宝塚と私、繋がりの中で芽生えた気持ちを
飾らず、ありのままに、時に上から目線で、、私的感情満載で綴ります

2016年10月

東京堂出版『宝塚歌劇*柚希礼音論』松島奈巳さん・著

「ちょっと面白い本があるけど読む?」と
ヅカ友達Yりん が貸してくれました

昨日からの流れで、、、
『宝塚歌劇*柚希礼音論』 
副題は
『レオンと9人のトップスターたち』 となってます

演劇記者でライターである著者・松島さん が
『宝塚のレジェンド』と呼ばれた ちえちゃんの宝塚人生を
8人のトップスターとの共通点・相違点を交えながら辿っています
副題の『9人』には、ちえちゃんも含まれています

ちえちゃんの辿った道のりは もちろん
登場する トップスターさん

* 天海祐希さん
* 大浦みずきさん
* 北翔海莉さん
* 真飛聖さん
* 安蘭けいさん
* 真矢みきさん
* 真琴つばささん
* 明日海りおさん

の知らなかった側面も記されていて 興味深く
最近 トンと読書から遠ざかっていた私も
楽しく スイスイと読み進めることができました


著者の松島さんから この本の〝あとがき〟で
ズバリ言い当てられた感があったのですが

私自身は ちえちゃんファンではありません

松島さんが、ちえちゃんの初舞台から退団までの間 抱いていた〝疑問〟の中に

・宝塚には興味がなかったが、柚希礼音にひと目惚れしてハマったというファンが多い
・逆に昔からの歌劇愛好者で、柚希ファンになったというケースはあまり聴かない


との記述がありました

私は宝塚のオールドファンの括りに入ると思います
周囲に ちえちゃんにハマっていく人たちが居ながら
何故か、私は全くハマらなかった、、、

その答を ズバリ 言い当てるような内容ではないのですが
なんとなく、その理由が分かったような気のする一冊になりました


宝塚に夢中になっていたのは 小学校~中学生の頃

天海祐希さん・真矢みきさんの全盛期は
一番宝塚に遠かった時期です

宝塚ファンでなかった 天海祐希さんの退団と入れ替わるように
宝塚ファンでなかった 真矢みきさんのトップ時代が来ます

私が宝塚との関わりが薄かった時期は
ちょうど、宝塚に新しい風が吹き込んでいた時だったのですね

再び、時折 観劇に足を運ぶようになったのは
ちえちゃん全盛期

ちえちゃんにはハマらなかった私が
その後
ものすごい宝塚ファンである みりおくんにハマってしまったのは
偶然ではなく〝理由〟があったように思えてきました

みりおくんは、その頃
トップスターの中では一番の若手でした
けれど、みりおくんには
私が宝塚に夢中になっていた時代
〝古き良き時代の麗しさ〟が備わっている
(著書の中の松島さんの言葉です)

だから なんですね!

ゆる~くファンであった私に
熱烈に宝塚を愛していた頃の感情を思い出させてくれたのが みりおくん だったんだ ٩(๑ᵒ̴̶̷͈̀ ᗜ ᵒ̴̶̷͈́)و ̑̑ ✧

ずっと、どうしてこんなに みりおくん にハマってしまったのだろう、、、と
漠然と思っていましたが
目の前の霧が晴れたかのような 気持ち です


非宝塚ファンだったタカラジェンヌさんを批判しているのではありません
宝塚に新しい時代をもたらした、天海さん や 真矢さん
その後を継ぎ、新しい時代を確立した ちえちゃん が居てくださり
その経過を経て現在ある宝塚に
オールドファンの心を鷲掴みにする『明日海りお』という
新しいのに懐かしい気持ちにさせる ニュータイプのトップスターを誕生させた

〝時代は繰り返す〟
歌劇団が そこまで考えに考えて
ちえちゃん の後継者として みりおくん を持ってきたのかどうかは分かりませんが
実際に、その〝計算〟に まんまとハマってしまった人物が
ここに いまーす (o ̄∀ ̄)ノ” ってことですよ


『宝塚歌劇*柚希礼音論』の本旨からは
全く逸れてしまいましたね、、( ̄▽ ̄;)

自分では、すごく色々納得しているのですが、、
ちょっと何言ってるのか分からない (・_・?) と思われそうな文章になってしまいました

一冊の本から、自分の辿った道のり の 理由づけ を得られることもあるのですね
宝塚ファンの方には、ぜひ読んでいただきたい
私の オススメの本 です♪( *´∇`)_📖





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




宝塚を心から愛するタカラジェンヌ 明日海りお様

久々の みりおくんの好きなところ シリーズ
第8弾〝宝塚を愛するピュアな心〟編
いってみよう~ ٩(。•ω•。)و


タカラジェンヌは元々宝塚ファンであったというお方が多いですよね
ひと昔前は
宝塚の舞台を1度も観たことがないのに
親や先生に勧められて受験し 合格!って話も
チラホラと耳にしましたけどね

宝塚ファンを公言しているタカラジェンヌはたくさんいます
みりおくん も その1人

ビデオで宝塚を初めて観た次の日から出掛けた家族旅行で宝塚のことが頭から離れず
食事も喉を通らなかった こと
ご両親に宝塚受験を許してもらえず
三日三晩泣き続け 発熱した末に
受験を許してもらった こと は
大変な有名な話ですよね

すみれ寮で同室の だいもん(望海風斗)も 宝塚の大ファン
2人でお布団の中で宝塚の歌を延々唄ったとか、、
まだ少女の お2人が ヅカ談義に花を咲かせたと想像すると
なんだか、微笑ましいですよね (*´∀`*)


松島奈巳さんの著書『宝塚歌劇☆柚希礼音論』
ちえちゃんの魅力を
過去・現在のトップスターさんとの比較から考察しています

『9章 明日海りお』
みりおくんも取り上げられているんです

松島さんは みりおくん のことを
『ハイブリッドなトップ・オブ・トップ』と表現しています

ファンではなかった ちえちゃんが
ファンでない目線から宝塚歌劇のレベルアップに邁進したのに対し
みりおくん のことを
入団してからも、ファンだったころの憧れを失わず
かつ精度の高いステージ作りに突き進む歌劇団内の空気に触れ、みずからも研鑽を重ねた

と記しています


みりおくんの原動力の源は『宝塚愛』であることは間違いありません
ただ、こんなにファン時代の気持ちをピュアに持ち続けていられる人って
そんなにいないのではないでしょうか

年齢を重ね、物事を多方面から見るようになり
どんな世界でも〝綺麗事〟では済まされれい部分があるものです
増してや、トップに登りつめた人にしかわからない〝事情〟もたくさんあったはず

そういった経験を経て なお
変わらない気持ちを持てるって
なんて ピュアなの…


スカステの まさみり対談で
『ロミオとジュリエット』のことが話題にのぼりました
主演の役替わり、、大変だったね みたいな内容でした
その時に、龍さんが
「ロミオとティボルトを好きだった役と言える みりおって凄い」
ってことを おっしゃいました
龍さんの〝好きだった役〟には
トップお披露目公演にもかかわらず
『ロミオ』も『ティボルト』も入っていません
龍さんの想いが 分かるような気がします、、、
そして、この話題に触れて
「みりおって凄い」とおっしゃった 龍さんも
実に正直で愛情のある方だと感じました


『ロミオ』も『ティボルト』も 好きだった と言う みりおくん
私は そこに
みりおくんの 『限りない純粋さ』があるように思えるのです

『ロミオとジュリエット』は素晴らしい作品です

みりおくんの中で
様々な大人の事情は、作品の素晴らしさとは全く別の問題なのかな、、
純粋に作品を、役を、愛することのできる人なんだなぁ と感じました


宝塚に出会った頃の感情を そのままに、、
理想の舞台に向かって走り続ける みりおくん
きっとゴールなんてない
更に良いものを、、常に上を目指す
全ては 宝塚が好きだから、、、なんでしょうね





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




晴れでも。雨でも!!―Asumi Rioフォトエッセイ (タカラヅカMOOK)
明日海 りお
宝塚クリエイティブアーツ
2016-09-02



みりお様、、テーマパークに連れていって♥️

『雪華抄』『金色の砂漠』のお稽古場から
組長の さおたさん(高翔みずき) と一緒にリポートしてくれた みりおくん


〝春夏秋冬〟 〝花鳥風月〟
美しい日本をテーマに煌びやかに繰り広げられる『雪華抄』 

なんと
鳥さんが怖い みりおくんが『鷹』 になり
花男扮する『鷲』 たちと雄々しく舞う場面があるようですね

まわりを鳥に囲まれて、自らも鳥になる、、、

みりおくん、大丈夫かしら?
生きてる鳥は苦手だけど
いつも あんな大きな羽根を背負ってるんだから
全然、大丈夫でしょうね (´∀`*)

ここが、りりかちゃんが言ってた
「男役さんの格好良い場面」 なのかしら (๑• •๑)


『安珍清姫』 の安珍さま にもなられるそうな

先生からは
「中性的に」 と指導されてるんですってね
みりおくん 御手の物 ですね ( 〃▽〃)v
さおたさん も
「綺麗ですね、、みりおさん♡」と証言しておられます
しかも、お稽古場で もう「綺麗」なんですよ
お化粧して舞台に立ったら、、、
もう どうなってしまうのでしょう ヾ(・ω・`;)ノ

安珍さま、、ってことは お坊さんよね
みりおくん、つんつるてん になるのかしら

美形のスキンヘッド、、、 
余分なモノ一切が取り除かれた〝究極の美〟 
新しい みりおくんの魅力に出逢えそう ( ' ' )♡

清姫 は誰かな?
願わくは トップ娘さん以外の方がいいな
、、、松本先生、、では ないよね ( ̄▽ ̄;)
それも、ちょっと勘弁してほしい

れいちゃん だと、もう花組では当たり前すぎる気がしますので
全ツのスペインで、ちなっちゃん(鳳月杏)と踊った
あすかちゃん(聖乃あすか) なんて どうでしょう
これは、ちょっと個人的な趣味に走ってますね
んじゃ、ほってぃ(帆純まひろ)は?
これも、個人的な趣味ですけど (;・∀・)
、、思い切って あきら は (。・ω´・。)✧*。

清姫は安珍さま愛しさに『蛇』 に姿を変えるほど激しい女性
ふだんは〝女装〟 反対派ですが
清姫に関しては、男役さんに演ってほしいです 
配役が楽しみ♡ 


雪が降る 幻想的な場面では、、、

出ましたね ( ̄▽ ̄;)
松本先生が『春の女神』に

みりおくん は「何度も泣きそうになった」って
いたく感動していましたけど、、、
日舞のたしなみのない私は
そんなに感動できないことは ほぼ決定しております

そこに組子が加わっていって『ボレロ』で踊るとか
うん、古典と現代の融合ですか ( '-'* )?
できるだけ早く!組子のみなさんに登場していただきたいものです


さおたさん 曰く
ギィは「たまらなく魅力的な人」らしいです

たまらなく魅力的なお方が、たまらなく魅力的な人物を演じる ことになりますよ

激しいダンスナンバーに、ちょっぴり笑いも、、(たそ担当ですか?)

みりおくんは

「テーマパークに行ったような気分になれる」

って、おっしゃってました♡

おそらく
テーマパークが楽しくてたまらない子供のように

「まだ、帰りたくな~い (。>д<)」

ってなること間違いなし!





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



イケメンひとこちゃん『ケイレブ・ハント』新人公演

生ひとこちゃん したヅカ友Yりんと昨日会えました♡
私はタカニューでチラッと、、|ω・)✧‧˚

IMG_2419

主演コンビ 永久輝せあくん & 星南のぞみちゃん
ビジュアルは ◎

Yりんは 愛する ちえちゃん が卒業されてから
まだ ハマるお方にはめぐりあっていないのですが
とても 気になるジェンヌさんの1人が
『ひとこちゃん』なのです

なので、、
私を誘うこともなく
1人でチケットをゲットして
颯爽とムラへと出かけていきました ((((っ・ω・)っ


帰還した Yりんは開口一番

「ファンクラブに入ってしまいそう(∩´∀`∩)💕」

どうやら ひとこちゃんにノックアウトされた様子です

なんだか興奮ぎみで
正塚先生の あの大変な台本を本当に頑張ってこなしていた!とか
声が少年っぽくて たまらない!とか
まぁ、とにかく〝絶賛〟ですね (๑•ㅂ•) ✩

過去2度の新公主演は『ルパン』『剣心』とキャラもの
今回は、全く違った役創りをしなければいませんもんね
とても現実味のある男性なのでキャラで押すことができません
しかし、ひとこちゃん
なかなかの好演で
人気とともに、実力もあることを実証したことになりますね


新人公演では
劇場内も喫茶コーナーも
普段の公演とは雰囲気が まるで違うようですね
耳に入ってくる 会話も
かなり 核心に迫るモノばかり、、、とか

宝塚に連れてこられちゃった おばちゃんの
「綺麗かったね~」なんてヤワなモノはひとつもなく
ヅカツワモノが結集する
それが、、新人公演なのね (๑°ㅁ°๑)

その中に たった1人で挑む Yりん (ง •̀ω•́)ง✧

、、実は、私も
次の花組公演で新公デビュー予定です (〃艸〃)
ツワモノの仲間入りだわ


話がそれてしまいました、、( ・∇・)
新公、新公!

ひとこちゃんは会見では「60点」なんて
自己評価だったみたいですが
いえいえ、映像を拝見する限り
謙虚すぎるんじゃないですかー


ジム(本役 望海風斗)の 真地佑果さん
体格の違いもあってか、だいもん とはお衣装が違っていたような、、
チェックとか、違和感あったので
シックな感じで良かったと思います

ホントにチラッとしか映らなかったけど
カズノ(本役 彩風咲奈)の 縣千くん
カッコよかった~ (*´˘`*)♡

こちらも チラ見 ですが
ライアン(本役 永遠輝)の 星加梨杏くん
Yりん も言ってましたが
あら(´・∀・` ) イケメン♡
100期生さん、これからが楽しみ ( *ˆ︶ˆ* )

雪組の男役が人材豊富なのことが 新公でも感じられますね


IMG_2418





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



木曜日だね! 花組 お稽古場からキャストボイス更新

今週も お稽古場からの『声』が届きました

華雅りりかちゃん と 柚香光ちゃん からです

『雪華抄』通し稽古に入ったとの 報告でしたね


りりかちゃん
『自分の振りがきちんと出来るかドキドキしつつも、初めて見る場面にウキウキワクワク♡男役さんの格好良い場面や幻想的な場面など、原田先生のこだわりがつまった華やかなショーになりそうです!』

通し稽古までは、場面ごとにお稽古して
自分の出ない場面は見る機会はあまりないってことなんでしょうか?

花男たちの『格好良い場面』
楽しみです (*/▽\*)♡


れいちゃん
『お芝居もショーも演出家の先生の頭の中にある構成が見えてきてワクワクしつつ、その世界観に少しでも近づきたいと日々奮闘中です!きっと素敵な二本立てになるのではないかと。。。ご期待ください!』

フォトブックの和装のれいちゃん
色っぽくて素敵でした~

あの れいちゃんのような
いつものパッションとは、ちょっと違う
色気のある花男が見られるのでしょうか (๑´ㅂ`๑)♡
〝ご期待〟しちゃいますよ (ㅅ˙³˙)


初日まで
1ヶ月を切りましたよ!

早く 花組さんに会いたいですね♡






ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  




✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚