明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

歌劇団

昭和の光がまたひとつ、、、柴田侑宏先生 ご冥福をお祈りします

『宝塚歌劇団の元理事で演出家の柴田侑宏さん死去87歳』

悲しいニュースが、、、

宝塚歌劇団の演出家として
数知れぬ名作を産み出してこられた、偉大な演出家
現在も再演されているものも多く

別箱が 柴田先生の作品だと、何となく安心する

宝塚ファンあるある です


小学生の頃に観た作品
『あかねさす紫の花』『星影の人』『バレンシアの熱い花』『うたかたの恋』
子供ながらに、その世界に引き込まれ
何十年も経ったいまも、台詞をソラで言える場面が沢山あります

その頃は演出家がどなたか なんて 
全く考えもしなかったけど
今も心に残っているのは
柴田先生の作品が、年齢を問わず
人の心に訴えかける 不思議なチカラを持っていたからでしょうね


もう ずいぶん前から目を患われていましたが
視力を失っても、作品を輩出し続けてこられました

令和の時代を迎え
昭和は、どんどんと過去になっていきますね
本当に さみしいです

けれど
柴田先生の遺された、宝塚の宝物は
たとえ、時代が巡っても
いつまでも、舞台の上に生き続けるのですね

柴田先生、素晴らしい作品を ありがとうございました

ご冥福をお祈りいたします







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

宝塚歌劇柴田侑宏脚本選 (〔1〕)
柴田 侑宏
宝塚歌劇団
1989-08-01





豹 と ウイスキー のショー!!~『演出家が語る!』齋藤吉正×藤井大介

スカイステージの新番組『演出家が語る!』
記念すべき第1回は
一昨日 初日を迎えた、大劇場月組公演
『夢現無双』 『クルンテープ』の演出家の
齋藤吉正先生と藤井大介先生の対談でした 

C8065E69-944C-4F7B-8668-17F5D907805C


どちらも、好きな演出家さん
過去に、お二人でのトークショーを開催したこともあるということで
〝仲良し〟なのは 周知の事実ですね

私が印象的だったのは
花組全国ツアー『EXCITER!!2017』と
2番手のキキちゃん主演の『MY HERO』が同時に上演された時

『MY HERO』では
仕事を探し、プロダクション回りをする主人公・ノア(芹香斗亜) が
『エキサイタープロモーション(だったかな?)』の『藤井さん』を訪ねるシーンがありました
このシーン、テンポが良くって とっても楽しいシーンでしたよね
『藤井さん』は 休んでるって設定で、、
ノア 「二日酔い か、、飲みすぎるなって言っとけ!!」
笑いましたねー(爆°∀°笑)
お酒大好きな 大介先生、、ありそうな話で、、

そして『EXCITER!!2017』の ミュージカルのシーンでは
バックのパネルに しっかりと『MY HERO』の文字が!

仲良し演出家ならではの
こんな隠れたサプライズ演出は
ファンにとっては 大好物 Ψ( 'ч'♡ )
全ツと キキちゃん公演の両方の劇場を訪れたファンは、やっぱり思ったことでしょう

あの二人、デキてるんじゃないの、、 (≖ᴗ≖ ) と


そんな お二人が
この度の月組公演で 芝居とショー でタッグを組む!
月組さん、羨ましいです

これまで、何故 組まなかったのか、、を
大介先生は
「濃くなりすぎるからじゃない?」 と 仰っていました

かもね~ꉂꉂ(ˊᗜˋ*


お互いをリスペクトし合っている お二人の月組公演
とても、魅力的ですが、、、残念ながら 観劇予定なし でございます
相当待って、スカステへの登場で拝見することになりそうです


この番組で、今後挑戦したい舞台は?の問いに、大介先生は

『動物レビュー』 、、へっ( ˙-˙ )?

『ライオンキング』?って 呟きましたけど
大介先生は『豹』が大好きらしく (、、確か ヒョウ柄もお好きよね?)
『豹』が主演のショーってことで
うんうん、、聞いた時は 「へっ?」って思ったけど
アリアリ!なかなかカッコいいショーになりそう
あと、大介先生らしく
カクテル、ワインに続き 『ウイスキーのショー』も考え中らしいです
どんだけ お酒が好きなんだ!


サイトー先生は
これまで『Studio54』『TAKARAZUKA夢眩』で 温めてきた
明日海りおのイメージの総決算となる『恋スルARENA』で
どんな演出で魅せてくださるのか期待です!

あまり、番組の内容に触れていませんね、、
トークは割と淡々と進んでいました(ざっくり)


宝塚歌劇団の演出家として
確かな地位を築いた お二人
これからも、夢いっぱいの舞台を
どんどん 生み出してください!








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

105期生、、『新・美人の期』よね

タカラヅカニュースで
第105期生さんの卒業式を拝見しました

スカステの『音楽同好会』で、司会の 樹里咲穂さんが
89期のことを『美人の期』と呼んでいましたよね

105期、、
これは 間違いなく『新・美人の期』でしょう!


卒業証書を授与される様子を
音楽学校の校歌をBGMに、全員分 放送してくれる タカラヅカニュースさん
この時期になると、この校歌が頭の中をリフレインします

音楽学校の卒業時は
どうしても 娘役さんに目が行きますよね
まだまだ お若く、お顔にも張りがあって
男役志望のみなさんも、やはり 綺麗なお嬢さん という雰囲気ですから、、


それにしても、顔面偏差値が高い!
美人さんが沢山いらっしゃったのですが
私、、一番 「可愛い~(,,> <,,)♡」 と思いましたのは

0B31428C-6EB9-41D4-BCB8-5B8D250E8C7E

キュートな笑顔に、やられました~(≧∇≦)

お名前は? と 歌劇団公式HPを見てみますと

おっ!
『スター』の欄に『研究科一年』の文字が!
カラーはオレンジ

13ED2CF7-05CE-4539-8326-C4F5E220A4F0

卒業証書を受け取った順からすると、、

AB403967-FF24-48D1-98AA-6B4B3E39C0C7
写真ないんかーーい ( "ºДº")ノ `-' ) ペシッ

たぶん、愛未サラちゃん かと、、
間違っていたら、教えてください

『まなみ』と読むかと思ったら『あいみ』なんですね

*❀٭

そして、松岡修造氏のご長女の芸名は

稀惺かずとさん

『きしょう』と お読みするのね

ムズいわ、、、( ˘•ω•˘ ;)
何回見ても、なかなか 覚えられない、、

けど、彼女がスター街道を登っていったら
読みにくいと思っていた この芸名が
誰でもが、当たり前に読める日がくるのだろうな


初舞台は、宙組『オーシャンズ11』
組み分けも 楽しみです






ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

博多滞在中に大きなニュースが2つ

一昨日、昨日と、ヅカ友・Yりんと博多観劇旅行
一緒に居ると、毎回毎回 おしゃべりに熱中しすぎて時間を忘れてしまう 私たち
今回も、相変わらずの珍道中だったのですが
それより何より、旅行中
種類の違う驚きと悲しさの 2つのニュースに衝撃を受けました


1つ目は
博多座宙組公演の幕間
娘からの『大変、大変っ!!』LINEで
〝ひっとん(舞空瞳)、星組に組替え〟を知りました

花組の別箱の振り分けや特出に関するニュースを出すタイミング
ここで発表することになっていたのでしょうね 

このことについては
これから、クドクドと 思いを語っていくことになると思います、、、


∞----------------------∞


もう1つの衝撃ニュースは
元星組トップスターさんのファンクラブの代表をされていた お母様の脱税容疑のニュース

最近〝宝塚や宝塚ファンの実態〟的なことが、取り上げられることが増えていますよね
つい先日、某雑誌に
『ときめきたい、育てたい、成功も喜びたい 宝塚歌劇に戻る 大人女子』という記事が載りました

正に、私の世代のヅカファンの〝実態〟を掘り下げる記事

そういえば、うちの嫁も時々 宝塚行ってるよなー

ってくらいに思っている世の旦那様方が
この記事に目をとめ

おいおい、ウチのヤツは大丈夫だろうな、、?

と、ヅカ活(とくに経済的なこと)に興味を持ち
あれこれ 切り込んできたら
めちゃくちゃ めんどくさいではないか!

かわいいオタク集団の楽しみを奪うような記事は
やめて下さらないだろうか、、
そんなふうに思っていた矢先の 脱税容疑ニュース

各家庭の経済事情の話ではなく
とんでもなく 大きなお金が絡んでいる話で
薄々感じていたけど、ある意味 win-win ということで
公に どうこう言われてこなかった
私設ファンクラブの動かすビックマネーについて
今回のように 大きなニュースになってしまったことに
現在、どっぷりとこの世界にハマっている私は
かなり動揺しました


エンタメ界事情に詳しくはないけれど
宝塚歌劇は、おそらく かなりの勝ち組だと思う
それなのに
チケットの販売方法には特別な対策は取られていない現状のように思うし
そのチケット販売や、退団時の様々なこと、、
これらに、私設ファンクラブが相当関与していそうなことも
時代の流れにそぐわなくなっているかもしれないですね

非常に大きなお金を扱うのに
素人中心の運営に任せていることに 無理がある気もしますよね (そうではない会もあるのかもしれないけど)
ある程度の会員数のスターさんのファンクラブ運営は
劇団がするとか、なんらかのサポートをするとかする必要があるんじゃないか と
ズブの素人ながら考えてしまいます

宝塚歌劇の人気って、国税が目をつけるほど なんですね
『自称かわいいオタク集団』の生み出すお金は、かわいくないんだ

悪いことは、悪い
知らなかったでは すまされないと思うけど、、
できることなら
タカラジェンヌさんにお金問題は無縁であってほしい
だからこそ、お金に関するプロのアドバイスは必須だと思います

色々 心配になりますが
応援している スターさんが、無事に卒業することが出来るますように


∞----------------------∞


卒業間近の かいちゃん(七海ひろき)が出演する トークショーでは
入場時に身分確認を導入するそうです
SSの当日発券とか
少しずつ動き出しているとは思いますが
悪者は、上の上を行くものです

本人確認
そんなことをしなくちゃいけないなんて寂しいけど
ファン心理につけ込んで、儲けようとする輩がいる現実では
もはや、性善説は通用しないですもんね

ネットの発達で、便利な世の中になったけど
反面、昔はなかった悪質な犯罪まがいの行為もする人も後を絶たない
私たちが便利ということは、犯罪者にとっても便利なんだろう


博多旅行中、このニュースを聞く前に
たまたま Yりんと〝チケット今昔〟の話をしていました
変わったよね、、と


観たい時に 観られるようなシステムにならないかなー
それには、まずは やっぱり
転売できないシステムが一番効果的かな









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

『ラ・ラ・ランド』を キキひと で熱望

昨日、地上波に登場した『ラ・ラ・ランド』
アカデミー賞のいくつもの部門賞に輝いた大ヒット ミュージカル映画
観たい 観たい と思いながら
なんせ ヅカ活に大忙しゆえ、、映画館に行きそびれていた作品
公開当時も、絶対に好きなタイプの映画だと思っていたんです

その『ラ・ラ・ランド』
ようやく 観ることができました

宣伝映像とか、曲のイメージから
キュートな胸キュンストーリーかと、勝手にイメージしていたのですが
まさか、、こんなに ほろ苦 だったとは、、
ラストの何分かは、涙が止まらず、、観終わってからも、涙が止まらず、、

私は、基本 ハッピーエンドが好きです
『ラ・ラ・ランド』は、ある意味 夢を掴んだハッピーエンドの側面もありながら
主人公の恋人たちにとっては、やはり ハッピーエンドではなくて
特に 終わり方は、色んな解釈のできる
私の好きな、イマジネーション掻き立て作品
すごく 大好きな映画でした
切なくって胸が痛いけど、もう一度 観たいです 
(録画してない失態(´θ`llll))

ミュージカルを毛嫌いしている旦那は
案の定、途中から爆睡してましたけど、、
そう、よくある
急に歌い出すシーンが多めです (´▽`) '`


☆。.:*・゜


ロサンゼルスで夢を追いかける男女
『LA LA LAND』の『LA』って『Los Angeles』の『LA』かな?
お互いに上手くいってない時に出会い
恋をしながら、成功に向かっていくけど
タイミングが少しずつズレを生じて、、
まあ、あらすじ は ご存知の方も多いでしょうし
まだご覧になっていない方は、是非 観てください
宝塚好き なら まず確実に好きですよね


様々な名作ミュージカル映画をオマージュした場面も多く
主演コンビ、娘役たち、群衆 のダンスは見どころ満載
、、、あえて、言い方を宝塚チックにしてみましたよ
そう!もう、以前から言われていると思うけど
宝塚にピッタリですよね .*・゚(*º∀º*).゚・*.

有名な夜景の美しい丘で
主演コンビがタップを踊るシーン
心の高鳴りと美しい夜景を
わざと 「どうってことない」 と逆の表現をしながら 惹かれあっていくシーンです
ここ観ながら、、

キキひっとん に演ってほしい(ง •̀ω•́)ง✧

猛烈に、そう感じました!
『ミア』は、ひっとん(舞空瞳) そのままのイメージ
あのダンス、ひっとんが踊ったら めちゃくちゃいいよ!
『セバスチャン』は、お髭が素敵なワイルド系イケメンなので
ヅカ版の キキちゃん(芹香斗亜) は
少し、爽やかイケメン になりますけど
ちょっと、ひっとん をからかいながら踊る キキちゃんを想像しただけで

ええやん!!!

キキひと なら、どの場面のダンスも
絶対に美しくって、我らを夢の世界に連れていってくれるに違いない

ラストの、あの切なすぎるシーンを
キキちゃんに演じさせるのは 辛すぎるなぁ
顛末を変えちゃう?!
私は、それでも構わないけど
『ラ・ラ』ファンが許さないかな、、、


☆。.:*・゜


キキひと で『ラ・ラ・ランド』、、私の夢が またひとつ増えました
言い続けると実現するかもしれない
みりおくん(明日海りお) の『あかねさす紫の花』みたいにね♡


非常に 今更 なのですが
『ラ・ラ・ランド』を 是非とも 宝塚の舞台に!







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]
ライアン・ゴズリング
ポニーキャニオン
2017-08-02