宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

シャルム!

2019年9月29日の記録~サヨナラショーが観たい

みりおくん(明日海りお) の 本拠地ラストディが夢のように過ぎました
あの日、多くの人たちが訪れた あの場所は
今も 当たり前のように そこにあり
光のまたたきと愛が降り注いだ場所は
今日はまた、次の公演の初日の賑やかさに包まれているのでしょうね

花組公演『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』
私の最後の観劇は、千秋楽の前の日
9月29日でした

44A2DE33-984F-411C-A17C-8A26D9E0C236

サヨナラショーを劇場で観るという夢は、早々に捨て去り
千秋楽のライブビューイング作戦に転じていました

千秋楽の前日の29日
午前の貸切公演は幸運にも SS席に当選していました 
みりおくんを この目で観られる最後がSS席なんて
なんて、素晴らしいのだろう
私は幸せ者だ!!

貸切公演を娘とSS席で観て、その足で一緒に名古屋に帰り
次の日に名古屋で千秋楽のライブ中継を観る
、、、って予定だったんです

ところが、その3日程前
娘から、前楽(29日午後公演・サヨナラショーあり) を (自分だけ)観られそうだと連絡が入って

ちょ、ちょ、ちょ、ちょーーっと待って ( ̄  ̄*)!

マジか、、、

だったら、私はどうなるの?
一緒に車で帰ることになっているから、一人で先に「じゃあね」ってね、、それも 大人気ないし
けど、そこに居るのに観れないなんて、辛すぎる!
慌てて、なんとか手持ちのチケットとの交換が叶わないかと
時折お世話になっている某交換サイトさんを必死で探し、チャレンジするも あえなく、、(TдT)
お宝チケットは、簡単に手に入るもんじゃない

行ったことのない『手塚治虫記念館』にでも行こうかな、、)Oo。.(´-`)

すると、27日に公式HPに
『前楽の当日券は抽選だよー』と 嬉しいお知らせが
当日の朝8時半までに劇場に行けば、抽選に参加できる
娘も協力してくれると言うので、確率は倍だ!
よーし、立ち見でもなんでも こーい!!


.+*:゚+。☀︎*.。


前楽当日、苦手な早起きを敢行し 宝塚大劇場へ、、
到着したのは 7時40分くらいでした
駐車場から花のみちの向こうにある光景が
なんだか いつもと違うぞ

慌てて、われらも向こう側へ行くと
既に正面ゲートは開放さてれいて、劇場正面入口から続く人の列が
ゲートを出て、左の方へと延びていました
列の最後尾は どこなんだ!?
列は楽屋口近く、キャトルの入口辺りまでいって、そこから折り返していました
「何人くらい居るなのかぁ」「もう300人くらいいるのかな?」と悠長なことを言いながら列に並ぶ
この日の当日券は 200枚程度と聞いていました
この時はまだ、2人のうち1人は当てられるんじゃないか、と淡い期待がありました

列は、まずまずの速度で進んでいきます
ゲートをくぐり、テーマパークのようにロープで仕切られた道を
ひらすらS字に歩み、ようやく劇場の建物の中に
そこから、ぐんぐんと進んで
劇場改札にて 緑色のカードを受け取り、ロビーへ

C665BC2E-0B1B-4A9B-90B7-F9400D028940

300人なんて、とんでもない!
整理番号的な数字に驚く
パネルのある側のロビーは人で埋め尽くされていて
われらは、ラウンジに着いたところでストップ
その後も、どんどん どんどん 人が入ってきて
1階はいっぱいになってしまい、列は右手の階段から上へと登っていきました
最終的に何階まで登ったのでしょうね

どうやら、整理番号は 2000番を超えて
その後は番号のない青いカードを渡されたみたいです

さあ、抽選が始まる!
来た道を戻るように、劇場改札にて抽選をして外に出るようです

あーこの形式か (ノд-。)

貸切公演でよくある 席の当日抽選の時のように
赤いチケットホルダーがズラっと立ててあり
その中から1枚を選び取る

そう、誰のせいでもない
全ては、自分の運次第
私、この方式には苦い思い出があるんです
『ポーの一族』MY初日 
抽選なのに、気合いを入れて、相当前の方に並び
引き当てたのが、、まさかの B席

チケットホルダーの凄まじい数を見た瞬間
負けを悟りました

6A4DEBD8-AE52-4EBF-B9EE-6CCF5ABF224D

はい、気持ちで既に負けておりましたので
この結果、、、(T-T)
当てる気満々だった娘もダメでした

まあね、世の中 そんなに甘くないですね
劇場のゴミ箱には、鬼のようにチケットホルダーが捨てられていました


開演まで時間があったので
『Greenberry's Coffee』さんで、心の傷を癒すことにしました

噂の ブルーローズスムージー
罪の色の飲み物、、

DBFDDE85-DFFF-43BF-BB77-889162A81291

さあ、気を取り直して 11時公演
これが 最後の〝生みりお様〟と、心して席に着く

頭痛がするほど泣きました
最後のパレード、銀橋から本舞台に戻る みりおくんを
きっとこの世のものとは思えない不細工な泣き顔で観ていた 私たち母娘
2列目だけど、実質1列目なお席でした
あまりに泣いていたからか
本舞台に戻った みりおくんがセンターに行くときに
私たちの方に視線をくださり「うん」と優しく頷いてくださった (と私たちは信じている)
あの お顔、一生忘れません

もう、思い残すことはない 。゚( ゚இωஇ゚)゚。
心置き無く『手塚治虫記念館』に行こう

と、その瞬間は思ったのですが
実はその日、劇場内で お知り合い何人かにお会いして(みなさん、サヨナラショー観れる人)
みなさん口を揃えて
「最後まで諦めてダメ!」と励ましてくれたんです

私も「はい!頑張ります!」とカラ元気でこたえました

しかし、、諦めてはいけない とは
本当の事でした
なんと、開演10分前にチケットを交換してくださる方とのご縁があり、、、

信じられないことが実際に起こるんですね


.+*:゚+。☀︎*.。


後日
数少ない私の友達の ヅカ師匠・Sちゃん のご観劇仲間の
千秋楽を劇場でご覧になった先輩が、サヨナラショーのペンライトをプレゼントしてくださったのです
私が、大のみりおくんファンとご存知で、、
ペンライトも もちろん嬉しかったけど、そのお気持ちが何より嬉しかった♡

みりおくんも 千秋楽ご挨拶で仰っていましたよね

みりおくんと私たちファンの間に目には見えない絆がある と

私も、同じように、様々な人との繋がりを感じずにはいられませんでした
あの日「諦めないで!」と、声をかけてくださった方々
このブログを読んでくださって、私の想いに寄り添ってくださる方々
同じものを愛するヅカ友さん
宝塚ファンではないけど、私のファン活動を見守ってくれる家族や友人
見えない想いが、私にパワーを与えてくれているのだと

ヅカ生活の中で最高にラッキー✧︎と思ったのですが
思い返すと、これまで宝塚にまつわるラッキーって
結構、たくさんあった気がするんですよね
その度に、その幸せに感謝したり、優しさに包まれたりしました

みりおくんを好きにならなければ
こうした幸福にも出会うことはなかったかもしれません
本当に、感謝♡です


そして、私だけでなく
人は誰でも、誰かに支えられ、応援されているのですよね


53D3EEDB-E5CC-4BFA-833B-7D94F68BE3F9



『手塚治虫記念館』にも
また、チャンスがあったら行ってみようと思っています








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

本日、明日海りお様 宝塚大劇場を卒業

ずっと、9月30日のお天気が気になっていました
絶望的な予報だった時もあったけど
なんとなく、雨は降らないんじゃないかって
ファンのみなさんは思っていたんじゃないでしょうか

私も、みりおくん(明日海りお) の
晴れ男(役) パワーを信じていました


❁.*・゚


昨日は、劇場ならではの感動を味わい
本日は、映画のスクリーンで みりおくんの美しさを堪能させていただきました
オペラグラスを覗かず
ちょっと、拍手をおサボりして
ただただ、スクリーンの みりおくんに集中できる
ある意味、とても贅沢をさせてもらいました

サヨナラショー と ご挨拶

清々しい表情の みりおくん

これまで、毎公演 
千秋楽には退団者のご挨拶があって
それを映像で何度も見て涙してきたけど
必ず来ると分かっていながら
来ないんじゃないか、、なんて思っていた 
その日の みりおくんがスクリーンに映し出さていることが
嘘のようで、、本当のことで、、

みりおくんを好きになってからの
楽しくて、ワクワクして、ドキドキして、満ち足りた気持ち
夢のような時間を振り返って
今は、、
自分が どんな感情なのかが よく分からなくて
呆然としています
まだ、東京公演がありますが
私にとっても本拠地である宝塚の舞台では
もう、みりおくんの姿を観られないという真実

何度かのカーテンコールの後
最後に緞帳の前に 一人出てきてくれた みりおくん が

こっち側に来てしまったので
(緞帳の) 向こう側の私はお見せできません

と、ちょっとお茶目に言った言葉が
あまりにも真実過ぎて、、
今、その意味を 噛み締め 噛み締め 噛み締めています

でも、幸せな時間を過ごしたのも真実

夢の名残は、うん、、胸に残るから、、

A072D1F0-11B4-4AC3-9087-69E63D0F8F82










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







 

ありがとう♡明日海りお様『サヨナラショー』~まさか観られるなんて

花組大劇場公演『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』
前楽を、色々な幸運が重なり、観ることが出来ました
世界中の方々、目には見えない全てのものに お礼を言いたい気持ちです

目がパンパンなうちに『サヨナラショー』の記憶を書き留めておきたいと思います
明日のライブ中継で『サヨナラショー』を楽しみにしていらっしゃる方は
どうぞ、明後日以降に記事をお読みくださいませ


さおた組長の『みりおちゃんとの思い出』のお話は
主に 100周年大運動会
大いに笑いに包まれていましたが
私は、序盤から涙が止まりませんでした

そして『明日海りお サヨナラショー』

幕が上がると、スモークのたかれた本舞台に
青い王子様みたいなお衣装の みりおくん
『エリザベート』から『愛と死の輪舞』
この青いお衣装は、燕尾の裾が『宝塚幻想曲』のプロローグを思い出す
と、、思っていたら
『宝塚幻想曲』のプロローグ
みんなは白いお衣装に白い手羽根
みりおくんの客席降りも、みんなの銀橋渡りも あの時のまま
大きな白い羽根が出来上がると、それがスクリーンになって波が映し出され
『カリスタの海に抱かれて』から『オリーブの薫る島』
『新源氏物語』から『薄紫の君(みたいな歌)』
『金色の砂漠』の主題歌
『MESSIAH』の みんなで歌う 壮大な曲
そこからの
『EXCITER!!』
キャ──((o(。>ω<。)o))──♡
みりおくん客席降り!!
なんと、中央通路まで来てくれました
私は1階A席センターだったので
発狂しそうでした "(ノ*>∀<)ノ
残念だったのが、客席が明るくならず
みりおくんのお顔が、暗くよく見えなかったこと
明日は、客席が明るくなるといいですね

れいちゃん銀橋『Melodia』~男役さんが本舞台

下手花道から
カサノヴァさんとバルビ神父が登場!
カサノヴァさんは、『ポーの一族』の男役群舞のお衣装に、カサノヴァのマント
バルビ神父は 完全復刻版!
カサノヴァさんが銀橋をベアトリーチェの元へと走り抜け、本舞台に戻ると
そこには、ベアトリーチェが、、、(誰かはお楽しみ♪)
そこから、大階段で
赤いドレスの花娘と『CASANOVA』主題歌

『ポーの一族』
れいちゃんと、エドガー&アラン
手を繋いで大階段を降りきて、胸きゅん♡

華優希ちゃんと『クルクル』
あの 水車の曲をアレンジした曲で デュエットダンス

退団者花娘
くみさん(芽吹幸奈)、あかりそ(白姫あかり)、えみちゃん(乙羽映見)、しろきみちゃん(城妃美伶) 
『Santé!!』主題歌で 大階段を降りて銀橋へ

そして
大階段に みりおくん

『エターナルガーデン』
私が、みりおくん歴代で最も好きなお衣装のひとつの
『アーネスト イン ラブ』のフィナーレ
白にピンクのスパンコールのついたお衣装
とっても感激 (∩´∀`∩)

最後は
『ハンナのお花屋さん』から『ハピネス』

最後の曲は『ハンナ…』からじゃないかな、、と思っていました
最近のサヨナラショーでは
ラストは、賑やかで楽しい曲が多かった気がしますが
とっても、みりおくんらしく
しっとりと、胸にじーーーんとくる
素敵なサヨナラショーでした♡


明日は、ライブビューイングで
また、泣いてきます







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

『シャルム!』黒燕尾の振り付け~過去作品から~について

みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演『シャルム!』
特に後半は サヨナラ要素が詰まっていて
涙なしで観ることができません

C26C9BF3-7D6E-43AA-8E4C-68D1EF05C96C
 
きっと、みりおくんはそうだろうな と思っていた
シンプルで飾りのない黒燕尾 
振り付けは ANJU先生(安寿ミラ)、元花組トップスターさんです
これまでも、多くの作品で関わり
みりおくんのことも、見つめ続けてくれていたに違いありません

幕が上がる前から
この黒燕尾には、みりおくんの過去に演じた役が詰め込まれていると話題になっていました
なので、初日から そのつもりで観せていただき
色々と これだ!と思っては
ウルウルしました(;A;)

ところが
時間が過ぎていくと同時に
少しづつ〝正解〟が分かってきて、、

え(。=`ω´=)?

私が思っていたのと、全然違う

あっ これは〇〇だな!と、勝手に感動していたのですが
完全に振りを採用してるものもあれば、役のイメージもあるのかな?
宝塚では、似たような振付も多いから
勘違いしやすいのかも、、

全てではありませんが〝正解〟を知り
全然違ったー(ノ´>∀<`) とは思いましたが
黒燕尾の素敵な みりおくんを拝見しながら
みりおくんの これまで演じてこられた沢山の役柄に思いを馳せる時間という点では間違っていなくて
みりおくんの表情や手の動きから
正に走馬灯のように、沢山の場面が蘇ってくるのだから
ANJU先生が考えてくださった 振りと役が本当の正解なんだろうけど
それぞれが「これは」と思ったものも正解なんじゃないかって思うんです

一人ひとり、心に強く残るシーンは違うでしょうし
みりおくんの、この表情が好き というのも違うのだから

ANJU先生の振り付けてくださった黒燕尾は
実際に舞台で踊っている みりおくんの姿を観ながら
それぞれが、思い出に浸ることのできる
本当にスペシャルな時間だなぁ、と思います

そして、続けて銀橋で歌う『ケ・サラ』が最高ですね

みりおくんが真っ直ぐに銀橋を進んでいく姿が
本当に神々しい ° ✧ (*´ `*) ✧ °

演出の稲葉太地先生がフランスで
ふと「この曲をラストに歌ったらいいんじゃないか」と思い
それを話すと、みりおくんもこの曲が好きだったというお話も素敵ですね

私は、この曲を知りませんでしたが
稲葉先生に、何かが舞い降りるように
この素敵な曲をセレクトすることになった運命に感謝したい気持ちです

宝塚大劇場の千秋楽まで残り10日間

私の大劇場での観劇は残りたった1回となりました

千秋楽は、ライブ中継で観ることができる時代になっていて
それにも、本当に感謝てす








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




送られる者と送る者~花組

花組『A FairyTaleー青い薔薇の精ー/シャルム!』
4回目の観劇を終えました
前回から少し間が空いての観劇
新人公演も無事に終わっていますので
公演期間もゴールが見えてきました
すなわち、組としては『トップさんを送り出す日』が
刻々と迫ってきているということですね
 
みりおくん(明日海りお) は、約5年半トップスターとして組を率いてきましたので
ほってぃ(帆純まひろ) や、でぃでぃちゃん(若草萌香)、りんちゃん(凛乃しづか) 達、99期生さん以下の花組子は
組のトップさんを初めて送り出すことになるのですね
10代半ばで、宝塚という世界に飛び込み
右も左も分からない ひよっこちゃん達は
一心に みりおくんの背中を追いかけ
組の中心には、みりおくんが居ることが当たり前で
なんの疑いもなく、そこに身を置いていたことでしょう

トップさんの交代
それは、タカラジェンヌさんにとって
たぶん一大事であると同時に
ある程度の期間、劇団に所属する限り
誰でもが経験することです
いつか、居なくなってしまうんだ、、と思ってはいても
人間とは、現実に起こっていないことは、どこか他人事ですよね
今、それが現実となり
花組生は、みんな不安な気持ちなのだろうな と思います

何が起こるのか分からない未知の体験をすることになるのが
組子全体の約3分の2を占める、不安にかられる若き組子たち
もちろん、彼女たちも大変ですが
私は、より こちらの人たちの大変さを感じるのです
慌てふためき、不安にかられる若き組子たちを見守り導かなければいけない
約3分の1の先輩花組子
当然、若い組子より みりおくんとの関係は密で
別れが辛いのも、先輩組子たちでしょう
思い出を振り返り、寂しさに泣きたい気持ちは 若き組子以上かもしれない
けれど、新しい花組を しっかりと受け継ぐ使命があるから
泣いてなんていられない、、

久しぶりに観た花組公演は
そんな感情が、段取りに追われる初日当初より深まって
演出だけではない、本当の気持ちも
ひとつの台詞、ひとつの歌詞、ひとつの振りに込められているように感じました
感謝、寂しさ、不安、花組が好きだという思い
一人ひとりの持っている感情が溢れて
特に『シャルム!』の 光の場面と黒燕尾では
舞台上から押し寄せてくる気持ちと、客席からの思いが混ざりあって
「これが サヨナラ公演なんだな」と
組ファンとして、独特の空気と感情を味わいました


٭•。❁。.*・゚


先日『青薔薇』の ナウオンを拝見しました
出演者は
明日海りお、瀬戸かずや、水美舞斗、柚香光、華優希
人数が少なさが、別れの寂しい空気に拍車をかけていました

次期トップとなる、れいちゃん(柚香光) は、まだ若い
人一倍 みりおくんを慕っていたし、、寂しさとプレッシャーで
涙を堪えることは出来なかったようでした

マイティ(水美舞斗) は、泣きそうになりながらも
なんとか堪えているという感じ
マイティは、同期として一番近くで新トップさんを支える存在になるでしょうからね
そのことも、充分承知しているのかな、、
泣き虫な新トップと一緒に泣いている訳にはいかない

そして、あきら(瀬戸かずや)
来年のパーソナルカレンダーに名前を連ねたこともあり
あきらにのしかかる重圧は計り知れません
あきらは、笑顔でした
けれど、どれほど泣きたいのかな、、と
一生懸命作る笑顔に隠された、心の内が伝わってきました
不安にかられる若き組子を守っていく使命は自分にあると責任を背負っているようで、、
最近、更に痩せて
元々 小さなお顔が益々 小さくなっています

けど、一人で背負い込まないでほしい
さおたさん(高翔みず希)、るなさん(冴月瑠那) を始めとする先輩花男が
あきらと共に、きっと今 これから背負う それぞれの責任を感じて 闘ってくれるから


残された者たちは
大きな大きな存在であった みりおくんをキチンと送り出したら
決して止まならない時間の中で
若きトップさんを中心に、この大きな変化を初めて体験する組子たちと
新しい花組を作っていかねばなりません

送られるより
送り出す方が寂しさは深いような気もします

心の休まることのないだろう あきら に
黒燕尾でANJU先生が『ハンナのお花屋さん』のクリスとジェフの振りを付けてくれて、本当に嬉しい
みりおくんと しっかりと手を握りあう時間が
あきらにとっては、何より力を与えてくれるような気がします
いつまでも『Good Friends』だから
エスパーみたいに、手を握りあうだけで
いっぱい伝わることがあるんだろうな、、、
トップのバトンを渡すのではないけど
それと同じくらい大切なことを、みりおくんは あきらに託していると思う

もちろん
2人で踊る、マイティと れいちゃんにも
それぞれに託したいことを、毎日舞台上で伝えていることでしょうね







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚