明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

花組

明日海さんのアドリブ

絶賛上演中の『シャルム!』では
初日が開けて しばらくしてから アドリブ が入るようになりました
その初回、私は観劇しておりませんでしたが

みり「ここで、アドリブが入るようになりました」

キチンと、報告があったようですね
珍しい、アドリブ宣言
なんて、可愛いらしいんだろう

プロローグが終わり
クジャクの羽根を ピュッピュッと背負った みりおくん(明日海りお) が
SS席の辺りにだけ プチ客席降りをする時です
本舞台には、カタフィル君たちがおり
別に やかましくしていないけど

みり「うるさいな(*`ω´*)」

と、おこモードから アドリブはスタートするようだ

私は、3回目の観劇にして
この宣言アドリブ場面に初めて立ち会ったのです

みりおくんのアドリブは
観劇に来てくれた人に絡むことが多いようだ
私の日は、小池修一郎先生でした
この日の11時公演は、キキちゃん(芹香斗亜) だったようで
小池先生には 申し訳ないけど
キキちゃん回の方に 出くわしたかったな~

だいもん(望海風斗)や、べーちゃん(桜咲彩花)
様々な方々に絡んでいるようですね

みりおくんは、あまり アドリブの人 という印象はありません
、、というか
アドリブが苦手な人 という印象さえある

男役として、タカラジェンヌとして最後となる公演だから
今まで しなかった事をしてみよう!って思ったのかな
ショーの途中では、絶対に羽根を背負わなかったのに
今回は背負ってきたし

『Gato Bonito!!』の 黒猫のタンゴの場面の だいもん や
『オーシャンズ11』の ジョンソン先生の キキちゃん が
毎公演、違ったアドリブを入れて 大好評だったことで
「私も、やってみたい((o(。>ω<。)o))」と感化されたのかな~

この サヨナラ公演では
なんとなく、これまで 観てきたのとは違う みりおくん な気がするのだけど
やっぱり、これまで張り詰めていたものが解けたのかな、と
連日のアドリブを頑張っちゃうことからも感じます

色々、思うことは あるけれど

みりおくんが楽しいならば
私も幸せ (*ˊ꒳ˋ*)

最後の公演に駆けつけてくれる
宝塚の仲間たちと
アドリブというカタチで
もうひとつの 思い出をつくっている みりおくん

うん
みりおくんが楽しいならば
私も幸せ (*ˊ꒳ˋ*)







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

VISA 9月の明日海りおメッセージ~あと2回かな?

毎月更新される 
VISAホームページの『明日海りおコーナー』のメッセージ
みりおくん(明日海りお) の卒業は
東京千秋楽の 11月24日
このメッセージも、11月が最後になるのでしょうか
最後には、特別なメッセージとかあるのかな (´・_・`)


さて、今月のメッセージは
現在宝塚大劇場で上演中のサヨナラ公演
『A Fairy Taleー青い薔薇の精ー/シャルム!』 について

お芝居は
ご自身の役づくり、共演の 華優希ちゃん、れいちゃん(柚香光) とのことに触れていました
文章からは、落ち着いた雰囲気が伝わってきます

みりおくんのメッセージで、ひとつ 謎が解けました
私は、エリュや妖精たちは『ミスティワールド』という、あの庭の空間に閉じ込められたと思っていたのてすが
そうではなく『霧の中』に閉じ込められたのですね
霧の中にしか存在できないけど
霧と共にロンドンへも行けるってことなのかな

ショーのお話では、少し明るい雰囲気になって
トップになって初のショー『宝塚幻想曲』 との対比をしたりしながら
色んな場面のことを語ってくださっています


『卒業』とか『退団』という言葉は一切出てきませが
どこか寂しげ、、
いえ、、
いつも、こんな感じかな、、 


最後に、雪組公演『壬生義士伝』を観劇したこと

タカラジェンヌとして、同期の だいもん(望海風斗) の舞台を観るのも これが最後ですもんね
感慨深いです

この公演に出演していた
同期の かちゃ(凪七瑠海)
元花組生の きいちゃん(真彩希帆)、ひらめちゃん(朝月希和)
元月組生の あーさ(朝美絢) の名前も出てきて
同期生は もちろん ですが
一緒に舞台を創ったことのある仲間も
やっぱり 特別な存在なんだろうな、と思いました
 

9A9E1AD3-D11F-45A4-A541-498B27536C4E
三井住友VISAカード 明日海りおコーナー







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

あーさ(朝美絢) こそ『勘違い野郎』ではないと思う~みりちな対談から

我が地域では『宝塚 CAFE BREAK』が少し遅れて放送されます
先週ようやく、あーさ(朝美絢)回を拝見することができました

カフェブレでは、ゲストの方のスターアングルを放送してくださるので
この あーさ回を最近 繰り返し見ております♡
「非日常のときめき」に やられる、、
あーさ、ホントに素敵です♡
見た目の美しさだけでなく
正直で真っ直ぐな飾らない雰囲気、全てが魅力的です


みりおくん(明日海りお) の卒業を控え
やはり、みりおくんのことを考える時間が多いのですが
現在 上演中の舞台のこと というより
『明日海りお』というスターの存在 について
改めて あれこれと考えにふけっています

最近では『GRAPH』での みりちな(明日海りお×鳳月杏) 対談が強烈なインパクトでした
みりおくんは、元々 とても正直なお人柄だと思います
お顔に感情が出やすいと思いますし
お世辞 や おべっか も不得意
よく、ひとを褒めているけど
それは いつも、ホントのホントの本心からの言葉のように感じます
本当に心が動いていないことは口にしない
そんな みりおくんが、ちなっちゃんとの対談で語ったことは
相手が ちなっちゃんだからこそ出てきた言葉であって
お二人の関係は、魂レベルで本物だからこそ
あんなに感動できたんだと思います

みりおくんは、お話しの中で ちなっちゃんに対して
「勘違い野郎になっちゃダメ」と言っています
ちなっちゃんは後輩といっても、もう かなりのベテランさんですし
それなりの地位も確立している相手に対しての発言としては、少し違和感を感じるほど デリケートな言葉であった気がします

「勘違い野郎になってはダメ」

この言葉が、ものすごく 心に残って
それから、ぼんやりとそのことを考えていました
ある程度の地位を確立して組替えする
それは、みりおくんも月組から花組へと異動した時に経験しています
花組のトップになるために異動してきたことは、きっと周知の事実だったでしょうから
その時の 居心地の悪さ が、なんとなく透けて見えるように感じました
ちなっちゃんは、少し状況は違うけど
花組で男役としての自分を確立し
異動先は古巣ではあるけれど
明らかに、以前に月組に居た 鳳月杏 ではない
みりおくんは、ちなっちゃんの成長を認めているからこそ
この言葉を送ったんだろうな、、

大スター扱いで 花組に迎えられた過去 (実際大スターなんですけど)
この時、みりおくんは「勘違い野郎になってはダメ」と 自分に言い聞かせていたんだと思う
チヤホヤを勘違いしてしまったら、自分の求める男役にはなれないと
チヤホヤに耳を塞ぎ、ただ ひたすらに己の道を進み
唯一無二のトップスターになったんだ

月組の主要メンバーは
ちなっちゃんより下級生ばかり
加えて、月組生さんは とにかく優しい
慣れた組だけに、居心地も悪くないだろうから
より「勘違い野郎」になりやすい環境
みりおくんは、ちなっちゃんに もっともっと上を目指して欲しいから
そして、もっともっと成長できると信じているから
あえて、耳障りの良くない この言葉を送ったように思うのです

宝塚に限らず、芸能界は「勘違い野郎」だらけの世界でしょう
想像することしか出来ないけど
「勘違い野郎」になってしまっても仕方ない環境なのだと思います
かなりの強い信念がなければ、誰もが「勘違い野郎」になってしまうのだと思います
また、「勘違い野郎」になることで得られる 自信や余裕が
その人を、大きく華やかに見せることもあると思う
そういうタイプも当然居るし
「勘違い野郎」である部分も、必要ということでもあると思います

みりおくんは、そのことも承知の上で
ちなっちゃんには「勘違い野郎」にならないで欲しいと言った
これは、ただ単に
みりおくんが「勘違い野郎」ではない役者が好きだからなんじゃないかな
自分も そうならないように自分に厳しくしてきたし
大好きな ちなっちゃんにも、そうなってほしくないという
これは、みりおくんのエゴ なのかも、、

正直すぎる みりおくんが大好きだし
それを理解してくれる ちなっちゃんが好きです
そして、その考え方に賛同してくれるタイプの人が好きです

みりちな に熱くなってしまい、前置きが長くなりましたが
雪組に組替えになってからの あーさに こんなに惹かれてしまうのは
あーさが「勘違い野郎」ではないからのだと思うのです

以前から、美しさを武器にしていない あーさ が好きだと思っていました
地上波に乗るたびに、美貌が話題になり
『Aーen』の アーサーというハマり役に出会い
調子に乗ってしまいそうだけど
その後も あーさ は、美貌でない部分で戦いたい!と思い続けてきたように感じます

みりおくんが卒業を決心し
愛する宝塚を去る瞬間を控えている時に
自分の ちょっとストイック過ぎる感覚を継いでくれる代表選手は
ちなっちゃん と あーさ と思っているんじゃないかな 
勝手な想像ですが…I˙꒳​˙)

色んなタイプのスターさんが居て
宝塚の舞台が出来上がる
その世界観が好きです
そして、舞台を創るスターさんの中で
特に応援したくなる存在に出会えるのも
宝塚の魅力のひとつですよね

好きなタイプが それぞれに違うから
色んなスターさんが成立します

私の好きなタイプは
頑なに「勘違い野郎」にはならないでいるタイプなのかもしれない



お時間がありましたら
みりおくん と あーさ についての
こちらの過去記事も読んでみてください

特別審査員賞は真面目キャラの面々~いいね『スカステグランプリ2018』
みりたん、あーさファンなの?~VISA 1月のメッセージ








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

花組『マスカレード・ホテル』ヒロインは ひらめちゃん(朝月希和)

ドキドキしながら発表を待っておりました
あきら(瀬戸かずや) 主演の『マスカレード・ホテル』のヒロイン

ひらめちゃん(朝月希和) に決定 ٩(ˊᗜˋ*)و

個人的には、おとくりちゃん(音くり寿) が第一希望だったんですけどね
そして、その次に ひらめちゃんがいいな~と思っていましたので
とっても嬉しいです ヾ(〃^∇^)ノ

あきら と ひらめちゃん
新しい 萌えの予感 (ᐥᐜᐥ)♡ᐝ


ひらめちゃんは、れいちゃん(柚香光) 主演の『DANCE OLYMPIA』要員だと思っていたんだけどなぁ
まあ、花組には踊れる花娘が沢山いますからね
大丈夫でしょう (他人事……(^^;)


その ひらめちゃん
新人公演ヒロインは2回
そして『MY HERO』での Wヒロインの経験があります
雪組では、2番手のさきちゃん(彩風咲奈) とよく組んでいた印象があるのですが
ヒロイン経験は なかったんですね

初ヒロイン、おめでとうございます♡


『マスカレード・ホテル』は
 絶対に観に行きますよ!!!








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚





 

【ハピリポ】レジスタンスの場面の次期トップコンビ『シャルム!』

現在、宝塚大劇場で上演中の花組公演のショー『シャルム!』
みりおくん(明日海りお) のサヨナラ公演なのですが
どうしても〝これからの花組〟のことも考えて観てしまいますよね

次期花組トップスターは、れいちゃん(柚香光)
華やかな舞台姿は、どうやっても視線を奪われ
初ヅカの人の多くが、れいちゃんのことを「カッコよかった」と口を揃えます
お顔が、これでもかと小さくて、等身バランスも最適
技術面での持ち味は、やはり ダンス でしょう

『シャルム!』では
『S6 Résistsnce 地底の恋人』が れいちゃんの一番の見せ場です
レジスタンスの若者、ライフルを手に 弾丸を斜め掛けして銀橋を渡ります
歌は(・▽・)・・・ ですが
ビジュアルで帳消しってことでOKです

本舞台に戻ると、レジスタンスの仲間たちが待っていて
娘役さん (白姫あかり、乙羽映見、更紗那知、春妃うらら、若草萌香、凛乃しづか) も混じっていて
とっても カッコいい場面です

今後、ダンスの得意な れいちゃんがトップとなってから
特に力を入れていくであろうダンスシーンで
このメンバー達が活躍していくのだろうな、と思いますので男役も書いておきたいと思います
あかちゃん(綺城ひか理)は、星組に組替えしちゃうけど

『レジスタンスの男』
(歌手) 冴月瑠那、舞月なぎさ、和海しょう、泉まいら

優波慧、紅羽真希、綺城ひか理、飛龍つかさ、澄月菜音、高峰潤、芹尚英、翼杏寿、侑輝大弥、涼葉まれ

もちろん、前後の場面の絡みもあるでしょうが
どちらにしろ 踊れない人は選ばれないでしょうからね
れいちゃんの場面のメンバーに入ることは
特にダンスを武器にしたいと思っている組子にとっては嬉しいことなんじゃないかな と思います

レジスタンスを制圧しようとする兵士には
航琉ひびき と 羽立光来
大っきいから、凄い〝圧〟を感じさせます

そして、この場面
れいちゃんの地上に残してきた恋人(華優希) が、会いたさに我慢できず地下に降りてきちゃう
(たぶん、そうやって歌ってる、、と思う)
という設定なのです
そうです、次期トップコンビが恋人役で
本来ならば〝これから〟を感じさせ、ファンにとっては期待が膨らむべき場面になるのでしょうが
この お二人
全く 一緒に踊りません

れいちゃん達・レジスタンスが カッコよく踊っている間
華優希ちゃんは、後ろのセリの上で何かを祈っていて
その後、地下に降りてきて
恋人の れいちゃんを探しあて 目が合った瞬間
、、、撃たれる (・・)
スリムな れいちゃんが吹き飛んでしまわないか心配になるくらい、凄い勢いで れいちゃんの胸に倒れ込む 華優希ちゃん
彼女が絶命し、呆然とする れいちゃんは
あっという間に兵士に捕まって、泣き叫びながら捌ける
確か、彼女を抱き上げることもなかったような、、

えー-(;゚ロ゚)-!

設定が恋人ってだけ、、
れいちゃん と 華優希ちゃんの相性は
『はいからさんが通る』で既に観ているでしょうから
新トップコンビの相性はどうかな?なんて 誰も思ってないって思っているのかな

ダンスが得意な れいちゃんと、そうでない 華優希ちゃん
そもそも ダンスで組ませる気はないのだろうか?
プレお披露目公演は
ダンスコンサート『DANCE OLYMPIA』
演出は『シャルム!』と同じく、稲葉太地先生です
新トップコンビを どのように見せるつもりでいらっしゃるのでしょうね
ある意味、興味が湧きます


『シャルム!』は
明日海×華コンビのお披露目公演という側面も持っていますので
れいちゃんとの絡みが少ないのは仕方ないのですが
なんだかなぁ、、
これでいいのかな? という気持ちも拭えません








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚