小学生の頃 宝塚にハマり、その後のゆる~い繋がりを経て、明日海りおさんによって強力に引き戻されました。
宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

ハッピーレポート

【ハピリポ】②娘役さんが大活躍、そしてお衣装が可愛い『モーツァルト』

『ロックオペラ モーツァルト』
昨日 観劇し、今も満足感に包まれております

話題性もあり、音楽も良いだろう作品で
演目が決まった時には、外箱なのがもったいないように感じましたが
この人数で、しっかり作り込んだことは大正解であったと思いました

先日、宝塚大劇場で月組『I AM FROM AUSTRIA』を観て
これは大劇場向きではないんじゃないかな、、と思ったんです
やはり、宝塚のために作られたのではない演目は
主要人物の少なさなどを考え
いくら 素晴らしい作品でも、少人数で少し小さな箱の方が良い場合があるのではないかと思うのです

オーストリアで、この演目がどのように演じられているのか存じ上げないのですが
楽しい楽曲や、面白いキャラクターを
似合ったキャストで別箱で上演したらどうかな、、
個人的には、近いところなら
宙組さんが『博多座』で
キキちゃん(芹香斗亜) 主演でなんてしたら
凄くいいんじゃないかな~と妄想していました


話が逸れましたが『モーツァルト』は娘役さんが大活躍です
ナンバーもあり重要な役どころの
コンスタンツェの姉、ヴォルフガングが恋に落ちる アロイジアの 小桜ほのかちゃんと
ヴォルフガングの姉、ナンネールの まめちゃん(桜庭舞) をはじめ
コンスタンツェの母の 音波みのりさん
皇妃の 白妙なつさん
みなさん、歌と演技に破綻がなく 心地よいのです

ほのかちゃんは
ひっとんと喧嘩ソングに仲直りソングに
ヴォルフガングを誘惑するナンバーと
どれも見応えがある場面になっていたと思います


それに加えて
娘役さんの お衣装が可愛い!
テーマは『色違い』でしょうか?

ポスターで ひっとんが着ている めちゃくちゃ可愛いお衣装は
劇中で何度も出てきます
このドレス、四姉妹の
音咲いつきちゃん、ほのかちゃん、ひっとん、星蘭ひとみちゃん がそれぞれに
オレンジ、ブルー、ピンク、イエローと
お揃いのようなデザインなんです♡
印象的な腰のベルトも、みんなに付いています
ひっとんはトップ娘役さんなので
少しデザインは豪華なのですけどね
他の姉妹のお衣装も、それぞれに可愛くて
見ているだけで楽しくなります

二幕の宿屋の場面には
次女のほのかちゃんは居ませんが
残る三姉妹は、同じ色の担当で
またまた お揃いなんですよ、本当に可愛い
宿屋の場面では、次女がいない代わりに(?) ママの はるこちゃんもお揃いチックですよ♡

ひっとんはこのドレスにお揃いのケープみたいなのを羽織って
自転車みたいなのに乗ったヴォルフガングの まこっちゃん(礼真琴) と登場する場面もあるのですが
それがまた可愛くって (*♡_♡)
おまけに この場面
自転車らしき乗り物に はしゃぎまくる ヴォルフガングとコンスタンツェが
めちゃんこ可愛いのです、、もう 罪深い可愛さの二人なのです

舞台を観ていると、ひっとんの髪に少しピンクの髪が混じっていることに気づきます
髪型を色々変えていますけど、どの鬘にもピンク混じっているのかな?
特に宿屋の場面では、おさげのようなスタイルでピンクも目立つように思います
ここでは、洗濯バケツみたいなのを持った
お姫様に変身する前のガチシンデレラな ひっとんが見られます

スチールを拝見すると
他の姉妹も、自分のテーマカラーを髪に入れているようですね
もう一度チャンスがありますので、舞台でも注目したいと思っています


もうひとつ、めちゃくちゃ可愛いお衣装が
酒場でバイトするコンスタンツェのお衣装です
プロローグ後のコンスタンツェの登場場面なんですが
ここでも ひっとんはピンク担当
華雪りらちゃんがブルーで
桜里まおちゃん と 二條華ちゃんは、グリーンと何色だっけ?ちょっと忘れてしまいました ( ̄▽ ̄;)
とにかく、4人の店員さんが色違いのお揃いなんです
なんて、可愛い制服なんだ (,,> <,,)♡
ミニスカートに後ろだけ長い裾、首にはマーブルチョコレートのでっかいやつみたいなのがいっぱい付いています
足は網タイツなんだけど
ひっとん の足が、細くて長い!!
一歩間違えたら『アホな子』になりそうな 頭のてっぺんの大きなリボンも
こんなに可愛くなってしまうなんて
ホントに どーゆーことでしょ(・∀・)
ここは、ヴォルフガングとコンスタンツェの出会いの場面
全てが 可愛い、子供のようにピュアな二人です♡


どんなお衣装も、可愛く着こなしてしまう ひっとん
タカラヅカスペシャルが楽しみでなりません


本日は『可愛い』の連発で お届けしました



AF44F3EF-F35A-4F85-B490-F21F86E85A97
梅田芸術劇場ホームページ














ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




【ハピリポ】①素晴らしすぎて、、『ロックオペラ モーツァルト』

行ってまいりました
こっとんコンビ プレお披露目公演『モーツァルト』 

ECA69478-6683-4282-B466-70052140C32F


まこっちゃん(礼真琴) が、ヴォルフガングに見えました
やんちゃで、ピュアで、才能溢れ、狂気に満ちて、、
登場シーンの 飛んでしまっているような笑顔を見て
一瞬にして、彼こそ ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトなのだと引き込まれ
最後のシーンでは、本当に死んでしまうのではないか、、と思うほど

あんなにも、歌いまくり 踊りまくり
まこっちゃんは 超人だ

この人に付いていきたい と思わせるスキルの高さと
この人を守ってあげたい と思わせるいじらしさ
両方を兼ね備えたトップスターさん誕生の瞬間を体感しました

そして、その隣には ひっとん(舞空瞳)
まこっちゃんの理想とする相手役に誰より近い娘役さんではないでしょうか
素晴らしいトップさんに
優しい眼差しを向けられるに相応しい
可愛さ、一途さ、そして スキルの高さ
以前から、舞台に立つと 視線を釘付けにしてしまうオーラを放っていたけど
あっという間に、トップ娘役のそれを身に付けてしまったのね
恋したヴォルフガングが姉のアロイジア(小桜ほのか)にメロメロになってしまった時の
ピアノの前で、がっくりと肩を落とす姿に 涙してしまったのをきっかけに
コンスタンツェが喜んだり、悲しんだりする度に 涙

まこっちゃんに、大切に大切にされている ひっとんに
また 涙

まこっちゃんの隣にいる ひっとんも
ひっとんの隣にいる まこっちゃんも
本当に最高だ 。゚+.( °∀°)゚+.゚

本編のラストが、とても素敵で
緞帳が降りて
もう、このままの余韻を持って帰りたい!フィナーレいらない!
って思ったけど
フィナーレが、、、これまた 良いではないか!
まこっちゃんが芯の男役群舞、カッコよすぎる!
そしてそして、そうだろう、、そうだろうと思っていたけど
デュエットダンスが美しすぎる!

こっとん、おめでとう!

生き生きと踊る お二人に
またまた涙が止まらない (;A;)
これから、毎公演
一番良かったデュエットダンス記録を塗り替えていく予感しかしません


初日を観劇した、ヅカ友 Yりんに
「明日、rin_nちゃん 泣いちゃうと思うなぁ」と言われていたけど
はい、、見事に 泣きました

ひっとんが、可愛くて 幸せそうで
ホントにホントに嬉しかったです


まだ、感動が収まらず
何の感想なのだろう、、という文章になってしまいました
ホントーに、素晴らしい舞台でした

落ち着いたら
もう少し、記憶を振り返って
感想を書ければいいな と思っております



追伸
本日のマチネ
紅ゆずるさん、綺咲愛里さんが ご観劇されていました
会場は歓声と拍手(゚∀゚ノノ"☆
星組ファンの方には、たまらなくラッキーな公演でしたよね
お隣に座っている方、泣きそうなくらいに興奮していらっしゃいました
それを見て、私まで嬉しくなってしまいました







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



【ハピリポ】1列センターの脅威~雪全ツ『はばたけ黄金の翼よ/Music Revolution!』

待ち遠しくて、来てほしいのに
終わってしまうのが辛くて、来てほしくないような
2019年10月29日 
この日が来てしまった、、

職場のおじさんを巻き込み、日進の会館の電話予約に参戦し 
都市伝説通り、ガラケーのおじさんが
開始7~8分で「あ、かかった」のです!
その前に、おじさん特有の
「かかったよー」
「*・'(*゚▽゚*)'・*ほんと!??」
「…現在 大変混みあっており…」 
「もう۹(◦`H´◦)۶ かかってないじゃないですか!」 
と、面倒なやり取りを2、3回していたので
またか、、、と思いきや
「いやいや、ホントだって!」 
おじさんのガラケー ブラボー!!

その後、会館に出向き チケットをいただく
そ~と チケットホルダーを開くと、そこには
『あ列』 
、、、ん? あ列?
あ~あいうえお順か、、
あ、、あ列
しかも ど真ん中

キャ━━━(艸///Д///il!)━━━ァァ!!!

そんな記憶が蘇ります
今日で終わってしまうかと思うと
あの日に帰りたい気にさえなってしまった昨日でした

39DF2433-B774-4160-9210-A7ABD7A37FB2

1例センターは、キキちゃん(芹香斗亜) の『群盗』で経験があります
あの時も、そりゃ夢のようでしたが
1例センターのショーの威力を私は知りませんでした

あーさ(朝美絢) のスペイン兵が、ガっとかがみこみ
前を見据える時
私の真正面だったのです

う つ く し い い ぃ ぃ ぃ

あそこ、とっても長時間 あのポーズなのですね

だ、ダメだ、、、、

あーさに負けたーー(๑°ㅁ°๑)ーー
耐えきれず、下を向いてしまいました
あ~なんて もったいないことをしてしまったんだろう
・゚・(。>д<。)・゚・

そして、あの席に座って
トップさんの偉大さも体感しました
だいもん(望海風斗) の圧倒的なオーラ
あーさを観たいんだけど (ごめんなさい)
だいもん が 「俺を観ろ!」と
そのパワーが凄いのです

凄い、トップさんって、ホントに凄い!

客席降りでは、だいもん めちゃくちゃ優しい♡
戸惑う我らに 神のようにハイタッチを (இoஇ; )
あ~幸せ ‪ʚ(,,・ω・,,)ɞ‬

博愛主義の だいもんは
ドセンにとどまらず、すーっと下手に移動なさったので
その後は舞台上の あーさ と ひとこちゃん(永久輝せあ) のわちゃわちゃをロックオン

『Music is my life』では
だいもんの歌声に胸が熱くなり、涙が溢れてきました
何回目かなのですが、あの近さのせいか
だいもんの歌のチカラが、ダイレクトに胸に刺さりました

もう、途中から
なんだか呼吸が苦しくなってきて
毎回、こんな席で観たら
絶対に体調を崩すな、、と真剣に思いました

そして、最前列センターは
意外と自分の観たいところが観れない
そんな真実を知ることになったのでした

最前列センターはトップさんファンのものなんだなぁ
とか思ったりした昨日でしたが
本当に夢のような時間を過ごしました~


今日は、これから 豊田公演です
落ち着いて観られそうな、まずまずの良席です♡

もっと語りたいけど
出発の時間です

ファルコ様のもとに行かねば!


あ、だいもん、、
岩崎城の『にわさきくん』知らなくて ごめんね~







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







 

【ハピリポ】ほぼ あーさ(朝美絢)の感想~雪組全ツ『Music Revolution!』

雪組全国ツアー静岡の初回を観劇しました
高速道路で静岡を通り越して、富士山の御前を往復した私たち
晴れ渡った空に富士山の稜線がくっきり
「きっと雪組さんもこの富士山を見ているね!」と
目的地を通り過ぎていることに気づいていない時は、車内ではしゃいでおりました、、

『Music Revolution!』の客席降りで
だいもん(望海風斗) が「富士山が見えましたー」
通路席の方々とハイタッチしながら
「富士山ほど御利益はありませんよ~」と
富士山ネタできてくれて、我らは救われた思いでした
遠回りしちゃったけど
雪組のみなさんと同じ富士山を見ていたんだなぁ~と嬉しくなりました♬︎

ソワレでは『まる子ちゃん』登場
静岡2日目には
静岡出身の愛する同期『明日海りお』様のお名前を叫んでくださったそうで
もう、そのエピソードだけで泣きそう(இдஇ; )

だいもんのアドリブは
いつも楽しいですよね (*´∀`*)
我が愛知県では、どんなアドリブが飛び出すのかな
明日は神席観劇♡
ハートが もつかしらドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ


さて、感想を少し
まずは 時系列無視で、、、

パレードの あーさ(朝美絢) が、、
総スパンコールのキラキラお衣装( ;∀;)
そして、だいもんと (私には見えた)銀橋でお辞儀
なんか、めちゃくちゃ感動しました
あーさが〝のぞ様好き好きオーラ〟を振りまき幸せそう♡
この目で見られて よかった..(´>ω<`)
そして、明日からも ガン見するよ

あーさ は、プロローグ後に
ひらめちゃん(朝月希和) とラブラブで踊ります
本公演では、かちゃ(凪七瑠海) の場面 
曲は変わっていて、これがね~
朝美&朝月 だからよね
やたら歌詞に『朝』が出てくる キュンキュンソングなんです
しかも『ふたつの朝』とか、ありましたよね
一見(一聞)、爽やかそうな歌詞なんだけど
なんか、、セクシーに聞こえてしまって///// (変態?)
振りも、かちゃとの時は本当に爽やかカップルだった気がするのだけど
朝×2 は、背中合わせでグルンと手を回して絡めてからの『恋人つなぎ』とか
え、最後は濃厚なキス なの?……(o_ _)oパタッ
あーさって、お顔に似合わず
『ガツガツ男子系』なんですよね (*/▽\*)
これ、至近距離で耐えられるかしら
ひらめちゃんは、組む相手役さんをカッコよく見せてくれますよね、さすが元花娘!(もうすぐ リアル花娘)
あーさ とのサイズ感もよくって
デュエットっていいですよね~(*´-`*)

中詰めに客降りがありますが
あーさ、きいちゃん(真彩希帆)、ひとこちゃん(永久輝せあ)、あやなちゃん(綾凰華) は舞台上
だいもんは 舞台前に降りてくれます
あさひと(朝美&永久輝) のわちゃわちゃも見納めか、、
全ツでは、銀橋の肩フリフリはありませんから
ここで、しっかりと あさひと を見ておきましょう

白い場面『Music is my life』では
この公演を最後に 花組へと組替えする
ひとこちゃん と ひらめちゃんの肩を
だいもん が しっかりと抱きしめるところがあって
やっぱり、こういう場面には弱いです
ジーンときました


全国ツアーでは、出演者と客席の距離が近くて
独特の一体感がありますよね
珍しく『名古屋飛ばし』のない全国ツアーです
こんなに沢山全ツを観られることも珍しいので
岐阜の羽島公演まで、思い切り楽しみたいと思います!



.。゚+.おまけ。+.゚

本当は、お昼に食べようと思っていて『静岡おでん』
観劇後に食べてきました!
静岡名物の食べられるお店で『生しらす』も美味しいかった
『富士宮焼きそば』も いただきました

箸袋が富士山の箸置きに変身~
(もっと綺麗に折ればよかった)

323FBCA7-F0CD-45E2-AE0A-B5FDDA49B751










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



【ハピリポ】懐かしさに震えたわ~雪全ツ『はばたけ黄金の翼よ』

ここ数年、西方向にしか出かけていないので
昨日は、行きも帰りも現地でも迷子状態で
「めっちゃ疲れた(o´Д`)=з」 
のに
なぜか脳内は覚醒状態で
夜中に れいちゃん(柚香光) 主演の全国ツアー『メラコリ/EXCITER!!』の
スカステ初放送をラストまで見てしまいまいた
おかげで、本日は ぼんやりさんで日中を過ごしました
 

。・:+°


待ちに待った、雪全ツウィークが始まった 私
昨日、雪組全国ツアー静岡公演に行ってまいりました!

『はばたけ黄金の翼よ』は、初演を観ています
あまり、はっきりとした記憶はないのですが
今回の雪組を観て
あ~宝塚を観たなぁ と 感じました

一幕物のお芝居では、なかなか物語を深く掘り下げることは難しい
90分の中で結末をつけるのですからね
途中、踊ったり 歌ったりもしなきゃいけないし
特に宝塚では、主演以外の生徒の場面も作らなきゃいけない
、、これって 現在でも同じなんですが
その手法って言うのかな、そういうものが 
私の子供の頃に観ていた宝塚だったんですよね

歌詞もストレートですし
舞台転換も、いちいち幕を下ろし『カーテン前』の場が挟まれる
子供ながらに、好きなスターさんが『カーテン前』ばかりだと 
ちょっと不満な気持ちになったことを
ジワって 思い出したりしました
物語は あまり難しくなく
ここ そんな長引かせる?という場面があるかと思えば
急に端折られて、ちょっとついていけなかったり
きっと演じている生徒さんも 「そこ、そうなる?」 とか思うこともあるのではないか、と思うけど
タカラジェンヌさんは先生の演出を全身全霊で演じ切る
その ひたむきさ と、スターさんのオーラで
どんな作品もキラキラさせる、、、これが宝塚だ

こんなふうに、私をタイムスリップさせてくれたのは
だいもん(望海風斗)、きいちゃん(真彩希帆) トップコンビの
確かな歌唱力、明瞭な台詞が作品を安定させてくれたこと
この宝塚のお手本のような技術に加えて
これまでの宝塚に対する深い尊敬の思いがあったからではないかと感じました


主演の『ヴィットリオ』の だいもん(望海風斗) の危なげない歌唱と演技は本当に気持ちがよいですね
トップさんの安定は
物語に没頭し、他のキャストを心置き無く観ることができるという
宝塚ファンには重要なポイントをクリアしている
変な褒め言葉ですけど
これって、本当に重要なことで
そうであることは、本当に幸せなんです

きいちゃん(真彩希帆) はこれまで、高嶺の花的な役も色々演じてこられましたが
『クラリーチェ』のような、少女っぽさや真っ直ぐさのある役の方が似合うと思いました
この時代のお姫様のお衣装が素敵で、とても良く似合っていました
髪を切って、少年に変装するところも とっても良かった
トップ娘役に就任してからどんどん痩せて美しくなられていますが
最近は、あまりにも痩せてしまって心配になってしまいます

2番手ポジションは あーさ(朝美絢)
だいもん同様、宝塚への深い愛情を感じさせられる演技でした
例の『カーテン前』が多いのは、2番手ポジションの宿命です
その場面を、しっかりと盛り上げる任務を
成長著しい歌唱で果たしていました
個人的に、あーさの声が大好きです
現代的なビジュアルで、古きよき宝塚っぽいソロを歌い上げてくれて、大大大満足♡
and 銀髪ーー⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄♡
お土産は、ファルコ様の舞台写真にしました(〃∀〃)
全ツ会場では、要領が良くないと買い物できませんよね
「あの、、」 「あっ、、」 「すいま、、」 と言ってるうちに
次々に周りの人が会計していき、どんどんと時間が過ぎます
最前列でどん臭くしていたら、お姉さんが見かねて お会計をしてくれました

この公演が雪組生として最後になる ひとこちゃん(永久輝せあ)
『ジュリオ』は、敵役のようで そうでもない役
だいもんと決闘したり、握手したり、、美味しい役ですよね
次の舞台では花組生なのか~

娘役2番手の役には
ひとこちゃんと一緒に花組への組替えが決まっている ひらめちゃん(朝月希和)
激しい気性の女性で物語のキーマン
最後に自分なりの愛をカタチにする場面では、泣いてしまった

ヴィットリオの親衛隊の
『ロレンツォ』あやなちゃん(綾凰華) と 『ジーノ』あみちゃん(彩海せら) は可愛い2人組
一緒に観劇した ヅカ友・Yりん は
カンポ宮殿の舞踏会で踊る あやなちゃんを発見して(私は見てなかったー)
てっきり、ロレンツォがスパイとして舞踏会に潜り込んだと思っていたらしくて、、
プログラムで確認すると
その場面では ただのダンサーだったと判明しました( ・∇・)
Yりん「スパイにしては ずいぶんニコニコ顔で踊ってると思った」
この2人のラストは、ある意味 明暗を分けてます

お芝居のラストには
今回 新しく追加された曲があり
初演とは違っていたんですよね?
このラストシーンが、ちょっと (;-ω-)ウーン でした
ヴィットリオとクラリーチェが2人で歌うのは良いのだけど
そこに至る 「行くわ」 「行けよ」 「行かないわ」 みたいな 面倒くさいシーンが 取ってつけ感満載でした
もしかして、原作がそうなのかな~
初演は どうやって終わったんだろう?
確かクラリーチェは男の子の姿だったような、、

宝塚らしく、他にもツッコミどころもありましたが
それは、また別の機会に、、
あと何回か観に行く予定ですから♪♪


D1009185-EA6A-4871-9C2B-F5238F5AB5C6








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚