宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

アーネストインラブ

ちなっちゃん(鳳月杏)って、やっぱ凄いと思う

89期生の退団(発表)ラッシュ、、
中でも、熱烈応援して参りました みりおくん(明日海りお) の退団発表は
もう心の準備は万端、、と思っていたのに
かなりの 虚無感に襲われ
ゆきちゃん(仙名彩世)の退団、ちなつ(鳳月杏) と ひっとん(舞空瞳) の組替え
他にも、個人的には望んでいない決定が続いていて
ダメージが大きく
プチ家出、ならぬ プチヅカ離れを起こしていましたが

持つべきものは ヅカ友!

先日、久々に ヅカ友 Yりんと
1時間くらいと思ったら、実は4時間経っていたという
毎度毎度の展開の 熱きヅカトークに興じて
一気に ヅカ熱を取り戻しつつあります

そんなこんなで
撮り溜めていた スカステ放送を
すごい勢いで見ています

昨日はお休み、外は雨、旦那は不在と 
絶好の ヅカチェック日和に恵まれました
かと言っても、一日は24時間
睡眠もたっぷり取りたいタイプですので
『ぽっぷあっぷ』『Sen-se』と 花娘のサヨナラ特番
プラス、やっぱり見ちゃう『Delight Holiday』
本当は『For the people』も、ゆきちゃん と ほのちゃん(聖乃あすか) の親子中心に見たかったのてすが
これは、次のお休みの お楽しみ にいたしました


仙名彩世ミュージック・サロン『Sen-se』
ものすごく行きたかった ディナーショーです
思っていた以上に、贅沢でした (,,꒪꒫꒪,,)
こちらについての感想は、別に書きたいと思います

今日は、このミューサロに
あきら(瀬戸かずや) と共に出演していた ちなつ(鳳月杏) について

あきらは、ご存知のように
生粋の花男❀.*・゚
ゆきちゃんを組配属から見守り続けてくれた兄貴です
ちなつは、みりおくん(明日海りお) のトップ2作目
『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』から花組生となりました

ミューサロでは
主役のゆきちゃんの宝塚人生を振り返り
ゆきちゃんが 「これでもか!」 と、曲を詰め込んでいました
幕開きは『ショーメドレー』
目まぐるしく登場する曲の数々、本当に楽しかった♪

ゆきちゃん と あきら には、懐かしく馴染みのある曲ですが
ちなつは 「聞いたことある」 って感じでしょう
私たちが、鼻歌で口ずさむのとは訳が違うので
楽譜とにらめっこして、ハモんなきゃいけないし
大変だっただろうなーーって、、(あきらも言ってた)

こうした状況を
きっと どのタカラジェンヌさんも受け入れて こなしてしまうのだろうけど
ふと、、ちなつって
こういう状況が多くないですか!? と思ったのです

花組に組替えになり、しばらくして
『アーネスト・イン・ラブ』が 再演されました
私の大好きな演目♡
再演は、地元の中日劇場でも上演され
幸せでたまらない日々が思い出されます (❁´ ︶ `❁)

主要メンバーは、ほぼ 前回と一緒で
ちなつは、2番手の キキちゃん(芹香斗亜) と
『アルジャノン』と 執事『レイン』の役替わり
もう 温まってるメンバーに入り、しかも 役替わりって、、、(・ω・;#)
思えば、めちゃくちゃ大変ですよね
結果、どちらの役も
とっても素敵に演じていて、素晴らしかった!
スカステさんに、いつか
アルジャノン=鳳月杏、セシリィ=音くり寿 のバージョンが登場してくれることを願ってやみません
、、、個人的な好みとしては
ちなつ『レイン』の、贅沢なイケメンの無駄遣いと
私のナンバーワン『アルジャノン』 キキちゃん(芹香斗亜) との組み合わせが最高なんですけど、、♡
この前『Youのこと教えてよ』で、キキちゃんも
一番自然体でいられた役 と仰っていましたよね♡
、、、余談でした( ・∇・)


『CASANOVA』が終わると
ちなつは、月組へと組替え
その一作目が『ON THE TOWN』の再演
月組から花組に来たときは、若干 時間があったけど
昔馴染みの顔ぶれとは言え、新しい組で いきなり
温まってるメンバーの中で、1から役づくりをしなければいせません

これらと 少し状況は違うけど
博多座公演『あかねさす紫の花』では
なんと、トップさん・2番手さんとの役替わりを与えられ
これも、どちらの お役も非の打ち所のない出来栄えでした

黙々とミッションをこなす ちなつ

たぶん、周囲には
内心の大変さは、お首にも出さないのでしょうね
器用すぎて、控え目すぎて、、
ちなつが とっても大変なことをやってのけていることを
ちゃんと 劇団は評価してくれているのだろうか

『ON THE TOWN』は観ていないので
なんとも言えないのだけど
おだちん(風間柚乃) の役をするんですよね
おだちんが、大抜擢だったのかもしれないし
おだちんは、素晴らしい役者さんと分かっています
けれど、かなり下級生さんの役を演じられることに
私としては、少しモヤッ、、としています

ちなつ を、いいように使わないでほしい

『Sen-se』『Delight Holiday』と
昨日は、カッコいいちなつを堪能して
以前にも同じような内容の記事を書いた気がしますが
また 書いてしまいました

☆*°劇団は、ちなつさん(鳳月杏)をどうしたいのか

22AE7569-6118-44F9-B133-65F71D6ED764

ちなつ、、カッコいいよ
ホントにホントに カッコいい!







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






 

『男役×男役(おとことおとこ) Ⅱ』CD発売~花男の薄さが不満

『男役×男役(おとことおとこ) Ⅱ -TAKARAZUKA-』
〝男役×男役〟の美学がクロスする 舞台の名場面の歌唱を集めたCDが発売されると発表がありました

2012年に発売された『男役×男役(おとことおとこ)』 の第二弾
第一弾では、1991年~2012年までと
長い期間から集められていたようですね
ヤンミキ や 天海祐希さん から
2012年『ロミオとジュリエット』の〝まさみりみや〟まで
かなり幅広いですね

現在、雪組の〝だいさき〟が
多くの人々を号泣にいざなっている
『ファントム』の『お前は私のもの』の
2011年版 同期コンビが涙を誘った〝まゆえりver.〟 も収録されています


。・:+°


『男役×男役(おとことおとこ) Ⅱ』は
2013年~2018年までの舞台から、、
第一弾の幅広さから比べると、かなり短期間からのセレクトということになります

ラインナップを見てみよう٩(ˊᗜˋ*)و

✲*゚バベル (2014 『ラスト・タイクーン』) ~ まゆみり
✲*゚ルブラン ルパン2 (2013『ルパン』) ~ まさみっちゃん
✲*゚雷の焔中に生りて (2013『若き日の唄は忘れじ』) ~ えりちぎこましょう
✲*゚変わりゆく世界 (2015『黒豹のごとく』) ~ ちえべに
✲*゚逝きし時の中で (2014『白夜の誓い』) ~ りかきた
✲*゚宿命 (2017『邪馬台国の風』) ~ みりキキ♡
✲*゚自由と抑制 Ⅱ (2016『激情』) ~ たまかちゃ
✲*゚運命に生きよ (2015『星逢一夜』) ~ ちぎだい
✲*゚桜華に舞え (2016『桜華に舞え』) ~ みちべに
✲*゚最終答弁 (2016『エリザベート』) ~ まあまか
✲*゚紫に匂う花 (2018『あかねさす紫の花』) ~ みりれい
✲*゚俺たちは負けない (2017『All for One』) ~ たまみや
✲*゚クロードとルイ (2017『琥珀色の雨にぬれて』) ~ だいしょう
✲*゚栄光の日々 (2017『スカーレット・ピンパーネル』) ~ べにこと
✲*゚俺はスーパーマンじゃない (2016『ヴァンパイア・サクセション』) ~ まかあい
✲*゚ミルク (2018『エリザベート』) ~ たまれいこ
✲*゚大胆にいこうぜ (2017『ひかりふる路』) ~ だいさき
✲*゚お前は奴隷 (2015『王家に捧ぐ歌』) ~ まかあっきーりく
✲*゚Love & Hate (2014『The Lost Glory』) ~ りじちえ


なかなか良いCDだと思うけど
個人的には
『Arnest in Love』の『バンバリー』(みりキキ・みりちな  どちらでも可)
『ハンナのお花屋さん』の曲名 分かんないけど
みりおくん と あきら の 「Good フレ~ンズ...♪*゚」の 男と男の友情の歌 
この2曲が入っていないことが
非常に悲しい (´;ω;`)

各組の別格男役が、けっこう入っているのに
花男の あきら と ちなつ が入っていないのは
非常~~っに 不満 ( ˘•ω•˘ ).。oஇ

各組バージョンで発売してくれないかな~


しかし、男役×男役 は 本当にいいですよね!
歌もいいけど、ダンスの 男役×男役 も また良いです!









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

博多座『Santé!!』の感想を綴る前に、、VISAメッセージを受けて

思えば、こんなに客席降りの虜になったのは
大劇場の『Santé!!』が原因ですね
自分史上最多の観劇回数、しかも良席も多く
〝エアサンテ〟 の法則・・・ちょっとくらいの距離なら花男花娘とサンテできる!と知ってからは
とにかく楽しくて o(。>ω<。)o︎♬❤︎

プロローグだけで大満足♡なのに
さらに本編も素晴らしくて
笑ったり、泣いたり、ポ~っ♡となったり、、
『Santé!!』は私の大好きなショーになりました 


お芝居『邪馬台国の風』と ショー『Santé!!』
当時の2番手・キキちゃん が私の中で覚醒した公演でもありました

「キキちゃんって、キキちゃんって
こんなにカッコよかったっけ(//∇//)?」

毎回毎回、そう思いながら拝見し
それまでの みりキキ も大好きでしたが
これからの みりキキ を想い、心が踊りました\♪♪/
、、、なのに
千秋楽直前の キキちゃん組替え発表
ムラでの観劇後 テンションMAXな状態で この発表を見て
帰り道、車の中で『バンバリー』が流れ出した時に涙が止まらなくなり
サービスエリアで ひとしきり泣いた あの日
今 思い出しても涙が出ます (T-T)

DA2653BD-5339-45FD-8324-CA0606D18629

私としては
大変に思い入れの深い『Santé!!』
大劇場での光景が胸に焼き付いていて
その光景に欠かせないのが キキちゃんの存在です

5月の『VISA明日海りおコーナー』
メッセージの中に キキちゃん が登場しています

まかまどコンビのお披露目公演を観劇した みりおくん
宙組の舞台に立つ キキちゃんを
様々な感情で観ていたのだろうな、、、と
感慨深く拝見したのですが、中でも

「お芝居の声は懐かしかった…」

この 言葉に胸がギュッとなりました
『ポーの一族』では、そこまで感じなかったのですが
この『Santé!!』は ダメですね、、(>_<)
劇場に通い、Blu-rayを繰り返し観た公演
ほぼ演出に変更はありませんでしたので

あるべき場所に、あるべき声がないことが
あの色っぽい高音がなかったことが
みりゆきのデュエダンにあの唄声がなかったことが
かなり辛かった

キキちゃんの声が懐かしい

キキロスがぶり返し、かなり こじらせてしまった
博多座の『Santé!!』になりました

CF49563B-C35E-4D34-A612-8EC630D4E6FD


いつまでも 引きずっている自分が情けないです
||||||(_ _。)||||||



.。₀:*゚✲゚*:₀。


本日、花組博多座『あかねさす紫の花』Aパターンの最終日ですね
Σ(・ω・ノ)ノえっ!
もう、半分 過ぎたの!? 早いですね

みり大海人を観られるのは、今日が最後
みりおくんの魂の演技を生で観たかった、、
博多に飛んでいきたい気持ち









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
  ブログランキング・にほんブログ村へ





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。

ミュージカル 『Ernest in Love』 [DVD]
宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2015-04-15



【ハピリポ】爆発するキキちゃんへの想い『ハンナのお花屋さん』③

昨日は『ハンナのお花屋さん』ライブ中継でしたね
あの舞台に広がるデンマークの森や
オシャレな花屋さんのお店が
大きなスクリーンで、どんなふうに観られたのかな

ライブビューイング
未だに 「なぜ千秋楽にしてくれなかったんだろう、 、」 との疑問が拭いきれません
キキちゃんの花組での最後のご挨拶
遠く離れた場所でも、 同じ時間を共有したかったファンは多かったはず

今日は、その組替えが残念でたまらない
キキちゃんの感想を、、、

IMG_1385
画像❁*.http://instagram.com/kotomirio_



アベル ✩ 芹香斗亜

キキちゃんに関しては
純粋に この舞台だけの感想を書くのが難しいです
ずっと みりおくんの横に寄り添って
花組トップスターのバトンを受け継いでくれる、と信じていました
その〝時〟のために
キキちゃんは物凄い努力を積み重ねて
一作ごとに確実に実力を上げて 輝きを増してきました

みりキキのバランスの良さは
キキちゃんの性格が大きく影響していると思うし
お稽古のムシのトップコンビと同じくらい お稽古に頑張る キキちゃんだからこそ
みりおくんはキキちゃんに大きな信頼を寄せていたのだと思うのです

ゆっくり じっくりと役を深めていく
月組時代からのやり方に
きっと、キキちゃんは歩み寄り
みりおくんがやりやすいように心を配っていくれていたと思うのです

こういう、キキちゃんの見えない努力と配慮を
どうか、れいちゃん(柚香光)がしっかりと見ていて
引き継いでくれますように、、(*´ー`*人)


なので、キキちゃんが花組を離れるという事実を
アベルという役に重ねて観ないなんてできなかった

演出の植田景子先生は
ファンが、そういう見方をしてもいいように
この役を キキちゃんにあててくれたようにも思えます


幼い頃の幸せな記憶の中の
アベル、ハンナ(舞空瞳)、小さなクリス(茉玲さや那) のお衣装は
優しいベージュ系で統一されています
愛に包まれて、幸せの絶頂期だった短い時間の中では
3人は1つだった、3人で1つだったのですね
夢のように美しく 儚い幸せ、、
優しい色をまとっているキキちゃん達が
本当に素敵でした


キキちゃん の貴公子な雰囲気
ロイヤルな笑顔 と 立ち姿の美しさ
隠されていた出生を明かす、弟(高翔みず希) の
〝生まれながらに気品を備えていたアベル〟、、みたいな台詞に
説得力がありすぎます

ハンナを包み込む時の柔らかい感じも
社交界デビューするハンナのダンスをリードする時も
本当に憧れの王子様のようです
あーやっぱり、キキちゃんに『うたかたの恋』を やってほしい!
マリーも ひっとん(舞空瞳) なら、なお いい!


その後、クリスとの間に溝ができてしまう
アベルはクリスのことも、とても愛しているのだけど
ハンナを失った悲しみが大きすぎて
生きることにも絶望してしまう様が
一曲のナンバーに込められていて
キキちゃんの唄声に胸が締め付けられました

特に高音部分では
キキちゃん独特の〝男の色気〟を感じさせてくれます


昨日の記事でも登場させてしまった
私の大大大好きな『Ernest in Love』を
キキちゃん からも思い出してしまいました

変わり者の女の子に恋する キキちゃん

初対面のハンナが
「昨日、あなたの夢を見たの (´∀`*)」 って
訳のわかんないことを言い出した時

『Ernest…』で
初対面のセシルが
「私たち、婚約して もう三ヶ月になるんですもの」って
訳のわかんないことを言い出した時のことを思い出しました

ただ
アルジャノンは驚きながらもセシルの奇想天外な空想に
お茶目に付き合いますが
アベルはイケメンに笑い飛ばし
プレボーイらしくハンナの肩を抱いて、、あっという間に〝お持ち帰り〟しますけど♡


クリスとアベルは一緒に舞台に立っていても異次元の存在です
クリスは自分の空想の中で父を見つめますが
アベルが現代のクリスの目を見ることはありません

みりキキファンとしては
なぜか、ここに胸が苦しくなります

なのでフィナーレで
キキちゃん が出て、その後 みりおくん が出てきて
しばらく踊ってから 上手下手に少し距離がある状態で
2人が目を合わせる時の感動はひとしおです
それから、お互いの手を握りあったり
お顔をグーっと近づけたりして踊っている姿に
この上ない幸せを感じます

確か、キキちゃん が
組子たちを見る振りもあったと思います

みんながはけて
みりキキゆき が少し唄います
このハーモニーも もう聞けない、、

キキちゃん が後方センターに立ち
左右の舞台手前に立つ
みりおくん と ゆきちゃん それぞれを見つめて頷き
舞台を去ります

「キキちゃん、行かないで ・゚・(。>д<。)・゚・」


キキちゃん のいる花組が
本当に大好きだったんだ

東京まで行って、本当に本当に良かった
千秋楽にライブ中継をしてくれないせいで
この日が花組のキキちゃんの見納めになってしまったけど
特に2回目の観劇では
キキちゃんの花組生としての姿をとどめておきたくて
心のシャッターを何度も何度も押しました

キキちゃん
本当にたくさんの幸せを ありがとうございました
キキちゃんの人柄や、舞台にかける想いが
きっと宙組にも新しい風を吹き込むでしょうね
宙組でのキキちゃんの活躍も、ずっと応援します
そして、大羽根を背負うキキちゃんを早く見たいです






ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚
  

【ハピリポ】明日海りお・仙名彩世の実力『ハンナのお花屋さん』②

初の東京遠征から無事に帰って参りました
昨日、一昨日のことが
既に遠い昔のようです、、夢のような時間でした


『ハンナのお花屋さん』 
当初は あまりウキウキしないとか、、ブツブツ言っていた私
ごめんなさいって感じです
ハートウォーミング物が、こんなに好きだなんて、、
我ながら、ちょっと意外 (っ´ω`c)…

花組の 大好きな歌い手さんが揃っていたので
とにかく 唄声にうっとり(人゚∀゚*)♡
これでなくてはね、、、癒されて、、ホントに満足♡


クリス ✩ 明日海りお

ポスターより、かなり男っぽいイケメン店長
シリアスな演技も、コミカルな演技も
どうして、こんなに魅力的なのでしょうね

なんとなく、私生活でスマホやパソコンを使いこなしているイメージがないので
文明の利器をバンバン使うクリス役
みりおくん の新しい一面を見たように感じてしまいました


最近は キメキメ( -`ω-)✧ が板についてきて
多くの女性が、図書館のローズ(真鳳つぐみ) の心境ですよね

昨日は2階席でしたので
舞台の中央 上の方のスクリーンに映し出される映像が良く観られました!
エディントン(羽立光来) が
〝これで君も大金持ちだ!〟と歌い踊る
めちゃめちゃ楽しい エディントンソング で
豪邸と高級車をバックに、ちょっと石田純一さんを思わせる キメキメ のみりおくんの映像が面白くって(*ˊ艸ˋ)♬*
みりおくん、いつから こんなに面白い人になったんだろう
あの映像だけ、スカステで流してほしい♡
それか、あのショットの舞台写真(、、と言えるのだろうか?) 発売してくれないだろか (ㅅ˙³˙)♡

最近、こんな抜け感が
男役としての幅をグーーンと広げていますよね


シリアスな場面での
胸を締め付けられるような演技は
申し上げるまでもなく素晴らしくて
抱きしめたくなります゚。*♡


雨の中、本を返しにきたミア(仙名彩世) が立ち去ろうとするのを引きとめるシーンが最高にキュンってします (//∇//)
あれ、どうなってるんだろ?

片方の手で傘を持ちミアが濡れないように差し出していて
片方の脇に本を挟み
もう片方の手でミアの腕を力強く掴むんです

ご覧になってない方は
私が何を言ってるのか???でしょうか?
上手く説明できなくて、、でも、とにかく
このシーン、凄くキュンってするんです
本日、ライビューご覧になる方、、お楽しみに♡


花屋のセットは二階建てで
二階にはクリスの書斎があります
ここでパソコンに向かうクリス
メガネ男子姿をみせていただけるのも この書斎

1回目の観劇は上手の前の方
二階の書斎はかなり見上げる格好になります
パソコンデスクの手間側に
オシャレな水差しが置いてあるのですが
クリスがパソコン画面を覗き込むと、、
み、水差し でクリスのお顔が隠れるー(>_<`)
微妙に画面に近づいたり、遠ざかったりするクリス
あ~ん、見えない! あ、見えた!
チラリズムに翻弄される ひととき でございました


初めてミアにチャットを送る時に
文面に迷うクリス
パソコンを前に あれこれ考える中で
お店のアピールになっちゃいそうになると

「宣伝して どうする!」

って言うんですが
これがね
大大大好きな『Ernest in Love』の
アーネストの登場シーン
プロポーズの練習をするナンバーの

「元気なのは 分かってる!」

って言う時にとってもリンクして
アーネストの時も高い位置だから見上げているし
この感じの みりおくん が大好きです


あと、ミアが仕事を辞めて姿を消すところだったかな、、

「ミア…」

と つぶやき 暗転、、のシーンで
『邪馬台国の風』の

「マナ…」

を思い出しました


まあ、そんな話はどうでも良いのですが
何より嬉しかったのは
みりおくん の癒しボイスが満喫できた作品であったことです


٭•。❁。.*・゚ 


ミア ✩ 仙名彩世

演技力が素晴らしい!
ミアの登場シーンは、いつも重い空気が漂っています
ミアは移民なので生活は貧しく
着ているものも地味で
何もそこまで、、と思ってしまいましたが
ボーダーの長袖Tシャツには肘あてが縫い付けてあるくらい粗末なのです

もう、移民の貧しい少女にしか見えません

出演シーンは多くなく
楽しいナンバーには、ひとつも参加しません
それでも、ゆきちゃんの演技は光を放っているんです
歌唱力も素晴らしく、聞き惚れます...♪*゚

最後は少し綺麗めの お衣装で
何より幸せを掴みますので、本当に良かったな~と♡

次回作『ポーの一族』でも
ヒロインなのか、、という役どころ ですが
宝塚では時折そんな作品がありますよね
どんな役であっても、きっちりの役目を果たす
それがトップ娘役の使命でもありますよね
その点では、ゆきちゃん は何の心配もいりません!


繊細で緻密で、、本当に実力の高いトップコンビです

IMG_1383
画像❁*.http://instagram.com/kotomirio_





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚