今は、、
自分が どんな感情なのかが よく分からなくて
呆然としています
まだ、東京公演がありますが
私にとっても本拠地である宝塚の舞台では
もう、みりおくんの姿を観られないという真実

何度かのカーテンコールの後
最後に緞帳の前に 一人出てきてくれた みりおくん が

こっち側に来てしまったので
(緞帳の) 向こう側の私はお見せできません

と、ちょっとお茶目に言った言葉が
あまりにも真実過ぎて、、
今、その意味を 噛み締め 噛み締め 噛み締めています

でも、幸せな時間を過ごしたのも真実

夢の名残は、うん、、胸に残るから、、

A072D1F0-11B4-4AC3-9087-69E63D0F8F82










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







 

『シャルム!』黒燕尾の振り付け~過去作品から~について

みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演『シャルム!』
特に後半は サヨナラ要素が詰まっていて
涙なしで観ることができません

C26C9BF3-7D6E-43AA-8E4C-68D1EF05C96C
 
きっと、みりおくんはそうだろうな と思っていた
シンプルで飾りのない黒燕尾 
振り付けは ANJU先生(安寿ミラ)、元花組トップスターさんです
これまでも、多くの作品で関わり
みりおくんのことも、見つめ続けてくれていたに違いありません

幕が上がる前から
この黒燕尾には、みりおくんの過去に演じた役が詰め込まれていると話題になっていました
なので、初日から そのつもりで観せていただき
色々と これだ!と思っては
ウルウルしました(;A;)

ところが
時間が過ぎていくと同時に
少しづつ〝正解〟が分かってきて、、

え(。=`ω´=)?

私が思っていたのと、全然違う

あっ これは〇〇だな!と、勝手に感動していたのですが
完全に振りを採用してるものもあれば、役のイメージもあるのかな?
宝塚では、似たような振付も多いから
勘違いしやすいのかも、、

全てではありませんが〝正解〟を知り
全然違ったー(ノ´>∀<`) とは思いましたが
黒燕尾の素敵な みりおくんを拝見しながら
みりおくんの これまで演じてこられた沢山の役柄に思いを馳せる時間という点では間違っていなくて
みりおくんの表情や手の動きから
正に走馬灯のように、沢山の場面が蘇ってくるのだから
ANJU先生が考えてくださった 振りと役が本当の正解なんだろうけど
それぞれが「これは」と思ったものも正解なんじゃないかって思うんです

一人ひとり、心に強く残るシーンは違うでしょうし
みりおくんの、この表情が好き というのも違うのだから

ANJU先生の振り付けてくださった黒燕尾は
実際に舞台で踊っている みりおくんの姿を観ながら
それぞれが、思い出に浸ることのできる
本当にスペシャルな時間だなぁ、と思います

そして、続けて銀橋で歌う『ケ・サラ』が最高ですね

みりおくんが真っ直ぐに銀橋を進んでいく姿が
本当に神々しい ° ✧ (*´ `*) ✧ °

演出の稲葉太地先生がフランスで
ふと「この曲をラストに歌ったらいいんじゃないか」と思い
それを話すと、みりおくんもこの曲が好きだったというお話も素敵ですね

私は、この曲を知りませんでしたが
稲葉先生に、何かが舞い降りるように
この素敵な曲をセレクトすることになった運命に感謝したい気持ちです

宝塚大劇場の千秋楽まで残り10日間

私の大劇場での観劇は残りたった1回となりました

千秋楽は、ライブ中継で観ることができる時代になっていて
それにも、本当に感謝てす








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




星組『食聖』千秋楽映像~花組ファン目線

遅ればせながら、星組千秋楽映像をスカステさんで拝見しました
仲良くコンビで同時退団
花組ファンには経験することの難しい気がする ハッピーシュチュエーション

トップさんと同時退団するトップ娘役さん
まずは 「ご一緒に退団させていただいて 良いでしょうか?」 と
トップさんにお伺いをたてて、了承を得る
そして千秋楽には 「ご一緒できて 本当に光栄です♡」 と発言する、、こんな場面に かつて幾度か遭遇しました
何となく〝おきまり〟のように感じていましたが
これって、当たり前ではなく
ホントーに光栄なことなのかもしれない と
現在、身をもって感じております
経営戦略などの諸事情や伝統
個人の希望が叶わないケースもあるでしょうね

仲良しコンビの同時退団は
コンビを応援してきたファンにとっては最高のラストですよね
幸せに満ち足りた気持ちになるんだろうな
やっぱり、羨ましい

私は、トップさんの退団というと
案外 カラッとしたイメージを持っていたのですが
昔とは ちょっと違ってきて
最近は、涙 涙の退団を良く目にするようになった気がします
紅さま(紅ゆずる) も、あーちゃん(綺咲愛里) も
涙、涙、涙、、…>_<…
きっと、客席も
涙、涙、涙、、だったことでしょうね

紅さま、あーちゃん
宝塚大劇場ご卒業、おめでとうございました


•*¨*•.¸¸☆*・゚


さて、この公演から
花組から組替えになった ひっとん(舞空瞳) が星組生となりました
花組ファンからすると
大切な大切な花娘を 泣く泣く送り出したワケで
星組さんに馴染んでいるだろうか
可愛いがられているだろうか と
保護者のような気持ちで 星組の舞台に立つ ひっとんを見守ってしまいます

次期トップコンビとして相手役となる まこっちゃん(礼真琴) は
舞台で ひっとんに限りなく優しい視線を送ってくださり
ひっとんファンとしては、喜びと感謝でいっぱいです
相手役の まこっちゃんが守ってくれたら これ以上の幸せはない
、、、のですが
やはり、トキのトップさんにも
歓迎されている様子を見たかったな、、と思ってしまいます

紅さま と言えば 星組!
これまでも、強い星組愛を随所に感じてきました
星組ファンの方々にとっては、最高のトップさんでしょうね

最初に思ったのは『NOW ON STAGE』なんです
紅さまから、ひっとん に対する発言はありませんでした
ひっとんの話が出ないなら仕方ないのだけど
2番手である まこっちゃんの場面の話になれば
どうやっても ひっとんのことが話題になります
あれほど、喋りに長けた方なのだから、ちょっとくらい 触れてくれてもいいのにな、、と寂しい気持ちになりました

ひっとん ついては
お芝居では、専科の みつる(華形ひかる) と てんてん(天寿光希) が 少し まこっちゃんにツッコんでくれたのが嬉しかった
ショーについては、まこっちゃんが照れながら早口で一気に喋っただけでした (その まこっちゃんにキュンキュンしましたけど♡)
でも、紅さまが ひっとんの名前を口にされることはなく、、( ; _ ; )
公演では、私は2回しか観てないから 見落としがあるかもしれませんが
紅さまと ひっとんの絡みは ほぼなくて
それは、演出だから どうしようもないのかもしれないけど
紅さま、、ひっとんのこと 見えていますか?と
問いかけたくなってしまいました ( ; _ ; )

そして、千秋楽映像
紅さまは 「まこっちゃんに そのまま引き継げること」 が幸せと話されました
生粋星組生の自分から、生粋星組生のまこっちゃんへ、、ということかな?
ここでも、花担の私は トップ娘役となる ひっとんの名前が出なかったことに ちょっぴりガッカリ

ご自身の退団で、それどころではないかもしれないけど
まだ下級生の ひっとんが
しかもトップ娘役になるために、不安を抱え組替えしたのだから
トップさんから チラッとでも話題にしてほしかったな、、、

きっと、星組生初心者マークのひっとんは
一生懸命 星組に馴染む努力をして
真ん中の 紅さまに熱い視線を送っていたと思います
そう思うと切なくて、、

東京の初日とか千秋楽で
紅さま、、ひっとんが星組に来たことを紹介してくださらないかな~
そして、その光景をスカステさんで放送してくださらないかな~
もちろん、もう仲間と認めてくださっているのでしょうが
ひっとんを紹介する紅さま、そして トップの紅さまに紹介される ひっとんを見たいのです
それが、ひっとんファンにとっては
凄く嬉しいことだから 


宙組への異動が決まった、しどーちゃん(紫藤りゅう) も
まだ、別箱とタカスペがありますが
星組生として大劇場の舞台に立つのは千秋楽が最後でしたよね
このことについては、触れてくれていたのかな?
劇場やライビュー会場には、たくさんの しどーちゃんファンもいらしたでしょうから
触れてもらえたら、それは嬉しかったと思います

私が見たのは、タカニューのダイジェスト映像でしたから
実際には、しどーちゃんのこと や ひっとんのことも話してくれていたかもしれませんね
もし そうなら 嬉しいです



紅さま と あーちゃん の感動のお二人のやり取りの後
「愛する みんな~」 と 紅さまが組子を舞台に呼び
そこで、紅さまが 号泣のまこっちゃんのことを イジります
泣き顔の まこっちゃんのお隣に、ひっとん が笑顔で寄り添ってる姿が本当に可愛かったから
それだけで満足するべきなのかな











ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚