お芝居の『GOT OF STARSー食聖ー』に泣かされましたので
こりゃ ショーでも泣くな、、と思ったんですが
意外にも、サヨナラ感の とても薄いショーでした
私が そう思っただけかな?
これも、退団されるトップの紅さんの
湿っぽくならないように、、という希望だったのでしょうか

紅さんのサヨナラ公演ですから
紅さんのファンの方々が満足される公演であることが大切だと思っています
このショーは、ファンの方には どうだったのでしょうね?

ここから、とても個人的な感想です、、よろしくお願いします


全体的に大人しめでノスタルジックな印象でした 
宝塚のショーでよく使用される楽曲が多く
耳に馴染んでいるメロディだったのですが
それぞれの曲に、この曲はこの人! とか この曲はこの演目!というイメージがつきすぎていて
なんか ちょっと違うかな、、と思ったり

プロローグは好きでした♡ 華やいだ気持ちになれます
柔らかい主題歌に、強そうなお衣装がアンバランスな気もしましたけど、、
客席降りも、 ワァーーッ!!  ではなく
ゆっくりと客席にいらっしゃって
ハイタッチしまくり!!   ではなく
手拍子でニコニコ という雰囲気でした 

序盤に、個人的に楽しみにしていた
こっとん(礼真琴&舞空瞳) の 風の場面が終わってしまい
この場面に とても感動しましたので
その後、印象に残った場面が、、思い浮かばない、、
これも、星組メンバーに疎いからなのでしょうけど

中詰めも、なんとなく終わってしまいました

『ボレロ』の場面は構成としては
長い階段、盆が回りながら踊る、、とか 嫌いじゃないんですが
やはり、トップコンビが もう少し踊れたらな、、と
まこっちゃん(礼真琴) グループが出てくると
少し息を吹き返したようになりますが、それまでが結構長いです

あーちゃん(綺咲愛里)、ぴーすけ(天華えま)、しんちゃん(極美慎)、くらっち(有沙瞳)、ひっとん(舞空瞳) が『極楽鳥』として 大階段から紅さんの周りで踊る場面
妖艶に ねっとりと、、との指示が飛んでいたようですが
黒い羽根カツラ は、どうでしょう、、あまり 時代にマッチしていないような、、
どなたも、似合っているようには見えませんでした
ぴーすけ と しんちゃん は、次の まこっちゃん中心の派手なお衣装の方にしてあげた方が良かったのに、、
『極楽鳥』が5名だったのも あまり気持ちよくなかった、、
やはり左右対称の方が落ち着きます
男役と娘役が混じっているのも背の高さとか揃ってなくて、、うーん
ここに、どうして あーちゃんを入れたのでしょうね?
もし、入れるなら、あーちゃんだけは もっと違う色にするとか特別な感じにすれば良かったのに と思いました

そして、前述の まこっちゃん中心の派手なお衣装の場面
ナウオンだったかな?紅さんが仰っていましたけど
あの学年であの衣装って なかなかないですよね
背中にビュンビュンと大きな雉羽根があって
中詰めとかで、トップさんが着替えるパターンで、こういうの付けてきますよね
そんなお衣装なので
「誰なんだろ?誰なんだろ?」と、お顔を1人ずつ 一生懸命オペラで追ってるうちに
この場面も終わってしまって、、、
後でプログラムを拝見したら、、なるほど まあまあ下級生さんたち
私には、分からないはずです
次回は一人ひとりを追わずに、全体を観ようと思います
、、ここが、よくある アイドル的な場面に匹敵するんですよね?
やっぱり、ぴーすけ や しんちゃん入れた方が盛り上がったんじゃないかな~
まあね、下級生さん達には良い経験なのでしょうね
次の体制になったら、それぞれポジションも上がるでしょうし

黒燕尾は飾りなしのシンプルなもの
退団公演に、これはやっぱり グッときます
ここまで、ノスタルジックだったのだから
この黒燕尾こそ、ノスタルジックにすれば良かったのに、、
三味線を使った曲で、花組の『宝塚幻想曲』の黒燕尾のようなイメージで作られたのかな?
振りが、あまり紅さんには合っていなかったような、、
途中、紅さんが 退団者の 如月蓮さんの足を踏む演出があり、面白かったので
ここを生かして、全体に 楽しげにするとか、、ね
The黒燕尾 にするか、紅さんらしく楽しげにするか
どちらかに寄せた方が良かったな、、

エトワールは 次期トップ娘役の ひっとん(舞空瞳)
ひっとんファンですので 嬉しくもありましたが
特別 歌うまをウリにしている娘役さんではないと思うので
次期だからといって エトワールに抜擢する習慣的なものも支持できないですね
エトワールは 歌うまさんのためのポジション!
それで良くないかな、、
どうしても、あの 小さい羽根を背負わせたかったから?

驚いたのが、退団するトップコンビの羽根の色です
退団=白 との固定観念を吹き飛ばす
紅さん=紫、あーちゃん=ピンク
ご自身の好きな色、イメージカラーということでしょうか
なかなか斬新でした


振り返ると、星組生が集まって
トップさんを中心に一体感を出すとか
トップさんが、みんなの元を順々にまわるとか
トップさんが、みんなの顔をぐるっと見渡すとか
そういう 感動的な演出がなくて、少し物足りなさを感じました
あ、、歌詞
歌詞には何か感動的なメッセージあったかな?次には確認したいです
雪組 元トップの ちぎちゃん(早霧せいな)の退団公演のショーでの
雪組ファンじゃないけど号泣してしまった感動的な場面は今でも はっきりと覚えています
あえて、そういう場面は作らなかったのでしょうか
それとも、分かる人には分かる、、ってことかな?

その分、お芝居のラストで『星組の一体感!』の感動を
分かりやすく味わえましたからね
これで、バランスが良いのかな (´・_・`) 









ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚