明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

ハッピーレポート

【ハピリポ】楽しかったよ~是非東京もこのままで!新人公演『GOT OF STARSー食聖ー』

2日続きで、マイカーでの宝塚への日帰り観劇を敢行し
すっかり身体の調子が狂ってしまって、、、もう若くないんだなぁ、、と実感です _(」∠ 、ン、)_
昨日は1日〝だるおも〟で、ブログを書く気力もありませんでした
第二回星組大劇場観劇と星組新人公演観劇
とても楽しんで参りましたのに、、、
ちょいと出遅れましたが、新人公演の感想を少し、、、

3DF489CC-3B51-4EFA-A183-0FFBED517ECD


コメディって、難しいと思う
センスもあると思いますが、タカラジェンヌは基本コメディアンではありませんものね
宝塚の舞台としての品を失うことなく、コメディを成功させるには
確かなスキルと、程よい抜け感が必要です
そういった観点で『GOD OF STARSー食聖ー』を観劇して
まこっちゃん(礼真琴) の恐るべき有能さを目の当たりにしました
本当に素晴らしい!
、、、と これは余談なんですが
2回目の観劇レポを書けないかもしれないので
どうしても、言っておきたかったのです( ̄∇ ̄*)ゞ


そう、コメディ作品の新人公演
このエネルギーを要する演目に主演コンビとして臨んだのは
研究科4年コンビの、天飛華音くんと舞空瞳ちゃん
102期の 1番2番と優等生のお二人が、本当に良い舞台を観せてくれました!

時折 コメディ作品で残念だな、、と思うポイントに
台詞の聞き取りづらさ があると思います
せっかく面白いこと言ってるのに、何を言ったのか聞き取れないのは致命的です
まず、新公主演コンビは、ここを完全にクリアしていました
とても台詞が明瞭で、スっと入ってきます
それぞれのキャラクターも、本役さんとは違った役作りをしているようにお見受けしました
お二人とも本役さんとは 持ち味が違うので大正解

『ホン』(天飛) は、嫌味がなく、傲慢だけど男気たっぷり
男役としての体格にも恵まれていますし、目力もある
これからが、本当に楽しみな男役さんでした

『アイリーン』(舞空) は、ギャル要素をなくして 芯の強い女性
だけど 恋したら一途な可愛い女の子になっちゃうギャップが愛くるしい

最初の天界の場面と、食聖コンテストのお衣装(ポスターの) が
二人とも、めちゃくちゃ似合っていました
新公とは思えない ビジュアルの高さにも大満足でした
もうね、主演コンビは ぐるぐる花丸合格点じゃないでしょうか

歌も、良かったのですが
ひとつだけ、重箱の隅をつつくようなことを言うならば
ひっとん(舞空瞳) の 歌い出しの若干の不安定さ、、かな
歌い出すと良くなっていくので、、第一声です、、ここを プレお披露目までに克服してほしい
まこっちゃんという 超歌うま相手役さんと練習を重ねれば
この部分も きっと大丈夫!

天飛くんのカッコいいポイントと
ひっとんの可愛いポイントを挙げはじめたらキリがないので
他の出演者の感想に移りましょう


『リー』朱紫令真《礼真琴》

出来る本役さんの役は舞台では分が悪いですよね
けど、ものすごく勉強になって、絶対にステップアップできると思います
ヘタレ と キレキレ を瞬時に変化させる演技
ここに苦労していたように感じました
もう少し、その差がハッキリと客席にも伝わると良かったかな
改めて、まこっちゃんの技術の高さを感じさせられました

見た目は、本役さんに良く似せていて、メガネも似合っていました♡
覚醒する時の曲の 歌い始めはパワフルで良かったです
だんだんとパワー切れっぽくなってしまったけど、、


『ニコラス』極美慎《瀬央ゆりあ》

カツラ、絶対に新公の方が良かった!
本公演も こんな感じで色を変えればいいのに
しんちゃんのビジュアルが 役のチャラさとマッチしてて
本役の せおっち より、年齢的にも この役に合っているようにも感じました

テンション高くて楽しそうで、こっちも楽しくなりました♪
けど、もう少し台詞がよく聞き取れるといいかな


『タン・ヤン』小桜ほのか《有沙瞳》

上手い!!
役作り、やりたいことが明確ですよね
銀橋での、アイリーンとの芝居が とても自然でした
アイリーンとの仲良し感も良かった♡


『エレノア』桜庭舞《音波みのり》

アイリーンとの再会の場面で、本公演では全く感じなかった感情が湧きました
泣いてしまった (;A;)
ここの、ひっとん との演技が本当に良かった!
彼女は 落ち着いた役が合っているのかな


『エリック』夕陽真輝《華形ひかる》

なかなかのイケメンさんですよね
雰囲気が良く出ていました


『クリスティーナ』水乃ゆり《舞空瞳》

あの、、歌が、、事故 でしたね(||゚Д゚)
見た目は可愛い です、、ホントに
『エクリプス』星蘭ひとみ、瑠璃花夏、星咲希、麻丘乃愛 とも
多重事故状態でしたね
ちょっと ビックリしました ((((°А°”)))))))
ご当地アイドル『パラダイスプリンス』より ある意味 ご当地アイドルでした

この曲、きっと タカラジェンヌさんには難しいんですよね
歌謡曲の発声だから、、
本役の ひっとんの歌は、とってもいいってことが分かりました
ダンスも結構踊っているから、ここ 口パクでもいいくらいですよね
その方が よりアイドルっぽいし


そして、特筆すべきが『小林寺』の場面です
めちゃくちゃ面白かった!!
この場面は、本公演でも面白いんですが
新公メンバーの元気いっぱい演技が 眩しいくらいに おかしな場面となっていました

シーンの始まり、岩の上で少林寺ポーズをしながら
「アチョーーー!!!」と絶叫
まず ここで、かなり大笑い
メンバーが若いせいか、とにかく元気いっぱい!
十人衆の動きが いちいちピッタリと揃っていて、いちいち笑えるんです(* ̄m ̄)プッ
一人だけ 見るからに おじいちゃん がいて(本公演も)
修行の『反復横跳び』を60年間クリアできずにいるのだけど
新人公演は1回だけ (東京もあるけど) だから 成長が早いの?
なんと、おじいちゃん (天路そら) は
練習方法を考え、実践し、反復横跳びが恐るべき速さで上達するんです!
その練習が面白すぎて、途中から おじいちゃん に釘付けに、、 
釘付けになっていたのは、私だけではなさそうで
客席から、クスクス…クスクス……と 笑いが 至る所で発生し
それは、いつしか 爆笑へ (*つ▽`)っ)))
反復横跳びに成功すると、場内拍手(゚∀゚ノノ"☆

その間、ホンとミッキー(蒼舞咲歩)は真面目に演技を進めているのだけど
おじいちゃんが、、おじいちゃんがヤバくて、、笑
とうとう拍手が起こったときに、かのんくんが
「ちょっと、待って ✋( ̄  ̄*)」と、おじいちゃんにマテをかけたタイミングが素晴らしく良くて
機転が効くんだな~と かのんくんにも感心しました

この場面については
お話の本筋ではなく、その後方で行われている 言うなれば 背景 であるはずの演技に観客の視線が奪われたことになり もしかしたら賛否両論があるのかもしれません
天路そらくんの演技が ずば抜けて面白かったですが
それは 十人衆の工夫を凝らした演技の一部であったと思います
たった2回しか披露できない公演に向けて
いただいた役に精一杯の命を吹き込んだ結果、、面白すぎた ということです
この作品自体がコメディですし、主演の かのんくんも機転の効いたアドリブで切り抜けました
東京でも、この十人衆が真面目にコメディに取り組んだ証として
この場面は このままの演出であるといいな と思います (新人公演ですから やらせてあげて♡)

団体賞を差し上げたい 小林寺十人衆を演じたのは、、
天路そら、碧海さりお、草薙稀月、咲城けい、鳳真斗愛、絋希柚葉、碧音斗和、御剣海、凛央捺はる、稀惺かずと
東京新人公演でも、更に団体芸を磨いて
客席を楽しませてくださいね!


本公演では、リーとクリスティーナ中心に観ていたので
主演コンビに注目した この新公では 新しい発見が たくさんあって
より この作品を楽しめた気がします

新人公演担当は、生駒怜子先生
新人の演出家の先生でしょうか?
本公演も2回しか観ていないので、細かな演出の違いは分かりませんでしたが
コメディに強い本役コンビとは違った
新公の優等生コンビに合わせて変更した点もあったのでしょうね


終演後の挨拶では
お芝居での自信満々なホン ではなく
素の 天飛華音くんに戻って、最初から涙声で、、
初の新公主演、大役を果たして一気に緊張の糸が切れたのですね
本当にお疲れさまでした
涙がどんどん溢れて 涙声でしたが
とってもキチンとした挨拶に、ジーンときました

星組の未来は明るいな~(❁´ ︶ `❁)*✲゚*










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

【ハピリポ】紅さんから受け継ぐもの『GOT OF STARSー食聖ー』

先日、こっとん について熱く語ってから
ハッピーレポートが滞っておりました
今日は、作品全体についての感想を書きたいと思います
若干、ネタバレ含みます |*・ω・)

過去記事:【ハピリポ】控えめに言って、、、もう 超最高のコンビ!~こっとん


「コンビ同時就任っていいですね」と、こっとん の感想で書きましたが
それと同時に思ったのが
「コンビ同期退団っていいですね」と言いたい!

『GOT OF STARSー食聖ー』は
星組トップコンビ、紅ゆずるさん と 綺咲愛里さんのサヨナラ公演
トップスターのサヨナラ公演というと
『死』とか『旅立ち』とか『別れ』がテーマになることが多く
シリアスなストーリーになりがちですよね
退団を無視して作品を作ることは不可能で
演出家の先生は、そのスターのこれまでの功績にふさわしいラストシーンを、、と力が入ってしまうことは想像にかたくありません
それ故に、退団するスター中心の無理矢理な展開になってしまうことも少なくありませんでした、特にお芝居では

しかし 最近では
星組の北翔海莉さん、雪組の早霧せいなさん、宙組の朝夏まなとさん、、
どなたのサヨナラ公演も 退団を意識しながらも
作品として ちゃんとしていて
宝塚の 若い演出家の先生方の新しい感覚が良い方に出ていると感じます
当のトップスターさんも、そこまで コテコテのものを要求していないようにも感じますよね

紅さんが、カラッと笑ってお別れしたい とリクエストされ 出来上がった、小柳奈穂子先生の この作品
素敵なサヨナラ公演でした
人間関係がごちゃごちゃしていないので
ファンの方は、トップコンビの絡みを堪能できたと思いますし
至るところに『笑いのツボ』があり
これ、家で観ていたら、、たぶん笑いが止まらなかったと思う
久々に、客席で笑いを堪えるのが大変でした (*≧艸≦)
紅さんの希望した、笑いの絶えない作品でした

『ホン・シンシン』は、紅さんにピッタリのお役でしたし
ヒャダイン氏の楽曲が秀逸で、作品にマッチすると共に
紅さんのキーに合わせて作られているからなんでしょうね
銀橋でのソロを、気持ち良さそうに歌われている姿が心に残りました
当て書きの良さだなぁ、、

紅さんの ホン と、まこっちゃん(礼真琴) の リー の関係が
そのまま 現在の星組にリンクされていました
小細工してるようで、思い返すと 小細工なしに ものすごくストレートだったと思います
多くのファンが思っていることを 台詞にしていて
字面だけを見ると、、これを言わせていいの?と思うような台詞も
実際に、紅さんと まこっちゃんが演じると
不思議なほど 嫌味も違和感もありませんでした

紅さんは、順風満帆にトップ街道を歩んできた方ではありません
しかし、トップスターまで登りつめた
そして、最善を尽くされたのだと思います
誰より ご自分が ご存知の自分自身のことも
2番手スターである まこっちゃんの才能も、きっと心から認めていると思います
なんとなく、その公に口にすることが阻まれそうなことを
この作品で全て語ってくれたように思うのです


とにかく、ドタバタで
笑いを堪えるのに必死なお芝居だったのですが
終盤、2回目のコンテストで ホンがリーに勝利し
「星はくれてやる」(ちょっと、台詞違うかも、、) と 紅さん が まこっちゃんに言った時から
涙が止まらなくなりました
この人は宝塚が大好きで、ホントはずっと ここにいたいんだろうな、、

私の勝手な想像ですが、、
トップスターさんには2種類あると思うんです
もう、やり切った務めは果たしたとサバザバと宝塚を去る方と
本気で ずっとここに居たいと望む方
男役を愛し、極める努力をして 掴んだポジション
ここを目指して血のにじむ努力をしたことは
どちらのタイプのトップさんも同じでしょう
そして、世代交代必至であることも同じです
それでも 辞める時の感情には差があるように思えます
紅さんは 後者ですよね
ちぎちゃん、そして 退団が決まっている みりおくん(明日海りお) も後者だと思います

「星をくれてやる」と言う言葉と
全く逆の感情が、紅さんの心中にあることが
何故か、痛いほど伝わってくる台詞だったのです

そこからの「完璧じゃなくても、、」というような台詞にも
胸がギュッとしました
その後、まこっちゃんの 「お前より幸せになってやる」という台詞には
完璧ゆえのプレッシャーがあるのだろうと、また 胸がギュッ
走り去る まこっちゃんを追う ひっとん(舞空瞳)
私は、最初の感想の記事で こっとんのことを書きまくりましたが
こっとんの場面自体は、実は そんなに多くはありませんでした
けど、最後に こっとん2人だけの銀橋のシーンを 小柳先生が作ってくださったことが とても嬉しかった
紅さんが持っていて、まこっちゃんが持っていないものも沢山あるでしょう
それが、それぞれの個性です
1人では舞台は作れません、優秀なトップスターになると誰もに思われている まこっちゃんのプレッシャーを
一番近くで支えていく存在の ひっとん が
うなだれる まこっちゃんに近づき
最初からあなたが好みだった、これからもよろしく と告げ
まこっちゃんが、俄然 元気を取り戻す
この ちょっとコメディチックな場面も、何故か涙が溢れました
そう、誰しも完璧ではないのです

そして、ラストシーンは 何年か後、、
星組生全員が舞台に揃い
紅あーコンビを真ん中にして、みんなが笑顔で歌います
みんなが幸せ、客席も幸せ、、
紅さんが望んだ サヨナラ公演、、素敵でした


星組はこれまで あまり積極的に観劇していない私が
偉そうに書いてしまいました
星組ファンの方 紅さんファンの方で、気を悪くされた方がいらしたら、ごめんなさい








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

DVD 紅ゆずる Brilliant Dreams +NEXT
宝塚クリエイティブアーツ


 

【ハピリポ】控えめに言って、、、もう 超最高のコンビ!~こっとん『GOT OF STARSー食聖ー/Éclair Brilliant』

行ってまいりました、星組公演 \\★/

D684EBD7-80DC-436B-8728-6828E39F4129

行きの車の中で、散々 娘に あーさ(朝美絢) について 熱く語っていたおかげで(?)
なんと、あーさ と観劇カブる!という 幸せに遭遇♡
だいきほ(望海風斗×真彩希帆)、煌羽レオさん もいらしていました
開演前に ひと興奮して 観劇は始まりました (*´∀`)♪


何を置いても、語りたいのは
こっとん!!
はい、星組次期トップコンビの 礼真琴×舞空瞳 
トップコンビ同時就任というのはいいですね
ちょっとフライングで、新トップコンビプレプレお披露目のような公演でした♡

小柳奈穂子先生のお芝居は
悪人なし、三角関係なし、片思いなし、、
不幸せになる人が1人もいない ハッピーミュージカル
退団される 紅さまの意向も汲んでいるのでしょうね
作品についての感想も書きたいことが いっぱいあるのですが
それは、また、、にしまして
お芝居『GOT OF STARSー食聖ー』の こっとん の感想を、、

ひっとん(舞空瞳) を、泣く泣くお嫁に出して よかった、、
もちろん、演出だとは分かっていますが
組替えで 慣れていない ひっとんが
次の公演からトップコンビとなる まこっちゃん(礼真琴) と
こんなに しっかりと組ませてもらって、しかも こんなに まこっちゃんに思われる役だったこと
きっと、とっても心強かったと思います
まこっちゃんの演技が上手すぎるからなの?
ひっとんを大事に大事にしてくれているのが伝わってきて
ホントにホントに嬉しかった

星のバトンを受け継ぐ 出来る子チーム
舞台におけるスキルの高さに加え
頭も良いのでしょうね
本格的にコンビを組む前から
これほど ファンの心を掴んでしまうとは、、
ファンに愛される術を知っているコンビのようにも見えました
昨今の、ファンには理解し難い劇団の人事の救世主のようです


出来る子だからこそ表現できる
ダメンズがイケメンを気取る 絶妙な演技
ダメダメもキメキメも、まるで アニメを見ているかのように変幻自在
まこっちゃん、素晴らしい!!
私は、ひっとんファンで この度の星組公演に足を運びましたが
もういっぺんに〝礼真琴ファン〟にもなってしまいました
ファニーフェイスなのに、包容力もあり
その包容力は 「オレについてこい!」っていうよりは
「一緒に いいものをつくろう!」と 隣に並んでいる感じを受けます
お芝居で、何度も こっとんが手を繋ぐシーンがありました
ひっとんは、嬉しかっただろうな
まこっちゃんの手のぬくもりと優しさに
「この人を信じていこう!」「この人が守ってくれる!」と
可愛い娘役さんのひしめく星組で
トップ娘役の看板を背負うことへの覚悟を決められたと思います

人間だから、毎日同じメンタルではいられません
まこっちゃんに比べて、圧倒的に舞台経験の浅い ひっとんは
上手くできない日もあるかもしれない (なさそうだけど)
そんな日も、この公演で舞台に立てば
何回も まこっちゃんの手を握ることになる
目を合わせ手を握る、、
これから 大きな挑戦をしようとしているコンビの距離を
日に日に近づけていってくれる公演になると思います
小柳先生の粋な計らいに感謝です♡

大団円のラストシーンでは
何故か屋台の客になってる 牛魔王さま(汝鳥伶) の接客をしている クリスティーナ(ひっとん) を見つけて
飛んできて クリスティーヌを守る リー(まこっちゃん)
「オレの嫁だから( ๑•̀ω•́๑)」と、ガチガチにクリスティーナをガードして、牛魔王さまもビックリよ!
ギャラリーで見た 「こっとん おんぶしようとしてるのかな?」と思った写真は
どうやら、こういうことだった (と、私は思いました)
まこっちゃんに、こんなことされちゃったら
演技でも 嬉しいですよね

クリスティーナのセリフ通り
これからも、仲良くしてね♡
まこっちゃん、ひっとんをよろしくお願いしますね!


こっとん の素晴らしさは
ショー『Éclair Brilliant』でも、、♡

まずは、プロローグ
お稽古場映像でも流れていた、あのシーンです
上手で ちょっと組んで踊る こっとん

ひっとんが、超可愛い笑顔で まこっちゃんを見て
「なんて可愛いんだろう」って感じで、まこっちゃん が ひっとん を優しく見つめ返し、、
か、か、顔が 近い (*/▽\*)キャッ
しなやかに身体を反らす ひっとん の背中を大切そうに支える まこっちゃんの手
離れる時にも、顔を見合わせ 微笑み合う こっとん

もう、夢を見ているかのように幸せ♡

そして、客席降りの後だったかな (記憶が定かでないけど)
下手側から本舞台に戻る ひっとん
定位置につき、下手側の せおっち (瀬央ゆりあ) と軽くご挨拶
すると 上手側から まこっちゃんがやって来て ひっとん の隣に、、
ここでも、嬉しそうに微笑み合う こっとん
95期男役に挟まれた、天使のような笑顔の ひっとん

再び 幸せ♡

その後、幸せ だけではなく 感動の こっとんに出会えます

風の少年(まこっちゃん)と 少女(ひっとん)の儚い恋

風の少年はパリの公園で、今日も気ままに人間たちの間を吹き抜けます
ちょっとした、いたずら心で
詩集を読んでいた、ピンクのドレスの美少女の帽子を飛ばします
いたずらが成功し、満足げな 風の少年
その時です、人間には見えないはずの 風の少年の姿が見えてしまった少女
二人は見つめあい、楽しい時間を過ごします
花屋の荷車から1本の花を取り
少女に渡す 風の少年、、初めて恋
風の少年の軽やかな動きに誘われ、少女も まるで風になったように踊ります
しかし、本来 少女には見えてはいけない存在である 風の少年
1人の女性が 少女の帽子を拾い 少女に渡します
すると、その瞬間 夢から覚め
手に握られた花を見つめます
「なんだったのかな、、気のせいかな、、」と公園を立ち去る少女
残された 風の少年
決して許されない 二人の切ない恋、、、

若干の私の解釈を加え、、こんなシーンが こっとんに用意されていました
これも、ギャラリーに写真が載っていましたね
写真を拝見した時、ゆったりとした振りの中で撮られた1枚と勝手に想像していたのですが
このダンス、テンポが早く
写真の振りも、かなりの早さで回っていたんです
その一瞬を捉えられ、このシンクロ率の高さ、、驚きです!
一連の振り付けは、難易度の高そうなものも含め
終始 早いテンポで進むのですが
二人の動きがピッタリと合っていて気持ちのいいことといったら、、
二人とも、相手をしっかり見て合わせいるという感じではなく
それぞれが、とても楽しそうに
正に、心が繋がっているような、二人でひとつのようなダンス

こんなに ピッタリ合っているのに
「めっちゃ練習したんだろうなー」と 思わせないダンスなんです
、、きっと めっちゃ練習したのでしょうけど

途中、まこっちゃんが ひっとんを向かい合わせで抱き上げるようなリフトがあります
そのリフトが、なんだか不思議なんです
リフトされている ひっとん はもちろんなんですが
まるで、まこっちゃんまで
逆重量が働いているような、、、
二人に人としての重さを感じない
そして 全てが自然で、流れるように 

途中、舞台には 二人だけになります
二人だけのダンスが
劇場の空気を支配して、心地よい
ずっとずっと見ていたい、、そんな感覚になりました

これは、凄いコンビの誕生ですね!
劇場前方のセンター席では、雪組の だいきほが舞台を見守っていました
雪組コンビが お互いの持てる歌唱力をセーブすることなく発揮できるコンビであるように
こっとんは お互いのダンス力をセーブすることなく全力を注げるコンビですね
歌の雪組トップコンビ、ダンスの星組トップコンビ
しばらくは、この体制が宝塚歌劇に続くことを願いたいです!

星組の未来に、期待しかありません
いゃあ、感動しましたー。゚+.( °∀°)゚+.゚










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚







 

【ハピリポ】⑨ 恋スル FINAL(急に怒りだしてごめんなさい)と VISA 7月のメッセージ

花組 青薔薇集合日からのあれこれで
『恋スルARENA』の感想が滞っておりました
全くタイムリーな話題じゃないですが
『恋スルARENA』ハッピーレポート
いよいよ ゴールです


♡ FOREVER No.9 恋スル FINAL ♡

キンモクセイさんの『さらば』を あきら(瀬戸かずや)を中心に歌います
この曲、、聞いたことある
ゆるいタッチのアニメ『あたしンち』の主題歌でしたね
楽しげな曲調とアニメの力の抜けたキャラで 気づきにくかったのですが
歌詞をよく見ると シンプルだけどジーンとくるんですね

“眠くないのに 疲れてないのに
今日のところはお別れですよ
たとえ最初で最後の夜でも
あなたと居たことは忘れません”


すると、あのポップなお衣装に再び着替えた みりおくんが登場
山口百恵さんの『さよならの向う側』
お衣装と曲調が合ってない、、と一瞬思いますが
みりおくんが歌い始めると、そんなことは どーでもいいことになります
山口百恵さんが歌手生活のラストに歌った曲
白いマイクを舞台に置いて、それ以来 芸能活動をスッパリと辞めてしまったことは
昭和世代にとっては 伝説 です
百恵さんの覚悟が詰まった曲を、みりおくんは どんな心境で歌ったのでしょうね
私たちファンに、メッセージとして語りかけるように 心を込めて歌ってくださって
本当にありがとう、、(*´︶`*)

ちょっと しんみりとしたところで
最後は 全員で元気よく
布袋寅泰さんの『さらば青春の光』と
吉川晃司さんの『恋をとめないで』

『Delight Holiday』のときのように
金テープが弾け 客席に降り注ぎました
そこには、ちょっぴり成長した(?) おこげ様が
みりおくんからのメッセージと共に描かれておりました


とうとう、アンコール
Σ(゚□゚)あっ!! そうじゃん!
ポスターの黄色いスーツ、まだ 出てきてなかった
ここで、このお衣装なのね
初日と2回目は『Delight Holiday』でも唄ってくれた
ディズニー『ヘラクレス』より『Go the Distance』
私の大好きな曲 (❁´ω`❁)
そして、千秋楽だけは曲が違って、、
『BEAUTIFUL GARDEN』の『ETERNAL GARDEN TAKARAZUKA』
泣くしかありませんよね (;A;)
この曲、サヨナラショーでも歌ってくれるかな?
私の大好きだった みりゆき、花組 を思い出します
毎回、大劇場でこの曲を聞き 涙したことも
もう 遠い日の思い出のようです

こうして、横浜での二日間は幕を閉じました


あ、、ガチャガチャ
1公演 1みりお の法則で、、
念願の カサノヴァ様を引き当てました!!
、、、と言いたいところなんですが
なんと、ガチャガチャ会場でトレードしていただけました♡

ミニスタンディ、めちゃくちゃ可愛い(๑´ω`๑)♡
この子たちを連れて、名古屋に帰る新幹線の車内で記念写真

EB63DABB-2AC6-46D9-9218-2A3CCDAA2176


゚・*:.。❁


『恋スルARENA』を横浜アリーナで 3回体感し
約二週間が経過した 現在 
あの時のような興奮状態ではなくなり、改めて思うことも色々あります
自分の書いた記事を見直し
初日を観た感想が、かなりの満足度だったのだなぁーと振り返り
手放しで喜んでいる自分を少し覚めた目で見る自分がいました
どうして、そんなふうに思ってしまうのか、、

実は、千秋楽で初めて知った演出が とても多かったんです
私は3回の公演を1度も正面から観ることができませんでした
正面ではありませんでしたが、千秋楽はセンター席(いわゆるアリーナ席) で観ることができて
千秋楽にようやく、色んな演出に気づいたのです
初日には、正面からでないと全然分からない演出があるなんて
これっぽっちも思っていなかったのだと思います
こんな大きな会場でのコンサートに参加するのは初めてでしたし
劇場で観るのとは 違って
そう、舞浜アンフィシアター『Delight Holiday』が
、、もちろん、規模は大きく異なるのですが
どの席から観ても 大満足だった経験から
きっと どこから観ても楽しいだろうと、決めつけていたのですね (実際、楽しかったんですけどね)

初日に、マイティ(水美舞斗) が『レディみりお』の場面を紹介した時に
どうして あんなに含みを持たせた言い方をしたのか訳が分からず
(素敵な紳士と素敵な淑女の共演 的なこと)
千秋楽で、やっと分かったというのも そのひとつでした

横浜アリーナには、どんな座席パターンがあるのかは
演出を手がける上で、当然 ご存知だったでしょう
チケットの売れ行きが良ければ、どんどんと席を増やす可能性だって
当然、分かっていたことだと思います
見切れ席や、ちょっとした隙間に座席を増やすことは
きっと人気のコンサートでは よくあること なんですよね

だったら、どうして
真横から観る観客から中央舞台と巨大スクリーンを観た時に、視界を遮る場所に
大きなセットを組んだのか
それが、会場の性質上 仕方ないのなら
どうして、正面から観ないと理解できない演出を多く取り入れたのか
真横からでは、観ることのできない場所で
出演メンバーや、特別出演で駆けつけてくれたメンバーを立たせたり 踊らせたりを いっぱいしたのか

会場では、映像では味わえない臨場感があります
ライブ中継ではなく、現場に行きたいファンのために座席を増やしてくれたことは好意的に受け止めなければいけないのかもしれないけど
ライブ慣れしていない、大人しく席に座ってコンサートを楽しむタイプの宝塚ファンにとっては
決して優しい演出ではなかったと思うんですよね

数ヶ月後、Blue-ray を観て
あー私もここに居たけど、こんな ことになっていたんだなーと
なんか ちょっと さみしい気持ちになってしまう
横から観てたファンのことなんか お構いなし なんでしょうか、、

条件が違う 舞浜公演と比べるのは違うかもしれないけど
明日海さんのファンは、どちらにも足を運んだ人も多いと思います
現に私は
舞浜で味わった感動を、今度は もっと大きな会場で再び、、と 期待していました

私は、サイトー先生(齋藤吉正) は、好きな演出家の一人でした
しかし、最近の作品は どうも違って
『Killer Rouge』で特に 押し付けてくる演出と感じたのですが
『恋スルARENA』でも、ご自身のやりたい事をやり尽くした感が否めません
ご自分の故郷にある 天下の横アリでの演出は、それは 心が踊ったでしょうが
実際、宝塚・みりおくんとは そこまでの縁がある場所ではありませんし
自分の経験か何か知りませんが、それを詰め込んだオリジナル曲を みりおくんに歌わせたのも なんだかなーと思いました
そして何より
会場に足を運んだファンみんなが楽しめるような配慮はなかったと思います

座席の善し悪しは、どうしようもありません
前の方ならより楽しいし、スタンドなら置いてきぼりを感じます
でも、それだけじゃない、、それにしても!って とっても残念な気持ちです

どんだけ文句言うんだ、、と 自分でも ドン引きです、、、
書き出したら 止まらなくなってしまいました(^_^;)


しかし、初日を観終わった私は満足していた
「最高ーー!!」 と叫んでいた
それは 紛れもない事実です


先日 VISAさんのサイトにアップされた みりおくんのメッセージ
書かれたのは『恋スルARENA』のお稽古中ですね
ここに、答えはありました

J-POPを中心に膨大な量の約30曲を1曲ずつ たっぷりと歌うこと
それらは 宝塚風にアレンジしてあるわけではなく
エッジを効かせて歌わなければならないので、初挑戦です
しかし、ここ何年かで喉はだいぶ鍛えられているので
心配になることは まったくありませんでした

と、原文ではないですが
こんな意味あいのことが書かれていました

そうなんです、1曲丸々を約30曲ですよ
それら全てが本当に素晴らしかったのです

宝塚のトップスターとして、日々 宝塚の舞台に立ち
男役を極めながら
宝塚の歌い方以外の歌唱も しっかりと学ばれ
自分のものにされてきたのですね

あんなに歌いっぱなしなのに、、
鍛えられた喉を信じ 歌うお姿は
自信に満ち溢れ 輝いていました
そして、どの曲にも うっとりと酔いしれました

喉だけでなく、体力的にも
千秋楽で 「なんか動けちゃう」 と仰っていたけれど
なんか動けちゃう、のは、魔法でもなんでもなく
みりおくんのこれまでの努力があったからに他ならないと思うんです

応援してきた方が
こんなにも素晴らしい方で、本当に本当に良かった

私が感動したのは
みりおくんの素晴らしさ だった
だって、本当に本当に素晴らしかったから!

特別なお誕生日をお祝いするロウソクの1本になれたことの喜びで
私の心は幸せに溢れていたのです


だからね、、
私が『恋スルARENA』に感動したのは
みりおくんの素晴らしさ と
ただのダンサーのように (演出家に) 扱われても ダラダラに汗を流して
このコンサートを成功に導こうとしてくれた 花組生が居てくれたからなんです
『恋スルARENA』の出演者は素晴らしかったけど
コンサートとしての『恋スルARENA』は上出来だったのか、、と問われたら
正直、そうではないように感じます

こうしたファン心理に乗っかって
「あなたたち、みりおを観たいんでしょ」 と言われているかのように感じてしまう
サイトー先生の演出は
どうしても 残念すぎたのです


みりおくんの退団公演のショー『シャルム!』の演出は
『Delight Holiday』そして みりおくんトップとして初のショー『宝塚幻想曲』を 手がけてくれた 稲葉太地先生で心から嬉しいです
私たちファンに寄り添った演出をしてくださるに違いないから










ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

さらば
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2014-04-01


さよならの向う側
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2015-01-14


さらば青春の光
布袋寅泰
EMIミュージック・ジャパン
1993-07-28


Go the Distance
Walt Disney Records
2019-03-08





【ハピリポ】⑧ 恋スル TAKARAZUKA『恋スルARENA』

黒燕尾姿の みりおくん
宝塚での思い出の曲を歌ってくれるコーナーです

♡ YOKOHAMA No.8 恋スル TAKARAZUKA ♡

1曲目は『ポーの一族』より『哀しみのバンパネラ』
エドガーは間違いなく、みりおくんの代表作
自分の運命を呪い歌う この曲
温度のないような表情、虚しい視線
みりおくんが 一人ぼっちにさせるのが躊躇われた孤独なエドガーの瞳を 
もう一度 観ることができました

2曲目は『CASANOVA』から『人生には恋と冒険が必要だ』
まだ記憶が温かい一曲
ドーヴ・アチアさんのどこか懐かしいメロディ
何度聞いても素敵です
「人生 哲学さ...♪*゚」 の振りは、ちょっと やってみたくなる
絶対に上手くいきませんけど

宝塚の曲が、こんなに広い空間を埋めていることが
なんだか 少し不思議な感覚でした

3曲目、『ハンナのお花屋さん』から『Happiness』
初日にお隣で仲良く観てくださった方と
この曲が流れ出した瞬間に、タオルで顔を抑えました
『ハンナ…』は ダメ
曲を聞いただけで、条件反射のように涙が溢れます

横浜アリーナに 優しさが充満する、、

素敵な唄声、、
この唄声に、毎日 癒されてきた
どうして こんなに胸の奥にしみてくるんだろう

ありがとう(❁ᴗˬᴗ)♡ って 心から思う


え、、宝塚の曲 こんだけ?
と チラッとよぎりますが
黒燕尾のみりおくんの左右に
みりおデザイン衣装の出演者が並ぶと
みりおくんがみんなと歌いたかった曲
『きみとぼくのラララ』
小学校での思い出の曲だそうです
卒業ソングなんですね、静岡ではメジャーなのかな?
ごめんね、みりおくん、、私も知りませんでした

それにしても、みりおくんって
幼い頃から、とても感受性豊かだったのですね
どうやって育てたら、こんな素敵な人間になるんだろう
ご両親やご家族は、きっと素晴らしい方々なんだろうな~

みりおくんが みんなに送られる と言うより
卒業する みりおくんが みんなと歌いたかった という流れなんだけど
やっぱり『卒業』を感じてしまいます
心の支えだった大好きな曲を
大切な組子と一緒に歌っている みりおくんが
本当に本当に幸せそうな表情でした


933E6416-1C94-4E28-ADA8-0E46569B90E1









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

宝塚歌劇 花組公演 ミュージカル・ゴシック ポーの一族
宝塚歌劇団
ソニーミュージックエンタテインメント
2018-03-20

花組宝塚大劇場公演 祝祭喜歌劇『CASANOVA』
明日海りお
宝塚クリエイティブアーツ
2019-04-26