Yりんに Blu-ray購入を即決させた 
今回の『エリザベート』 

Yりん、黒天使も絶賛!
全体のダンスレベルはもちろん
マダム・ヴォルフのコレクション...♪*゚の場面の
トゥシューズを履く子たちのバレエのレベルも高いことに驚かされた!と、言ってました
しかし、、、
マダム・ヴォルフに関しては、、、(ー'`ー;)
次期が彼女だと、相当にキツいと、、、
私も『王家に捧ぐ歌』で 体感しておりますので
基本的に同意見です


黒天使って、ダンスのレベルやコンビネーションが高度なのに

出番は暗めの舞台
真ん中では演者がストーリーの核心を演じている

ってことで、背景に馴染みがち なので
注目されない存在になってしまいやすいですよね

特に『エリザベート』初見では
ほとんど印象に残らない、、、
私の思う、究極の『気にならない』存在です
(↑詳しくは『みりおくんのお嫁さん問題』
http://www.macaronrinn.click/archives/5936487.htmlを読んでみてください)

繰り返し『エリザベート』を観劇すると
黒天使の凄さに気づくタイミングがやってきます
組のダンサーを集結させるだけあって
ハードなダンスを難なくこなしていますし
一連の動きが全て完璧なタイミングで進んでいきますので
あまりに さり気なくって、注視することはないんです

大道具さんが、さり気なーく舞台セットを展開させるように
よく「あれっ、いつの間にかセットが変わってる」ってハッとなることありますよね
けど、セットが徐々に引っ込んだり、出てきたりするのを注目して見ていると
当然なんですが、ゆっくりと確実に変化していって実に面白いですよね

黒天使は、そんな存在
もしも、2度以上の観劇が叶うのなら
ぜひ、黒天使にも注目したいですね


子ルドの 星風まどかちゃんは良かったみたいですね
歌える娘役さんなのですね
新公の シシーでも歌唱力を発揮していたようですし
もしかして、花組にお嫁入りされるとしても
歌唱力と丸顔 に関しては及第点なんですね

新公と言えば
新公トートの 瑠風輝くんが
大きな役はしていないけど、どこにいても目を引く存在だったみたいです
前回の花組では あかちゃん(綺城ひか理)がしていた
『エーヤンの歌手』
背も高くて、甘いマスク
月組の ありちゃん(暁千星)、花組の つかさくん(飛龍つかさ) と同じ98期
期待の星ですね (((((っ 。•ω• )✩


、と話を聞いていますと
宙組『エリザベート』はスタイリッシュな雰囲気に仕上がっているような印象です
やっぱり、観たかったなぁ、、、東京(*゚・゚)ンッ?

いやいやいや (( 'ω' 三 'ω' ))
私の〝観劇月間〟は もう目前
『エリザベート』は Yりんの Blu-rayをお借りして我慢です!




ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚