小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

トップ娘役

星組さん、ずるいよね

スカイステージで
星組トップ娘役の あーちゃん(綺咲愛里) のサヨナラ特別番組が放送されています
その番組に、あーちゃんが
次期トップ娘役となる ひっとん(舞空瞳) をよんでくださいました

ひっとんは星組に組替えをしたばかり
あーちゃんとは、たった一作しか一緒に舞台をつくることができません
星組生まれで星組育ち、生粋の星娘の あーちゃん
星組の良いところ、星組の娘役の心得
ひっとんにとっては、あーちゃんから教えてもらいたいことが山ほどあるのに
時間は限られている

そんな状況のなか
大切な 特別番組で、ひっとんとお話をする時間をつくってくれた あーちゃん
見た目は、めちゃくちゃ可愛いのに
そういうところ、めっちゃ男前なんだ!
ひっとんの話を聞きながら、相槌をうったり
声をかけてあげるところは
思っていたより、ずっと〝お姉さん〟でした 
ひっとんに、一生懸命 思っていることを伝えてくれる あーちゃん、素敵でした

あーちゃん、本当にありがとうございました♡

ひっとんは、花組では ゆきちゃん(仙名彩世) という素晴らしい トップ娘役さんの元で花娘としての娘役道を学んできた
そして、短い時間ではあるけど
今、あーちゃんから 愛される娘役道を学んでいる
とても恵まれた環境ですよね


それにしても
何なの? この二人、、

1665E703-BDC8-4CD0-83DB-23A4DBEA48FB

可愛いすぎやしないか、、、

A0447543-C5D2-4E0B-842A-FEE16E556BDF

な、なんて、可愛いんだ、、、

110CBD03-D912-437B-99EA-ECCDE8F858E1

可愛い同士、見つめ合うとか、、反則

宝塚の娘役さんは、みんな 可愛い
けど、その中でも、激可愛い娘役さん から 激可愛い娘役さんへと
トップ娘役がバトンタッチするなんて

星組さん、ちょっとずるい ( *¯ ³¯*)


☆。.:*・゜


そして、ふと思い出しました
その ゆきちゃんのサヨナラ特別番組のゲストって

まこっちゃん(礼真琴) だったではないか!

BEEC2CE0-E470-4D94-8F14-FC5EBA7762CA

そうや、そうや
二人で『Home』を歌ったんだ

その時、まこっちゃんは ゆきちゃんに言っていた
「卒業されても、ずっと よろしく」と

ゆきちゃんにとって、大切な後輩の まこっちゃんの相手役に
花組の可愛い後輩の ひっとんがなるなんてo(≧ꇴ≦*)o
こっとんコンビにとって
ゆきちゃんって、共通の尊敬する先輩なんだ

なんか、胸アツ だわ。゚+.( °∀°)゚+.゚

ゆきちゃん、こっとんコンビを ずっと よろしくお願いします
お披露目公演、絶対に観に来てくださいませ♡









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






花組のトークスペシャル in 東京、本当に素晴らしかった

宝塚には公式ファンクラブとして『宝塚友の会』があります
チケットの先行販売に応募できる ことが最大のメリットで
ほとんどの方は、ほぼ このために入会していると言って過言ではないでしょう
けれど、なかなか当たりません(;A;)

そして、友の会の会員しか参加できないスペシャルイベントとして
宝塚での、新人公演主演コンビによる『ステージトーク』と
東京での、先輩男役さんと下級生男役と娘役の3名が登場する『トークスペシャル in 東京』があります

どちらも、ご近所に住んでいるのなら
積極的にチケ取りに挑みたいところですが
まあまあな距離では、これらのトークイベントだけに遠征するのは ちょっと、、、
なので、そもそもエントリーもしていないのが現状です
たった一度例外で、ひっとん(舞空瞳) の新公初ヒロイン『メサイア』の『ステージトーク』に行ったことがあります
この時は、どうしても 初ヒロインの ひっとん のお喋りが聞きたかったのです
ひっとんって、本当に私にとって特別な娘役さんなんですよね
娘役さんのことを こんなに観たい!って思うようになるなんて
自分でも不思議 

まあ、それは余談なのですが
この2つのトークイベント
忘れた頃にスカイステージさんで放送されます
先日 放送されたのが
花組『CASANOVA』の東京公演中に開催された『トークスペシャル in 東京』
こちらを拝見しました

B6E5F641-E23E-4298-A452-891B34E119FB
宝塚友の会

出演は、しーちゃん(和海しょう)、ほってぃ(帆純まひろ)
そして まだ花組生だった ひっとん(舞空瞳) 、、既に星組への異動が決まっていました

SNSなどで、細切れに情報をキャッチして
ひっとんが花組愛を語っていたのは小耳に挟んでいましたので
この放送を心待ちにしておりました


この、トークスペシャル
もちろん その時のゲストによって 全然雰囲気が違います
司会者さんそっちのけで 内輪の話をして組子で盛り上がるケースなどは、あまり好きではありません
タカラジェンヌさんは、いつなん時であろうと 品格 を持っていてほしいと常々思っております
そして、この花組のトークスペシャルこそ
タカラジェンヌさんとして〝正解〟の回だったように感じます
司会者さんの質問に真摯に答える3名
明日海さんの花組が大好きだから、、ということを差し引いても
花組生は、タカラジェンヌの自覚とプライドがとても高い組なのではないかと改めて感じました
タカラジェンヌのお手本にならなくてはいけないとの自覚がすごい!
よく花男は花娘に「可愛い」と、花娘は花男に「カッコいい」と日常的に褒め合う風習を聞きますが
これは 決して傲慢な気持ちになるためのものでははなく
そう言われるに値する自分であることこそが重要で
自分を律するために、とても有効的な決まり事なんですよね
次の世代にも、ぜひ継承してほしいです


ゲストの3名の人柄が素晴らしくて
気持ちの良いトークショーでした
司会の竹下さんの ズバッと切り込む容赦ない質問にも
懸命に頭を働かせて答える3人の姿が とても好印象でした


しいちゃんは、良い先輩なのが滲み出ていました
自分のことも、ほってぃやひっとんのことも、他の組子のことも
とても良く理解しているのですね
そして、ファンが聞きたいエピソードを交えて
『CASANOVA』のことを たくさん話してくれていました
ホスピタリティマインドが身についている方なのだなぁ
学年相応の話し方にも感心します
硬過ぎず、崩れ過ぎず、聞いていて楽しい
深みのある唄声が好きでしたが
人としても、とっても大好きになりました


ほってぃは 新人公演で主役の『カサノバ』を演じましたので
そのことについて、竹下さんから いっぱい質問されていました
難しい役だったので、私も観劇しましたが 苦労しているようにお見受けしました
それでも 前向きに振り返りをしていて
そして何より 感謝の気持ちが深い!
長の期となって、ようやく回ってきた主役の座
組子のみなさんが喜んでくれたことが嬉しかったと話す ほってぃを見て
きっと、周りの人達も応援したくなるのが ほってぃなんだろうなと感じました
性格が良いだけでは務まらない世界だとは思いますが
こんな素直な心を持った人に、どうか 明るい未来がありますようにと願わずにはいられませんでした

ほってぃの初新公は『エリザベート』だったのですね
ほってぃ以下の組子は、みりおくん(明日海りお) のトップしか経験のない世代です
これまで一心に追ってきた背中がなくなり
大きな変化に対応することになります
新公を卒業するタイミングで この変化を迎える ほってぃ
自信を持って舞台に挑んで 飛躍してほしいです

トークショーの最後の挨拶では
自身の初めての新人公演で長の期として とてもお世話になった 和海さん
『邪馬台国の風』の新公では、フルドリ と イサカとして深く関わった 舞空瞳ちゃんと
こうしてトークイベントに出られて嬉しかった、、と挨拶していました
自分のことだけでなく、こんなふうに共演者 特に下級生にまで心遣いが出来るって素晴らしいですね


ファン時代から花組が大好きだった ひっとん
花組配属になったことに本当に大喜びしていたようですね
あまりの嬉しさに 「運を使い果たした」 なんて言っていましたが
いえいえ、ひっとんの運は こんなもんじゃないですよ
これから もっともっと幸せが待ち受けているはずです

話し方と佇まいからは、芯の強さが伺えます
しいちゃんの話からも、しっかり者の ひっとんが垣間見えました
自分の才能に奢ることなく、学ぼうとする姿勢が健気で愛おしい
3年ちょっとだったけど花組に在籍できたことの喜びを
星組への異動が決まっていても、隠すことなく話す姿に
ひっとんは、常に正直で自分の言葉に責任を持っているのだと感じました
かと言って、花組に未練タラタラなんてことは微塵もありません
不安な気持ちいっぱいでしょうが、それを見せまいと 凛と前を向き
自分の置かれた立場を受け入れようとしているように見えました

『CASANOVA』で卒業した ゆきちゃん(仙名彩世) の話をする ひっとんを見て
言葉にはしていなかったけど
きっと たくさんのことを吸収したに違いないと感じました
『Éclair Brillant』では、繊細な髪飾りに ゆきちゃんを感じました
ひっとんも、必ず尊敬されるトップ娘役さんになってくれると信じています
加えて、新公で ちなっちゃん(鳳月杏) の役を演じたことも
役者としての在り方を学んだというような話をしていました
短い花組生生活だったけど
ひっとんにとっては、これから タカラジェンヌとして、トップ娘役として歩む 礎を作った かけがえのない時間だったんだと思います

竹下さんの、答えの難しそうな質問にも
言葉を選び、一生懸命 答えていました

「今の舞空瞳なら星組に行っても大丈夫!」
千秋楽に みりおくんが ひっとんに贈った言葉がよぎりました


ちょっと、時折 涙が溢れそうになりながら
噛み締めて拝見した トークスペシャル

しいちゃん、ほってぃ、ひっとん
共通しているのは
謙虚であること、他人に対する優しさ、正直で素直な心、、そう 言葉に嘘がない

本当に良いメンバーのトークスペシャルでした








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚








【妄想】『タカラヅカ・スペシャル』で 柴田侑宏先生コーナー

今年、宝塚では お二人のトップスターさん
花の89期生など人気者スターさんの退団が相次ぎ
令和の時代の訪れと共に、また新時代が始まるのだな、、と感じます
そして、今年の出来事として忘れてならないのは
昭和、平成の宝塚に数々の名作を残された演出家・柴田侑宏先生のご逝去です
現在も再演が繰り返される作品も多く
沢山の作品でタッグを組んでおられた 寺田瀧雄先生の楽曲は
今もメロディが心に刻まれています

宝塚の歴史に輝くご功績
今年の『タカラヅカ・スペシャル』では
きっと『柴田侑宏先生コーナー』が用意されるのではないでしょうか


そこで、、勝手に妄想『柴田侑宏先生コーナー』
私の好きな作品から、この方にこの曲を、、を考えてみました

ああ、歌ってほしい曲が多すぎる

トップさんはソロ
2番手さんとトップ娘役のシャッフル と仮定し
こんな選曲はどうでしょうか ( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )♡


ソロ編...♪*゚

専科・轟悠. . .『凱旋門』から『雨の凱旋門』
やはり、これからスタート!

花組トップ・柚香光. . .『星影の人』から『生きるときめき』 
若く儚く美しい沖田総司の雰囲気は、れいちゃんにピッタリ

雪組トップ・望海風斗. . .『忠臣蔵』から『花に散り 雪に散り』
どうしても、だいもんのイメージはこれなのです
新撰組から赤穂浪士に、、あんま 変わり映えしない?
いやいや、そうであっても歌ってほしい

星組トップ・礼真琴. . .『バレンシアの熱い花』から『瞳の中の宝石』
主題歌もいいんだけど、やっぱり これが好き♡
「愛してる」の繰り返しが、胸を締め付けます
パブロフの犬症状で涙が出ます

宙組トップ・真風涼帆. . .『大江山花伝』から『うす紫の恋』
いい曲でしたよね~
初演の 平みちさん、杜けあきさん ハマり役でした
再演の 大空祐飛さんも好き


デュエット編...♪*゚

花組・水美舞斗×宙組・星風まどか
『哀しみのコルドバ』から『エル・アモール』
個人的希望を込めて マイティで!

雪組・彩風咲奈×花組・華優希
『川霧の橋』から『川霧の橋』
あれ?娘役 歌わないっけ?
でも、ラストシーンやってほしい♡

星組・愛月ひかる×雪組・真彩希帆
『仮面のロマネスク』から『あなたがいるから』
大人っぽい雰囲気でお願いします

宙組・芹香斗亜×星組・舞空瞳
『うたかたの恋』から『うたかたの恋』
あの、、、私の夢 です(/ω\*)

あ、、、気づきましたか|*・ω・)チラッ
この企画、、、
ただただ、キキひと にしたいだけじゃん!
もう言うまいと誓った『キキひと』ですが
チャンスがあるならね、、
やっぱり 観たい(*´-ω-`*)


そして、コーナーのラストは他の出演者全員で
『小さな花がひらいた』から『小さな花がひらいた』と『もう涙とはおさらばさ』を歌います

良いではないか。゚+.( °∀°)゚+.゚

私の妄想願望は さておき
タカスペでは、是非
『柴田侑宏先生コーナー』をお願いします


※ 一応調べたのですが、、曲名が間違っていたら ごめんなさい








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




大規模組替え後の 宙組∅・*:

正直、宙組さんに対しては思うところが少ないのです
キキちゃん(芹香斗亜) が宙組に異動してから
何度か宙組公演にも足を運びましたが
現在の宙組とは 私はあまり相性が良くないようで、、
キキちゃんは、宙組に来てから魅力を増していると思うのですが
やはり、みりおくん(明日海りお) の隣にいる キキちゃんが好きだったのかな、、と自己分析をしております
キキひと (芹香斗亜&舞空瞳コンビ) の夢も消え
今はただ、タカスペでの キキひと の絡み と
キキちゃんがトップさんになってからの宙組が観てみたいな、、と思っています 


『タカラヅカ・スペシャル』 メンバーは

真風涼帆《星⇒宙》
芹香斗亜《星⇒花⇒宙》 
桜木みなと
和希そら
留依蒔世
遥羽らら
瑠風輝
星風まどか
天彩峰里
夢白あや

タカスペ後に 

紫藤りゅう《星⇒宙》

、、、星 じゃん

って感じですね (´-∀-`)

私が 注目している宙組生の
100期の きよちゃん(優希しおん) は
新人公演主演経験はなく、タカスペメンバー入りならず
新公では、ずっと良いお役をしているけど、、一度でも主演をしているか していないかの違いは かなり大きいのですね
有望株の 101期・鷹翔千空くんは 来年からかな

しどーちゃんは、優しくて控えめなタイプのせいか
そこまでの影響力がありそうには感じられず
ふわっと馴染んでいきそうです

上級生が『オーシャンズ11』で多く退団しましたが
マイナーチェンジと言いますか、、
あまり 組のイメージに変化はないように感じます
トップさんと2番手さんが、仲良しでキャラが立っており
このお二人が、組のイメージそのものだからでしょうか

個人的にファンの方は そうでないと思いますが、、
まかじぇ から キキちゃんへのバトンタッチも
宝塚全体から見ると、何気に 大きな波風が立つことなく 行われそうな気がします

気になるのは
トップ娘役・まどかちゃん(星風まどか) の去就ですね
まだ若いので続投か、はたまた 芸能界に活躍の場を移すのか、、
キキちゃんの相手役さんは、どなたになるのでしょう
観劇したいかどうかのポイントに
トップ娘役さんが大きく影響するのだと、最近 強く感じていますので
キキちゃんの相手役さんが 好きなタイプの娘役さんになるといいな と思っています

 





ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


 

私が大騒ぎしていた『きよちゃん(優希しおん)問題』は 何だったのか~組替えしないの?

昨日の夕方、サラっと 次回大劇場宙組公演の出演者が発表されまして
そこには、ちゃーーーんと
きよちゃん(優希しおん) の名前も連ねられていました

私の ((o(。>ω<。)o))ワクワク は 何だったの?

てっきり、大規模組替えメンバーに
きよちゃんも入っているんだヾ(*ㅿ*๑)ツ
って、思っていたのに、、
拍子抜けでございました

だいたい
「もしかしてー|ω・)」 って、ワクワクすることは ハズレるんですけどね
たぶん、極々一般的なファンなので
極々一般的なファンの考えるようなことは 劇団はお見通しで

「( -ω- `)フッ、甘いわ」 

と、弄ばれてヨシなんでしょう


でも、、ホントに組替えナシなの?
KAZUMIーBOY先生も 心配されていたように
花組の娘役大丈夫なの問題 もありますし
娘役さんも含めて、人の異動が必要な気もするんですけど


2020年スタート時の各組トップ3
順当にいけば、こう?

花組❁*. 柚香光、華優希、水美舞斗
月組☽°. 珠城りょう、美園さくら、月城かなと
雪組❅*° 望海風斗、真彩希帆、彩風咲奈
星組☆*° 礼真琴、舞空瞳、瀬央ゆりあ
宙組∅・* 真風涼帆、星風まどか、芹香斗亜


各組、路線スターさんは
ん?なんだか バランスどうなの?

花組❁*. 水美舞斗、聖乃あすか
月組☽°. 暁千星、風間柚乃
雪組❅*° 朝美絢、永久輝せあ、縣千
星組☆*° 極美慎
宙組∅・*: 桜木みなと、和希そら、鷹翔千空


各組別格スターさんは

花組❁*. 瀬戸かずや
月組☽°. 鳳月杏
雪組❅*° 彩凪翔
星組☆*° 天寿光希
宙組∅・*: 

私の独断ですが、、
今後、主演を任されそう とか ステージカレンダーに入ってきそうな方、、という基準で名前を挙げてみました


娘役さんは どうなんだろう
この組には この娘役さんがいるよね♡ という 独断 で、、

花組❁*. 音くり寿
月組☽°. 海乃美月、結愛かれん、きよら羽龍
雪組❅*° 星南のぞみ、彩みちる、潤花
星組☆*° 有沙瞳、小桜ほのか、星蘭ひとみ、水乃ゆり
宙組∅・*: 遥羽らら、天彩峰里、夢白あや

組配属になった、105期生さんにも期待できそうな娘役さんが何名かいらっしゃいますが
まだ、舞台姿を拝見していませんので
ここには 入れていません


もし、組替えが行われるとしたら
関わってきそうなメンバーかな と思います

劇団は よほどの事がなければ
組替えしない主義 になってしまったのかな、、


『オーシャンズ11』が終わったら、きよちゃん はどうしてるのかな?
とか
キキちゃん(芹香斗亜) の相手役さんはどうなるの?
とか
歌がアレだけど、花組トップ娘役のことを思うと 雪組は 潤花ちゃんでいいの?
とか
くらげちゃん(海乃美月) や くらっち(有沙瞳) にはチャンスはないの?
とか
色々考えてしまいますね








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

続きを読む