明日海りお様にどっぷりとハマり、花組さんを熱烈応援しています( ˙˘˙ )♡* 宝塚ネタ中心でございます
溢れる愛を、時に上から目線、、私的感情満載で綴ります

2016年08月

明日から9月、、色々カウントダウン と 穴の話

私にとっては〝観劇なし 我慢の8月〟が
ようやく終わろうとしています

観劇月間9月!ワクワク((o(。>ω<。)o)) なのですが
 
4日には、月組トップまさお の卒業
大劇場では、みっちゃんのサヨナラ公演の1ヶ月ですね
西でも東でも
たくさんの 涙が流されることでしょう ( ; _ ; ) 


現在、こんなに みりおくん一色になってる私、、、
私のように、まさお一色 みっちゃん一色の方々は
どんな近況を送っていらっしゃるのだろう、、
と想像するだけで 涙がこぼれそうになります


私のヅカ友 Yりん も
みりおくんが卒業してしまったら、私はどうなってしまうのだろう、、、
って、縁起でもない心配をしてくれています

かく言う Yりん も
ちえちゃん一色の時代を経験しています
その後の〝ちえロス〟 も、、、
ミュージカル が好きなので
今も宝塚やそれ以外のミュージカルも 良く観に行っていますが
ちえちゃんのように ハマれる方には出会っていないようです


特定の方に ハマる ことって
とても不思議ですよね
 
『ハマる』とは、、、
趣味や食べ物などに夢中になって抜け出せなくなっている、という意味の俗語。
穴などにぴったり入る、あてはまる、溝などに落ちるという意味の「嵌る、填る(はまる)」からきており、ぴったりサイズの穴に入ってしまって抜け出せない状況を表している。
このように「ハマる」は、穴に入ってしまったが、その状況がけっして不快ではなく、穴から抜け出そうともがくでもなく、その状態を楽しんでいる場合にあてはまる言葉である。

【笑える国語辞典 より】

ザックリとは分かっていましたが
辞書で引くと、こんなに冷静な口調で今の状況を語られてしまいました 

そうなんですね!
私たちはそれぞれに、ぴったりハマる穴のサイズが違うのですね
それぞれのぴったりサイズのジェンヌさんにハマり
その状態を楽しんでいるんだわ (〃∇〃)

その穴が ぴったりサイズ過ぎる程
次のぴったりサイズの穴を見つけることが難しいのかもしれません


ずっと ずっと、、
出来ることなら永遠に ハマっていたいな
みりお穴、、、_( :⁍ 」 )_
【rin_n こころの俳句】


まさお穴、みっちゃん穴 にハマっている方々は
穴から抜け出さなければならない そのトキへの
カウントダウンが始まっているのですね、、、
泣ける、、、。・゚・(*ノД`*)・゚・。





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚




宙組『エリザベート』談義 その②

Yりんに Blu-ray購入を即決させた 
今回の『エリザベート』 

Yりん、黒天使も絶賛!
全体のダンスレベルはもちろん
マダム・ヴォルフのコレクション...♪*゚の場面の
トゥシューズを履く子たちのバレエのレベルも高いことに驚かされた!と、言ってました
しかし、、、
マダム・ヴォルフに関しては、、、(ー'`ー;)
次期が彼女だと、相当にキツいと、、、
私も『王家に捧ぐ歌』で 体感しておりますので
基本的に同意見です


黒天使って、ダンスのレベルやコンビネーションが高度なのに

出番は暗めの舞台
真ん中では演者がストーリーの核心を演じている

ってことで、背景に馴染みがち なので
注目されない存在になってしまいやすいですよね

特に『エリザベート』初見では
ほとんど印象に残らない、、、
私の思う、究極の『気にならない』存在です
(↑詳しくは『みりおくんのお嫁さん問題』
http://www.macaronrinn.click/archives/5936487.htmlを読んでみてください)

繰り返し『エリザベート』を観劇すると
黒天使の凄さに気づくタイミングがやってきます
組のダンサーを集結させるだけあって
ハードなダンスを難なくこなしていますし
一連の動きが全て完璧なタイミングで進んでいきますので
あまりに さり気なくって、注視することはないんです

大道具さんが、さり気なーく舞台セットを展開させるように
よく「あれっ、いつの間にかセットが変わってる」ってハッとなることありますよね
けど、セットが徐々に引っ込んだり、出てきたりするのを注目して見ていると
当然なんですが、ゆっくりと確実に変化していって実に面白いですよね

黒天使は、そんな存在
もしも、2度以上の観劇が叶うのなら
ぜひ、黒天使にも注目したいですね


子ルドの 星風まどかちゃんは良かったみたいですね
歌える娘役さんなのですね
新公の シシーでも歌唱力を発揮していたようですし
もしかして、花組にお嫁入りされるとしても
歌唱力と丸顔 に関しては及第点なんですね

新公と言えば
新公トートの 瑠風輝くんが
大きな役はしていないけど、どこにいても目を引く存在だったみたいです
前回の花組では あかちゃん(綺城ひか理)がしていた
『エーヤンの歌手』
背も高くて、甘いマスク
月組の ありちゃん(暁千星)、花組の つかさくん(飛龍つかさ) と同じ98期
期待の星ですね (((((っ 。•ω• )✩


、と話を聞いていますと
宙組『エリザベート』はスタイリッシュな雰囲気に仕上がっているような印象です
やっぱり、観たかったなぁ、、、東京(*゚・゚)ンッ?

いやいやいや (( 'ω' 三 'ω' ))
私の〝観劇月間〟は もう目前
『エリザベート』は Yりんの Blu-rayをお借りして我慢です!




ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



旅先で みりおくんに出会う

久しぶりの家族旅行
香川県~徳島県、うどん と 大塚美術館で世界の名画に触れる旅
若干、みりおくんに近づいていることに密かに喜びを感じながら
名古屋に帰る今朝、ホテルのロビーで新聞を広げる旦那が

「あっ (゜Д゜)‼️」と、声をあげました

なんと、スポーツ紙に みりおくんの記事が❣️

image
  画像✩°。⋆http://instagram.com/kotomirio_

スポーツ紙は普段は見る機会がほとんどありません
こんなタイミングで みりおくんの記事に出会えるなんて
めちゃくちゃ ラッキー ✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

ブルーのシャツにデニムの麗しいお姿が
ドーンと(* ˘ ³˘)♡*

龍さんが退団後は『トップ・オブ・トップ』となる 明日海りお と紹介され
みりおくんの言葉に注釈を加えながら記事は進んでゆきます

男役に対するストイックさが綴られています

みり「男役、芸の道は極めれば極めるほど足りない。余裕が出るほどすてきなので、心で危機感をかんじながら余裕を出していきたい」

みり「化粧、かつら、芝居にしろ、自分が極めた物を届けないといけない」

お話は、いよいよ幕を開ける「仮面のロマネスク」のことに

みり「今、理想とする髪型を求めていて。神経質、なんか嫌みで、意地悪な感じにしたい。ウェーブは少なめで、でも爽やかにならないように。前髪の下ろし具合も」

ここで
『駆け引き、計算…明日海の素顔からは程遠いだけに、ビジュアルに気を使う。』
と、注釈を入れる 日刊スポーツの村上さん、良く分かっていらっしゃる

ヴァルモンのビジュアル創り、もう既に完成しているでしょうね~
久々の軍服姿にも期待が膨らみますよね
早く お会いしたいです ♡(๑¯ ³¯๑)
もう少し、もう少しの辛抱ですね! 


特別オマケ記事に
まずは 花乃さんの退団について、、、

花乃さんも話していたように 熟考を勧めた みりおくん

みり「あこがれて入った宝塚で納得いくまでやりたいだろうと思って。私もそういう気持ちでやっているから」

花乃さんの思いを、静かに受け止めて
きっと、しっかりと話を聞いてあげたんだろうな
そんな風に、想像します

そして、もうひとつ

『伝統のBBQ大会』との見出しが Σ(*゚◇゚*)

またしても バーベキューネタ ٩(●˙▿˙●)۶…⋆ฺ

みり「(瀬戸かずや ら)1期下の子が手配してくれた」

あきらの名前が出てることが 嬉しいわ♡

『組子がトップをもり立ててるのが、今の花組のスタイル。〝新時代トップ〟は、仲間とともに充実期を進む。』

と、〆られていました
うん、日刊スポーツの村上さん、良く分かっていらっしゃる!





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚


  

続々々『Mr. Swing!』って素晴らしい

ふーっε=( ̄。 ̄;)  いよいよ 最終回を迎えます
『Mr. Swing!』って素晴らしいシリーズ


テンション上がりまくりの舞台もフィナーレへ、、

まずは
蘭とむ先輩が娘役ちゃんたちの真ん中で歌います
その歌の終盤から
ゆっくりと大階段を降りてくる 花男たち 
ドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ

ゆっくりと色気のある音楽、、、
蘭とむ先輩の 「フッ!」 を合図に
キレの良いダンスが始まります

テンポはそれほどゆっくりではないのですが
音楽に合わせるように 振り は ゆっくりと、、
伏し目がちで 踊っていただくのがピッタリときます
伏し目 からの どこか切なさを感じさせる鋭い視線
男の色気 ( っ¯ ³¯ )っ~♡♡♡
身体を斜めにするポーズ多めで、とにかく カッコいい~(*>ω<*)♡

振りがゆっくりなだけに
重心をグッと下に落とし、花男たちの黒燕尾から唯一出ている身体の肌色部分である〝手〟の甲に力が入っているのが分かり、ひとつひとつの〝キメ〟が際立ちます

男役の極みの花男軍団の中に
可憐な1輪の花のごとく、みりおくんの美しさが目を引くのです
この頃は、まだ完全な花男ではなく〝月の貴公子〟要素が勝っているのね

幸せとは、まさに この時間なのね~

音楽が徐々にラストに向かっているな、、と感じさせます
蘭とむ先輩が群れから外れて 1人銀橋へ
舞台上の花男たちは音楽に合わせ「フッ!」を繰り返します

あ~~ 終わらないでーーー! と 心が叫びます

しかし、無情にも黒燕尾は終了 ( ; _ ; )
もっともっと 見ていたい‼️
花組の黒燕尾って 最高‼️


そして、ここからは
私が選ぶ 最もお洒落なデュエットダンス の始まり

大階段中央には、セクシーなお衣装の 蘭はなちゃん
それを みつけた蘭とむ先輩は
これまたセクシーな笑みを浮かべ
タイを解きながら 舞台へ、、、
この仕草が たまらなく色気があるんです♡

シャツの胸元がはだけた状態で2人のダンスが始まるのです
まずは大階段上で
怖くないのかしら?と心配になる、ちょっぴり激しい振りをこなし
本舞台へ、、、
2人の息はピッタリ

蘭ちゃんって、どの男役と組んでもシックリくるように感じます
宝塚の娘役として最適なスタイルだからでしょうか
ダンスも質が良く、しなやかです

男と女の駆け引き をテーマにしたような デュエダン
蘭とむ先輩は、とうとう蘭ちゃんの唇を奪うのですが
最後は「バイバーイ」って蘭ちゃんは1人で袖にはけてしまうんです
ヤレヤレって表情の 蘭とむ先輩

これまでとはひと味違う 
とってもとっても お洒落なデュエットダンスです♡


とうとう この時を迎えてしまいましたね
パレードです (;_;)

エトワールはオーディションでこの座を射止めたという
菜那くららちゃん
一生懸命に唄う姿が いじらいわ(* ˘ ³˘)♡*

階段降りは
キキちゃんから ヾ( ゚∀゚)ノ゙
生粋ではないからなのか、キキちゃんも花男にはない爽やかな笑顔
その後は
春風さん→みつる→だいもん と the花男!

で、なんと、ダブルトリオではなく
ダブルペアなんですよ
なんとも嬉しい 男役×男役 です
上手は マイティ と あかちゃん
下手は れいちゃん と つかさくん
細部に渡って、私の♡をくすぐる演出!

ここで、ひとつ
どなたか統計を取ってくださらないものでしょうか

パレードでの挨拶のウインク率 を (・ω<)-☆

半数はウインクしてないかな?
花組って ホント熱い🔥

すごい!すごい!と興奮していると

アレッ? また急に爽やかな風が、、、
誰ですか?王子に〝白〟を着せちゃったのは!
しかも〝白〟×ブルーって
爽やかにも程がありますよ(*`Д´)ノ!!!

それまでの 暑苦しさが
一瞬で吹き飛ばされる〝王子登場〟!

それにしても
なんという 美しさなの (人´∀`).☆.。.:*・゜

最後のポーズ
花組っぽくキメようと頑張っているのだけど、堂に入ってなくて可愛さ満載!
愛らしい お方 です(´ ˘ `๑)♡

続く蘭ちゃんが 白いお衣装で降りてきてくれて
王子の1人浮いてる感が半減されます


さあ、ラストは 蘭とむ先輩です
蘭とむ先輩のシャンシャンはトップ仕様☆。.:*・゜
みんなのは フラミンゴちゃんが1羽なのに対して
蘭とむ先輩のは 向き合った2羽なんです!
この、トップだけ特別シャンシャン も私の好み♡

蘭とむ先輩の階段降りは本当に大好きです
左右にいる組子一人ひとりに優しい視線を送ります
どうして、こんなに愛情に溢れているのだろう
見ているこちらまで、温かい気持ちになってしまいます

銀橋から帰る時には
〝蘭とむフェイント〟をかましてくれますね
蘭とむ先輩が良くやる、銀橋から客席に降りるための階段に片方の足だけ下ろして急に小さくなる戦術です
私は同じDVDを何回も観ているのに
何故か〝蘭とむフェイント〟に毎回 驚いてしまうのです
「あっ!!落ちた!?」と毎回、毎回思うんですよね
どーかしてるぜ!! と自分にツッコミます


大好きでたまらない『Mr. Swing!』も、もう本当にラストです
必ず大ラスはトップスターのアップですが
その前に、トップ娘役と2番手もアップになりますよね

この一瞬映る みりおくん が
物凄く 麗しくて、私は3回はリピートして この一瞬の表情を堪能します
『Mr. Swing!』~『エリザベート』の頃の みりおくん
お顔も今より少しお肉がついていて
私にとっては、最も美しく一番好きな お顔なんです

トップスターさんは重労働で太ることは難しいですよね
みりおくん も ちぎちゃん もどんどん痩せられて、、
まさに、身を削って〝夢〟を振りまいているんですね

image
  画像✩°。⋆http://instagram.com/kotomirio_


はい、今回を もちまして
4回に渡り綴りました『Mr. Swing!』って素晴らしいシリーズ
めでたくゴール です

さてさて、次は、、、
『夢眩』シリーズでお会いしましょう❣️




ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚



宙組『エリザベート』談義 その①


宙組『エリザベート』大劇場千秋楽から帰ってきたYりんと、やっと お話することができました (*´∀`)

最初に ビックリだったのが
ルドルフが ずんちゃん ではなかったらしい (゚ロ゚;ノ)ノ
花組以外に対する リサーチ力が低すぎ!!
千秋楽だから メインキャストであろうって ずんルド だとばかり思っておりました
いい加減なことを言ってしまって、、
ごめんね Yりん (。・人・`。))

今回は、役替わり3人が
ダーン、ダーン、ダーン!ってパターンだったのね
しかも、3役をクルクルパターンなのね~
   ~今更、何言ってんのーって世間の人に思われてるだろう、きっと~
なので、ずんちゃんはエルマーでもなく シュテファン役だったのね

あっらー、ビックリ (*゚◇゚*)
花組『ミーマイ』の役替わりは
あらゆるスケジュールに書き込み、書き込み過ぎて ほとんど頭に入っている状態だったのにね
、、、この違い (∩ω∩*`)

それでも、ずんちゃんは
めちゃくちゃ カッコよかったらしいです
舞台での お姿に〝華〟がある ずんちゃん
どんな役を演じても 輝きは変わらないのですね


どなたも 絶賛!の今回の『エリザベート』
何をおいても みりおんシシーの素晴らしさ✧‧˚
Yりん も、やはり絶賛しておりました

Yりん は、長いヅカファンさん なのです
下級生の頃から みりおん を見ています
みりおん は下級生の頃から優秀で、何でもソツなくこなしていたんですね
あまりに 出来すぎて〝可愛いくない〟と感じたこともあったそうです
はっきり言って、あまり好きなではなかったと、、、

しかし、かなめさんの相手役を経て
かつて花組で同じ舞台を創った まぁさま とコンビになり
『アイーダ』という 当たり役に出会い
憧れの『エリザベート』役を手にした みりおん

Yりん は、今は みりおん が大好きなんだって
文句のつけようがない( •̀ω•́ )/ とも言ってました

きっと、舞台人として確実に成長して
元々あった素質に大きな花を咲かせたからでしょうね


宝塚では、組替えになったりして
しばらく見なかった方を久しぶりに拝見すると
ものすごく印象が変わっていることがありますよね
その組のカラー、接する先輩ジェンヌさん、、
様々な環境や、もちろん本人の頑張りによって進化するんでしょう


まぁさま のトートは
私はあまりにも健康そうな印象から合わないのでは、、、って思ってるんです
なんたって、みりおくん の人間離れした美しさの虜ですから

そう話すと、Yりんは

NO、NO!(>!NO!<)
何を言っているの、あなたは ┐(´д`)┌
手足が長く、抜群のスタイルの まぁさま は
トートにピッタリ‼️

なのだそうです、、( ̄▽ ̄;)


まぁさま を筆頭に
宙組メンバーは長身揃い
まかぜ皇帝 も 愛ちゃんルキーニ も 黒天使のみなさん も
それは、それは 素敵だったと

今まで、皇帝スルーだった Yりん を
ハッとさせた、今回の まかぜ皇帝陛下
きっと、私を ハッとさせた みっちゃん皇帝陛下から受けたのと
同じ衝撃を受けたのね
そーなのよ! 皇帝って素晴らしい役なのよ!!


私たちの『エリザベート』談義は続きます、、、




ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



宝塚歌劇団ランキングへ  



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚