小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

キキひと

花娘 美羽愛ちゃんの可愛さが話題~1stフォトブック「朝美絢」

先日、興奮のあまり夜中にブログを更新してしまうほどテンションが上がってしまった
あーさ(朝美絢)の ファーストフォトブックのメイキング番組
『ファーストフォトブックLABO ♯8「朝美絢」』(※ 発売は11月1日) の初回放送では
先生(あーさ) と生徒(美羽愛ちゃん) という
誰がプロデュースしたの(天才)!?な シュチュエーションでの撮影風景が
ド肝抜かれる可愛さでした

メロメロになったのは、私だけではないようで
その後 「美羽愛ちゃん可愛い♡」と
かなり話題になっているようですね "(ノ*>∀<)ノ


❁⃘*.゚


美羽愛ちゃん、104期生
初舞台は、星組『ANOTHER WORLD/Killer Rouge』
愛称は、あわちゃん・あわわ
とても小柄に見えますが、公称の身長は 163cmなんですね


花組配属後の初公演は
『MESSIAHー異聞・天草四郎ー/BEAUTIFUL GARDENー百花繚乱ー』
ショーでは、プロローグの『蝶美乙女』に
りんちゃん(凛乃しづか)、いとちゃん(糸月雪羽)、みおんちゃん(咲乃深音)に並んで抜擢されていました
このちょうちょちゃん達はトゥシューズで幕開きから目立っていて
確か、ファラオ降りしてきた みりおくん(明日海りお) の舞台上早着替えのお手伝いもしていたような、、
第一印象は、バレエが得意な可愛い娘役さん♡

『BG』では、マイティ(水美舞斗)が 蜂さんセンターの
とっても可愛いロケットがありました
とにかく、研一さんも含めて 花娘が超可愛かった♡
その1人が あわちゃん だったわけですね
そうなんです
花組配属になった104期生の娘役さんは、みんな可愛いんですよ
(都姫ここちゃん、愛蘭みこちゃん、美羽愛ちゃん、美里玲菜ちゃん)


あわちゃんは、中学生卒業時の一発合格のようです
配属時の組内順位は 7/8 だったのだと思いますが
それが現在は 5/8 となっていますので
バレエ以外の芸事も備わってきていて
これからも、どんどんと良くなる可能性を秘めていますね
伸びしろいっぱいの あわちゃんです


『CASANOVA』新人公演では
ひっとん(舞空瞳)の役『マノン』を演じていますから
注目されている花娘と言ってよいでしょう
(、、と言いつつ、観たのに あまり印象に残っていないんですよね)


『恋スルARENA』には、天城れいんくんと2人、最下級生として出演
最初のカラフルなお衣装は 黄色がとても良く似合っていました
マリンっぽいワンピースも、一番似合ってた!(個人の感想です)

みんなが各国の『さようなら』を意味する言葉の入ったシャンシャンを持った『さらば』の1人ずつの映像は、激かわ (((*♥д♥*)))
あわちゃんは『Adeus』と書かれたシャンシャンで
ぴょこぴょことシャンシャンからお顔覗かせ、そこからの キメのキュートな笑顔.。.:*・'
この笑顔になった時の口元が、もう、、そりゃ 可愛くて、、無敵
数人ずつのところでは、マイティお兄ちゃんにおんぶされていたのが あわちゃんです

私は横アリでは、あまりお席が良くなくて
あわちゃんを ほとんど目撃できなかったのですが
きっと、最初から終わりまで
あのキュート笑顔をふりまいていたことと思います
ダンスは思いのほかパワフルです!
実際に見て「かわい~~♡」ってなったのは
『きみとぼくのラララ』の 思い切りの良い 足の開き具合です
全身から、やる気 と 可愛さが溢れ出ていました

、、Blu-rayにも、あまり映り込んでいなくて (;ω;)
けど、見つけると、いつも 素敵な笑顔でした


『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー』では
11歳のシャーロットを演じています
スレンダーな身体に白いドレス
エリュ(聖乃あすか) に抱きつく場面のほっそりした腕が、本当に美しくて、、
台詞も歌もなく、ダンスだけで見せる場面なのですが
ほのちゃん(聖乃) と あわちゃんコンビの『美』に毎回釘付けでした
隣に立つ男役さんを、自然とカッコよく見せられる娘役さんだと思います

新人公演では、春妃うららちゃんの役『ネリー』を演じましたね
こちらは、拝見していないので
気長にスカステ登場を待ちたいと思います


❁⃘*.゚


この度、美羽愛ちゃんの可愛さを世間が知るところとなり
これから注目度が ぐーんとアップしてくるでしょうね
得意のバレエを活かして
ダンスに、そして 歌に芝居に
どんな抜擢がきても、そのチャンスをものにできる力をつけてほしいです

やっぱり、宝塚の娘役は可愛くなきゃ!
あわちゃん、応援してます!


❁⃘*.゚


涼風真世さんの大ファンだった 麻乃佳世さん
涼風さんきっかけで宝塚を受験し
芸名の『世』は、涼風さんの一字と言われていますよね
その後、月組トップスターとなった涼風さんの相手役となりました
平成の宝塚のシンデレラストーリーです

あーさにお手紙を書いていた、、って言ってたから
相当な あーさファンであることは間違いないですよね
ファフォブの撮影では
そんなリアルが 良い方に作用し
本当に こそばゆい、最高の雰囲気でしたもんね~
自分のファンと知りながら、あわちゃんを呼んでしまう あーさ も あーさだよ!(最高じゃん!)
その他の撮影風景を見ても
あーさの自己プロデュース能力の高さをヒシヒシと感じました


美羽愛ちゃんが『美』の字を あーさから頂いたかどうか分かりませんが
もし、この先
令和の宝塚のシンデレラストーリーがあったなら、、

『キキひと』の夢に破れた私の
新たな楽しみができました(*´˘`*)♡








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






【妄想】『タカラヅカ・スペシャル』で 柴田侑宏先生コーナー

今年、宝塚では お二人のトップスターさん
花の89期生など人気者スターさんの退団が相次ぎ
令和の時代の訪れと共に、また新時代が始まるのだな、、と感じます
そして、今年の出来事として忘れてならないのは
昭和、平成の宝塚に数々の名作を残された演出家・柴田侑宏先生のご逝去です
現在も再演が繰り返される作品も多く
沢山の作品でタッグを組んでおられた 寺田瀧雄先生の楽曲は
今もメロディが心に刻まれています

宝塚の歴史に輝くご功績
今年の『タカラヅカ・スペシャル』では
きっと『柴田侑宏先生コーナー』が用意されるのではないでしょうか


そこで、、勝手に妄想『柴田侑宏先生コーナー』
私の好きな作品から、この方にこの曲を、、を考えてみました

ああ、歌ってほしい曲が多すぎる

トップさんはソロ
2番手さんとトップ娘役のシャッフル と仮定し
こんな選曲はどうでしょうか ( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )♡


ソロ編...♪*゚

専科・轟悠. . .『凱旋門』から『雨の凱旋門』
やはり、これからスタート!

花組トップ・柚香光. . .『星影の人』から『生きるときめき』 
若く儚く美しい沖田総司の雰囲気は、れいちゃんにピッタリ

雪組トップ・望海風斗. . .『忠臣蔵』から『花に散り 雪に散り』
どうしても、だいもんのイメージはこれなのです
新撰組から赤穂浪士に、、あんま 変わり映えしない?
いやいや、そうであっても歌ってほしい

星組トップ・礼真琴. . .『バレンシアの熱い花』から『瞳の中の宝石』
主題歌もいいんだけど、やっぱり これが好き♡
「愛してる」の繰り返しが、胸を締め付けます
パブロフの犬症状で涙が出ます

宙組トップ・真風涼帆. . .『大江山花伝』から『うす紫の恋』
いい曲でしたよね~
初演の 平みちさん、杜けあきさん ハマり役でした
再演の 大空祐飛さんも好き


デュエット編...♪*゚

花組・水美舞斗×宙組・星風まどか
『哀しみのコルドバ』から『エル・アモール』
個人的希望を込めて マイティで!

雪組・彩風咲奈×花組・華優希
『川霧の橋』から『川霧の橋』
あれ?娘役 歌わないっけ?
でも、ラストシーンやってほしい♡

星組・愛月ひかる×雪組・真彩希帆
『仮面のロマネスク』から『あなたがいるから』
大人っぽい雰囲気でお願いします

宙組・芹香斗亜×星組・舞空瞳
『うたかたの恋』から『うたかたの恋』
あの、、、私の夢 です(/ω\*)

あ、、、気づきましたか|*・ω・)チラッ
この企画、、、
ただただ、キキひと にしたいだけじゃん!
もう言うまいと誓った『キキひと』ですが
チャンスがあるならね、、
やっぱり 観たい(*´-ω-`*)


そして、コーナーのラストは他の出演者全員で
『小さな花がひらいた』から『小さな花がひらいた』と『もう涙とはおさらばさ』を歌います

良いではないか。゚+.( °∀°)゚+.゚

私の妄想願望は さておき
タカスペでは、是非
『柴田侑宏先生コーナー』をお願いします


※ 一応調べたのですが、、曲名が間違っていたら ごめんなさい








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




大規模組替え後の 宙組∅・*:

正直、宙組さんに対しては思うところが少ないのです
キキちゃん(芹香斗亜) が宙組に異動してから
何度か宙組公演にも足を運びましたが
現在の宙組とは 私はあまり相性が良くないようで、、
キキちゃんは、宙組に来てから魅力を増していると思うのですが
やはり、みりおくん(明日海りお) の隣にいる キキちゃんが好きだったのかな、、と自己分析をしております
キキひと (芹香斗亜&舞空瞳コンビ) の夢も消え
今はただ、タカスペでの キキひと の絡み と
キキちゃんがトップさんになってからの宙組が観てみたいな、、と思っています 


『タカラヅカ・スペシャル』 メンバーは

真風涼帆《星⇒宙》
芹香斗亜《星⇒花⇒宙》 
桜木みなと
和希そら
留依蒔世
遥羽らら
瑠風輝
星風まどか
天彩峰里
夢白あや

タカスペ後に 

紫藤りゅう《星⇒宙》

、、、星 じゃん

って感じですね (´-∀-`)

私が 注目している宙組生の
100期の きよちゃん(優希しおん) は
新人公演主演経験はなく、タカスペメンバー入りならず
新公では、ずっと良いお役をしているけど、、一度でも主演をしているか していないかの違いは かなり大きいのですね
有望株の 101期・鷹翔千空くんは 来年からかな

しどーちゃんは、優しくて控えめなタイプのせいか
そこまでの影響力がありそうには感じられず
ふわっと馴染んでいきそうです

上級生が『オーシャンズ11』で多く退団しましたが
マイナーチェンジと言いますか、、
あまり 組のイメージに変化はないように感じます
トップさんと2番手さんが、仲良しでキャラが立っており
このお二人が、組のイメージそのものだからでしょうか

個人的にファンの方は そうでないと思いますが、、
まかじぇ から キキちゃんへのバトンタッチも
宝塚全体から見ると、何気に 大きな波風が立つことなく 行われそうな気がします

気になるのは
トップ娘役・まどかちゃん(星風まどか) の去就ですね
まだ若いので続投か、はたまた 芸能界に活躍の場を移すのか、、
キキちゃんの相手役さんは、どなたになるのでしょう
観劇したいかどうかのポイントに
トップ娘役さんが大きく影響するのだと、最近 強く感じていますので
キキちゃんの相手役さんが 好きなタイプの娘役さんになるといいな と思っています

 





ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


 

『第55回 宝塚舞踊会』出演者決定~こっとんお披露目

10月に行われる
『第55回 宝塚舞踊会』の出演者が決まりました

(専科) 
松本悠里、轟悠、京三紗、五峰亜季、美穂圭子、凪七瑠海、愛月ひかる
(月組) 
白雪さち花、千海華蘭、珠城りょう、月城かなと、春海ゆう、美園さくら
(星組)
礼真琴、紫りら、瀬央ゆりあ、朱紫令真、舞空瞳、紘希柚葉
(宙組)
真風涼帆、芹香斗亜、星風まどか


2年に1度 開催される『宝塚舞踊会』は
専科の みえこ先生(松本悠里) を始めとする日本舞踊に優れた生徒が 日頃の研鑽の成果を披露します
東京と別箱公演中以外の組からメンバーが選ばれるので
今年は、花組・雪組は不在
いつも思うけど、大劇場公演の組の出演者って凄い過酷ですよね(今年は月組、、うん、日舞のベテラン揃いだから大丈夫!)

招集組のトップコンビも出演します
日舞のあまり得意でないトップさんは大変、、?
みなさん、もちろん日本物の公演もこなされるのですけど
その道に長けた方の集まりですから、、やっぱり大変ですよね

星組さんも、バッチリ 名を連ねていますね
こっとんコンビ(礼真琴&舞空瞳)
日程は 10月29日(火) なので
なんと、この『宝塚舞踊会』がトップとして最初のお仕事
これを〝トップコンビお披露目〟っていうのかな?
けど、トップさんとして舞台に上がるんだから、やっぱり お披露目ですよね

ひっとん(舞空瞳) いきなりの大役 :(´◦ω◦`):
ダンスがとっても得意なのは、存じ上げておりますが
日舞はどうなのでしょう
トップ娘役として立つことになるので、プレッシャーもあるでしょうね、、
前回の『宝塚舞踊会』で、月組トップ娘役の ちゃぴ(愛希れいか) が
なんか 凄い踊りをソロで披露して話題になりましたよね
きっと、ひっとんなら やってくれるでしょう
応援してます (๑و•̀ω•́)و ファイト!

ひっとんの〝和〟、、、
『邪馬台国の風』『MESSIAH』は 
日本物であって、ホントの日本物じゃないような演目
ひっとんは、子役みたいなポジションだったし
『MESSIAH』新公ヒロインも、ちょっと違う
しゃべの和化粧は初めて拝見することになります
わぁ(*゚▽゚) ビジュアルが楽しみ♡

組替え後、ちなつ(鳳月杏) のディナーショー出演だけなので
『恋スルARENA』にも出てよ~(。>ㅿ<。) と思っていましたが
『宝塚舞踊会』もあるとは、、
これは、やるコトがいっぱいで
それどころではなさそうですね


さてさて、『宝塚舞踊会』のメンバー
必ず 2番手さんが出演するわけではなさそうですが
月組からは れいこちゃん(月城かなと)
星組からは せおっち(瀬央ゆりあ) が選出されています

うーーん ( ¯•ω•¯ )

なんかね、、そうなの? みたいな、、、


あ、、ここで
キキちゃん(芹香斗亜) と、ひっとん(舞空瞳) が顔を合わせることになりますね♡
なんだか 嬉しい
⦅もう 言わないって言ったクセに、、( ̄▽ ̄;)⦆






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

これからは この話をするのはやめましょう、、最後に言います〝キキひと〟を愛しています いつまでも

昨日、とうとう この発表があり
〝僅かな可能性〟 は絶たれました

過去記事:僅かな可能性~星組次期トップコンビ人事

宝塚歌劇団は、ファンの予想を裏切るような人事を頻発するイメージがあるのですが
時に、今回のように
全く予想を裏切らない人事も発令されます

星組新トップコンビは
こっとんコンビ(礼真琴・舞空瞳) です・.。*・.。*
ひっとん(舞空瞳) の星組への組替え発表の日から〝こうなるだろう〟と
誰もが予想した通りの発表がありました

まこっちゃん(礼真琴) は、きっと ひっとん を相手役として大切にしてくださるでしょうし
星組のみなさんも、ひっとんを温かく迎えてくださると信じています

客観的に見ても
大人気の花組トップスターの みりおくん(明日海りお) の退団が発表されており 
ヅカファンが夢をみられる次世代トップコンビの誕生が急務でした
雪組の人気も うなぎのぼり ですが
だいきほコンビ(望海風斗・真彩希帆) は
これまでの宝塚に求めてられてきたものとは 少し違った
〝本物的〟な魅力を観せるコンビです

実力、ビジュアル 共にハイレベルで
しかも、アンチを生みにくそうな こっとんコンビは
次世代を担うには最適と思います
だいきほ とは、また違ったタイプの演目を
これからは 星組に任せられますよね


そうなんです、こっとんコンビ に不満は全然なくて
期待も寄せています
けど、、花組ファンの私が
ずっと夢見てきたのは『キキひと』
キキちゃん(芹香斗亜) と ひっとん のコンビでした

どうして、ここまで キキひと に拘ってきたのかな、、

原点は『ハンナのお花屋さん』
キキちゃんは、この公演の直前の本公演
『邪馬台国の風/Santé!!』で、これまでの殻をやぶったかのように 魅力を爆発させていました
思えば、主演作『MY HERO』から 殻にヒビが入っていたんですよね

キキちゃん、なんか突然 めっちゃんこカッコよくなってる (@♡▽♡@)

もちもん、その前から キキちゃんのことは大好きだったんですよ
けど 「もう!なんなの (≧∇≦*)」っていう カッコ良さで
その流れで『ハンナ…』の アベル役
これがもう、そりゃ キキちゃんにハマりすぎて!!
貴族の生まれではないのに、産まれ持って 貴族感のある青年
ベージュを基調としたスーツ姿の麗しさ
それまで遊び人だったのに、ただ一心にハンナを愛することに目覚めた喜び
そんな キキちゃんの魅力を
更に更に大きくしてくれたのが、ハンナ役である ひっとんの存在でした

ひっとんは当時 研2
ハンナ役は大抜擢でした
その初々しさが役に反映されて、本当に良いキャスティングだったと思います

そんな ひっとんを、キキちゃんがリードして
大恋愛だけど、寂しい結末となる二人、、、
この時、キキちゃんは宙組への組替えが決まっており
ひっとんにとって、初めての王子様と公演が終われば離れ離れになってしまう現実がありました
アベルとハンナの短くも激しく深い愛とリンクさせずにはいられない、、
何もかもがドラマチックだったのです

娘役としては高身長のひっとんと 背の高いキキちゃんとの並びが良く合っていて
二人のお顔の上品さも ピッタリで
宝塚という世界で、これほど 夢をみさせてくれるコンビってない!と思ったのです

現実の世界では幸せなゴールではなかった アベルとハンナを キキちゃんとひっとんに重ね
どうか、二人がコンビを組むことで報われてほしい、、と
熱く熱く 思ってしまったのですね

宝塚ファンにとって
トップコンビの両方のスターさんが大好きって
案外、ありそうでなかったりします
これほど幸せなことってないんですよね
実際に〝みりゆき〟が、私にとって そうでしたから♡
ですので
〝みりゆき〟の次が〝キキひと〟だったなら、、そう夢見てしまったのです

たくさんのファンがいて、それぞれの好みがあります
そうそう、私の思う通りに 事は運ばない、、

私にとって〝キキひと〟は夢のコンビなのは
これからも変わらないけれど
現実を受け止め、まこっちゃんとのコンビの大成功を見守っていきたいと思っています

いつか『タカラヅカスペシャル』のコンビシャッフルで
キキちゃん と ひっとん が
優しくお互いを見つめて踊る日を楽しみに待ちたいです
そう!『タカスペ』で〝みりちゃぴ〟が実現したように、、


FF304EAF-AF86-4E60-925D-90E9F55514E8



さて、ひっとんのトップ娘役就任が早すぎる、、との ご意見があるようですが
私は そうは思いません

ひっとんは 花組配属当初から、セリフがあったり
ロケットのポジションなど 恵まれていました
しかし『ハンナ』の大抜擢後は
組には魅力的な花娘が大勢いて
ひっとんの器から考えると、抜擢は少なすぎるのではないかと思うくらいでした
いつの間にか、もう 研4 です

研4 が 早いか遅いか、、ではなく
スターさんにも様々なタイプがあり
ひっとんは、大器晩成型ではない と言えると思います
脇に居ることに違和感を覚える娘役さんでした
このタイミングで トップ娘役になるしかないと考えられます

トップ娘役になるということは
卒業へのカウントダウンが始まったという側面もあり
宝塚が大好きという ひっとん自身も
もしかしたら、就任するにしても もっと先に、、と望んでいたかもしれませんね
けれど、これが ひっとんに与えられ宿命かな、、
少し 大袈裟な表現ですが、そう思うのです

ひっとんを長く宝塚で観ていたい
私も そう思う一人です
相手役の まこっちゃんもまだ若いですから
息の長いコンビになってほしいですね








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚