小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

凰稀かなめ

ゆきちゃん退団発表から、みりおくんについて とりとめのない話

ゆきちゃん(仙名彩世) の退団発表の日から
すごく色々なことを考えているのだけど
気持ちが まとまりません
 
花乃まりあさんの退団が決まった時
次期トップ娘役は、ゆきちゃん がいいな、、と思いました
ゆきちゃんのスキルの高さは魅力ですし
経験豊富で自立していて
何より、舞台に対して真摯に向き合うストイックなところが
トップスターの みりおくん(明日海りお) に近いと思ったから
そして もちろん、ゆきちゃん が好きだったから

しかしながら、完全な みりおくんファンなので
何より重要なことは、みりおくんが幸せそうであることだったのだと思う

そして、ゆきちゃんは
その願望を叶えてくれる 素晴らしいトップ娘役さんでした


みりおくんはタイプとして
相手役さんとの、いわゆる コンビ萌え する男役さんではない
孤高の男役 という存在感
最近のトップさんでは、凰稀かなめさん が同じタイプのように思います
相手役がいらないわけではないんだけど
男役と娘役が醸し出す 胸キュン、娘役さんが居てこそカッコいい男役 みたいな
宝塚ファンが求めている感情を
1人でも全部与えてくれるような、、そんな感覚
『ポーの一族』の大成功は
みりおくんが、そういうタイプのトップさんだからだと思うんですよね

宝塚 なので
いつも、そうではないんですよ
ラブストーリーの演目であれば
THE男役を見せてくれますし
若者も大人の男も、自信満々も軟弱も、どんな役でも自分のものにできる
演出家の先生や劇団も
きっと、明日海りお にやらせてみたいことが あり過ぎるのだと思う
成長し続けているので
その時 その時に やらせたい事も変化し
要するに、終わりがないのだ
いろんな 明日海りお を観たい!という感情は抑えることは出来ない
思い返せば
月組に在籍していた時と、現在は ある意味 別人のような気もする

①月組の貴公子時代
②花組組替え後の組カラーに馴染もうと努力してる時期
③トップとなり一身に責任を背負い 全うしようとしていた時期
④花男を確立しショーで思いっきりオラオラした時期
相手役は 時期ごとに変わりました
①ちゃぴ や ゆうみちゃん
②らんはなちゃん
③かのちゃん
④ゆきちゃん
時代を経て、どんどんと進化し変化してきた みりおくん
ゆきちゃんが卒業してからは
また、新たな明日海りお がスタートする、、と信じたい
相手役なしで、卒業してしまうのは嫌です
できれば、どなたかと組んで
次のステージへと進んでほしいです
相手役さんに塩対応な みりおくん ですが
さみしくないように、相手役さんに寄り添ってほしい
そして、その相手役さんは
みりおくんと組んだ後、次のトップさんと また新しい時代を造っていってほしい


みりおくんのトップ在任期間や
ゆきちゃんの単独退団発表について
あれこれと憶測して
これからの花組に関して妄想が広がってしまいます
きっと、既に決定していることなのでだろうけど
公式に発表があるまでは
可能性は無数なので、妄想を止めることは無理です

けど、変わらないことは
応援している みりおくんの幸せそうな姿を見ていたい!ということ
どんな未来が用意されていようと
年末は『Delight Holiday』で みりゆき の歌に酔いしれ
来年の『CASANOVA』で、ゆきちゃんの卒業をしっかりと見送り
みりおくんが宝塚に居てくれる限り応援し続ける
まずは、この 3つの決定事項に全力投球しようと思います










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




卒業されるトップスターさんのご挨拶のお衣装~宙組編

昨夜、スカステで
宙組六代目トップスター・凰稀かなめさんのサヨナラ公演
『白夜の誓い/PHOENIX宝塚!!』
宝塚大劇場千秋楽が放送されました 

サヨナラショー、そして、凰稀かなめさんのご挨拶(他の退団メンバーの挨拶は割愛されていた(´・ω・`;)) も拝見しました

かなめさんは 白軍服で大階段に登場
客席は悲鳴と ざわめき(((o(*`>ω<´*)o)))
何かサプライズがしたいと思っていた かなめさんは
心の中で ガッツポーズ(๑•̀ •́)و✧

卒業の大階段を降りる時
トップスターだけに許される 紋付袴以外の お衣装
男役の制服 ともいえる『黒燕尾』を着られるのは
時折 目にしますが『白軍服』は確かに新鮮で
かなめさん の狙いどおりの客席の反応となったのですね

あっと言わせたくて、、
『白燕尾』も考えたそうですね
けど、、『白燕尾』なら やっぱ『黒燕尾』ですよね

『白軍服』が自分にめちゃくちゃ似合うことも承知で選んだお衣装だけに
本当に本当に美しくて
テレビ画面越しでも うっとり(∩˘ω˘∩ )♡してしまいました
真っ白な軍服に、花束は真紅のカラー
同期生は当時花組生の 紫峰七海さん、花束ではなく
同じ真紅のカラーを使ったコサージュをかなめさんの胸に付けられました
センスが光ります✧✧

かなめさんの白軍服が素敵すぎて
次にもし『白軍服』で卒業したい、、って思っている方がいるとしたら
相当に勇気がいりますよね、、これは


゚・*:.。.*.:*・゚.:*・゚*


トップスターさんの退団で『黒燕尾』
記憶に新しい方では

宙組七代目・朝夏まなとさん

ん、宙組は紋付袴じゃないのが伝統か (・・?)

宙組五代目・大空祐飛さん ー『黒燕尾』
宙組四代目・大和悠河さん ー『黒燕尾』

お、お、お、、これは ーーー( ̄□||||!!

宙組三代目・貴城けいさん ー『紋付袴』

あ~~~ ちょっぴり残念

宙組二代目・和央ようかさん ー『黒燕尾』

ほら、ほら (゚∀゚*)

宙組初代・姿月あさとさん ー『紋付袴』

あ~~~
初代は『みどりの袴』でした (ノ∀`)

しかし、もしかして他組に比べて
ずいぶん〝袴じゃない率〟が高いんじゃないですか?
新しく自由な組カラーの 宙組らしさ が
こういうところにも出ているように感じますね


この流れで、、、
私の個人的な願望を申し上げますと

宙組九代目トップになられる可能性が高い キキさま、、
『白軍服許されるジェンヌさん』は、あなた様しかいらっしゃらない!

それには、キキちゃんの代表作に白軍服がないと始まらない
、、、ってことは やっぱりいずれは『うたかたの恋』を演ってもらうしかないんですよね

というわけで
劇団様、どうぞよろしくお願いいたします


ちなみに、キキちゃん
『愛と青春の旅だち』の新公主演で
白軍服姿がありましたね
白軍服似合うこと立証済です(๑´ㅂ`๑)♡

でも これは海軍士官だから、、ちょっと違うかな
宝塚だから、貴族 でないとね!







ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

超絶バブリーな花組博多座ポスター

昨日、地元の中日劇場で
星組『うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA』を観てきました

(。-`ω´-)ンー     «あくまで 個人の感想です»

家に帰り
凰稀かなめさん主演 宙組『うたかたの恋』が
どうしても観たくなって、、、
はい (*´∇`*)
思いっきり泣いて、うたかたの世界に浸り スッキリしました
美しかった~.゚+.(´∀`*).+゚.


٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・٭•。

 
既に 花組ロスに陥っておりますが
ロス吹き飛ばし系の
博多座花組公演ポスターが出ましたね~

EBA1981F-BA77-4D4C-A2F6-364478A2315D

イエ───(σ≧∀≦)σ───ィ


『あかねさす紫の花』は役替わりもあるせいか
ビジュアルは解禁されず、、

いいよ、いいよ『Santé!!』大好きですから♡


Let's PARTY!!








ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




2013宙組で『うたかたの恋』を予習

来年2月の中日劇場 星組公演『うたかたの恋』
配役も発表になって
何より かいちゃん(七海ひろき) が
2番手格の『ジャン・サルヴァドル大公』で
良かった~♡と、思いました (∩´ω`∩)
 
5D2B768E-E392-40BF-A622-5CB5E10312B5


予習のため 2013年宙組
凰稀かなめ & 実咲凜音 主演バージョンを見返してみました

この時、2番手の まあさま(朝夏まなと) が ジャン役だったので
なんだかとても印象に残っていたのですが
見返してみますと、、、
出番、少ないんだ、、( ºΔº )
、、、っていうか
みんな 少ないけど

『うたかたの恋』は
ルドルフ と マリーの二人芝居の場面が多いです
密会してるんだから、当然 そうなっちゃいますよね~
歌もほぼ主演コンビですし、、、
主演に注目して観ていると
そのことを、あまり感じないのですが
脇役目線になってみると
ものすごく、脇の人達の出番の少なさを感じてしまいますね
そういうとこは
『ME AND MY GIRL』っぽい演目かな、と思います

いわゆる〝美味しい役〟は
歌の見せ場がある『マリンカ』
2013 は せーこちゃん(純矢ちとせ)、今回は あんるさん(夢妃杏瑠)
それと
ルドルフの侍従のおじいちゃん『ロシェック』が可愛くて
ルドルフの従僕の『ブラッドフィッシュ』は
『仮面のロマネスク』の『アゾラン』のような役どころで
貴族ばかりの登場人物の中で異質な存在なので
とても目立つように思います

『ロシェック』は
2013 は すっしーさん(寿つかさ)、今回は ひろ香祐さん
『ブラッドフィッシュ』は
2013 は 松風輝さん、今回は 如月蓮さん


それ以外の役は
どれも、ボリューム的にも役的にも
そこまで、、、って感じかな?
ま、かいちゃんの役は
本編では あまり出てきませんが
〝狂言回し〟の役目がありますので
やや、重要人物っぽいんですけど

なので、その〝美味しくない役〟ならば
少ない見せ場で、どれだけ〝キラリ°˖✧〟と光るか
ってことが重要ですよね

そういう意味で
2013年版を観て思いました

私の中で〝いい役〟と印象に残っていた『ジャン』
まあさま が、やはりカッコよく演じていたのですよね

娘役の序列を知らずに見たら
ジャンの恋人『ミリー』より、ルドルフの正妻『ステファニー』が格上なのかと思ってしまいそうでした
皇太子妃という位の高さもあるのかもしれませんが
伶美うららちゃんの、圧倒的な美しさが強烈に印象に残りました


2013年版 本編後に流れる『MAIN CAST』は こうでした
※ ( )内は今回の配役

ルドルフ ✩ 凰稀かなめ (紅ゆずる)
マリー・ヴェッツェラ ✩ 実咲凜音 (綺咲愛里)
ヨゼフ皇帝 ✩ 悠未ひろ (十碧れいや)
フードリヒ公爵 ✩ 緒月遠麻 (凪七瑠海)
ジャン・サルヴァドル大公 ✩ 朝夏まなと (七海ひろき)
エリザベート ✩ 美穂圭子 (万里柚美)
ジェシカ ✩ 鈴奈沙也 (澪乃桜季)
ブラッドフィッシュ ✩ 松風輝 (如月蓮)
ゼップス ✩ 風馬翔 (大輝真琴)
ロシェック ✩ 寿つかさ (ひろ香祐)
ミリー・ステュベル ✩ すみれ乃麗 (音波みのり)
フェルディナンド大公 ✩ 愛月ひかる (極美慎)

『ステファニー』は、MAIN CASTには入っていませんでした
ちなみに『マリンカ』も
役のボリュームだけでなく
その時の学年の絡みとかあるのでしょうね

今回『ミリー』を演じるのは 音波みのりちゃん
かいちゃんの恋人役で羨ましいですが
見せ場の少ない役どころで、どんなふうに存在感を出してきてくれるでしょうか

2013年版ではギリギリ名前が載った『フェルディナンド大公』は
今回は、極美慎ちゃん
ここには、しどーちゃん(紫藤りゅう) が入るのが順当のような気がするので
配役から極美慎ちゃんへの期待が感じられますね

宙組から組替え後、初の星組生での出演となる 華雪りらちゃんは
特に目立った役に抜擢はされていませんね


゚・*:.。.*.:*・゚.:*・゚*


それにして
凰稀かなめさんは本当に綺麗でした
お顔は もちろんですが
マリーを抱き寄せる時の手の動きには うっとり しますし
軍服の着こなしも素敵♡
等身も漫画レベルです (♡ω♡)

ピストルでの心中シーンは
切なさが伝わってきて、泣けました (;ω;)


宝塚らしい作品『うたかたの恋』
宝塚の男役らしい役『ルドルフ』

幕が開き
冒頭のルドルフとマリーのダンスシーン
始まっていきなり

『キキひっとん』で観たいなぁ、、と
また 思ってしまった (;'ω'∩)

キキちゃん の ルドルフ は
まだ、希望をすてていませんが

まずは
紅ルドルフ と あーちゃんマリー の
ラブラブっぷりを拝見しましょう







ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




2回組替えしてトップスターになり輝く、、の法則

『ハンナのお花屋さん』
この作品、大阪にも来るのでしょうか、、、
『オーム・シャンティ・オーム』も少し期間を空けてから来たし
、、、けど
もし実現しても キキちゃんはいないんだ
、、、また 泣く(;_;)


それにしても
『邪馬台国の風』に続き
またまた東京で雨続きな花組でしたね

ゆきちゃん、、前トップ娘役さんから
『雨姫』をしっかりと受け継いでしまったようですね
就任以来、ロケでは大雨
東京宝塚公演では記録的な雨続き
『ハンナ…』のライブ中継日は台風、そして千秋楽も台風で大雨、、

嵐を呼ぶ娘役

けど、観劇に出かける側としては
あまり ありがたくないですので
来年からは
『晴れ娘役』に転向してほしいですね(o・ω-人)


⋆*❁*


『ハンナのお花屋さん』
来て欲しくない千秋楽が終わってしまいました

本日 9:00の時点では
公式HPでは、まだ キキちゃんは花組生でした

C6342FF5-04D5-4A15-97A9-A327D40E54A0

10時半に再び HPを見ると、、
宙組マークになっていました (;ω;)
分かっているんだけど、、さみしいです


キキちゃん にとっては2回目の組替えです

宙組は1998年に産声をあげた新しい組
花月雪星から集められたメンバーで始まった組ですので
宙組としての伝統はなくても
全ての組の伝統が混ざりあった組とも言えるわけです

宙組発足以来、まだ宙組生粋のトップスターさんは登場していません
来年は宙組誕生から20年となりますので
そろそろ、宙組生まれのトップスターさんが現れるかもしれませんね

それに一番近いのは
ずんちゃん(桜木みなと) かな、、と思ったりしますが
こればかりは、思い描くようにはいかないものです
タイミングが合わなければ、、組替えの可能性もありますもんね

というわけで
歴代の宙組トップスターさんは全員が組替え経験者

中でも
初代トップスターの姿月あさとさん
花組→月組→宙組

5代目・大空祐飛さん
月組→花組→宙組

6代目・凰稀かなめさん
雪組→星組→宙組

現在まで、7名の宙組トップスターのうち
3名が2回の組替えを経験しているのです

キキちゃんの組替えを聞いた時
2回も組替えなんて、、、。゚( ゚இωஇ゚)゚。
ひどいわ!って思いましたが
過去にも、何人も経験者がいらっしゃるのです


先日 スカステで放送された
『ICHIGO-ICHIE』明日海りお&七海ひろき編の中でも
〝組替え〟について語られていました

1度退団したような気持ちになる

と、みりかい 揃って話していましたよね
それくらい、タカラジェンヌにとっては大変な事を
2回も経験してしまったら、、
脱皮、、に次ぐ 脱皮、、
2度生まれ変わるようなもんです
自分の理想の家は
3度目にしか建たない、、って言いますしね

例えが合っているか不安ですが、、、
とにかく、そういう事なのです!
要するに
キキちゃんは、素晴らしいトップスターになるに違いない!!


私のブログでも
本日11時をもって、泣く泣く
『芹香斗亜』の親カテゴリーを『宙組』にいたしました

しかし、もう泣いてはいられない
NEWキキちゃん の誕生を心から祝福し
素晴らしい未来を信じ、応援したいと思います






ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

ミュージカル 『Ernest in Love』 [DVD]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2015-04-15