小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

トークスペシャルin東京

宝塚歌劇って チェック機能はないのだろうか

昨日、『花組 トークスペシャル in 東京』が素晴らしかった話を書いたのですが
今日は、それの続きような話です

私が、花組トクスペにバカみたいに感動したのは
最近、その逆が多いからだと思うのです

もちろん、一番大切なのは『舞台』だと思います
しかし、宝塚にハマっていくと
どんどん スターさんの素顔も気になってきますよね
たとえ それが営業用だったとしても、素敵な対応や優しい笑顔を見せられたら
より その方のことを好きになるし
逆の場合は、熱が冷めてしまったり
極端なケースでは 嫌いになってしまうことも考えられます

ファンになると
CSの『スカイステージ』 なる存在を知ります
『お茶会』への参加は、かなりハードルが高いのですが
スカステは加入するだけd(*´∇`*)
まずは スカステさんで舞台ではない場所で動くスターさんのお姿を見られて 感激します
そして、加入したら最後
在宅中は許される限りスカステを見る生活が始まります
そうなると、特にお目当てではないスターさんも見る機会が増えます
それまで知らなかった方も
一生懸命さや、感じの良い口調、仲間とのやりとり、得意なことを知ったりして
応援したいな と思うことも多々あります

私も現在『スカイステージ』加入者です
加入当初は、一気にタカラジェンさんに近づいたような気持ちになりました

前述の通り、スカステさんのおかげで
好きに拍車がかかることもあれば、その逆もあります
人の感覚なので 正解はないのでしょうが
インタビューやトークで話す姿に〝残念〟と感じてしまうことも少なくないのです

もうちょっと こうしたら良いのに
これは言わない方が良かったのに
〇〇が だらしなく見えるなぁ
テレビカメラ無視かい

なとなど、余計なお節介を言いたくなるのがファン心理
どうしても、気になってしまうのです
宝塚歌劇では、タカラヅカニュースやスカステで流す映像や
出版物の原稿などをチェックする機能は働いているのでしょうか?


先日、テレビで
某女子サッカークラブの取り組みを放送しているのを たまたま見ました
サッカーの練習以外に
メイク講座を取り入れたというものでした
昨今の SNSの普及
スポーツ選手といえど、お年頃の女子です
すっぴんを晒され、拡散されるのは御免でしょうね
みなさん、一生懸命 取り組んでいらっしゃいました

女子サッカー選手が 可愛い、綺麗、素敵と 捉えられることが
女子サッカー人気もに繋がるという考えもあってのことでしょうね

今や、マスコミ対応が命取りになることもあります
不用意に放った一言が
前後の脈略を省いて 独り歩きして勘違いを生むこともありますし
態度や表情で反感を買うこともあります
どんな職業であっても イメージをおろそかにしてはいけないのです
人気商売である 宝塚歌劇なら 尚更です

さて、タカラジェンヌはどうなのか?
どうやら 個々の感性に任せていそうな匂いがしませんか?

タカラジェンヌさんは、良家のお嬢さんが昔から多かったせいか
音楽学校に入る時には
行儀作法は すっかり身についていた歴史があるからなのでしょうか
けれど、時代は変わりました
一歩外に出れば、写真を撮られ
ちょっとした行動まで 瞬時に情報が飛び交う世の中なのです

きちんとした挨拶に始まり
人の話を聞く時はその人な目を見る とか
話す時は フラフラしたり顎をしゃくりあげたりしないとか
長々と自分だけ喋り続けないとか
自慢話は極力しないようにするとか
キャラ作りも ほどほどにとか
言っていいこと 悪いこと とか
やっていいこと 悪いこと とか

元々の人間性が現れることも悪いことではありませんが
明らかに、多くの人に不快感を与えるようなことは
避けられるものなら そうした方がいいに決まっています

現在のタカラジェンヌさん
狭き門をくぐり抜けるために
レッスン レッスンの日々を続け 音楽学校へ入校
たった2年間で やる事は山積みでしょう
音楽学校で、タカラジェンヌの品格についても学ぶとは思いますが
年齢だって、まだ子供なのです
その時には理解できないこともあると思います
一人のスターとして入団しても
まだまだ未熟な若者ですよね
本来持っている勘の良さや、身についている品位で
上手く立ち回ることが出来る人もいれば
当人は、気づいていないうちにイメージを落としている人も確実にいると思います

そんな時は
大人が教えてあげなければいけないと思うのです

個性を大切にする風潮は
それぞれの良くないところを指摘せずに野放しにしてしまうことに繋がる場合もあるのではないでしょうか

どうして、誰も指摘しないんだろう
どうして、放送したんだろう
どうして、そのまま記事にしたんだろう
誰か、教えてあげて!
ちょっと教えてあげるだけで、ずいぶん印象が変わることってありますよね

宝塚歌劇にとって、一人ひとりのスターさんが広告塔です

宝塚が愛に溢れる場所であると言うならば
生徒たちが バッシングを受けたりしないように導いてあげる愛もあってほしい

何も、個性を消してほしいと言っているのではありません
人前に立つお仕事の人が持つべき 最低限の心得
それに加えて
個人個人に対するフォロー

劇団が、するべきことだと思います


チェック機能と言えば
演目に対する チェックもないのでしょうか、、
時折 発生する〝とんでも作品〟の出没
世に放たれる前に、誰かチェックしないのかなーと
心底 不思議に思うこと  ありますよね








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

花組のトークスペシャル in 東京、本当に素晴らしかった

宝塚には公式ファンクラブとして『宝塚友の会』があります
チケットの先行販売に応募できる ことが最大のメリットで
ほとんどの方は、ほぼ このために入会していると言って過言ではないでしょう
けれど、なかなか当たりません(;A;)

そして、友の会の会員しか参加できないスペシャルイベントとして
宝塚での、新人公演主演コンビによる『ステージトーク』と
東京での、先輩男役さんと下級生男役と娘役の3名が登場する『トークスペシャル in 東京』があります

どちらも、ご近所に住んでいるのなら
積極的にチケ取りに挑みたいところですが
まあまあな距離では、これらのトークイベントだけに遠征するのは ちょっと、、、
なので、そもそもエントリーもしていないのが現状です
たった一度例外で、ひっとん(舞空瞳) の新公初ヒロイン『メサイア』の『ステージトーク』に行ったことがあります
この時は、どうしても 初ヒロインの ひっとん のお喋りが聞きたかったのです
ひっとんって、本当に私にとって特別な娘役さんなんですよね
娘役さんのことを こんなに観たい!って思うようになるなんて
自分でも不思議 

まあ、それは余談なのですが
この2つのトークイベント
忘れた頃にスカイステージさんで放送されます
先日 放送されたのが
花組『CASANOVA』の東京公演中に開催された『トークスペシャル in 東京』
こちらを拝見しました

B6E5F641-E23E-4298-A452-891B34E119FB
宝塚友の会

出演は、しーちゃん(和海しょう)、ほってぃ(帆純まひろ)
そして まだ花組生だった ひっとん(舞空瞳) 、、既に星組への異動が決まっていました

SNSなどで、細切れに情報をキャッチして
ひっとんが花組愛を語っていたのは小耳に挟んでいましたので
この放送を心待ちにしておりました


この、トークスペシャル
もちろん その時のゲストによって 全然雰囲気が違います
司会者さんそっちのけで 内輪の話をして組子で盛り上がるケースなどは、あまり好きではありません
タカラジェンヌさんは、いつなん時であろうと 品格 を持っていてほしいと常々思っております
そして、この花組のトークスペシャルこそ
タカラジェンヌさんとして〝正解〟の回だったように感じます
司会者さんの質問に真摯に答える3名
明日海さんの花組が大好きだから、、ということを差し引いても
花組生は、タカラジェンヌの自覚とプライドがとても高い組なのではないかと改めて感じました
タカラジェンヌのお手本にならなくてはいけないとの自覚がすごい!
よく花男は花娘に「可愛い」と、花娘は花男に「カッコいい」と日常的に褒め合う風習を聞きますが
これは 決して傲慢な気持ちになるためのものでははなく
そう言われるに値する自分であることこそが重要で
自分を律するために、とても有効的な決まり事なんですよね
次の世代にも、ぜひ継承してほしいです


ゲストの3名の人柄が素晴らしくて
気持ちの良いトークショーでした
司会の竹下さんの ズバッと切り込む容赦ない質問にも
懸命に頭を働かせて答える3人の姿が とても好印象でした


しいちゃんは、良い先輩なのが滲み出ていました
自分のことも、ほってぃやひっとんのことも、他の組子のことも
とても良く理解しているのですね
そして、ファンが聞きたいエピソードを交えて
『CASANOVA』のことを たくさん話してくれていました
ホスピタリティマインドが身についている方なのだなぁ
学年相応の話し方にも感心します
硬過ぎず、崩れ過ぎず、聞いていて楽しい
深みのある唄声が好きでしたが
人としても、とっても大好きになりました


ほってぃは 新人公演で主役の『カサノバ』を演じましたので
そのことについて、竹下さんから いっぱい質問されていました
難しい役だったので、私も観劇しましたが 苦労しているようにお見受けしました
それでも 前向きに振り返りをしていて
そして何より 感謝の気持ちが深い!
長の期となって、ようやく回ってきた主役の座
組子のみなさんが喜んでくれたことが嬉しかったと話す ほってぃを見て
きっと、周りの人達も応援したくなるのが ほってぃなんだろうなと感じました
性格が良いだけでは務まらない世界だとは思いますが
こんな素直な心を持った人に、どうか 明るい未来がありますようにと願わずにはいられませんでした

ほってぃの初新公は『エリザベート』だったのですね
ほってぃ以下の組子は、みりおくん(明日海りお) のトップしか経験のない世代です
これまで一心に追ってきた背中がなくなり
大きな変化に対応することになります
新公を卒業するタイミングで この変化を迎える ほってぃ
自信を持って舞台に挑んで 飛躍してほしいです

トークショーの最後の挨拶では
自身の初めての新人公演で長の期として とてもお世話になった 和海さん
『邪馬台国の風』の新公では、フルドリ と イサカとして深く関わった 舞空瞳ちゃんと
こうしてトークイベントに出られて嬉しかった、、と挨拶していました
自分のことだけでなく、こんなふうに共演者 特に下級生にまで心遣いが出来るって素晴らしいですね


ファン時代から花組が大好きだった ひっとん
花組配属になったことに本当に大喜びしていたようですね
あまりの嬉しさに 「運を使い果たした」 なんて言っていましたが
いえいえ、ひっとんの運は こんなもんじゃないですよ
これから もっともっと幸せが待ち受けているはずです

話し方と佇まいからは、芯の強さが伺えます
しいちゃんの話からも、しっかり者の ひっとんが垣間見えました
自分の才能に奢ることなく、学ぼうとする姿勢が健気で愛おしい
3年ちょっとだったけど花組に在籍できたことの喜びを
星組への異動が決まっていても、隠すことなく話す姿に
ひっとんは、常に正直で自分の言葉に責任を持っているのだと感じました
かと言って、花組に未練タラタラなんてことは微塵もありません
不安な気持ちいっぱいでしょうが、それを見せまいと 凛と前を向き
自分の置かれた立場を受け入れようとしているように見えました

『CASANOVA』で卒業した ゆきちゃん(仙名彩世) の話をする ひっとんを見て
言葉にはしていなかったけど
きっと たくさんのことを吸収したに違いないと感じました
『Éclair Brillant』では、繊細な髪飾りに ゆきちゃんを感じました
ひっとんも、必ず尊敬されるトップ娘役さんになってくれると信じています
加えて、新公で ちなっちゃん(鳳月杏) の役を演じたことも
役者としての在り方を学んだというような話をしていました
短い花組生生活だったけど
ひっとんにとっては、これから タカラジェンヌとして、トップ娘役として歩む 礎を作った かけがえのない時間だったんだと思います

竹下さんの、答えの難しそうな質問にも
言葉を選び、一生懸命 答えていました

「今の舞空瞳なら星組に行っても大丈夫!」
千秋楽に みりおくんが ひっとんに贈った言葉がよぎりました


ちょっと、時折 涙が溢れそうになりながら
噛み締めて拝見した トークスペシャル

しいちゃん、ほってぃ、ひっとん
共通しているのは
謙虚であること、他人に対する優しさ、正直で素直な心、、そう 言葉に嘘がない

本当に良いメンバーのトークスペシャルでした








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚