小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

バスツアー

【ハピリポ】私の楽しみ方『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』

色々複雑で、なかなか
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』の感想を書けないでいるのですが
3回目の観劇を終え
昨日は初めての二階席から舞台全体を観ることも出来ましたから
少し、書いておこうと思います 

大好きな みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演ですので
結局、最後まで『退団』抜きで舞台を観ることは出来なさそうです
私の感想は少数派と読み流していただけると幸いです

また、ご覧になった方しか理解できない部分やネタバレを含みますので
ご容赦ください


٭•。❁。.*・゚


ほとんどオペラを覗いていた初見は
ストーリーを知りませんでしたし

トム=ニック(水美舞斗) なのかな?
おとぎ話よろしく、猫が人間に、、?
謎の老婆(美花梨乃) は一体何者、、もしかして =女神(乙羽映見)?
シャーロット(華優希)は肺と精神を病んで死んでしまうの?

と、結末に思いを巡らせていましたが
2回目 3回目は当然どうなるか分かっていますので
特にビックリな展開でもないですから、、、はい

青くなりかけと、ラストシーンの美しいエリュ(明日海りお) のビジュアルを心待ちにすることが一番の楽しみ(*´˘`*)♡
青いみりおくんは、どうしても あまり好きになれなくて
人ならぬものの美しさを追求したと言うならば、これじゃないんじゃないかな、、と悲しい
けれど、人間たちの日々の営みを
違う次元から、ただ見つめる(かなり、この時間がたっぷりある) 仕草や表情には
エリュの心情が溢れていて
みりおくんがエリュになりきっていて
その お顔を観ているだけで 涙が出そうになる

個人的には、その表情の中に これまで演じてきた役柄
トートや、エドガーや、ヴァルモンや、他にもたくさんを感じて
その中でも、私の大好きな『ハンナのお花屋さん』のクリスが過去の自分と両親を見ている時を思い出してしまうことが多発
切ない表情のみりおくんは、やっぱり素敵だ

一番好きな台詞は
おばあちゃんになってしまったシャーロットに
「君は何も変わらない」と言うところ
人間は見た目で色んなことを判断するけど
妖精は、その人の本質を見ているんだな と
凡人の私には、人の本質を見抜く能力はないけれど
それを見ようとする清い心を持っていたいと その瞬間は本気で思います
、、すぐに忘れてしまうけど( ̄▽ ̄;)
昨日もバスツアーの添乗員さんのことを『汗っかき君』とか呼んでいた
思いっきり見た目で判断してる、、猛省しよう

とにかく『青薔薇』を観ながらも
頭の中は思い出を辿ったり、ふと何かを思い出したり忙しくて
自分でも〝泣き〟のスイッチがいつ入るのか予測できなくて
ずっとハンカチを握りしめています

ストーリーに泣いているのか、違う涙なのか、、


٭•。❁。.*・゚


初見の私の『?』の答えは

ニックは既に天国ってことかな
猫が人間になるはずないよね
老婆は、、えっ!ただの老婆?!
シャーロット、めっちゃ長寿じゃん

ってな具合に、考えただけ損したわ という結果で
もうストーリーについては、そんなに引き込まれないから
3回目の昨日は
美しいエリュ、イケおじの あきら(瀬戸かずや)、どんな時も妖精な おとくりちゃん(音くり寿)、可愛いすぎる11歳のシャーロット(美羽愛)、かっこいい花男たち に心弾む時間以外は
別の楽しみにふけってしまいました

うちの娘は、私とは ちょっと違う感性を持っていて
お衣装や髪飾りを よくそんなに覚えているね~って驚かされたり
台詞や歌詞に 妙に敏感だったりするんです

『青薔薇』と同じく 植田景子先生演出の『ハンナのお花屋さん』
クリス(明日海) の親友・ジェフ(瀬戸) が奥さんのサラ(乙羽) と 学生時代のクリスマスを思い出して話をする場面があるのですが
あきらの台詞に
『クリス』『クリスマス』という2つのワードが頻発しすぎて可笑しくなってくるって言うんですよ
それを聞いてからは、その場面を観るたびに私も
クリスクリスマス…クリスマス、クリス…と
なんか気になっちゃう ( •́ •̀# )
娘は「植田先生 わざとじゃない?」と深読み
よく言えば〝韻を踏む〟言い換えると〝ダジャレ〟?
そして この公演を前回一緒に観劇した娘が幕間に
「また ダジャレみたいなの いっぱいあったね」と
私は、全く気づかなくて
娘も「そん時は笑えてきたけど、忘れちゃった」って言ってたのを思い出し
台詞にしっかり耳を傾けてみました

たぶん、、、

春妃うららちゃんがビッカーズ商会に差し入れを持ってくる場面の
『コレラ』『コレラ』『これから』『コレラ』

ニック(水美) と フローレンス(城妃美伶) の
『この庭には』『庭には』『にわには』

『うらにわにはにわにわとりがいる』という
滑舌練習を思い出しました ( ̄▽ ̄)


他には、みつけられなかった

景子先生、これ わざとなんでしょうか?


٭•。❁。.*・゚ 


あと、毎回 感じてしまうポイント

〇 ハーヴィー(柚香光) の登場シーンの台詞回しで
『カリスタの海に抱かれて』の『ナポレオン』を思い出す

〇 ニック(水美) を見ると
『美女と野獣』の『ガストン』を思い出す
肩パット、入れすぎじゃないかな?
庭師さんって体力が必要だから、あんなに胸板厚いの?
そして〝エア庭の手入れ〟は非常に芸が細かい

〇 『ミスティックワールド』ってネーミングに
なぜか『MY HERO』の『ディスティニーランド』を思い出し、ニヤっとしてしまう

〇 ハーヴィーの研究室に妖精が出てくるとこは、仕掛け絵本みたいで楽しい
そして、妖精たちは ミスティックワールドに閉じ込められたんじゃないの?って思う
案外 自由

〇 白い薔薇の精(聖乃あすか)と 9歳のシャーロット(都姫ここ) が、ちょうちょを目で追うとこ好き

〇  何回か「信じるか信じないかは」ときて「あなた次第!」と続かないことにストレスを感じるが
最後に「あなた次第!」が出て スッキリする


٭•。❁。.*・゚


二階席から観て
幕開きの 妖精が動き回るような光の演出
夏至の夜の妖精のパーティの始まりに動物やちょうちょが光で出てくる演出
ラストに女神様が時をあやつるときの照明の演出が
本当に綺麗でした

セットは、どれも素敵です✧*。


٭•。❁。.*・゚


私の記憶が確かなら、、
前に観た2回は、幕開きの えみちゃんの登場は 女神様のお衣装だっと思うんですが
昨日は、フード付きのマントを纏っていました(途中のレディミステリアスと同じ)
えみちゃんが誰なのかをネタバレしないように演出を変更したのかな?

幕開きは、さっきも書いたように 妖精の物語の始まりのように キラキラと光が動き
音楽も おとぎ話っぽいので
私は、えみちゃんが ピノキオのブルーフェアリーのように登場する初日の方が好きかも


٭•。❁。.*・゚


また、観劇が終わってしまった
こうやって、限られた時間は 刻々と過ぎてゆくのですね


DBBF3B23-0DFE-45D6-BF95-8CCC0A5A4A5A










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

あの人に会えた~花組観劇バスツアー

2度目の観劇バスツアーは
花組『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』
平日にも関わらず、大勢の参加者
随所に、みりおくん(明日海りお) の凄さを感じます

ワクワクと集合場所の名古屋駅に参りますと
居ました!!!
2年ぶり 感動の再会 (彼は私のことを覚えていないけど)
前回の添乗員さんと同じ方だ ( ̄▽ ̄)
宝塚へのバスツアーは
ヅカファンである彼の担当なのだろう

バスツアーの名前の書かれたプレートを掲げ
安定の汗ダクダクだわ、、今日も暑いもんね
目に飛び込んできたのは『真っピンクのネクタイ』
花組への熱き思いが感じられ
こういうところに 感動するだけど
彼にはクールビズを適用してあげてほしい

前回より、バス おっきくない?
バスは、ほぼ満席
よく このプラチナチケットを50枚近く確保出来たものだなぁ
 
さあ、出発進行 ٩(ˊᗜˋ*)و
汗っかき君のご挨拶が始まる
私同様、彼の宝塚愛も継続していて
『Delight Holiday』マフラータオルを嬉しそうに披露
「わぁ、行ったんだ.*・゚(*º∀º*).゚・*.」と思いきや
こちらは通販で購入したんだって
正直者であることに好感が持てる
しかし、彼は 横浜アリーナ千秋楽には参戦したらしい!
しかも、東宝『オーシャンズ11』からの『恋スルARENA』という大忙しの日程で
『恋アリ』プログラムと、フラッグを見せてくれました
わざわざ持ってきてくれるなんて、やっぱ〝いい人〟なんだな

実は、彼が 『恋アリ』のフラッグまで持参してくれたのには訳があったんです
今回の このバスツアー
みりおくんのサヨナラ公演ということで
『明日海りおスペシャル』だったのです॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*
ほら、バスのフロントガラスのとこのツアー名が表示してあるやつは
バックに『Thanks Mirio』と、、
やだ、、泣けてくる(;A;)

A29F90B1-6E21-49CE-9169-05B5789A3294

お空の反射が強めで、ちょっと見づらいですが、、
我らの『みりお号』です( ˆ ˆ )/♡


前回の記事では
ややディスって、ごめんね (愛情表現なのよ…)

愛あるツアーの詳細は
汗っかき君のブログをご覧下さい↓↓↓

ひと、旅、ロマン。ディパーチャーズのブログ

ああ、もう 舌っ足らず君 とか 汗っかき君とか言えない
改め『T君』と呼ばせていただこう
(ブログにしっかり名前出てるしね)

千秋楽のライブビューイングには行きたいと言っていた T君
「泣いちゃうだろうな~」って
やっぱり 〝いい人〟だ (❁´ω`❁)

※ T君には、リンク貼らせていただくこと了承いただきました


お待ちかねのチケットは
太陽の塔の横を通過したタイミングで配られました
やはり、プラチナチケット、、、ね
上から観られるのは、私は この1回だけだから
この光景を堪能して参りますね ( •ω- )☆


渋滞もなく、お天気も良好で
予定どおりの時間に宝塚大劇場に到着しました

では、行ってまいりまーす*˙︶˙*)ノ"♡


あ、みなさま
宝塚観劇バスツアーなら
名古屋の『ディパーチャーズさん』を、よろしくお願いします!

591CEC36-EF4B-44B2-8D1E-512DABC9FD5F
静岡名物『安倍川もち』と ありがたい大入り袋
詳しくは、ディパーチャーズさんのブログ⤴︎ ⤴︎⤴︎ を










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






 

明日は花組観劇バスツアー~あの人に会えるかな

みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演である
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』 
確実にチケ難になることは分かっていましたので
私なりに 早いうちからアンテナを張り巡らせて
チケット確保活動に励みました
ほぼ、落選でしたけど、、

なんとか確保出来たうちの一つが
地元発着の観劇バスツアー
実は以前にも一度だけ参加したことがあったのです
その時には、これからも利用しよう!と思ったのですが
日帰りマイカー観劇が可能ですし
観劇後は娘のとこに泊まったりするのも楽しみでしたので
やっぱり、なかなか利用していませんでした

過去記事:初めてのバスツアー参戦、珍道中記

、、、( ̄▽ ̄;)
なんと失礼に次ぐ失礼な内容なのでしょう
我ながらビックリですが
当時のことを思い出すと
添乗員さんが本当に愛すべきキャラで
愛情を持って書いたんですよ、、マジで


今回、こちらのバスツアーのことを思い出し
この花組公演のツアーが 1コースだけ出ることを事前に確認し
発売当日に申し込んでいました
一緒に行く ヅカ友・Yりんは
これが唯一の花組観劇となりましたので
頼んでおいて良かったな、と思っています


さあ、明日
2年ぶりのバスツアー参加です
また、あの 愛すべき添乗員さんに会えるかしら?








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

初めてのバスツアー参戦、珍道中記

宙組『神々の土地/クラシカル ビジュー』は
積極的にチケット獲得活動をしていなかったので
パスしようかなーーと思っていたところ
キャトルレーヴのチラシラックの中に
バスツアーの広告を見つけたんです

そのチラシはカラーではなく
普通のコピー用紙に黒で印刷された
私でも作れそうなモノでした (つ∀`*)

バスツアーか、、、
これに参加すれば S席チケットは自然に付いてくる
行き帰りは寝てればいいんだし
1人で車を飛ばし、高速代とガソリン代を使うなら
費用としても そんなに変わらない

どれくらいの席がもらえるのか興味もあったので
今後の参考のためにも、、と 参加を決めました


友の会のチケット抽選は、とうに終わっている時期で
サヨナラ公演でもある、、まだ、申し込めるのだろうか?
まずは、電話問い合わせ
宙組公演では、3日程が設定されていて
どの日もまだ大丈夫!と、少し舌っ足らずな口調の係の人が教えてくれました

平日の方が仕事が休みやすい私は
唯一の平日に申し込みました

すると、舌っ足らず君は
まだバスの出る最少人員に達していないと説明してくれましたが
きっと集まるでしょ!とタカをくくった私は
とりあえず申し込みました

それから数日後
舌っ足らず君から電話が、、、
どうやら、私が申し込んだ日は人数が集まらないらしく
さらに、もう1日 祝日のツアーも人が足りてないので
この二つの日程の参加予定者に日にちを変更できないか
1人ずつ電話で聞いている とのこと
そして、バスが出なかった場合
チケットのみを販売してくれる、、ということも教えてくれた

チケットって
あるところには、あるんだな、、、
チケットだけ買うっていうのもアリかな
なんて思いながらも
なんとか、その祝日に休みが取れそうだったので
日程を変更してバスツアーに参加することにしました


バスツアー当日、名古屋駅の集合場所に近づくと
舌っ足らず君は予想どおり、少しポッチャリした汗かきボーイでした
私は早速、一番気になっていた
〝今日のお席〟について質問 ( ・ω・)∩
「17列です」
おっ、思ったよりいい ♪ .*
すると、その場にいた このツアーの常連さんと思しきオバサマ二人組が

「〇〇さん、だんだん良くなってるじゃない! この前は20列だったもんね!」

席番は80番台、どうやら いつも上手ブロックを振り分けられるっぽい
オバサマは
「この前は 乾杯があったから良かったわね」
ほ~ オバサマ、こりのちゃん や さなぎちゃん とサンテ!したんだな
「〇〇さん!もっと頑張って いい席取ってよ!!」
「16列くらいまでにはしてほしいわ」
「こんな小さなバスではいい席はもらえないわよ」
「大型バスを出さなきゃ!」
と、舌っ足らず君に相当にハッパをかけていました
舌っ足らず君は汗をぬぐいながら
「いつもSS席のすぐ後ろで、、っお願いするんですよ~」
、、え?、、そうなの!?
「でも、『はい、はい』ってあしらわれちゃうんですよね~」
おーい!!そこ、頑張ってよ!!

バスに乗り込むと
舌っ足らず君はマイクを握り

朝夏まなとさんの退団公演です
僕もとても楽しみにしてきました~


おい、お前も観るんかい!?
舌っ足らず君はヅカファンらしい、、、
時間があれば『宝塚の殿堂』にも行きたいって言ってたし
バスの中で『歌劇』を読んでた


途中のサービスエリアで おやつ が配られました
たぶん、SAで買ったもの
、、、なんで カステラ にしたんだろう、、、
トング、ペーパー、おしぼり をわざわざ用意してきたんだね
カステラありき! なんだ (;・∀・)
揺れるバスの通路を
ハチミツ味と抹茶味、どっちがいいですか?
と聞きながら、トングを使い配る 舌っ足らず君
個別包装のお菓子にしたらいいのにね、、、
きっと、みんながそう思っているだろう


宝塚インターに近づいた辺りで
チケットが配られました
17・18列の最上手ブロック
私は新参者だからでしょう、、
中でも一番上手の席でした
あのサンテしたっていう二人組のオバサマは今回も通路席
常連さんだから、そういうこと なんだろう

私の上手隣にはバスツアーでない方が1人座られていて
さらに上手の3席は空席でした
これは、このバスツアーの会社が買っている席なのだろうか?
壁際とはいえ、祝日にこの席を空けておくのはもったいないなぁ~


帰りのバスでは
宝塚大劇場のお弁当が配られました
観劇前ってワクワクして食欲がなくなるタイプなので
観劇後って お腹が空いているんですよね~
いつもなら、まだ晩ごはんの時間ではないのに
パクパクとお弁当を平らげました (*´ч`*)

観劇後にバスの中で夕食を済ませてしまえるのも
なかなか良いかも♪ .*

その後は
行きは おしゃべりに花を咲かせていた方々も
静かにおやすみになっていました
1人いらした男性の参加者のイビキがすごかったですが
ウトウトしながら快適な道中でした
バスも案外悪くない


高速を降りると
舌っ足らず君の最後のご挨拶です

彼は結局、公演を観られなかったようでした
幕間には席のところまで来ていましたので
劇場内にはいたんですよね

そして

花組『ポーの一族』のチケットを頂けました!

と、得意気に報告
3回のバスツアーを予定しているとのこと
席は分からない、、とは言っていたけど
今日くらいの席なら万々歳だ!
1回は参加したいかな~って思っています

バスツアーに参加するデメリットは
入出待ち、マチソワ が出来ないことですね


この会社に限らず
全国の旅行会社が、こうやって劇団と交渉してチケットを確保し
ツアーを組むのですね

往復のバスがパックになっているから
チケットだけを入手するのと違って 転売 は難しいですよね
一長一短あるでしょうけど
こうして、絶対に観たい人にチケットが渡るのは良い事だな、、と思いました

しかし、今回参加した
あまり大きくない旅行会社だと
チケットを確保したものの、参加が集まらないでしょうね

人気の演目になると
今回くらいのお席なら、名古屋からの往復バス代を含めたくらいの値段にして
チケットサイトに出ていることだってあります
片やチケットがない!片やチケットが余る!
なんとか、上手くこの間の橋渡しが出来ないものでしょうか


どんな形になっても
チケット転売を商売にする輩は出てきてしまうのでしょうけど



チケット抽選にハズレまくってしまった時
意外と地元の旅行会社が
宝塚歌劇観劇ツアーを組んでいることはありそうです
まあね、お席は選べませんけど
たまには、ツアーで観劇も気楽で良いものですよ





 

ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚