明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

2019年03月

私はサイトー先生を信じたい

昨日、久しぶりに ヅカ友・Yりん に会って
このところ ヅカ離れしている私も
少しヅカモードになりました

彼女は、心が広く
ツッコミどころや、ダメ出し部分を探したり
好き嫌いの激しい私と違って
舞台に対して、かなり守備範囲も広い人なのです
基本 全組観劇で、宝塚以外の舞台にも よく出掛ける
チケットを入手したならば、喜んで劇場に赴く
「この作品を よく何回も観られるね、、、」と、私にとっては修行のように思える観劇も
Yりん は、いたって 楽しそうだったりする

そんな Yりん が
確保している月組公演に、行かないことにしたと言うのだ

雪バウがメインで、月組大劇場とのマチソワをしてきた Yりん なのだが
月組『夢現無双』に対する評価が、非常に芳しくない
Yりんは、美園さくらちゃんのモノマネを繰り返ししてくれたけど
観てないから、それが似ているのかどうか、、私には分からない
(ちなみに「たけぞうさんっ」 ていう台詞)

そして、併演のショー
藤井大介先生の『クルンテープ』も
Yりんを再び ムラに向かわせることはなかったようです
藤井大介×齋藤吉正 って
私にとって最強コンビなんだけどなー

あれほど、舞台に優しい Yりん が
〝今回の月組のリピートはナシ〟との決定を下した
ちょっとした衝撃 ∑(°∀° )

私は、元々 この月組観劇の予定はなく
拝見していないので (初日映像も見てない( ̄▽ ̄;))
今回の月組公演について語る権利はありませんが
『夢現無双』の演出は 齋藤吉正先生、、
この件、捨て置くわけにはまいりません
なぜなら
みりおくん(明日海りお)の横浜アリーナコンサート『恋スルARENA』の演出は サイトー先生だから


15628EF2-9A22-4F1D-AD17-3594066DFF43


実際に劇場で観たサイトー先生の作品の
『桜華に舞え』『MY HERO』
過去作品では
『TAKARAZUKA夢眩』『STUDIO54』『風の次郎吉』『LOVE & DREAM』
どれも 好きです

しかし
『Killer Rouge』で、、ちょっと (。´・ω・)ん? ってなったんですよね
贔屓の組ではなかったから なのかなと
その時は、あまり深く考えなかったけど
その後、スカステさんで拝見した
『神家の七人』『愛聖女』も、、

サイトー先生、ご本人が〝やりたい事〟が前面に出過ぎている印象で
ファンに寄り添ってない と言うかなんて言うか
正解のない世界ですから
好みに〝ドンピシャ〟な作品ばかりでないことは理解しています
でも、それまで 好きな演出家さんだったので
、、、ちょっと 個人的な期待が大きかったのかな~

サイトー先生とは同世代で
笑いのツボ、泣きのツボ の相性が良いと感じています
みりおくんの使い方も、決して間違ってないと思います
『Z-BOY』は、みりおくんの それまでなかった魅力を引き出した役ですよね

『恋スルARENA』は
言わば、サイトー先生の創ってきた 明日海りお の集大成
宝塚歌劇 初の横浜アリーナということもあり
サイトー先生の中では、湧き上がるイメージがあり
〝やりたい事〟が あれこれとあるでしょうね
どうか、それが
我らファンが求める 明日海りお でありますように、、

コンサートですからね、、、
そんな心配することはないとは思うのですが








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

F4が揃いました『花より男子』ポスター、、それと 横アリポスター

『花より男子』ですもんね
F4&つくし 勢揃いのポスター

56AE1EE2-FD54-46BE-822F-38E95705578A

とか言いながら
実は『花男』を よく知りません ( ̄▽ ̄;)

らいとくん(希波らいと)、103期生では 初のポスター入りですよね
こちらは、松田翔太さんがされた役でしょうか、、っぽいですね
ゆーなみくん(優波慧)も、ポスター入り おめでとうございます

観に行く予定は ありませんけど
良い舞台になるよう 祈っております


⋆*❁*


はい、私
個人的には こちらのほうが 気になるポスターです

E3A10B66-6BB7-4C47-B9C2-B8FBF4841620

この お顔、、、
真似したら ほぼ100% 不細工になりますよね
どうして こんなにカッコイイのだろう

どうでもいい情報ですが
ブルーとイエロー
2年前から、私の夏のテーマカラー♬︎♡
ブルー&イエローで 横アリへGO三/ ˙꒳​˙)/







ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

東京公演初日も目前『CASANOVA』を噛みしめる

花組『CASANOVA』
演出は 生田大和先生、作曲は ドーヴ・アチア氏 
生田先生は、みりおくん(明日海りお) の代表作『春の雪』や
だいもん(望海風斗) の大劇場お披露目公演『ひかりふる路』を手がけた
宝塚歌劇団所属、期待の若き演出家
ドーヴさんは
『1789』や『アーサー王伝説』の作家で知られる
フレンチロックで、どこか懐かしい曲調が心地よい フランスの作曲家

海外からの作曲家を招くということで
どうしても、ドーヴさんに注目が集まりがちですが 
知性派、、と思われる 生田先生の演出にも
明日海ファンとしましては
やはり『春の雪』のタッグ 再び、、ですもの
大きな期待が寄せられましたよね

日本人とフランス人、、
完全なる島国人間の私には、お二人がどのようにセッションを重ね 作品を作っていったのか
皆目見当がつきません 
ミュージカルには、メロディと歌詞が必要
メロディが先なのか、歌詞が先なのか、、

ドーヴさんが、フランス語(もしくは英語?) の歌詞で曲を作られ
そのニュアンスで 生田先生が日本語の歌詞をつけられたのかな?

メロディの心地良さは もちろん
歌詞や台詞の素晴らしさを、ムラでの観劇を振り返り 感じています


12C00259-C4FA-4883-BE5C-793DB04238A6


『CASANOVA』のキャッチコピーは
『人生には恋と冒険が必要だ』ですが
この作品の一貫したキーワードは

『翼』と『自由』

この2つのワードは、何回も何回も登場します

ヴェネツィアの象徴である『翼の生えたライオン』からインスピレーションを受け
もうひとつのテーマである『自由』と絡め
それぞれの思う『自由』を求めて
それぞれの『翼』で飛ぶ

『祝祭喜歌劇』と銘打たれた『CASANOVA』を
完全なるハッピーエンドではない要素もありつつも
明るく、希望に溢れた作品に仕上げた 生田先生は素晴らしいと思いました


0E5E7578-0BCB-4CDA-9922-A6EE3BD383E6


私は、中でも
酒場の場面の『自由に生きて、強く死ぬ!』の
カサノヴァが歌う
『自分の背に翼があると信じて...♪*゚』という歌詞が大好きです
希望と勇気が湧いてくるような、何か 目頭が熱くなる感覚になります

ドーヴさんの、少しノスタルジックなメロディに
生田先生の日本人の心に訴えてくる歌詞、、
繰り返し観劇していくうちに
最初は「いい曲だな~」と、メロディに酔いしれていたのが
だんだんと 歌詞が グイグイと入ってくるようになってきたように感じました

プログラムで 改めて 歌詞を読んでみると
メッセージ性の高さに感動します


『自由』に関しては
カサノヴァの思う『精神の自由』
修道院生活を強いられてきたベアトリーチェが憧れる『身体的な自由』
貴族階級でない人々の思う『ハングリーな自由』
反面、市民に『自由』などないと思っている貴族
モーツァルトの『発想の自由』などなど
沢山の『自由』が描かれています

心が解き放たれ、思うままに生きていられることの幸福を感じたり
観る人の胸のうちに、様々な感情を呼び起こしてくれます


生田大和先生にとって
大劇場1本物デビューとなった『CASANOVA』
一幕に、楽しく印象に残る場面が集中しており
初見時には 二幕の印象が薄かったのですが
じっくり噛みしめると、二幕にも大切なメッセージが盛り込まれいることに気付かされました
はっちさん(夏美よう)の 台詞とか、、

、、けど
1回しか観劇されない方もいらっしゃるわけで、、
その辺りのバランスみたいなものも
これから、もっと良くなっていくものと期待したいですね

そう思うと
小池修一郎先生の作品は
一幕 二幕と、それぞれに見どころがあり
やはり〝上手い〟のだなぁ、、と 感心いたしますね


さて、まもなく『CASANOVA』東京公演を幕が上がります
変更点があったりするのか気になるところです
千秋楽LVのチケットが当てて、なんとか 東京公演も観られるといいなと思っています











ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



 

宙組バウ『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』瑠風くん主演!

9月の宙組バウホール公演の主演は
もえこちゃん(瑠風輝) 
おめでとうございます!!

宙組に疎い私は
『群盗』で、その歌唱力に驚かされたばかりでした

月組の ありちゃん(暁千星) が独走していた 98期生さん
花組の つかさ(飛龍つかさ) や もえこちゃん のバウ主演
雪組の あやなちゃん(綾凰華) も、新公で連続して主演を務めていますし
みなさん、頑張っていらっしゃいます

この世代に、どんどん力をつけていただかないとね!


『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』 は
『華麗なるギャツビー』の スコット・フィッツジェラルドの短編小説が原作で
脚本・演出は、木村信司先生
、、ついこの間『蘭陵王』の演出をされたばかりですよね

もえこちゃんの魅力が存分に発揮できる舞台になるといいですね








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




 

花組『花より男子』先行画像

花組『花より男子』の先行画像

88EF2666-22D0-4921-B41A-A8E1EE29E1FC

なるほど
れいちゃん(柚香光)、漫画に近いですね

しろきみちゃん(城妃美伶)も、ヘアスタイル良く似合っていて 可愛いですね♡

ポスターには『F4』が勢揃いするのでしょうか?


れいちゃんは、漫画の舞台化専門のようになってきてしまいましたね
ビジュアルが ハマるので、適材適所、、(´・_・`)?
花組は これから、こういう組になっていくのかなぁ、、


花組 赤坂ACTシアター公演
『花より男子』
6月15日~7月2日

演出は
小柳先生、、ではなく 野口幸作先生








ブログランキングに参加中です(*´▽`)ノノ♡
読んだよ♡のかわりにクリックいただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚

花より男子DVD-BOX
井上真央
TCエンタテインメント
2006-03-10