小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

みりおくんの好きなところ

明日海りお様のサヨナラ公演が始まり、今思うこと

ここ数日『シャルム!』2回目観劇の感想を書こうとしていたのですが まとまらず
プログラムの巻末の みりおくん(明日海りお) の 卒業の特別な写真を ただただ見つめています

黒燕尾と紫のお衣装
そう『BEAUTIFUL GARDEN』の『エターナルガーデン』の紫のお衣装です
これを見た瞬間.˚‧º·(°இωஇ`°)‧º·˚.
演出の野口幸作先生の歌詞と
メロディの荘厳さに
毎回、涙が止まらなかった『エターナルガーデン』
薄い紫色が最高に似合っていて
ひとつひとつの振りに魂が込められていて
本当に美しかった ° ✧ (*´ `*) ✧ °


私は小学生の頃 宝塚にハマり
一旦卒業してからは、ゆるーく宝塚歌劇とお付き合いしてきました
ハマっていた頃は、お気に入りのスターさんはいましたし
ブロマイドを沢山 買ったりして楽しんでいましたが
大人になってからは、誰かにハマるなんてことはありませんでした
アイドルやミュージシャンにもハマったことはなく
私は そういう人種だ と思っていました
なので、みりおくんにハマってしまった時は
周りの人にも意外だと言われましたが
誰より自分が一番驚いていました
『カリスタ…』の頃からですから
長く応援していらした方からしたら
完全な ニワカファンです

このブログを始めたのも
大好きという感情を抑えられなくて
書く作業で発散することが目的で
ただ自分の思ったことを書きなぐる とても偏った内容でしたが
その時その時に自分の思ったことを 飾らず嘘はなく正直に綴ってきました

なので、何かに取り憑かれたように熱を上げ
パンパンになった その気持ちが少しずつ小さくなっていく現実も
書き留めておかなければ 嘘になると感じて
今 考えていることも書いておこうと思います


冗談ではなく、四六時中 みりおくんのことを考えていましたので
退団してしまったら、私はどうなるのだろうと不安でした
トップスターに就任した時から、卒業へのカウントダウンが始まるということは
宝塚ファンなら誰でもが分かっていることです
その不安な気持ちが最も大きかったのが
『メサイア』の頃でした
この演目が発表された時
若くして散った天草四郎の役が退団を思わせ
この作品が最後になるのでは、、と噂されました

本当に本当に、毎日 吐きそうになるくらい不安で
そうでないと分かった時の安堵感は忘れられません

『メサイア』で感動し号泣し
併演の『BEAUTIFUL GARDEN』も とても好きなショーで
特に『エターナルガーデン』の場面では
いつか来る卒業の時を思わずにはいられず
毎回、胸を締め付けられる思いでした

ゆきちゃん(仙名彩世) とのコンビが
信じられないくらい大好きで、舞台に満足していましたから
今思うと〝これ以上望むことはない〟 という気持ちだったと思います

この公演に大満足して、次の公演は『CASANOVA』
ゆきちゃんだけの卒業が発表されて
ああ、この幸せに終止符を打つ時が来たな、と感じました

みりゆきコンビの妥協を許さない 舞台姿が好きでした
『CASANOVA』では、お二人の集大成を見せていただき
どの場面も、しっかりと創り込まれていて 気持ちの良い公演でした
そして、みりおくんが男役として
本当に最高に輝いていた ( *˙-˙* )

ゆきちゃんを送り出す みりおくんが王子様で
これこそ 宝塚 だと
その光景を心に焼き付けました

今、振り返って思うのは
『メサイア』もしくは『CASANOVA』で
みりおくんが退団していたら
おそらく、私は燃え尽き
しばらくは宝塚と距離を置いていたのではないか、ということ

全てに満足し
自分の思う、最高の夢の世界以上のものは有り得ないと

大好きなものを失いたくないという気持ちが
最も強かったのが『メサイア』の頃で
『CASANOVA』で、ゆきちゃんだけが卒業することが決まった時に
何か、心の中で変化があったように感じます
パンパンに膨れ上がった気持ちに、針で開けたような小さな穴があいた感じです

そこから、気持ちは複雑になっていきます
みりおくんのことが大好きなことは変わりないけど
私が勝手に大好きだった部分が、失われていくように感じていました
素晴らしいスターさんであることは違いないのです
でも、アンタッチャブルな存在でなくなってくるような、、上手く表現できませんが

今月の『GRAPH』に
みりおくん と ちなっちゃん(鳳月杏) の対談が載っていました
私の大好きな みりおくん だ
『Arnest in Love』の お稽古で納得がいかず、ちなっちゃんを泣かせてしまった件がありました
きっと、これまでのどの公演もそうであったのではないかと思います
もちろん、客席に最高の舞台を届けたい気持ちが根底にあるけど
何より 自分が納得したい!
そんな みりおくんが大好きだったんだ

『CASANOVA』で ゆきちゃんを送り出してからは
スカステで拝見したりする みりおくんは、どこか以前とは違っていて
もう、宝塚では全てを出し尽くしてしまったのではないかな、、と感じてしまうこともありました
『恋スルARENA』も、現在のサヨナラ公演も
手を抜いているなんてことは絶対にないです、それは絶対に!
私たちに、良い舞台を届けようとしてくださっているのは伝わってくるのです
でも、何かが違う
それは、受け取る私に変化があるのかもしれないけど
みりおくんの中でも、周りの環境の変化や
張りつめていたものが、それまで肩にズッシリとのしかかっていたものが
ゆきちゃんを送り出したと同時に、ふっと軽くなったような、、
私は そう感じているのです


私の心に小さな穴があいてから
逆に、宝塚の本来の魅力を感じることが増えたように思います
これまでは、みりおくんしか見えていなかった
『明日海りお』という 稀代のスターによって
幼い頃の〝ときめき〟を思い出させてもらい
それからというもの
みりおくんの張りつめた何かから 目を離すことが出来なくなっていた
けれど今
その頃には、気づかなかった 宝塚の魅力を再認識する時間を
卒業を控えた みりおくんにもらったような気がしています
宝塚全体を見渡す余裕ができたのかもしれません


みりおくんを中心に、みりおくんを通して
深く宝塚と関わってきた この何年かが
それまで 無趣味で〝ときめき〟のなかった私の生活に変化を与えてくれました

みりおくんが卒業する時、自分はどうなっているのか
ずっと不安に感じていました
今、その時が来て
想像していたのとは、全然違うけど
盲目ではなくなっている自分を感じます

そんなの本当のファンじゃない!
そう言われてしまうかもしれないけど
みりおくんに魅せられて、他に何も見えなくなってしまった時間があったのは本当だし
今でも、みりおくんが大好きです

卒業が寂しくて、何かにつけ涙が出るけど
私は やっぱり宝塚が好きなんだ という気持ちも大きく
幼い頃の純粋に好きだという気持ちに、戻ったようです

寂しいとは思うけど、生きていけないとは思わない
ヒートアップしすぎた気持ちを
『CASANOVA』が終わってから
少し時間をかけて、落ち着かせてもらえたのかな

ちょっと前なら、どんな手段を使っても
通える限り舞台を観ようとしただろうけど
今は
あと数回、劇場に足を運び
もう二度と観ることのできない、男役の みりおくんと同じ空間で過ごす
それだけで充分な気持ちでいます
穏やかに、ご卒業を見送ることができそうです
こういう気持ちを味わうことが出来たことにも 感謝です

めぐり逢えて良かったと、心から思っています


E10D2EAA-0A2D-44F5-95A4-EE889DE03C5D
宝塚歌劇花組『メサイア/BEAUTIFUL GARDEN』












ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




博多座『あかねさす紫の花』Aパターンを見て、、ふと思い出したこと

博多座花組公演『あかねさす紫の花』

私は、みりおくん(明日海りお) のファンになってから ずっと
『あかねさす紫の花』の再演を熱望しておりました
明日海りお の『大海人皇子』 を この目で観たすぎて、、
博多座公演の演目が決まった時は大喜びしましたが
しばらくして、役替わりと発表があり、、(꒪д꒪II
私の中では、みりおくんは『大海人皇子』しか有り得なくて、、、
けれど、キキちゃんが組替えになったばかりで
2番手は れいちゃん(柚香光)、、苦肉の策 なのかなぁ、、と思うしかありませんでした

『あかねさす紫の花』という作品のファンでもありましたので
まずもって『中大兄皇子編』自体が受け入れ難く
花組博多座の両パターンを拝見した後も、その考えは変わっておりません

博多座の併演は『Santé!!』 
本公演では、気が狂いそうに楽しかったショーでしたので
『あかね…』 との組み合わせ発表時には狂喜乱舞状態でした

しかし、思えば
役替わり発表から、その歯車がわずかに狂い始め
幕が上がると、出演者の体調不良問題が浮上
『Santé!!』の客席降りが中止となる事態に、、
それまでの期待度とは裏腹に、私の中では あまり良い思い出ではなくなってしまったのです

私が 物凄く楽しみにしていた Aパターン(明日海大海人ver.) の観劇日
これは私の憶測なのですが、、
みりおくんを含め、出演者のみなさんは 非常に体調が良くなかったと思うんです
、、かと言って、体調の悪そうな舞台を観せられたわけではないのですよ
花組のみなさんは、本当に頑張っていらして
お客様に観せる舞台として 全く問題はなかったんです、、本当に
だけど、、
どこか無理をおしている雰囲気だったのか、、いえ、もしかして、私がそんな目で観ていたから そう観えたのかもしれませんね
花組公演なのに、心から楽しいと思えない
今振り返っても、あの時だけに感じた感覚は忘れることができません

明日海りおの『大海人皇子』はこんなもんじゃない!

複雑な気持ちの中には、この想いが強くありました
そして、その後のライブ中継で
そのモヤモヤは 吹き飛ばされることになります
ライブ中継のスクリーンには
私の求める『大海人皇子』 がいました

その後、博多座では客席降りも再開され
元気を取り戻された 花組公演を観劇して参りましが
それは、明日海中大兄ver.
やっぱり、ちょっと違う、、
ただ、ちなつ(鳳月杏) の『天比古』が素晴らしかった

Aパターンの
大海人皇子=明日海りお、中大兄皇子=鳳月杏 ver. が良すぎました

なので、博多座『あかねさす紫の花』はBlu-rayも購入しませんでした


先日、スカイステージさんで
博多座花組公演『あかねさす紫の花』Aパターンを拝見しました
やっぱり、みりおくんは断然『大海人皇子』です!

大海人皇子は 16歳から演じられます

ここからが、私の ふと思ったこと になります

大海人皇子ver. では
みりおくんの〝みずら〟が見られるのです

『邪馬台国の風』上演の発表があった時
その時代背景から、みりおくんが〝みずら〟ではないか、、と心配しました
お顔の左右に〝ひょうたん〟のように髪を結うスタイルを
とても、カッコいいと思えず

トップさんに〝みずら〟なの?!、、と

その時、なぜ『大海人皇子』のことを思い出さなかったのだろう

ふと、思ったのは コレです

『大海人皇子』は歴代、トップさんや2番手さんというスターさんが演じていて
男っぽいスターさんより、中性的な魅力を持った方が演じていて
どなたの〝みずら〟も、とても 素敵でした

私は、みりおくんに『大海人皇子』が似合うに違いない!とずっと確信しながら
どうして『タケヒコ』の時に〝みずら〟を恐れたのだろう

あの時の自分が信じられません
そして『大海人皇子』の みりおくんの〝みずら〟ご覧になりましたか?

なんで、あんなに可愛いの ( *´꒳`*)キュン♥

どんなに上級生になり、花男を極めたとしても
みりおくんから 可愛いという要素は取り除くことはできない
『大海人皇子』を完璧に演じることのできるトップさんなのだ!
少年時代から成長し、兄を伐つ力を持つ男になるまでを
美しく、切なく、、(●´ω`●)
だから
『ギィ』も『エドガー』も大成功したのですよね

幅広い年齢を魅力的に演じることができるって 凄い!

結局『タケヒコ』は、貴族の出ではありませんでしたので〝みずら〟では ありませんでしたね
『邪馬台国の風』は、タケヒコのビジュアルありき の作品で
他に ツッコミどころが満載だったので
当時は〝みずら〟の件は、どうでもよくなっていました( ・∇・)

それを、先日 ふと思い出した という
宙組『オーシャンズ11』初日 に全く関係のない
実に どうでもいいお話なのでした (*ノω・*)

久々に『みりおくんの好きなところ』を綴ってしまいました♡


付け加えまして
明日海りお=みずら で思うのは
『日出処の天子』の『厩戸皇子』を演ずることなく 
宝塚を卒業してしまわれることが
個人的には、本当に残念でなりません








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


花組宝塚大劇場公演 宝塚舞踊詩『雪華抄』/トラジェディ・アラベスク『金色の砂漠』 [Blu-ray]


ヅカオタの良く知っているダ・ヴィンチの絵画から抜け出たような先行画像『異人たちのルネサンス』

宙組公演『異人たちのルネサンス』先行画像

8FBF9C9B-4D52-4DAD-B4BE-504388B0B56D


まどかちゃん(星風まどか)
大人っぽくて素敵ですね
大人っぽくしてるけど、お肌はツルツルで、、若いって素晴らしい
それにしても、なんとなく見覚えのあるような、、、

、、、、、


(๑¯ω¯๑)ンー・・・



これですね 

560627C8-6DED-4EB0-9C24-E4DAB7EDE126

ルーブル美術館所属
レオナルド・ダ・ヴィンチ作
『ミラノの貴婦人の肖像』

ほら、みなさん
見覚えがありますよね!

この絵画『ルクレツィアの肖像』とも呼ばれているんですよ

「あ~~っ!」 と思った方も多いのでは?
そうなんです
テレビドラマ『TAKE FIVE』に タカラヅカのスター達が本人役でゲスト出演しましたよね
タカラジェンヌの裏の顔は盗賊団という設定で、、

柚希礼音・凰稀かなめ・龍真咲・紅ゆずる・明日海りお 出演

100周年の顔がズラリと、、豪華だわ


その時に主演の唐沢寿明さんと奪い合ったのが
この『ルクレツィアの肖像』

この肖像画、ダ・ヴィンチが二枚描いたのでは、、と言われていた時期もあって
(後に、そのうち1枚は精巧な模写と判断された)
ドラマでは、そのことをモチーフにしていて
タカラジェンヌ達は贋作の『ルクレツィアの肖像』を探していた、、っていうような内容だったかな?

その時の みりおくんの可愛らしかったこと
ちえちゃんに 「くれない、あすみ 行け!」 って指示されて
実は、敵を欺くには まず身内から、、的に
紅さま と みりおくん には真実を伝えられていなかった、、というクダリで
今はマボロシとなった、、みりおくんが〝ぷっくりホッペ〟で拗ねるお顔が
それはそれは 可愛いくて ( *´ω`* )

、、、おっと、話が逸れてしまいました

この肖像画、欧米では『ラ・ベル・フェロ二エーレ(美しき金物商)』とも呼ばれているらしく
モデルが金物商の婦人か娘であったとか
おでこの飾りが『フェロ二エーレ』というものだからとか、、
実際のところ、モデルが誰なのかは不明なんですが
有力なのが、ミラノ公爵ルドヴィーコ・スフォルツァ(ダ・ヴィンチのパトロン) の愛人・ルクレツィア・クリヴェッリってことで
『ルクレツィアの肖像』とも呼ばれているのですね

フェロ二エーレと言われる、おでこの飾りは
まどかちゃんの方がゴージャスで
髪の毛も圧倒的にツヤツヤ
ヘアスタイルも違うのだけど
この先行画像を見た時に、この肖像画を思い出すほどイメージが似通っていたんですよね
並べると
ドレスのデザインも、とても良く似ていますよね


まかじぇ(真風涼帆) は
レオナルド・ダ・ヴィンチと言うより 森の妖精のようなヘアスタイルで、、( ̄▽ ̄;)
そうよね、ダ・ヴィンチにだって若い頃はあったんだ
生まれたときが髭モジャではないんですもんね

こうなると (どうなると?)
ロレンツォ・デ・メディチ の キキちゃんのビジュアルが
猛烈に気になりますよね(ง*˙꒳˙)ง♡
相当な カッコ良さと予想します✧*。

今度は枠の中ではなく、ちゃんとポスターに登場していただきたいです
よろしくお願いします(*´Д`人)








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ Blu-ray BOX
唐沢寿明
TCエンタテインメント
2013-11-08



明日海りお×クリスマス×Disney とか最高だから ポジティブなことだけ考えよう

真面目に、昨日は眠れない夜でした (。ρω-。)
全国の みりおたんファンのみなさまも眠れぬ夜を過ごされたのではないでしょうか
心のざわつき、、
考えまいとしても考えてしまう、、
それは仕方のないことなのだ
そして
いくら深く考えても、その時はやって来る

ならば
今を全力で楽しむしかない (๑و•̀ω•́)و


◌*ᔦᔧ॰ॱ ◌ᔦᔧ*॰ॱ


『スペシャルステージ Delight Holiday』 

常々、みりおくんがコンサートをするなら
『LOVE & DREAM』のようなステージがいいな♡と思っていました
もしかして、その夢が叶うのかもしれない

ステージの舞台は
『舞浜アンフィシアター』
TDL内にある劇場ですね 
ディズニー大好きな みりおくんですもの
きっと ディズニー絡みの演出も組み込まれるのでは?

お茶会に毎回登場する こりおくん
舞台衣装をまとったダッフィーくん達も
勢揃いで連れてきてもらえないかしら ゚。*♡


『TAKARAZUKA plays Disney』という
タカラジェンヌがディズニーの曲をカバーしたCDにみりおくんも参加しています
その中で、みりおくんは『星に願いを』を歌っています
私の毎日の眠りにつくための『みりおたんCD』にこの曲も入っていて
かれこれ3年くらい、心地よい睡眠に欠かせない唄声となっています

また『ホール・ニューワールド』は
このCDに参加している全員で歌っていて
ソロの3人目に登場する みりおくんの

「おおぞ~ら~~...♪*゚」 

たまらなく 澄んだ唄声にうっとり(∩˘ω˘∩ )♡
大勢の声が入っている部分では
みりおくんの あの唄声を〝耳で探す〟のも大好きです

ディズニーのファタジーな世界に
ピッタリな みりおくんの唄声

近年稀に見る カッコ可愛いトップさんが
TDLの舞台で歌い踊るなんて
まさに 夢の世界 ですね(♡˘︶˘♡)


相手役の ゆきちゃん(仙名彩世) も
『ポーの一族』でシーラが青いドレスで歌うシーンは
まるで ディズニープリンセス でした
唄声もディズニーにしっくりきますよね

ゆきちゃんが本場TDLで、リアルシンデレラになるのかしら♡


ちょうどクリスマスシーズンであり
TDLが1年で最も煌びやかになる季節に
宝塚の プリンス&プリンセスが舞浜に降り立つ、、

素敵だわ ゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

IMG_0156
画像✧*。http://instagram.com/kotomirio_








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚






 

清く、正しく、美しく、朗らかに、、

松岡修造さんのご長女 恵さん の
音楽学校合格が話題になっていますね
スラリとして美しい佇まいは
やはり、血は争えない、、ということでしょうか

他の生徒さんに比べ
どうしても注目されてしまう点はプレッシャーでしょうが
それを跳ね返し、頑張ってほしいですね


松岡修造さん
エネルギッシュで、いつもポジティブ
お坊ちゃま なのは周知の事実ですが
それを嫌味に感じさせない、憎めない方ですよね

私も 好きな芸能人(もう、芸能人ですよね?) の一人です

娘さんの合格に際してのコメントも
父としての喜びをサバサバと表現していて
またまた、好感度もアップです (∩´∀`)∩

娘さんには

創始者である小林一三さんの言葉
〝清く、正しく、美しく、朗らかに〟を心に日々邁進してほしいと願っています


と、エールを送っていらっしゃいますね


清く、正しく、美しく、朗らかに、、、

〝朗らかに〟


みりおくん もフォトエッセイ『晴れでも。雨でも!!』で

タカラジェンヌとしてのモットー
「清く、正しく、美しく」は
もともとは
「朗らかに、清く、正しく、美しく」だったと聞いたことがある。


と、記していますね

朗らかとは・・・
心のこだわりがなく晴れ晴れとしているさま。
あいまいさがなく、はっきりしているさま。


そうなんだ、、私が漠然と抱いていた
〝朗らか〟のイメージと少し違う

みりおくん は
いつも〝朗らか〟ではいられない、、と綴りながらも

でも、胸にこの「朗らか」という
イメージがあるかないかでは全然違うと思う。

晴れでも、雨でも。
どんな時も「朗らか」でいられる自分を目指して。


と、結んでいます


一般的には 宝塚は
「清く、正しく、美しく」が定着して
どうしてなのか 「朗らかに」 が
どこかに行ってしまったのですね、、、

〝朗らかに〟、、素敵な言葉ですよね
優しく、にこやかなだけでなく
心の中に1本筋が通っている潔さ も合わせ持つ言葉なんですね

小林一三先生の孫である 松岡修造さんが

「清く、正しく、美しく」
ではなく
「清く、正しく、美しく、朗らかに」
という言葉を愛する娘さんに贈ったことに
とても 感動しました

きっと、修造さんは
この言葉を おじいさまの言葉として
幼い頃から胸にとどめていたのでしょうね

そんな お父さまに育てられた 恵さんも
素敵な女性に違いない気がします


小林一三先生の言葉の重みを
改めて感じさせる この度の報道でした


タカラジェンヌに受け継がれる 品と格
私たちファンは
何より、そこに惹かれるように思います

そして久々、、みりおくんの好きなところに
この〝タカラジェンヌとしての品格を備えているところ〟を
第9弾として加えたいと思います

 







ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚