昨日、地上波に登場した『ラ・ラ・ランド』
アカデミー賞のいくつもの部門賞に輝いた大ヒット ミュージカル映画
観たい 観たい と思いながら
なんせ ヅカ活に大忙しゆえ、、映画館に行きそびれていた作品
公開当時も、絶対に好きなタイプの映画だと思っていたんです

その『ラ・ラ・ランド』
ようやく 観ることができました

宣伝映像とか、曲のイメージから
キュートな胸キュンストーリーかと、勝手にイメージしていたのですが
まさか、、こんなに ほろ苦 だったとは、、
ラストの何分かは、涙が止まらず、、観終わってからも、涙が止まらず、、

私は、基本 ハッピーエンドが好きです
『ラ・ラ・ランド』は、ある意味 夢を掴んだハッピーエンドの側面もありながら
主人公の恋人たちにとっては、やはり ハッピーエンドではなくて
特に 終わり方は、色んな解釈のできる
私の好きな、イマジネーション掻き立て作品
すごく 大好きな映画でした
切なくって胸が痛いけど、もう一度 観たいです 
(録画してない失態(´θ`llll))

ミュージカルを毛嫌いしている旦那は
案の定、途中から爆睡してましたけど、、
そう、よくある
急に歌い出すシーンが多めです (´▽`) '`


☆。.:*・゜


ロサンゼルスで夢を追いかける男女
『LA LA LAND』の『LA』って『Los Angeles』の『LA』かな?
お互いに上手くいってない時に出会い
恋をしながら、成功に向かっていくけど
タイミングが少しずつズレを生じて、、
まあ、あらすじ は ご存知の方も多いでしょうし
まだご覧になっていない方は、是非 観てください
宝塚好き なら まず確実に好きですよね


様々な名作ミュージカル映画をオマージュした場面も多く
主演コンビ、娘役たち、群衆 のダンスは見どころ満載
、、、あえて、言い方を宝塚チックにしてみましたよ
そう!もう、以前から言われていると思うけど
宝塚にピッタリですよね .*・゚(*º∀º*).゚・*.

有名な夜景の美しい丘で
主演コンビがタップを踊るシーン
心の高鳴りと美しい夜景を
わざと 「どうってことない」 と逆の表現をしながら 惹かれあっていくシーンです
ここ観ながら、、

キキひっとん に演ってほしい(ง •̀ω•́)ง✧

猛烈に、そう感じました!
『ミア』は、ひっとん(舞空瞳) そのままのイメージ
あのダンス、ひっとんが踊ったら めちゃくちゃいいよ!
『セバスチャン』は、お髭が素敵なワイルド系イケメンなので
ヅカ版の キキちゃん(芹香斗亜) は
少し、爽やかイケメン になりますけど
ちょっと、ひっとん をからかいながら踊る キキちゃんを想像しただけで

ええやん!!!

キキひと なら、どの場面のダンスも
絶対に美しくって、我らを夢の世界に連れていってくれるに違いない

ラストの、あの切なすぎるシーンを
キキちゃんに演じさせるのは 辛すぎるなぁ
顛末を変えちゃう?!
私は、それでも構わないけど
『ラ・ラ』ファンが許さないかな、、、


☆。.:*・゜


キキひと で『ラ・ラ・ランド』、、私の夢が またひとつ増えました
言い続けると実現するかもしれない
みりおくん(明日海りお) の『あかねさす紫の花』みたいにね♡


非常に 今更 なのですが
『ラ・ラ・ランド』を 是非とも 宝塚の舞台に!







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]
ライアン・ゴズリング
ポニーキャニオン
2017-08-02