様々なNEWSが 目白押しでしたので
少し間が空いてしまいましたが
続々『歌劇』3月号より

最終回 酷かったですね、、、
『えと文』の 柚香光ちゃん

前回も、右ページは
「ネタがない」 って内容でしたよね

最終回の今回については
宝塚に全く関係のなく、面白味もない方向に話が転がり
もう、途中で読む気が失せてしまって
私、、ギブアップしてしまいました (^-^;


『歌劇』の編集部さん
なぜ、れいちゃんを選んだの?

れいちゃん は人気者です
人気者は何をしても許されるのか!?

れいちゃんも『歌劇』を読んだことはあるはず。。。
ですよね ( ´・ㅂ・)
ファン目線で捉えてみてほしいですね

宝塚ファン が毎月楽しみにしている月刊誌
フリーペーパーではありませんよ
みなさん、お財布からお金を出して購入しているんです

『えと文』は
私の子供の頃から続く歴史あるコーナーです
ちょっとした裏話に
ワクワクしたり、ドキドキしたり、、
筆者であるジェンヌさんの人柄に触れられるような気がして♡

お上手とは言えない (お上手な方もいます!)
ジェンヌさんのイラストを挿絵や題字に使うのも
アットホームな雰囲気で
「イラスト書いて~」と、お願いしている光景や
筆者との関係を想像したりするのも楽しいものでした


お忙しいタカラジェンヌさんが
原稿を書くことは、とても大変だと思います
文章を書くことが苦手な方もいるでしょう

けど、一生懸命
何かを伝えてくれるのが嬉しいので
文章が上手いとか下手とか
そんなことは どうだっていいんです

れいちゃんと共に
この3ヶ月『えと文』を担当したのは 95期生の

月組・朝美絢
雪組・星乃あんり
星組・礼真琴
宙組・伶美うらら

れいちゃんページを拝見して(正しくは途中まで拝見し)
この4名の方の記事を読ませていただくと

ファンを楽しませよう!

という気持ちが溢れていて
れいちゃんの記事の酷さ が改めて際立ってきます
あんりちゃんは、既に退団の意思を固めていたでしょうね
そう思って拝見すると
また、胸が熱くなります、、(・_・、)


編集部さんは、あのような記事を載せるべきではなかったと思います
れいちゃんのためにも載せるべきではなかった
れいちゃんが、どうしても書けないなら
お手伝いしてあげるべきだったんじゃないでしょうかね

たった3回の連載です
1回目は、、、サラッと通りすぎ
2回目は、、、んっ?てなり次に期待
3回目は、読む気になれませんでした

回を重ねる毎に、やる気のなさ が全面に出てきてしまったようです

最終回は
舞台上のれいちゃんらしく
ビシッとキメてほしかったですね


今回の『えと文』は
れいちゃんの株を上げたとは
到底思えないのです

花組が大好きで
れいちゃんも応援しています

今回の連載を〝良かった〟と思われた方もみえるかもしれませんが
私は、読者に対して思いやりが感じられない
ちょっと投げやりな れいちゃんの『えと文』が
とても、残念でした


将来を有望視されているだけに
れいちゃん には
タカラジェンヌに受け継がれている〝品〟と、、、〝歌唱力〟を
身につけてほしいと感じます

外見だけでなく
その人の内面から滲み出る魅力に
人は惹き付けられるものです

れいちゃんの周りには
その お手本になるような方が
たくさん いらっしゃると思いますよ








ブログランキング参加中です( ˙˘˙ )♡*
↓よろしかったら「読んだよ」のかわりにクリックを♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✩°。⋆広告✩⋆*॰¨̮⋆。˚