さよ~なら さよ~なら...♪*゚
ベアトリーチェが夢をパンパンに膨らませてヴェネツィアにやってきて
望まぬ結婚をすすめられ落胆して歌う、、
この時、ベアトリーチェ役の ゆきちゃんは
本当に絶望的な表情をしていましたね

花組『CASANOVA』千秋楽
昨日のライブ中継での観劇から一夜明け
私も、あの ベアトリーチェのように呆然とした気持ちでおります

6858E787-C39F-4279-9F8E-7C32392F7416


ライブ中継の良いところは、オペラで覗くより数段アップでジェンヌさんのお顔が観られること
そして、視線はカメラマンさん任せなので
個人的な趣味に走らず、新たな発見も多いことでしょうか

話している人、歌っている人を映してくれるので
何を言っているのか、どんな歌詞なのかが より明確になって
今更ながら、、台詞や歌詞の美しさに気づいたり出来ました

スクリーンに映し出される 花組のみなさん
どなたの表情も生き生きとしていて
花組の成熟度が伝わります

みりおくん(明日海りお) という トップさんが長く組を牽引していて
娘役トップの ゆきちゃん(仙名彩世) の熟練された花娘感
2番手の れいちゃん(柚香光) も、何度も主演作を経験していますし
ピックアップの男役さんに
安定の あきら(瀬戸かずや)、ちなつ(鳳月杏)
そして マイティ(水美舞斗) も板についてきて
その下の
あかちゃん(綺城ひか理)、つかさ(飛龍つかさ) にも、もう下級生っぽさは なくなってきていて
ほのちゃん(聖乃あすか) も、凄く自信をつけた表情をみせています
下級生の花娘たちも
トップさんに絡むという特殊な演出にも慣れてきたのか
実にイキイキとカサノヴァに迫っていくのが可愛かった

花組の組子が
それぞれのポジションでの 余裕をみせ
今の花組のパワーが存分に発揮された作品だったと思います

しかし『流れる水は腐らず』です
こんな素敵な組の状態も、このままではダメなのですよね
流れ続けることで、水は新鮮さを保つもの
宝塚歌劇も、変化し続け、新たな才能や魅力が現れては消えることで
輝きを失わずに歴史を刻んでいます


『今を生きよう!』
劇中の歌詞にもあったように
永遠ではない『今』を
私たちファンも 充分に楽しもう

頬を伝う涙は、ネガティブな涙ではなく
心が震え、幸せを感じているからこその涙です
こんな素敵な涙を流せることに感謝したいです

みりおくんを、あんなに楽しそうな表情にしてくれる ゆきちゃんの笑顔も
べーちゃん(桜咲彩花) の癒しボイス、、開演前のお願いアナウンスも聞き納め
じゅりあさん(花野じゅりあ) の抜群な綺麗なお姉さん も
キュートな たまごちゃん(茉玲さや那) も
るかちゃん(碧宮るか)、もねちゃん(凜香もね) の 一生懸命 舞台を作る姿も
もう、見ることが出来ないのは辛いですが
みんな、みんな 本当にありがとう♡


カサノヴァ様も仰っている
『ここで 朽ちてなどいられない』
さみしいけど、次に進もう!
『自分の背に翼があると信じて』







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚