『邪馬台国の風/Santé!!』2回目の観劇日
マチソワいたしまして
先にバウホールの『パーシャルタイムトラベル』を観たのです

IMG_0504

バウホールデビューは遅かった私ですが
『アイラブ・アインシュタイン』 
『燃ゆる風』
『FALSTAFF』を観劇して
すっかりバウホールの虜です
決して大きくない空間で出演者が近く
その気迫が伝わってくる感覚が良いですよね

演出は 正塚晴彦先生
私は正塚先生の作品は小劇場で観るのが良いと思っています

独特な〝自然に喋ってる風の不自然な台詞〟 
独り言っぽく、呟くような台詞も多く
大劇場のような広い空間では
見ていて 恥ずかしいような気持ちになるんですよね

想像していたように
バウホールでは、息づかいまで伝わってきて
その独特の台詞まわしに引き込まれました

正塚先生の作品では
ドッカンドッカンではなく「クスッ」 となる笑いが多いように思っていましたが
『パーシャルタイムトラベル』は
ドッカンドッカン、、とまではいきませんが
「あははは、、、(^∇^)」って
声を出して笑えるコメディ作品でした


想像していたよりも
かなり頻繁に過去と現在を行き来する展開
お衣装はデニムが基調となっていて
みなさん2役をされているのですが
マントを羽織ったり、スカートを替えたりして
変わらない部分があることが
とっても面白いと思いました

若いメンバーが多かったこともあり
ハツラツとした雰囲気が
このコメディ作品にピッタリきて、、、
まず、主演の ずんちゃん(桜木みなと) が本当に役にピッタリですからね!!
ちょっとチャラさを持った青年
思い込みが激しくて、異常な程の順応性を持っています

正塚先生作品ということで
ほぼ出ずっぱり
歌もたくさんありますので痩せる思いでしょうね

でも、最後までパワフルな舞台で
ずんちゃんの魅力が存分に発揮されていたと思います


実は私、、宙組さんの〝歌〟に苦手意識を持っておりました
そんなに、多くを観ているわけではないんですよ
『王家に捧ぐ歌』
『エリザベート』
『王妃の館/VIVA!FESTA!』
ビジュアルは素敵だな♡って思うのですが
〝歌〟に満足できないなーというのが
私の中の宙組さんの印象

なので今回も楽しみは
ずんちゃん の可愛カッコよさ と
『VIVA!FESTA!』の客席降りで私の〝スペシャルな存在〟となった 希峰かなたくん をちゃんと見ること
それと、正塚ワールドに どっぷり浸ること

ずんちゃん はとっても素敵で
かなたくん も良く目立つ お役でしたし
正塚ワールドにも満足♡
楽しみにしていたことは全てクリアされました

、、期待してなかった〝歌〟
これも、なかなかのものでした
特にヒロインの 星風まどかちゃん は入団当時から注目されていたことはありますね
綺麗な唄声で 安定していて
不安なく聴かせていただける歌唱でした

とっても 可愛かったのは
遥羽ららちゃん
ジャンさま=ずんちゃん の台詞をお借りして、、
〝小熊〟のような可愛さです♡
彼女も思い込みが強く、可愛い移り気な女の子
とても 順応性があります

中世の人達も
ジャンの有り得ない〝嘘〟を本気で信じちゃう
なんてピュアな面々なの、、( ̄▽ ̄;)

まどかちゃんの役も
「いつの間に、そんなにジャンに惚れていたの!?」 と
なんか、みんなにツッコミたくなる作品ですが
とっても後味の良い
私の好きなハッピーエンド♡
誰も不幸せになる人がいない終わり方です


バウホール、、
チケットが取れるものなら
どの作品も1度は足を運びたいですよね
 





ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚