大劇場月組『カンパニー/BADDY』を観劇

B18F7059-9261-41DD-9F9C-1E20B94CE415

トップ就任以来
「あ~この役、りょうちゃん(珠城りょう)にピッタリだわ~」って役に恵まれている りょうちゃん
今回の公演も
お芝居 と ショー、真逆とも言えるキャラなのに
何故か、どちらも りょうちゃん にピッタリって思える お役でした

柔道、空手、書道 合わせて10段の 青柳誠二 と
昭和の不良少年のような バッディ
正義と悪のどちらもハマり役な
振り幅の大きい りょうちゃん を堪能してきたのですが
りょうちゃんを凌ぐくらい 振り幅の大きかった
お隣の席の おじさん のことを
観劇の思い出に綴っておこうと思います

作品の感想より、そっち優先?!
ビックリですね ( ¯▿¯ )


☪︎⋆。˚✩


1階のセンターブロック
とっても見やすいお席に座った私の左隣には
なかなかの おじさん が既に座っていました
どうやら その隣は奥様
奥様の観劇に付き合わされた感じかな

『カンパニー』全体としては嫌いではありませんでしたが
途中、2度ほど睡魔に襲われる時間があったんです
「あ~ 寝そう、、、(。ρω-。)」睡魔と戦っておりますと
お隣から 大音量の イビキが Σ(゚д゚;)

あ~ おじさん寝ちゃったよー

しかも、おじさんはカサカサ言うスーパーの袋を
なんでなのか手に持っていました
下に置けばいいのにね
おじさんが カクッてなるたびに カサッていうスーパーの袋

ま、仕方ないか
奥様に付き合わされたんだもんね…

お芝居は後半にかけて、楽しくなってきます
『フラッシュモブ』の場面で正気を取り戻す おじさん

あ、起きた
(; ・`д・´)ハッ、寝起きなのに めっちゃ拍手してる

目が覚めた おじさん
冬眠開けのクマさんみたいに
どうやら、腹ペコらしい
今度は盛大にお腹が鳴り出しました

( ´・∀・`)b グ━━━━ッ!!!!!

実は私、観劇前は満腹中枢が麻痺しがちで食べられず
観劇途中によくお腹が鳴るのです
私の右隣の娘は、私のお腹がまた鳴ってると思っていたみたいで
とんだ、濡れ衣 です

鳴り続ける お腹の音を聞きながらも物語は進み
リフトに失敗した 那由多(月城かなと) をみんなで励ますシーンに差しかかっていました
元々、涙腺弱い私  ちょっとここで ウルッときていたら

ぇ━(*´・д・)━!!!

おじさん、号泣

私の記憶が定かならば
前半は、ほぼ見ていないよね?

その後、会社のパーティの場面になり
海外留学を決める 美波(愛希れいか) が 誠二さん(珠城りょう) に一緒にヨーロッパに行ってほしい、、みたいなこと言って

誠二「月が綺麗ですね」

って言う場面
ちょっと感動 (இдஇ; )

、、、って、号泣かっ Σ(Д゚;/)/

おじさんは、かけていた眼鏡を外して、男泣き

私は おカブを奪われ
ちょっぴり涙が引っ込んだよ……( ゚∀゚ )


もしかして、この おじさん は
もう何度かこの作品を観ているのだろうか

起きてる時は、とても好意的に舞台を観ている雰囲気が伝わってくるし
きっと、宝塚が好きなんだよね

そんなふうに思いながら
『BADDY』が始まると

おーーーい、また 寝るんかい ゞ( ̄∇ ̄;)

眠いけど観たい おじさん
寝る、拍手する、寝る、拍手する、、を繰り返していました

私が観劇した日は、企業の福利厚生的な観客が多かったのか
全体に手拍子が少なかったんです
貸切公演よくあるいつ拍手して良いのか分からないような空気でした
(この日は貸切ではありませんでしたが、、)

なのに、おじさん は
ファンならではの手拍子のツボを抑えていて
拍手ほしいタイミングでは必ず 手を叩いていたんです


〝また、いつか お会いいたしましょう〟
奥様と楽しそうに家路につく おじさんの背中を
そっと見送った ある日のマチネでした



あ、、感想は また (* ̄▽ ̄)ノ~~












ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚